鳴門鯛焼き

鳴門鯛焼き on 粉引皿

鳴門鯛焼きon粉引皿

女性に甘味は欠かせられないものらしい。男もその癖がつくと甘味が無いと口寂しくなる。女房はちょくちょくお菓子を買ってくる。今回は鯛焼きの変化球。初めて聞く名前の鯛焼きである。「天然たいやき」という手法をとっている。十勝産あずきと鳴門金時いもの二種類の餡が入っていたようだが、写真を撮り忘れた。

「鳴門金時いも」餡の入った鯛焼きの断面
断面

鳴門鯛焼き・袋
鳴門鯛焼き・袋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR