コオズ畑の掘り上げ・植替え

コオズ畑の掘り上げ・植替え

5月6日付で、コオズの花柄を54本抜いた話を投稿した。混んだ処と空いている処が出来ていたので、掘り上げて分散して植えつける話をした。5月8日にそれを実行した。東と北側の株が軟弱で、西側ががっちりした株であった。それを入れ替える実験をした。また、嫌地現象回避の足しに新しい用土を補てんした。

コオズ植替え後灌水
コオズ植付け後灌水

今回の方針
1.細かく株分けをしない。即ち、群生が好きなようだから、コロニーを小さくしない。
2.ただし、新芽の方向は一方向(今回は東向き/写真向かって左向き)とする。
3.蘭菌を意識して、切れた根や枯れ葉を捨てないで、上層に被せるため保管しておく。

手順
1.コオズ畑植替え前の状態(花柄抜き後) /グループの名称
コオズ畑植替え前

2.コオズ植替え前の株の整理(グループ化)
植替えグループ

3.植替え後の各グループの説明
植替え後・グループ

【補足説明】
a.マルチング材(軽石・落ち葉)の仮置き at隣のクマガイソウ畑
マルチング材(軽石、落葉)仮置き

b.下層の用土
   新規調整用土(桐生砂:4、赤玉土:3、鹿沼土:2(以上は中粒)、腐葉土:1)
     「NHK趣味の園芸:作業12か月…8エビネ」伊藤五彦著P60に準ずる。
   黄エビネ植替え残土(配合は上述と同じ、但し赤玉土は、小粒)
下層の用土(右:新用土、左:黄エビネ用残土)

コオズ畑・掘り下げと下層に新用土
コオズ畑・掘り下げと下層に新用土

c.新規調整用土の残土は、マルチング的に表層にも施した。
  ∵終活の一環として、残土の管理を不用にする(配合した土を使い切り、残さないようにする)ため。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR