我が家の正月料理2016

今年は女房も多忙な状態で、なんと元旦早くに物音がし始めたからおせちはその時仕上げに掛かっていたようだ。浪花の女も古いしきたりが抜けないようで毎年同じことを繰り返している感がする。夫婦二人が正月二日で食い切れる量が準備された。孫たちとの会食や私の学生時代の友との新年会が続くから。

我が家の正月料理2016

毎度おなじみの、我が家のささやかな正月料理の光景/
 半分は、買ったものや隣に住む長女からもらったもの(黒豆など)。
 正月の酒「ゆり」は辛口(日本酒度+5)であるが食べ物と喧嘩しない。さっぱりして食の進む酒である。
おせち・雑煮

お重を眺めると
おせち1
おせち2
おせち3

お重から曲げわっばの銘々皿に取り分けると、こんな状態に。
おせち

雑煮も、京風の白みそ仕立てから始まる。餅は、長女が家電の餅つき機で搗いたもの。
雑煮

【追伸】 二日目の雑煮は、澄まし仕立て (大阪や広島風)
 
お澄まし

【追伸】 シンプルな正月飾りから、

玄関飾り
玄関飾り

軽自動車のフロントの飾り
車飾り

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR