待宵草が咲いている

待宵草が咲いている

コマツヨイグサか、メマツヨイグサか、何だろう?
以前空き地を占領していたのはオオマツヨイグサ、今メマツヨイグサが優勢という説がある。
待宵草

花は黄色である。待宵草の仲間の内、待宵草・小待宵草・大待宵草・雌待宵草のどれだろうか。茎は立たずに這うから小待宵草と思った。が小待宵草は開花時が7~8月というので違うようだ。萎えたときの色が赤いのを確認できていないが雌待宵草かもしれない。が葉が違う。何?

待宵草

※マツヨイグサの仲間については、こちらが分かりやすそうだ。
 でも分からない。(∵開花時期・葉の形など一致しない。)
※※いずれにしても待宵草と月見草は違うそうだ。月見草は白花である、と。
※※※花言葉は、ほのかな恋、浴後の美人、移り気、静かな恋、温和、協調
※※※※『待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬさうな』
      竹久夢二(こちらでは、宵待草となっている。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR