ミニ盆栽の乾燥防止策のテスト完了

苗箱を二重鉢にした乾燥予防策のテスト終了

富士砂を除去し、普通の灌水間隔に戻した。
ミニ鉢置き直し

ミニ欅を梅雨・夏越えさせられなかった根本原因は、その時期の乾燥を予防出来なかったことであろう。ということで先般来、苗箱を二重鉢にしてテストを続けてきた。逆に真夏でない今は、水やりが要らなくてかえって鉢に湿潤な環境を与えているのではないかと、テストを中止した。

乾燥予防策テスト実施中/富士砂で二重鉢形成
乾燥防止策・テスト

富士砂の入れ方
  砂や土の上に置くと、根が鉢穴から脱走する。
  よって根切り紙の代わりに防草ネットを底敷きに使った。鉢は直接底敷シートの上に置く。
  湿度調整のための富士砂は、真夏時に、置く鉢の1/2位の高さで十分と思う。
富士砂の入れ方

底敷シート洗浄後
底敷きシート洗浄

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR