懐かしい仙台銘菓 萩の月

懐かしい仙台銘菓 萩の月

懐かしい萩の月 (萩の月 on 唐津黒釉皿)
萩の月on唐津黒釉皿

大昔仙台出張の折に、家族によく買ってきたお菓子である。
何を思ったか、妻が買ってきた。
昔作った皿に乗っけてみた。ダブルに懐かしい。しかも、脱酸素剤にも思い出が。

断面
断面

※ 『萩の咲き乱れる宮城野の空にぽっかり浮かぶ名月をかたどった銘菓・萩の月。まろやかでやさしい風味のオリジナルカスタードクリームをたっぷり使い、ふんわりとした高級カステラで包みました。』
 (「萩の月|歴史と味の菓匠三全」より)

フイルムで個包装/脱酸素剤を利用した先駆け
        (昔、関係会社でその脱酸素剤の素材を作っていた)
薄皮包みon唐津黒釉皿

開封
開封


箱

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR