ついに、コンニャクの花が咲いた

去年、我が家の野菜畑の隅に、4,5年生と思われる蒟蒻芋を植えた。去年は葉芽で終わった
いったん掘り上げて玄関の上り框に保管していた玉を、今年再び畑に植付けた。そして5月2日、ついに、待望の花が咲いた。水芭蕉や座禅草などサツマイモ科にみられる仏炎苞が開き強烈な臭気を放った。

蒟蒻の花(近)

※ 仏炎苞の中の肉穂花序については、こちらを参照ください (人と自然の博物館より)。
臭気に集まるハエや甲虫がうるさい。この写真には、テントウムシの仲間が花序に止まっている。
この後、こんにゃくの実が観察されるとうれしいが、パンダ以上に適期が短く自家受粉は難しいそうだ。

ついに、コンニャクの花が咲いた

コンニャクの花(中景)/
悪いにおい(臭)の蒟蒻の花の向こうには、良い匂い(香)のするコオズ畑がちらっと見えて対照的である。
蒟蒻の花(中)

こんにゃくの花(遠景)/
スナップエンドウのネットやその向こうの赤い虫よけネットのトンネルのほかは、こんにゃくの花の周りは、(薹の経った小松菜や白菜の花など) 綺麗に刈り取って観察しやすくした。
※ スナップエンドウは、花が終わりびっしりと実がついて、毎日収穫を楽しんでいる
蒟蒻の花(遠)

経過

2015年3月23日 蒟蒻玉を斜めに植付け/
芽のまわりの窪みに、水が溜まらないように、斜めに植え付ける。
150323蒟蒻玉を斜めに植付け

2015年3月23日 コンニャク玉、植付け前・上り框に保管中/
実はこの時、芽が葉芽のように見えて、がっかりしていた。
150323蒟蒻植付け前・上り框に保管中

2014年7月6日 こんにゃくの樹(葉芽)/
掘り上げてみると、樹の下にそれぞれ蒟蒻玉があった。左の小さいのは、右の子供のようだ。
樹のように見えるが、コンニャクの葉は、一枚だそうだ。
140706蒟蒻の樹(葉芽)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR