鉢植えコオズの植替え

鉢植えコオズ(青帝の香り)の植替え

鉢植えコオズの植替え後/泥はね&夏場の乾燥防止のために、マルチング材として軽石使用
植替え後

鉢植えのコオズが2鉢ある。コオズ畑のコオズがウィルス病などで全滅した時のヘッジである。実は、この効果は大きい。このコオズを頂戴したプロの栽培家のコオズが全滅した時に、3鉢あった内1鉢里帰りし大層喜ばれたことがある。今年も花柄摘みの後、鉢の植替えをした。

植替え前/右は伝市鉢、左は勧修寺鉢
植替え前

A.伝市鉢 (窯場めぐりの中、丹波立杭窯へ買いに行った)に植わっていた株
  根も健全で、袴取り後若干の根整理
根の整理&袴取り

B.勧修寺鉢 (このコオズを頂戴した人に貰った)に入っていた株
  根が大分腐っていたので除去し、小株はコオズ畑へ移植
170519勧修寺鉢植えの根の状態

腐根外し&2古株とバブル外し

植替え後、二鉢を再び、古典植物棚に戻す。
170519-048古典棚へ戻す

用土は、「NHK趣味の園芸 エビネ」伊藤五彦著、S60年27刷、P60に準ずる。
ロイヤルホームセンターで購入/軽石(大粒)は、鉢底石。
用土

桐生砂4:赤玉土3:鹿沼土2:腐葉土1 今回砂土は、小粒を使用。(前回は中粒)
用土(桐生4・赤玉3・鹿沼2・腐葉1)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR