福砂屋のカステラ

福砂屋のカステラ on 天目釉皿

福砂屋のカステラon天目釉皿

 カステラの中で、女房が一番好きなのは、福砂屋のカステラである。私は他のカステラの味を忘れてしまった。妻が福砂屋のカステラしか買ってこないからである。孫娘もそうだから不思議と言えば不思議である。人はなじみのものを一番好きだと思ってしまう動物なのだろう。孫娘は底のザラメが大好きだ、という。

開封
開封

箱と内装
箱と内装

福砂屋・袋・箱・包装
福砂屋のカステラ 袋・箱・包装

※ 「撹拌する際、シャリッというザラメの音がかすかにします。この音を聞きながら、長年のカンで混ぜ加減を調節します。ザラメが全然溶けないのもいけないし、溶けすぎてもいけない。ザラメ糖がすり減らされながらも、カステラの底に残るように努めています。生地作りが全てといっても過言ではありません。おいしさにこだわる事が私たちの誇りです」と。
   (「カステラの底の部分にザラメが敷いてあるのはどうしてなんですか」より)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR