一日目の京都庭園巡り

一日目の京都庭園巡り

青女の滝の石組/林賢と徳大寺静意が作庭
青女の滝(特別名勝)

本シリーズ冒頭で触れたように今回の旅の目的は法金剛院で徳大寺静意の石組を見ることである。∵小石川後楽園の作庭者・徳大寺佐兵衛が高家だとかの説に対し彼は京の庭師だと思うからである。その手掛りを探しに。あいにく住職が不在だったので奥様に託けたが。不明。

※『後楽園紀事』に出て来るそうだ。←『大名庭園』講談社選書・白幡洋三郎著

◆ 前半/洛西エリアから 
パンフレット並びに拝観券
寺院パンフレット・拝観券・一日目

(1) 法金剛院
 西行や鳥羽天皇を惑わせた待賢門院が復興・再建した寺で、発願者と作者がはっきりしその遺構がそのまま残っている平安時代の数少ない庭園であり、特別名勝である。

案内板
法金剛院・表門

表門
法金剛院・表門

玄関・礼堂と待賢門院桜
礼堂と玄関・待賢門院桜

藤原璋子(鳥羽天皇の中宮・待賢門院)の陵(宮内省管理)
藤原璋子花園西陵

(2) 妙心寺・涅槃堂

分骨した義母の墓にお参りした。結果、退蔵院の観桜を割愛した。
妙心寺・涅槃堂

 cf.妙心寺・総門
妙心寺・総門

 cf.妙心寺・退蔵院庭園
退蔵院庭園

(3) 仁和寺

本坊・御殿案内は、こちら

二王門
仁和寺・二王門

本坊・御殿入口
本坊・御殿入口

勅使門
勅使門

南庭
仁和寺・南庭

南庭と右近の桜
仁和寺・南庭と右近の桜

白書院
仁和寺・白書院

北庭
北庭

黒書院
黒書院

霊明殿
霊明殿

境内ルートマップは、こちら

中門
中門

中門から御室桜と金堂を望む
中門から御室桜と金堂を望む

満開の御室桜
満開の御室桜

五重の塔
五重の塔

金堂
金堂

鐘楼
鐘楼

御影堂
御影堂

(4) 竜安寺

竜安寺・案内図
竜安寺・案内図

山門
竜安寺・山門

石庭
竜安寺・石庭

石庭/実際と図・模型の比較
竜安寺・石庭 図や模型と比較

実際は、石庭の前は観光客で混雑していた
石庭前の観光客

石庭入口
竜安寺・入口

cf.比較的静かな方丈の庭
竜安寺・ 方丈の庭

石庭から出て来た観光客
石庭から出てきた観光客

桜苑
竜安寺・ 桜苑

枝垂桜
竜安寺・ 枝垂れ桜

(5) 金閣寺 

金閣寺案内板
金閣寺・案内板

総門
金閣寺総門

鐘楼と若葉
金閣寺・鐘楼と若葉

金閣(仏舎利)
金閣寺・仏舎利

方丈と陸舟の松
金閣寺・方丈と陸舟の松

金閣寺境内(銀河泉・厳下水・安民沢・金閣寺垣)
金閣寺境内


◆ 清水五条/後半 雨の中をバスと地下鉄(烏丸線・東西線)を利用して洛東へ移動

A.大谷本廟
      実の父と母の分骨が納骨されているので、立ち寄った。
      ついでに、私の納骨の調査を兼ねて/
           築地本願寺と相談してお寺を選定し、大谷廟への納骨を検討することにした。
           費用は、義母の妙心寺と比べて格段に安そうだ。
       /妻は私と同じ墓に入りたくないと。→私は勝海舟ほど悪いことはしていないのに。
 
円通橋(めがね橋)から総門を望む
大谷本廟・円通橋(めがね橋)から総門を望む

大谷本廟案内図
大谷本廟・案内図

次の日から始まる式典準備中の明著堂前
大谷本廟・式典準備の明著堂前

B.清水寺(工事中)/最近ブラタモリで見た状態とは様変わりであった。
    
清水の舞台の修理中
清水舞台の修理中

修理中の補足写真
清水寺・舞台修理中(補足写真)

工事現場から音羽の滝を見下ろす
清水寺・音羽の滝

清水寺の枝垂桜
清水寺・枝垂桜

cf.ブラタモリによると仁王門は移動した/仁王門から見た参道(松原通)
王門から参道(松原通)を望む←仁王門は移動した

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR