日枝神社で 恒例の年越大祓え

山王日枝神社で 恒例の年越大祓に参加

茅の輪の準備完了
準備された茅の輪

年越大祓に出掛けるのを恒例としている。女房の母親が今月満96歳で亡くなり忌中であるから、参拝を大分ためらった。出かけてよ、の一声で恒例のお参りとなった。山王日枝神社の、去年からの簡略化の動きは変わらず、今年は神札が配布されなかったのが驚きである。どこまで人の増加を押さえたいのだろう。

茅の輪くぐり/のんびりした高齢の女性がいて、私の位置はいつもの先頭でない。横から割り込まれた。
茅の輪くぐり

鎮火祭の準備(時間短縮策のひとつ)
鎮火祭の準備

神職着席(神職の数を減らす簡略化は少し緩和)
神職着席

神職に人型配り
神職に人型配り

大祓/祝詞
大祓

天つ菅麻の本刈り絶ち/前半部分は、去年より息があっていた
刈り絶ち

お神酒/去年は省略されていた記憶があるが(今年は復活か?)
お神酒

お札など販売(いつもより列が長いのは、無料お札の配布がないのを知っていた人たちか?)
お札などの販売

去年の神札(無料、但し人型・神拝のしをり代 1,000円以上)
   今年は配布無し
神札配布無し、参考に去年の神札

お参り風景
お参り風景

来年の絵馬(酉)
来年の絵馬(酉)

持ち帰り用、小さな茅の輪作り
持ち帰り用小茅の輪
※「『本来、罪や穢れ・災厄を茅萱に移すことで無病息災になるという風習である為、それを持ち帰ることは他人の災厄を自宅に持ち帰ることになるという訳です。ですから茅の輪のカヤを抜いて持ち帰ってはいけなかったのです。』(「青森からこんにちは」より) という声が、今年の参加者からは多く聞こえた。

【追伸】   撮影日:2017年1月1日
2016年中お世話になった、神札と持ち帰りの小さい茅の輪
畑を塩で清めた後、お焚き上げ
お札等お焚き付

焚き上げ終了
焚き付終了

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR