ロッテリアで小腹の足し

ロッテリアで小腹の足し

絶品チーズバーガーと紅茶
絶品チーズバーガーと紅茶

スーパーアリーナで世界盆栽展を観ていると、入場前の行列で時間をとられ至宝展ステージでの盆栽師のデモンストレーションが2時間要したことなどで、すべて観終わると二時を回っていた。中途半端にお腹が空いた。夕食を外食する予定なので小腹の足しにバーガーですませた。

ロッテリア
ロッテリア

リブサンドポークは、既に売り切れていた。絶品チーズバーガーで済ませた。
※※けやき広場には、色々な店が出店している。以前寿司海鮮・御丹弧でランチに寿司を食べた記憶がある。だが、いずれの店も皆高い。

世界盆栽大会inさいたま

第8回世界盆栽大会inさいたま~日本の盆栽水石至宝展~

シンボル盆栽 樹齢千年超 真柏 銘「飛龍」 (ウェルカム盆栽) 
シンボル盆栽・真柏 銘 「飛龍」樹齢1000年超

28年ぶりに日本で世界盆栽大会が開催されるというので、さいたまスーパーアリーナへ出かけた。シニアが大変な行列を作った。『日本の盆栽・水石の粋を一堂に集めた、世界最高峰の展示会』であると、主催者は豪語している。そうなのだろう。各界の力の入れようは只者でない。

入口までの長い行列
世界盆栽展の長い行列

企画展示「盆栽の文化と歴史」
企画展示「盆栽の文化と歴史」

特別展1「皇居の盆栽特別展示」
特別展1「皇居の盆栽特別展示」

特別展2「日本の名品」例:川端康成旧蔵の五葉松
特別展2「日本の名品」川端康成旧蔵の五葉松

至宝展ステージでの盆栽師のデモンストレーション
  例:漆畑大雅&ホワン・アンドラーデ
二人のデモ開始
至宝展ステージ・デモ開始

漆畑の作業中(ジンやシャリを作るためにチェーンソーを操作中)
漆畑作業中

ホワンの完成
ホワン完成

漆畑の完成
漆畑完成

子ども盆栽の展示 例
子ども盆栽の展示

世界のBONSAI紀行
世界のBONSAI紀行

盆栽出品展示 例1
盆栽出品展示1

盆栽出品展示 例2
盆栽出品展示2

水石の名品展示 例
水石の名品

さいたま市民の盆栽展示 例
さいたま市民の盆栽展示

海外輸出向け売店コーナー/
     植物検疫の専門家にカミキリムシと線虫の検疫の現状を聞いた
海外輸出向け売店コーナー

コーラわらび餅

コーラわらび餅

コーラわらび餅in砥部焼小鉢
コーラわらび餅in砥部焼小鉢

妻が変わったものを買ってきた。安価なわらび餅。とても一幸庵の本格わらび餅などと比較できるものではない。買ってきた本人が、美味しくないねと、投げ出した。面白い点は、西日本と東日本とではわらび餅の大きさが異なることと、値段が違うことだろう。西:200円、東:130円。

コーラわらび餅withシュワシュワ炭酸パウダー付
コーラわらび餅withシュワシュワ炭酸パウダー付

コーラわらび餅(東日本販売商品:税別130円)
コーラわらび餅

青帝の香が咲いた 畑に鉢に

「青帝の香」が咲いた 畑に鉢に

コオズ畑に「青帝の香」が咲いた
コオズ畑に青帝の香が咲いた

学生時代の友・小田倉正圀さんから頂戴したコオズ「青帝の香」が今年も畑に鉢に咲いた。かつてコンニャクの花が咲いたときにあの悪臭を包み隠した良い香りを放っている。香りエビネの血を引くだけのことはある。故郷神津島のエビネの現状はこちら。現地では絶滅危惧種になった。

古典植物棚のふた鉢も咲いていた。/花茎が二本、三本と立っている。
古典植物棚の青帝の香が2鉢咲いていた

二日目の京都庭園巡り

二日目の京都庭園巡り

パンフレット&拝観券
寺院パンフレット・拝観券 2日目

一日目午前、洛西の遅咲き桜庭園観賞を堪能した。午後は、雨の中大谷廟での納骨条件の調査と清水寺チェックをした。二日目は、回復した天気の元で帰りの新幹線まで時間を使って、銀閣寺を核に哲学の道を歩き、永観堂と南禅寺の若葉を楽しむ散歩となった。当初目的達成。

洛東エリアから  

(1) 銀閣寺

境内図
境内図

総門
総門

銀閣寺垣
銀閣寺垣

中門
中門

銀沙灘から見た向月台と銀閣(観音殿)
銀沙灘から見た向月台と銀閣(観音殿)

錦鏡池越しに見た銀閣(観音殿)
錦鏡池越しに見た銀閣(観音殿)

東求堂
東求堂

お茶の井
お茶の井

展望所より
展望所より

庫裡前の松
庫裡前の松

(2) 哲学の道
・銀閣寺近く
哲学の道・銀閣寺近く

・法然院近く
哲学の道・法然院近く

・大豊神社近く
哲学の道・大豊神社近く

・若王子神社近く
哲学の道・若王子神社近く

(3) 法然院
法然院の墓の地図 
法然院が配布している墓地の地図

圓光大師御旧跡
法然院・圓光大師御旧跡

茅葺屋根の山門
法然院・茅葺屋根の山門

山門からの眺め
法然院・山門からの眺め

白砂壇
法然院・白砂壇

講堂
法然院・講堂

手水鉢から一筋の流れ
法然院・手水鉢から一筋の流れ

地蔵菩薩像
法然院・地蔵菩薩像

本堂の玄関
法然院本堂の玄関

多宝塔
法然院多宝塔

cf.拝観謝絶の安楽寺
拝観謝絶の安楽寺

(4) 大豊神社

鳥居
大豊神社・鳥居

大豊神社・狛巳狛猿狛鳶
大豊神社・狛巳狛猿狛鳶

大国社と狛鼠
大国社と狛鼠

日吉社と狛猿、愛宕社と狛鳶
日吉社と狛猿、愛宕社と狛鳶

(5) 熊野若王子神社

熊野若王子神社
熊野若王子神社

若王子神社社殿
若王子神社社殿

恵比寿殿
恵比寿殿

(6) 永観堂
   みかえり阿弥陀 

総門
永観寺・総門

中門
永観寺・中門

釈迦堂の中庭
永観寺・釈迦堂の中庭

釈迦堂の前庭・小判形の盛砂(唐門内)
永観寺・釈迦堂の前庭・小判形の盛砂(唐門内)

三鈷の松
永観寺・三鈷の松

御影堂から見た楓林
永観寺・御影堂から見た楓林

方丈西庭
永観寺・方丈西庭

悲田梅
永観寺・悲田梅

唐門(勅使門)
永観寺・唐門(勅使門)

多宝塔への階段
永観寺・多宝塔への階段

多宝塔からの京の眺め
永観寺・多宝塔からの京の眺め

御影堂
永観寺・御影堂

阿弥陀堂
永観寺・阿弥陀堂

放生池から見た多宝塔
永観寺・放生池から見た多宝塔

楓林を若葉さんぽ
永観寺・楓林を若葉さんぽ

(7) 南禅寺

大寂門
南禅寺・大寂門

奥丹
南禅寺・奥丹

北門から入った処
南禅寺・北門から入った処

三門
南禅寺・三門

三門からの眺め
南禅寺・三門からの眺め

法堂
南禅寺・法堂

法堂内部
南禅寺法堂内部

勅使門
南禅寺・勅使門

本坊・唐破風・大玄関
南禅寺・本坊・唐破風・大玄関

大方丈
南禅寺・大方丈

方丈庭園by小堀遠州
方丈庭園by遠州

小方丈・如心庭
小方丈・如心庭

蓬莱神仙庭
蓬莱神仙庭

涵龍池龍吟庭
涵龍池龍吟庭

六道庭
六道庭

cf.南禅院

水路閣
水路閣

入母屋造こけら葺
南禅院・入母屋造こけら葺


南禅院・門

南禅院庭園/京都の三名勝史蹟庭園
南禅院庭園:京都の三名勝史蹟庭園

南禅院・滝口の石組
南禅院・滝口の石組

cf.金地院
金地院

一日目の京都庭園巡り

一日目の京都庭園巡り

青女の滝の石組/林賢と徳大寺静意が作庭
青女の滝(特別名勝)

本シリーズ冒頭で触れたように今回の旅の目的は法金剛院で徳大寺静意の石組を見ることである。∵小石川後楽園の作庭者・徳大寺佐兵衛が高家だとかの説に対し彼は京の庭師だと思うからである。その手掛りを探しに。あいにく住職が不在だったので奥様に託けたが。不明。

※『後楽園紀事』に出て来るそうだ。←『大名庭園』講談社選書・白幡洋三郎著

◆ 前半/洛西エリアから 
パンフレット並びに拝観券
寺院パンフレット・拝観券・一日目

(1) 法金剛院
 西行や鳥羽天皇を惑わせた待賢門院が復興・再建した寺で、発願者と作者がはっきりしその遺構がそのまま残っている平安時代の数少ない庭園であり、特別名勝である。

案内板
法金剛院・表門

表門
法金剛院・表門

玄関・礼堂と待賢門院桜
礼堂と玄関・待賢門院桜

藤原璋子(鳥羽天皇の中宮・待賢門院)の陵(宮内省管理)
藤原璋子花園西陵

(2) 妙心寺・涅槃堂

分骨した義母の墓にお参りした。結果、退蔵院の観桜を割愛した。
妙心寺・涅槃堂

 cf.妙心寺・総門
妙心寺・総門

 cf.妙心寺・退蔵院庭園
退蔵院庭園

(3) 仁和寺

本坊・御殿案内は、こちら

二王門
仁和寺・二王門

本坊・御殿入口
本坊・御殿入口

勅使門
勅使門

南庭
仁和寺・南庭

南庭と右近の桜
仁和寺・南庭と右近の桜

白書院
仁和寺・白書院

北庭
北庭

黒書院
黒書院

霊明殿
霊明殿

境内ルートマップは、こちら

中門
中門

中門から御室桜と金堂を望む
中門から御室桜と金堂を望む

満開の御室桜
満開の御室桜

五重の塔
五重の塔

金堂
金堂

鐘楼
鐘楼

御影堂
御影堂

(4) 竜安寺

竜安寺・案内図
竜安寺・案内図

山門
竜安寺・山門

石庭
竜安寺・石庭

石庭/実際と図・模型の比較
竜安寺・石庭 図や模型と比較

実際は、石庭の前は観光客で混雑していた
石庭前の観光客

石庭入口
竜安寺・入口

cf.比較的静かな方丈の庭
竜安寺・ 方丈の庭

石庭から出て来た観光客
石庭から出てきた観光客

桜苑
竜安寺・ 桜苑

枝垂桜
竜安寺・ 枝垂れ桜

(5) 金閣寺 

金閣寺案内板
金閣寺・案内板

総門
金閣寺総門

鐘楼と若葉
金閣寺・鐘楼と若葉

金閣(仏舎利)
金閣寺・仏舎利

方丈と陸舟の松
金閣寺・方丈と陸舟の松

金閣寺境内(銀河泉・厳下水・安民沢・金閣寺垣)
金閣寺境内


◆ 清水五条/後半 雨の中をバスと地下鉄(烏丸線・東西線)を利用して洛東へ移動

A.大谷本廟
      実の父と母の分骨が納骨されているので、立ち寄った。
      ついでに、私の納骨の調査を兼ねて/
           築地本願寺と相談してお寺を選定し、大谷廟への納骨を検討することにした。
           費用は、義母の妙心寺と比べて格段に安そうだ。
       /妻は私と同じ墓に入りたくないと。→私は勝海舟ほど悪いことはしていないのに。
 
円通橋(めがね橋)から総門を望む
大谷本廟・円通橋(めがね橋)から総門を望む

大谷本廟案内図
大谷本廟・案内図

次の日から始まる式典準備中の明著堂前
大谷本廟・式典準備の明著堂前

B.清水寺(工事中)/最近ブラタモリで見た状態とは様変わりであった。
    
清水の舞台の修理中
清水舞台の修理中

修理中の補足写真
清水寺・舞台修理中(補足写真)

工事現場から音羽の滝を見下ろす
清水寺・音羽の滝

清水寺の枝垂桜
清水寺・枝垂桜

cf.ブラタモリによると仁王門は移動した/仁王門から見た参道(松原通)
王門から参道(松原通)を望む←仁王門は移動した

京土産/豆政・辻利・たねや

京土産/豆政・辻利・たねや

土産話の前に、京都土産の菓子と女房がもらってきた滋賀のお菓子を掲載する。貧乏旅人の買った京菓子は一個5~600円位のもの。哲学の道を歩いていてやたらに目についたのが豆政の名。女房の長唄仲間で京都人から貰って知った辻利の名。他に妻が貰ったのはたねや。

貧乏旅人の京土産

a.クリーム五色豆/豆政

クリーム五色豆on絵志野四方小皿
クリーム五色豆
開封
豆政・開封
豆政・箱
豆政・箱

b.京茶 ラスク  /辻利

京茶ラスクon天目釉皿
京茶ラスクon天目釉皿
開封
辻利・開封
辻利・箱
辻利の箱

栗饅頭と斗升最中/たねや/女房の土産

栗饅頭と斗升最中・断面on総織部釉皿
断面
栗饅頭と斗升最中
栗饅頭と斗升最中
開封
たねや・開封
たねや・包装
たねや・包装

二泊三日の京都旅行の夕食等

二泊三日の京都旅行の夕食等(含む、2日目の昼食)

三日とも京都らしい夕食を望んだ。諸般の理由で叶わなかった。一日目偲ぶ会の会食でお腹が一杯となったから。三日目帰りの新幹線に乗る前の早い夕食となったからである。楽しみにしていた京都らしい夕食は中日の一食のみ。それも先斗町に振られて初めて訪れる店であった。

(1)一日目の軽い夕食/はしたて|和久傳 スバコ・JR京都伊勢丹3F
 ・はしたて/和久傳・店内   和久傳の想い
京都・はしたて・店内

 ・玉川人喰岩特別本醸造(京丹後)
玉川人喰岩特別本醸造(京丹後)

 ・むしやしない(虫養い)
むしやしない

 ・ミニ鯛の胡麻味噌丼
ミニ鯛の胡麻味噌丼

 ・メニュー・むしやしない
メニュー・むしやしない

 ・メニュー・飲み物
メニュー・飲み物

(2)三日目は、新幹線に乗る前の早い夕食
海鮮居酒屋 京都 花の舞 京都セレマビル5F            
 ・花の舞
花の舞

 ・祝米・大吟醸 一合
祝米・大吟醸@980円

 ・まぐろのわがまま3種盛り
まぐろのわがまま3種盛り@990円

 ・万願寺とうがらし
万願寺とうがらし焼き@590円

 ・京都三条寄せ豆腐
京都三条寄せ豆腐@690円

 ・丸茄子…
丸茄子・・

 ・ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

 ・ちりめんじゃこ・ぶぶ茶漬け
ちりめんじゃこ・ぶぶ茶漬け@490円

(3)二日目の昼食替り/竜安寺・西源院・七草湯豆腐で一杯           
 ・入口
入口・丸は天下一?

 ・庭の眺め
)庭の眺め

 ・七草湯豆腐
七草湯豆腐単品+ご飯

 ・酒一合
酒1合

 ・雨が降り始めた
雨が降り始める

 ・帰りの賑わい
帰りの賑わい

(4)二日目の京都らしい夕食藤本 下京区船頭町197
              
 ・藤本・店頭
店頭

 ・日本酒
日本酒

 ・先付
先付

 ・お椀
お椀

 ・お造り
お造り

 ・揚物
揚物

 ・ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

 ・焼物
焼物

 ・ご飯
ご飯

 ・デザート
デザート

全日本シニア社会人落語会

シニア大樂主催
   第3回全日本シニア社会人落語会

大入り満員の文京シビック小ホール
大入り満員の小ホール

シニア大楽が主催する65歳以上のシニア社会人落語会も、今回で三回目となる。北海道から大阪までと参加者が広がったので今回から全日本を冠することとした。私も相変わらず横断幕作成や高座係など雑用掛りとして参加した。開演とともに入場者数が増え、大入り満員となる。

リハーサル風景
リハーサル

落語と都々逸
落語と都々逸

閉演
閉演

反省会場から出演者及び家族とその漫画

乾杯
乾杯

・古印亭勝丸
古印亭勝丸

・雀すぱ楼
雀すぱ楼

・眞正亭駒彦
眞正亭駒彦

・好々家あふ楽とその家族
好々家あふ楽

・寝床亭道楽
寝床家道楽

・夢見亭朝楽
夢見家朝楽

・うつらぐう楽
うつらぐう楽

・鹿鳴家花実
鹿鳴家花実

・Mさん
Mさん

・Yさん
Yさん

・似顔絵を描かれた漫画家/お名前は、バトルロイヤル風間さんでした。
似顔漫画を描いた漫画家のコメント中


相変わらずの貧乏旅

京都旅行/相変わらずの貧乏1人旅

「大人の休日倶楽部」を利用して運賃を倹約し、宿はJR東海・ジパング倶楽部・JTB等を比較して安いものを選択手配した。これからは人並みの旅行をしようと思っていたが、いつまでたっても安く上げてしまう。さがなのか。今回巡る目的地までのアクセスも加味し二条の宿とした。

今回の宿
今回の宿

シャワールームとベッド
シャワールームとベッド

ツインルーム
ツィンルーム

※西洋人客の利用が多いホテルである。バスタブの無い部屋は初めての経験だった。上に固定の大きな蓮口が付き、もう一つ移動のできる普通の大きさの蓮口のシャワーが付いている。

当日は、客が満員でなかったせいか、無料でワンランク上の部屋を手当てしてくれた。
シングルがツインとなり、部屋の面積は少し広い。連泊効果か。

※朝食は、前日コンビニで買っておいて、手早く、かつ、安く済ませるものとした。
二日分の朝食(二条駅近くには、ローソンとセブンの二つのコンビニがあった。

一日目の朝食/ローソン
一日目の朝食

二日目の朝食/セブン
二日目の朝飯

[参考] 二条駅(JR並びに地下鉄東西線)からホテルまでの道中にあった石標
『此附近平安京大内裏朱雀門跡』とある。
此附近平安京大内裏朱雀門跡

昨晩強風で鉢植えの木倒る

昨晩の強風で、鉢植えの木倒れる

応急処置後のヒメシャラとブナの混植・寄せ植え
応急手当後のヒメシャラ・ブナ寄せ植え

我が家の庭は日当たりや風通しが良い。が、時たま北南・東西に強風が通り抜け、鉢植えなどに被害が出る。昨晩も突風が吹いた。気になりながら寝たが、今朝見廻ると、この春植え替えたばかりの寄せ植えが倒されていた。鉄の支柱を組み、麻縄でゆるく固定し、応急処置を施した。

寄せ植えの倒木/東から西に(写真左から右へ)突風は通り抜けたようだ。
ヒメシャラ・ブナ寄せ植えの倒木

応急処置中/ブナは3本中一本が枯れていた。
    新構成:ヒメシャラ3+3=6本、ブナ3-1=2本、計8本 (残念ながら偶数本になった)
応急処置中

関西旅行中に庭草木の変化

大阪・京都旅行中に庭の草木に変化

大阪・京都を旅行中に草木に動きがあった。この時期地面の中から突然芽生えてきたり草木に芽吹きがあったりと慌ただしい。特に今年は4月というのに25度を超える真夏日が続いたりと気候も荒れている。クマガイソウはすっかり絶滅してしまったが、変わって次の植物が残っていく。

(1)旧クマガイソウ畑の発芽など
a.八重梅花唐草の花が咲いていた
八重梅花唐松の花が咲いた

b.シラネアオイの芽吹き
シラネアオイの芽吹き

c.八重咲きエンレイソウの芽吹き
八重咲きエンレイソウ

d.斑入り大葉舞鶴草の芽生え
斑入り大葉舞鶴草

(2)山野草畑の変化
a.白雪ケシの様子/
      左はポリ鉢に植えたものを地植え、右は鉢植え。左は花が咲き始めている。
白雪ケシ

b.イワタバコ(ハンギングバスケット中)の発芽
イワタバコ発芽

c.仮置きしているヒメシャラとブナ混植寄せ植えの芽生え
ヒメシャラ&ブナの芽生え

(3)鉢植え草物と雑木の変化
a.リンドウの芽
リンドウの芽が膨らんできた

b.回復中のカンアオイ「谷間の雪」
回復してきたカンアオイ「谷間の雪」

c.ミニギボウシの芽生え
ミニギボウシの芽生え

d.ヒメリンゴの花が終わっていた
姫リンゴの花が終わる

e.ミニケヤキの芽吹き/養生が上手く行ったのだろうか。まだ油断はならない。
ミニケヤキの芽吹き

f.カリンの芽吹き
カリンの芽吹き

(4)モミジ太幹根元のジジババ(野生の春蘭)の大株の中から、今年もヤブレガサが伸長してきた
ヤブレガサ

大阪で、義母を偲ぶ会

大阪で、義母を偲ぶ会

喪主(妻)の挨拶と献杯
喪主挨拶&献杯

義父・義母の親類に集まってもらって「義母を偲ぶ会」を行った。家族葬は船橋で行ったが写真はない。平服で集ってもらって簡単な懇談の場を持った。場所は大阪の某所。出席者は女房のオールいとこ、並びにその子・孫達である。義母は96歳で亡くなった。世代交代は進んでいる。

妻の従弟による弔辞/私より4つほど若いそうだ
弔辞

義母を偲ぶ会
○○を偲ぶ会

料理から
料理から

しばらく旅に出ます

しばらく旅に出ます

義母が年末に亡くなった。納骨も終わった。今度は義母義父の親類を集めて関西で義母を偲ぶ会を開く。ついでに気になっている京都の庭園も、独りで廻ってこようと思う。その一つが京都の西・花園にある法金剛院である。林賢・徳大寺静意が作った滝石組「青女の滝」が見たいから。

よって、しばらく投稿を休みます。

豊後高田どり・酒場・打上げ

京王線中河原駅前
   豊後高田どり入店
豊後高田どり・入店

街歩きの楽しい処、後の打上げにある。人は一人では生きられない。色々な処につながりがあることが大切だ。家族もそうだが、時々口をきいてくれない時がある。それをヘッジするのが外での人との接触である。人間関係はいつも流動的だから、私は沢山のグループに属している。

乾杯
乾杯

日本酒
日本酒1合

サワー
サワー

つまみ
つまみ1

つまみ2

つまみ3

つまみ4

焼鳥を串から外してくれる人/こういう世話好きは、有難いことに何処にでもいる
串から外す親切な人


ヒメリンゴの花が咲いた

今年も、ひめリンゴの花が咲いた

姫リンゴの花が咲いた

雑木鉢植棚に姫林檎の花が咲いていた。いつ観ても可愛い。これがここ数年結実しないのだ。今年は人工授粉を試みてみた。リンゴは自家不稔性があり一本だけでは実がならないとも、品種によっては実がなることもある、と。実海棠と一緒に育てるといいらしいが、私は一本だけ。

谷保分倍河原・見残しを歩く

見残しの図会を行く 谷保・分倍河原コース

谷保天神社(図会)
谷保天神社(図会)

清水立場(図会)
清水立場(図会)

分倍河原・陣街道(図会)
分倍河原 陣街道(図会)

小野神社(図会)
小野神社(図会)

JR谷保駅周辺・分倍河原駅周辺を散策し京王線中河原駅で解散した。見所は谷保天神社・分倍河原古戦場跡・論社のある小野神社などである。多摩川の氾濫により遷座を繰り返した結果府中と多摩の二社となったようだ。武蔵一ノ宮の小野神社については後日投稿予定である。

谷保天満宮/菅原道真の第三子・道武は分倍庄栗原郷に配布。
        湯島天神・亀戸天神とならび関東三天神。
谷保天満宮

谷保天・摂社
谷保天・摂社

常盤の清水
常盤の清水

清水の茶屋跡
清水の茶屋跡

仮屋坂
仮屋坂

滝之院
滝之院

八雲神社脇の元応の板碑/「新編武蔵風土記稿」「江戸名所図会」にも記載有。
八雲神社脇の元応の板碑

天王宮・八雲神社
天王宮・八雲神社

陣街道・石標/府中本町と関戸を結ぶ道を陣街道という。(鎌倉道)
陣街道・石標

高倉塚古墳
高倉塚古墳

分倍河原古戦場跡/新田義貞が北条康家軍を破って鎌倉に攻め込んだ。
分倍河原古戦場跡

小野神社/府中と多摩・二つの小野神社
小野神社

府中本町・厨・きつねうどん

『一枚一枚手で油抜きをしています。
地元府中町田豆腐店さんの油揚げを使用しています。』
   府中本町・厨(くりや)で きつねうどん  @700円
厨・きつねうどん

去年末、見残しで谷保・分倍河原を歩いた。集合場所のJR南武線谷保駅に行く前に、乗換駅のJR武蔵野線府中本町で降りた。厨という饂飩屋に入った。『2014年にオープン。そば粉アレルギー問題をきっかけに、国産食材にこだわったうどん店に転向した。』と、地元タウン誌にある。

きつねうどん・内訳/麺とつゆ
厨・きつねうどん内訳

メニュー
メニュー

カウンター
カウンター

厨房方面
厨房方面

麺工房 厨(くりや)・店頭
府中本町・うどん屋厨・店頭

上野公園の桜勉強会2017

上野公園の桜勉強会2017

上野公園で桜守をしている人が毎年のように桜勉強会を開いてくれる。時々参加している。個人的な東京の桜の定点観察同様、ルーチン化して参加していると色々な変化が見えてくる。例えば学者の学説が紆余曲折していることとか、生き物である桜ならではの突然の枯死とか…。

(1)清水観音堂
ヨウコウ
ヨウコウ(天城吉野×寒緋桜)

・ヤエベニシダレ
ヤエベニシダレ・清水観音堂

ヤエベニシダレ・清水観音堂

・秋色桜
秋色桜・清水観音堂

・コケシミズ
コケシミズ

(2)五条天神社
・ウコン
ウコンat五条天神社

(3)上野精養軒
フゲンゾウ/これからか
フゲンゾウか

(4)上野東照宮
・上野の五重の塔と桜
上野の五重の塔と桜

・花筵
花筵

(5)小松宮像
ソメイヨシノ原木?
小松宮像とソメイヨシノの原木か

・コマツオトメ
コマツオトメ

※さくら通り/今年は盛りが過ぎた
さくら通り

(6)科学博物館
一葉
一葉

・花の終わったアマギヨシノ
花の終わったアマギヨシノ

(7)両大師堂・輪王殿
・リンノウジクルマガエシ
リンノウジミクルマガエシ

・ヤエベニシダレ/未来の名木と、案内人は言う
ヤエベニシダレ・輪王寺

(8)東京博物館
枯れて無くなった盆栽風の名木/※ 2012撮影 ヨシノシダレザクラ
東博のシダレヨシノが枯れて無くなった   

・ミカドヨシノか
ミカドヨシノか

・ケンロクエンキクザクラ/これから開花か
ケンロクエンキクザクラ

・ショウフクジサクラか/見頃は過ぎた
ショウフクジサクラか・東博

・オオシマザクラ
オオシマザクラ・東博庭園

・花筏at東博の池
花筏at東博の池

※聞き違いや勘違いが含まれていると思う。他の資料を合わせ読みして判断してください。

自由が丘・磯丸水産で打上げ

いいコースであった。祐天寺九品仏などをガイド研修した後、自由が丘の居酒屋で打上げした。一つの班はほぼ全員参加、他の班では飲み会パスの人が続出。主婦はこれから家族のために夕食作りの人がいるのは理解している。しかし、打上げには参加しない人もいる。人様々である。

自由が丘・磯丸水産入店
自由が丘・磯丸水産・入店

あちこちの席で乾杯が始まる
乾杯

ルーチンの日本酒1合
日本酒1合

最近はこの後、疑い深い仲間のためにノンアルコールビールを注文する
ノンアルコールビール

おつまみ
焼き魚

つまみ2

つまみ3


祐天寺九品仏・研修

江戸名所図会を参考に、
   祐天寺九品仏をふたたび散策

江戸名所図会・挿絵 (出典は、主として国立国会図書館デジタルコレクションより)
・祐天寺
祐天寺

・満願寺
満願寺

・九品仏浄真寺
九品仏

名所図会を片手に、祐天寺、円融寺(法華寺)、碑文谷八幡、満願寺、九品仏と研修で廻った。朱引き線の外にあったためか、新政府軍の関心の外にあったためか、図会・挿絵のとおりの伽藍配置がよく保存されている処が多い。特に祐天寺・九品仏は何度行っても飽きない寺院だ。

(1)祐天寺
境内図(HPより)
祐天寺境内図

・表門
祐天寺・表門

・仁王門
祐天寺・仁王門

・地蔵堂
祐天寺・地蔵堂

・地蔵堂門の天井彫刻(江戸火消三番組の纏)
地蔵堂の門の天井彫刻(江戸火消三番組纏)

・かさね塚
祐天寺・かさね塚

・鐘楼(鯨鐘) 6代家宣正室天英院寄進
祐天寺・鐘楼&書院方面

・本堂
祐天寺・本堂

・阿弥陀堂 綱吉養女竹姫(加賀藩5代藩主正室)寄進
祐天寺・阿弥陀堂

・仏舎利殿
祐天寺・仏舎利殿

・祐天上人墓
祐天上人墓

・大正天皇ご生母(柳原愛子さん)の墓
大正天皇生母・柳原愛子さんの墓

(2)法華寺(円融寺)
・山門 (御殿山の原邦造邸から移築)
円融寺・山門から

・黒仁王尊
黒仁王尊

・釈迦堂
円融寺・釈迦堂

・阿弥陀堂
円融寺・阿弥陀堂

・日源上人五重石塔
円融寺・日源上人五重石塔

(3)碑文谷八幡
・碑文谷八幡
碑文谷八幡宮・拝殿

・碑文石
碑文石

(4)玉川神社(元熊野神社)
・玉川神社
玉川神社(元熊野神社)

・玉川神社のとっくりクス
とっくり楠

(5)満願寺
・本堂&客殿
満願寺・本堂&客殿

・一言地蔵
満願寺・一言地蔵

・細井広沢墓
満願寺・細井広沢の墓か

(6)九品仏浄真寺
境内図(奥澤城址)/吉良氏の家臣大平氏の「奥沢城」跡
九品仏境内図

・参道
浄真寺参道

・総門
浄真寺総門

・山門
浄真寺山門

・本堂
浄真寺本殿

・釈迦如来
釈迦如来

・三仏堂
三仏堂

・九品仏(阿弥陀)
九品仏(阿弥陀)

・開山珂碩上人廟
開山珂碩上人廟

・閻魔大王と奪衣婆
閻魔像と奪衣婆

中目黒・香食楽のベジカレー

中目黒・香食楽のベジカレー

ベジタリアンにおすすめカレー @1,500円(税込)
   含む、白米を薬飯に変更(+200円)
Bベジタリアンにおすすめ(中辛)

祐天寺駅集合の日手前の中目黒駅で降りた。桜の見頃期で駅は大層混んでいた。目黒川の桜を撮る魅力を捨て、目黒銀座商店街を歩いていた。香食楽というカレー屋に入った。2軒隣はカレー饂飩発祥の店だった。ランチサービスメニューは限られている。Bベジタリアン向けを選ぶ。

※ 私は、別にベジタリアンではない。

アップ
アップ

ランチサービスメニュー
ランチサービスメニュー

室内(フリードリンクのコーナー方面)
室内・フリードリンクコーナー

香食楽kakuraの意味
香食楽kakuraの意味

店頭
香食楽・店頭

2軒隣は朝松庵
2軒隣は、朝松庵

川崎駅前 養老乃瀧で打上げ

JR川崎駅前 養老乃瀧で打上げ

入店
養老乃瀧・入店

羽田空港近くの羽田弁財天社などあまり足を運ばない処の散策も終わり、参加者の有志で、打上げをした。JR川崎駅前の居酒屋・養老乃瀧である。大変懐かしい名前だ。この頃御縁がないが、昔はもう少し立ち寄ったような記憶がある。新しいチェーン店に押されているのだろうか。

ルーチンの日本酒1合
日本酒一合

レモンサワー
レモンサワー

つまみ
つまみ1

つまみ2

つまみ3


〆

ヒゴスミレが締まって咲いた

満開のヒゴスミレ  撮影日:4月6日
ヒゴスミレが咲いた

女房が有漢町の友達から頂戴したヒゴスミレが今年はコンパクトに咲いた。花茎がよく引き締まって咲いたのは初めてである。蕾の段階ではエイザンスミレのように紫の筋が見られるものがあるが、咲くと筋は消えて白色の花となる。葉はヒゴスミレの典型のように5裂している。

※  葉の切れ込むスミレの仲間は、こちら
※※ このヒゴスミレ(多年草)を植え替えたのは、お彼岸頃(こちら)。

蕾の頃のヒゴスミレ  撮影日:三日前の4月3日
   ・葉は、五裂し、さらに細裂している。
   ・蕾の内は、紫の筋が見られるものがある。咲くと筋は消える。
   ・花の形は、標準形より丸みを帯びているようだ。
   ・今は引き締まっているが、そのうち花茎は伸びてくるかもしれない。
ヒゴスミレの蕾が沢山ついた

雨が降り、風が強くなるというので室内に取り込む。
   花茎が伸びた感のあるヒゴスミレ  撮影日:4月7日
花茎の伸びてきたヒゴスミレ0407

【追伸】 花茎がさらに伸び、花びらが散り始めた  撮影日:4月9日
花茎が伸び、花が散り始めたヒゴスミレ

一幸庵のわらび餅と道明寺

わらび餅と道明寺on黄瀬戸どら鉢
わらび餅と道明寺on黄瀬戸どら鉢

小石川植物園に花見に行く時、たまに立ち寄る店がある。TVの紹介で「一心不乱に練る」わらび餅が強烈な印象を感じたからである。美味しい、そして高い。が、客が大勢いて、一万・二万円と買っていた。私は夫婦二人の生活。わらび餅と道明寺を一人一個ずつささやかに買った。

※ 主人の水上力の経歴や家族は、こちら

開封
開封

包装
一幸庵・包装

店頭
一幸庵・店頭

東京の花見の定点観察をした

東京の花見の定点観察をした

1999年頃から東京の花見を始めた。千鳥ヶ淵と小石川植物園を定点観察するようになった。花の見頃(満開頃)に行うので年によっては3月の卒業式シーズンに歳によっては4月の入社式にあたることになる。今年開花宣言は普通だったが満開は遅かった。大学入学式に出くわした。

(1)千鳥ヶ淵緑道周辺
・牛ヶ窪
牛ヶ窪

・田安門
田安門

・千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵

・千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵

・千鳥ヶ淵緑道
千鳥ヶ淵緑道

・千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵

(2)播磨坂
播磨坂の桜

(3)小石川植物園
  ・ソメイヨシノ林
小石川植物園1

  ・いつものアングル
いつものアングル

  ・ソメイヨシノ(栽培)〈好きな樹〉
ソメイヨシノ栽培(いつもの木)

 ・ソメイヨシノ(品種:天城吉野)
ソメイヨシノ(品種天城吉野栽培)
  
  ・旧養生所の井戸
旧養生所の井戸

  ・分類標本園
薬園保存園

  ・カリン林、シマサルスベリ、ボダイジュ並木、スズカケノキ、もみじの並木
カリン林

シマサルスベリ

ボダイジュ並木

スズカケノキ

モミジの並木

   ・旧東京医学校本館
ハナキササゲ越しの旧東京医学校本館

   ・温室周辺:工事中
工事中の温室


祐天寺・九品仏界隈のサクラ

祐天寺・九品仏界隈のサクラ

立会川緑道の桜
立会川緑道の桜

図会を携えて祐天寺・九品仏界隈を歩いた。この辺りは維新後も朱引き線の外ということで図会に描かれたままの江戸の光景が今も見られる。今年はまだら模様ながら、桜が程よく咲く空間にも遭遇した。桜はパッと咲き揃い、ぱっと散るのが美しい。例年ならばもっと綺麗だろうか。

祐天寺仁王門から見た桜
祐天寺仁王門から見た桜

祐天寺鐘楼前の桜
祐天寺鐘楼前の桜

祐天寺・仏舎利殿前の桜
1祐天寺・仏舎利殿前の桜

九品仏の桜
九品寺の桜

【参考】 紅葉の名所だけに、既にモミジの芽生えが美しい。
九品寺・モミジの芽生え

牛込御門周辺の桜の開花状況

牛込御門周辺の桜の開花状況

東京逓信病院辺りの桜
逓信病院前あたりの桜

東京の桜の開花は3月21日だったが、後寒の戻りがあり、場所によって開花状況はまだら状態である。牛込御門辺りの桜を見て歩いた。土手の古い桜は満開に近づいているものもあれば、5,6分咲きの樹もある。グランブルーム前の若い桜は元気に咲いているがまだ迫力がない。

牛込濠土手の桜
牛込濠土手の桜

牛込御門石垣とグランブルームの間の道路の若い桜
牛込御門石垣とグランブルームの間の道

カナルカフェの行列と外堀通り沿いの桜
カナルカフェの行列

見残しの会で 羽田川崎を歩く

見残しの会で 羽田川崎を歩く

羽田弁財天社(図会)
羽田弁財天社

河崎新田社(図会)
河崎新田社
(図会)

石観音堂(図会)
石観音堂

過日、図会・挿絵の見残しを歩く会という面白いツアーに参加した。挿絵としては、羽田弁財天社、河崎新田社、石観音堂が含まれている。京急・天空橋からJR河崎駅まで歩く。もっとも途中でバスも利用する。都市化・工場化が進み変わり過ぎていたが。案内人はマニュアックな人。

※ 実踏から投稿までの時間が長かったので、記憶が鮮明でない。詳細な注釈は省略する。

赤鳥居・羽田弁財天跡/かつて鈴木新田の穴守稲荷社参道にあった鳥居のひとつ
赤鳥居・羽田弁財天社跡

玉川弁財天(羽田弁財天社)
玉川弁財天

羽田の渡し跡
羽田の渡し跡

赤煉瓦堤防跡
赤煉瓦堤防跡

正蔵院
正蔵院

鈴木新田開発・鈴木弥五右衛門墓
鈴木新田開発・鈴木弥五右衛門墓

新・大師橋/大師橋南詰辺りに末広松があったと
新・大師橋

成就院/新田神社の別当寺
成就院

新田神社/祭神:新田義貞公(鎌倉幕府を滅亡させた/尊氏と対立、北陸で討ち死)
新田神社

亘新左衛門墓/新田義貞の臣
亘新左衛門墓(御霊権現社)

姥が森弁財天
姥が森弁財天

石観音堂
石観音堂

石観音堂・霊亀石盥盤
石観音堂・霊亀石盥盤

DIM JOYで飲茶セット

銀座三越・DIM JOYでヘルシー飲茶セット  @2,570円(税込)

DIM JOY店頭
DIM JOY店頭

薬が切れたので、単独で掛りつけの病院に行った。帰りヘルシーなランチが食べたくなったので、久し振りに銀座三越に寄った。その店はシンガポールのモダン飲茶店である。シェフは広東省出身のファン氏、オーナーは女優のミシェール・サラム。すべてが健康に良さそうに見える。

※ 私が弱いのは、中国や韓国の薬膳料理。体調が悪くなるとこれが欲しくなる。

[中国茶] 凍頂烏龍茶
凍頂烏龍茶

[前菜] 彩り豆とスモーク鴨のサラダ オレンジマヨネーズソース
彩り豆とスモーク鴨のサラダ

[点心] 5種蒸点心(小龍包と彩り蒸し点心)
5種蒸点心(小龍包と彩り蒸し点心)

[スチーム小皿料理] 肉と春キャベツのココナッツカレー蒸し
肉と春キャベツのココナッツカレー蒸し

[選べる麺飯] 春の健美玄米粥~桜エビ、空豆、白きくらげ~
春の健美玄米粥~桜エビ、空豆、白きくらげ~

[プチデザート] ライチとグレープフルーツのゼリー ホワイト炭酸スープ
ライチとグレープフルーツのゼリー

飲茶セットメニュー
飲茶セット・メニュー

選べる麺飯メニュー
選べる麺飯・メニュー

点心メニュー
点心メニュー

天然鮪とアボカドのとろろ丼

ラクーア3F nana’s green teaでランチ
   「天然鮪とアボカドのとろろどんぶり」   @1,210円 (税込)
天然鮪とアボカドのとろろ丼

TCGCのあるグループ役員会が春日の会場で開かれた。ナナズグリーンティーラクーア店でランチした。相変わらず若い女性客が大半である。あのグルメサイトでの評価でも高くないが私はよく立ち寄る。おば様達からは若い女の子みたいとよくからかわれる。いい歳した爺なのに。

ランチ・内訳/どんぶり+おみそ汁+白玉ぜんざいorわらび餅+ドリンク
         ドリンクは、かりがね茶(茎茶)
ナナズランチ内訳

メニュー(看板)
メニュー

ナナズのレジィ
ナナズの店頭

窓から見えるトランポリン
窓から見えるラクーア
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR