広島風雑煮とおせちの整理

広島風雑煮とおせちの整理

広島風雑煮(澄し汁)
広島風雑煮(澄し汁)

正月二日目になると雑煮も京風・白みそ仕立てから広島風・お吸い物に変わる。お重(お節)も食べ進んでくると、雰囲気を変えるために別容器に盛り直された。それは岡山赴任中に備中高梁の浄福寺という精進料理を出す寺で、正月のおせち料理を頼んだ時の器である。ねずみのように、物持ちの良い女房である。

食べ進んだので、器を集約/また雰囲気が変わった
二日目の朝食

器には、浄福寺の名前がある(備中高梁市・成羽)
お重箱を替える

おせちから
おせちから1
おせちから2
おせちから3

追加のエビフライ
追加のエビフライ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR