ガイドに役立つ川柳の講習会

ガイドに役立つ川柳の講習会

 ガイドするにあたり 「本郷もかねやすまでは江戸の内」 「五番目ハ同じ作ても江戸産レ」 などの古川柳は使う。 シニア大樂でも津田暹先生の川柳教室があるが、会費が高いので参加していない。今回、川柳とは何かの基本を知りたくてセミナーに参加した。 ついでに、東京の川柳史跡を知ることも目的とした。

古典句を解説する内田博柳講師
古典句を解説する講師

※私を含む数人を除き、出席者は既に俳句などの経験者が多く、席題(即題)にもかかわらず多数の句が出来た。

前句77、付句575
前句77・付句575

古典句
古典句

頂戴した川柳史跡等のパンフレット類
川柳史跡マップ等

(1) Web川柳博物館発行の川柳史跡のマップ「台東区の川柳史蹟」
台東川柳さんぽ

(2) 柳多留250年実行委員会発行のパンフレット類
a.「川柳の原点 柳多留250年」
柳多留250年

b.「東京の川柳史跡」
東京の川柳史跡

c.「誹風柳多留発祥の地 上野」
誹風柳多留発祥の地・上野

川柳と俳句の違い   
・季語・切れ字(けり・かな等)/俳句:要vs川柳:不要
・俳句:文語vs川柳:口語
・俳句:花鳥風月vs川柳:人間
・俳句:詠むvs川柳:吐く・ものす
・川柳の基本要素:うがち・滑稽・軽み

【蛇足】  今朝庭の窓を開けると、俳句的?情景に出くわした。
「踏み石に 朝日を浴びて 赤とんぼ」  yogaz
   ※蛇足の蛇足。写真の赤とんぼは、狭義にはアキアカネの雄とみられる。
赤とんぼ

内田博柳氏の紹介 (Webより引用)
cf.川柳 松戸川柳会五月吟行句会披講 内田博柳選
cf.柳多留発祥の地記念碑除幕式での内田博柳氏
cf.江戸川柳の世界


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR