コンニャク芋の掘出し

コンニャクの花

今年は、こんにゃくの花が咲かなかった。
来年は、花が咲かないだろうか。
コンニャクの花を咲かせるために、まずは、こんにゃく芋を掘り出し、保管することにした。

大きい芋(写真向かって右) 重さ:3kg、長径20cm×短径18cm×高さ16cm
                  芽の高さ7cm×芽の付け根径3.5cm×芽の下の径2.5cm
小さい芋(左)          重さ:800g、長径14cm×短径11cm×高さ10cm
                  芽の高さ6cm×芽の付け根径2.2cm×芽の下の径2.0cm

保存

コンニャク芋の掘り出し

コンニャクの樹が枯れて、11月となった。
こんにゃく芋を掘り出した。
水洗いし、上根をとり、種芋(生子)を外して、上り框で保管することにした。

1) コンニャク芋を掘り出す
コンニャク芋掘り出

2) 掘り出した芋を、水洗いする
掘り出したコンニャク芋の水洗い

3) 上根をとる
上根外し

4) そして、一日天日干しした。
コンニャク芋・天日干し

5) 種芋(生子 キゴ)を外す
生子切り

★ 種芋(生子)を大きくするには、また3~4年かかる。長女は来年蒟蒻を育てるのを拒否した。
  これは、葉芽じゃないのか。我が家のコンニャクの芽も同じような成長をした
  水もやらずに放置しておくと芋が自分自身の養分で大きな花を咲かせるのだろうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR