世界らん展で古典植物を購入

世界らん展で古典植物を購入

今年の購入品三種
189世界らん展、万年青・風蘭購入品

去年来、有償ボランティアガイドやセミナー講師料が少し貯まった。そこでらん展の東洋蘭の販売ブースで、ニ三の古典植物を買った。去年から蘭にこだわらなくてよいとの店舗の了承事項があったそうだ。それで小万年青の立派な株が安く売られていたのだ。今年の千代田の松は良くない。別の種類を購入した。

小万年青「聖源」 @8,000円
聖源@8,000円

旭園橋本植物場(静岡)から
旭園橋本植物場(静岡)で万年青

小万年青「矢筈獅子」 @6,000円
矢筈獅子@6,000円

蘭万園(千葉)から
蘭万園で万年青

富貴蘭「樹海」 @2,500円 /かつて憧れた「青海」は少なく、かつ、霜でダメージを受けていた。
樹海@2,500円

石井(東京)から
石井で風蘭購入

春蘭・風蘭棚の変化(聖源・矢筈獅子・樹海各1鉢が加わる、青軸鎧通し3鉢が減る)
  ※終活のため、女房との約束で、鉢は増やせない。青軸鎧通しは、30年前の風蘭の入門編であった。
春蘭・風蘭の棚

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR