正月の酒2016

正月の酒を選ぶとき、色々難儀する。私が、十四代飛露喜・獺祭を好きだというと、呑兵衛だった長女がミーハーだと笑う。獺祭がパリなど世界志向を目指すようになってやたらに高くなってきたので、去年から銘柄を変更してきた。十四代や飛露喜と同じような若い経営者あるいは杜氏の蔵等を探している。

正月の酒2016

  純米大吟醸 ゆり

ゆりと酒器/箱型青織部酒器と青織部ぐい吞み
ゆりと酒器
 
※ SAKE COMPETITION2015純米大吟醸部門で日本一になったというのは、蔵のHPを見て知った。   

『酒造技能士の母と、娘がみづから大学で学んだ醸造学を活かし、女性ならではのきめの細やかさと、優しさで吟味して醸したお酒です。心やすらぐ味わいの母娘のハーモニーをどうぞお楽しみ下さい。』
(ラベルより)   
   ・原料米:五百万石100%
   ・アルコール分:15度 、精米歩合:50%
   ・日本酒度:+5 、酸度:1.4 
   ・使用酵母:F7-01(うつくしま夢酵母)
   ・酒造技能士:林 恵子・ゆり
   ・飲み頃 冷酒5~10℃

   鶴乃江酒造(株)    福島県会津若松市七日町2-46

ゆりと箱
ゆりと箱・五百万石・精米50%

鶴乃酒造の箱と西武百貨店(船橋)の紙袋/酒売り場も替えてみた
純米大吟醸ゆり・鶴乃江酒造と東武の紙袋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR