嘉禾屋 焼甘鯛と小蕪のうどん

おだしうどん嘉禾屋(かかや)の
   焼き甘鯛と小蕪のうどん
   @980円(単品)

焼き甘鯛と小蕪のうどん

日本橋研修の日集合時間が早かったので11時に開店している大手町のうどん屋に入った。初めて入る店でこじゃれた関西風のお出しの饂飩であった。アマダイとは、『横顔が頬被をした尼僧に似ているから』、と言われるそうだが、京都ではグジという。肉に甘みがある。出汁は、北海道産昆布等で凝っている。

※出汁は、もう少し詳しく言うと、『昆布と鶏ガラ・いりこ・宗田節・かつおの本荒節』だそうだ。
   (「嘉禾屋のご紹介|おだし…」より)

削り粉節(好みでうどんに振り掛ける)
削り粉節

ショーウィンドー
ショーウィンドー

室内
店内

店頭
おだしうどん嘉禾屋・店頭

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR