お茶の水 酒亭じゅらくで 昼食

自治体に市民講座開催の案内状を送付するために、お茶ノ水のオフィスへ招集がかかった。
書類の封筒詰め等の単調作業の半ばで昼時間となったので、ランチをとろうと外出した。
神田川沿いにテラスを持つレストランが3~4軒ならんでいる。その内の一軒に入った。

酒亭じゅらく・店頭

お茶の水 酒亭じゅらくで 昼食
   酒亭じゅらく   千代田区神田淡路町 2-9 JR高架下

◆ 豚角煮丼   @850円

豚角煮丼@850円
豚角煮アップ
豚角煮アップ

メニュー
メニュー

【参考】
NPOオフィスでの案内状等発送作業光景
発送作業

Boulangerie Queueの パン

買い置きの食パンが切れたと思っていたら、妻がカルチャーの帰りに地元のパン屋さんを開拓して色々なパンを買ってきた。あなたの住んでいる処は田舎だね、と言われ続けてきて長いが、船橋の田舎にも菓子屋もパン屋も美味しそうな店はたくさんあるのだ、と言い返したい。そのパン屋さんは新興住宅地にある。

Boulangerie Queueの パン
   ブーランジェリー クー   船橋市坪井東2-14-27

調理/蓮根と枝豆のキッシュ、菓子パン/ダークチェリータルト on 絵志野四方皿
菓子パン・ダークチェリータルト、調理・蓮根と枝豆のキッシュ

Queueのパン/菓子パン・クリームパン、サンド・ハムカツサンド、食パン等
Queueのパン(菓子パン・クリームパン、サンド・ハムカツサンド、食パン等)

鶴屋吉信お菓子 詰合せ正月版

お正月も最終週になったのに、まだお正月の気配の濃厚なものの写真が残っていた。女房の親せきからもらった正月Ver.のお菓子の詰め合わせである。7年ほど前に作陶を止めたが、その頃の菓子皿に載せてみた。相も変わらず使いまわししている。陶芸教室も閉鎖され、もう作ることもない皿たちであるから。

鶴屋吉信お菓子 詰合せ正月版

鶴屋吉信詰合せ・箱&開封

A. 寶ぶくろ on 天目釉皿

寶ぶくろon天目釉皿

B. 福ござる on 絵志野四方小皿

福ござるon絵志野四方小皿

C. 開運招福 on G織部皿 

開運招福onG織部皿

D. 京観世 on 唐津黒釉皿

京観世on黒唐津釉皿

D. 柚餅 on 総織部皿

柚餅on総織部皿

愛之助 やみつきしかりせん

女房が気になる歌舞伎俳優に片岡愛之助がいる。彼がテレビで盛んに宣伝する煎餅がある。妻も試みにその煎餅を箱買いした。品薄状態だそうだ。いい年して…とは、口に出せないが、自由にしていいと思っているので黙っていた。このたび、宅配便が到着すると、娘たちにばらまいて、あっと言うまに無くなった。

愛之助 やみつきしかりせん

『【いつみても波瀾万丈】片岡愛之助が箱買いする「やみつきしみかりせん」が気になるが品薄で食べられそうにない件』 (「【いつみても波瀾万丈】片岡愛之助が箱買いする「やみつきしかりせん」・・・」より)

やみつきしかりせん on グラデーション織部釉皿
ばら煎餅onグラデーション織部釉皿

やみつきしみかりせん
やみつきしみかりせんon織部皿

さがえ煎餅・宅配
   ◆煎餅工房さがえ屋
さがえ煎餅・宅配

清澄白河尾張屋で 山かけそば

清澄庭園でセミナーの講師を務める前に、清澄白河駅近の蕎麦屋で腹ごしらえをした。
胃腸の方はまだよくならない。できればお粥系がいい。次に饂飩がいい。うどん屋がない。
次善の策で、蕎麦にした。天ぷらや鴨肉はやめ、腹に優しそうな‘とろろ’にした。

清澄白河尾張屋で 山かけそば

山かけそば
汁と麺
汁と麺

『尾張屋は創業58年。皆様に愛されてきた伝統の味を守り続けます。
内装材やせいろは、国産の間伐材を使用。
森の中にいるような心地よい空間で、尾張屋のそばをご賞味ください。』 (「尾張屋」より)

メニュー
メニュー

店内
店内

店内
尾張屋・店頭

清澄庭園涼亭で G総会懇親会

担当したセミナーは、無事終了した。グループ総会の懇親会場は、清澄庭園内の涼亭に移った。
飲み放題の宴会が始まった。懇親会外の関心は、その日の素晴らしい満月と、大相撲の日本人の快挙。
セミナーは分かりやすかったとの感想・評価を多く聞き、お世辞ながら快い気持ちで懇親会が終始した。

清澄庭園涼亭で G総会懇親会

懇親会での、歓談光景
歓談光景

懇親会場・涼亭を望む
懇親会場を望む

涼亭玄関
涼亭玄関

満月/この日、パーティにぴったりの満月10年ぶりの日本人相撲の優勝が気になっていた。
  今の世の中である。誰かがスマホ等でテレビをチェックしており、優勝の瞬間会場に情報が流された。
満月

日本酒一合
日本酒一合

サワー
サワー

料理
料理

お開き後の涼亭をふり返る
お開き後の涼亭

【参考 1】
庭園より、セミナー会場を望む
セミナー会場を望む

涼亭から大正記念館を望む
涼亭から大正記念館を望む

【参考 2】
この時期清澄庭園の大泉水は、水鳥の寝床
大泉水は、水鳥の寝床

清澄庭園大正記念館で セミナー

一日養生した後の日曜日に、清澄庭園に出掛けた。セミナーの講師を頼まれていたからである。久しぶりに背広にネクタイ姿で現れると、どちら様でしょうかと聞かれた。日頃のいでたちとのギャップがあったようだ。『江戸の園芸』というテーマで、自分の園芸・陶芸経験を交えながら、精一杯講演した。

清澄庭園大正記念館で セミナー

セミナー風景
大正記念館・セミナー

(参考文献)
江戸東京博物館・開館20周年記念特別展
  『花開く江戸の陶芸』
江戸博・図録の錦絵をエビデンス(証拠)として示すと、私は視覚優位型の人間に属すらしく私自身も理解しやすく、聞いてる方も分かりやすかったと評価してくれた。

セミナー会場の清澄庭園・大正記念館
清澄庭園・大正記念館

清澄庭園大泉水の野鳥と鯉
野鳥と鯉

かまきりが モミジの枝に巣を

カマキリがモミジの枝に巣(卵のう?)を付けていた。カマキリは降雪量を予測して巣の高さを決めるという議論がある。私は秋田駐在の7年間を除き概ね太平洋岸で生まれ育ったのでカマキリの降雪量推測の話は知らなかった。春先に巣から糸を引きながら小さい蟷螂が垂れ下がってくるのを見るのは楽しいのに。

かまきりが モミジの枝に巣を

カマキリの巣atモミジ

※ 虫嫌いな女房が捨てろというので、やむなくカマキリの巣(実はモミジに2個)をはがして、山椒の木のミツマタにさした。

銀のあん たい焼き三種類食す

昨日は左の奥歯を抜いた。おまけに寒気がしたので、珍しく早々と床に就いた。
11時間ばかり寝た。よく眠れたものだ。今朝は白粥をすすった。セミナーを休んだ。
女房が久し振りにお菓子を買ってきていた。津田沼で、たい焼きを。ひとつつまんだ。

銀のあん たい焼き三種類食す

薄皮焼き黒ゴマ団子・断面
薄皮焼き黒ゴマ団子・断面

銀のあん たい焼き三種類/
   薄皮焼き・黒ゴマ団子、クロワッサンたい焼き・カスタード、クロワッサンたい焼き・小豆
薄皮焼き・黒ゴマ団子、クロワッサンたい焼き・カスタード、クロワッサンたい焼き・小豆

銀のあん、たい焼き 袋
銀のあん、たい焼き

長女の奢り にぎりとちらし鮨

過日、隣のマンションに住む長女が妻と私に昼食を奢ってくれた。妻は好きなちらしを、私には日本酒と握り寿司を。婿ドンはまだ若いが既に私の生涯給料のピークを越えていると、大分前に聞かされているので遠慮なくごちそうしてもらった。無農薬・有機栽培の野菜畑で、無償の労働を提供してくれているのに。

長女の奢り にぎりとちらし鮨

私がご馳走してもらったもの。
   特上にぎり  @1,860円 (税込)

日本酒・伯楽星   @720円
お酒・伯楽星

特上にぎり/女房はいつものおすすめ丼
特上にぎり

みそ汁
みそ汁

車鮨
車鮨・店頭

横浜ポルタEATALYで パスタ

過日、古き横浜をしのんで歩いた。その前に、横浜駅ポルタ・イータリーで昼食をとった。
トリノの本社が日本から撤退し、三井物産が店舗を譲り受け事業を継続した店の一つらしい。
我が家のジェノベーゼよりもこってりしたソースであった。これが本場の味なのだろうか。

横浜ポルタEATALYで パスタ

  ◆ リングイネ ペスト ジェノヴェーゼ Aセット   @900円+@300円

リングイネ ペスト ジェノヴェーゼ Aセット@900+@300円

サラダとパン
サラダとパン

紅茶
紅茶

ランチ・メニュー
ランチ・メニュー

室内/レストラン部門
室内

EATALY横浜ポルタ・店頭/イタリアンフードマーケットと併設のレストラン&カフェがある。
EATALY横浜ポルタ・店頭

船橋音波 かきづくし牡蠣御膳

昔、船橋ユーモアスピーチの会の新年会で使ったのが、築地・日本海 船橋店である。
経営が変わり、音波 船橋店となってから一度も入ったことがなかった。
過日、ランチで訪問してみた。雰囲気ががらりと変わり、グレイドアップした感があった。

船橋音波 牡蠣づくしかき御膳

かきづくし
  ◆ かき御膳   @1,490円 (税込)

かき御膳@1,380円

かき御膳・内訳/かき御飯、カキフライ、かきの茶碗蒸し、サラダ、みそ汁、お新香
かきづくし牡蠣御膳・内訳

メニュー
メニュー

室内/カウンター席
室内

音波・二階入り口扉/船橋市本町2-2-7 プラザビル2F
入口扉

『おすすめは、牡蠣』/但し、ウィルスの関係から、12~2月は生牡蠣の提供はしない、とある。
おすすめは、牡蠣

八重洲で 入社同期と懇親会

過日、東京駅近で入社同期と懇親会を行った。私が幹事の時は毎回出席するがそうでないときは時々サボる。今回は久しぶりに出席した。この旧帝大出の多いエリートたちには叙勲を受けた人はいない。普通の会社に入った人は意外と勲章に縁がない。叙勲を望むならやはり役人にならなくてはならないのだろう。

八重洲で 入社同期と懇親会

  加賀屋 東京駅前店   中央区八重洲2-3-7 斎原ビル1F

加賀屋東京駅前店 店頭
加賀屋店頭

乾杯の図/今回顔を隠せという人がいたので、目隠しをしてみた。
        所要があり遅れて到着した人がこの他に1名いる。
乾杯
旨そうに飲む一杯目。
グビィ

私の酒/日本酒1合
日本酒一合

追加は、いつものサワー
サワー

食事/宴会コース (メインは鍋料理)
食事1
食事2
食事3

室内/満員の店内
加賀屋・室内

普段使いの酒 銀盤から白鹿へ

35年ほど前から地元の酒屋で、家で飲む酒・普段使いの酒を買い続けてきた。その酒屋も経営者が変わり酒の品ぞろえなど方針ががらりと変わってしまった。お気に入りの酒も大量に注文前払いをしなければ入手できなくなった。今回その酒が切れたのを機に買い入れの店と銘柄を変更することにした。取敢えず、

酒白鹿←銀盤

普段使いの酒 銀盤 青パック2Lから白鹿へ

取敢えずの候補は、純米 黒松白鹿 辰馬本家   2000ml詰  @1,150円
   アルコール分:14度以上15度未満
   原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米) 精米歩合:70%
   日本酒度:+2、 酸度:1.4

※ 2000mlパックは、冷蔵庫のポケットに入るのでとても便利である。1升(1.8l)の酒瓶は冷蔵庫に入らない。パック詰は、少し安っぽく見えるかも知れないが、飲むのは中身なので割り切ればよい。どうせ居酒屋で飲む燗酒は安酒なのだから、構える必要はない。正月酒だけ、吟味して色々トライすればよい。

白鹿を普段使いの酒に

ワンコインあった ミニ弁当

ワンコインあった ミニ弁当

あったワンコイン弁当、と喜んで買ったが、過去に買った覚えがあった。1年前、全く同じ名前で同じ中身。ミニ化によるワンコインランチであった。前回は食べてすぐにお腹が空いた。今回も同じだった。これでは表面だけのワンコイン化だ。もし普通の腹持ちになるように、買い足したら、真のワンコイン化にならない。

※ デフレでもいいではないか。年金を年々減らすのなら、それで生活できる世の中にしてほしい。

ラムラ
   ◆ 彩香ミニ弁当   @410円

彩香ミニ弁当

彩香ミニ弁当@410円
彩香ミニ弁当@410円

ワンコイン つる

飯田橋で、ワンコイン弁当を探すと、最近ではなかなか見つけられない。
恐らく、巻き寿司といなり寿司のセットである「助六」クラスでないと作成できないのだろう。
今回は、税金分を含めるとワンコイン(500円)を超えてしまうが、入れて見た。

ワンコイン つる

つる・開封

つる@540円/税抜500円→税込では540円になってしまう。
つる@540円

ワンコイン 京樽茶きん鮨2個

 飯田橋セントラルプラザ10階・東京ボランティアセンターでの活動は、外食をするか弁当を買って食べておく必要がある。今日ラムラなどでワンコイン(500円)で済ませることが難しくなってきた。たまにワンコインでゲットできる場合があれば、その時はそれを入手する。もちろんお茶は家で紅茶などを用意しておく。

ワンコイン 京樽茶きん鮨2個   @430円 (税込)

茶きん鮨

茶きん鮨2個入り@432円
茶きん鮨\430円/2個

将泰庵本店で プチ贅沢ランチ

肉の匠将泰庵はなれでランチに焼肉を食べた話を女房にし本店に誘った。焼肉御膳@1,500円でも老人に優しい柔らかくてとてもおいしい牛肉であったとPR。たまにはプチ贅沢も良いかと女房も話に乗ってきた。将泰庵御膳@3,800円と特選焼肉御膳@2,500円と奮発。始末な我が家では珍しく贅沢な昼食。

将泰庵本店で プチ贅沢ランチ

※ やはり柔らかで美味しいと、牛肉の本場・浪花出身の女房も太鼓判を押した。
   但し、胃袋が小さくなっている妻にはボリュームはありすぎたらしい。
   日頃食べるとすぐ体重が増えてしまうので敬遠している牛肉も、時にはよかろうと私が片付けた。

将泰庵・本店店頭
将泰庵・本店店頭

メニュー
メニュー

◆ 将泰庵御膳   @3,800円

前菜とサラダ
前菜とサラダ

肉から
妻・
肉2
肉3

汁物
汁物

デザート
デザート

特選焼肉御膳@2,500円の方から
妻・上焼肉八枚の内

焼いてる図 /焼肉御膳には、増量剤として?鶏肉が入っているようだ。
肉焼き中

cf.火の調節に、氷を使う
火の調整・氷を使って

※ カメラが壊れているので、去年撮りだめた写真を時々使用していきます。

キャノンのPSG9Xを買った

長年使ってきたニコン・コンパクトデジタルカメラのレンズバリアが故障したので、カメラを買い替えることにした。秋葉原に出るついでがあったのでヨドバシカメラを覗いてみた。結果としてキャノンに乗り換えた。夜撮り奇麗なこれまでのニコンs8100よりもさらに暗いシーンに強いというのを選んだ。スピードも速そうだ。

キャノンのPSG9Xを 買った

ニコンのS8100よりも直線的で、まるでドイツ製かのような少し味気ないボディだ。
色もあえて、爺臭いシルバーとした。歳をとって眼があまりよく見えなくなってきたので、
皆が持っているブラックだと間違えそうだからだ。昔はブラックの方が単価が少し高かったが。
新規購入キャノンSPG9X

PowerShot G9Xの特徴は、次の点にあると。
  ・薄型・軽量ボディー、
  ・F2.0大口径レンズ、      (暗いシーンに強く、ボケ味も美しい)
  ・1.0型大型CMOSセンサー、 (受光面積は1/1.7型センサーの約2.7倍)
  ・タッチパネル   
軽量かつ高感度が決め手となった。ニコンは何故かこのグレイドから撤退したと、販売員は言う。

新規購入G9X /先祖帰りのレンズキャップ式はなかった。
           硬い皮のカメラ入れは7,000円と高価だったので、980円と安いカメラポーチを買った。
新規購入G9X

購入品一覧
購入品一覧

ヨドバシカメラ買物袋
ヨドバシカメラ買物

【参考】 壊れたニコンS8100 (ボディはゴールド) / お世話になりました。
壊れたs8100

※ ちなみに、写真はスマホで撮った。

10億円 億の細道夢かなわず

去年の11月下旬、10年ぶりに夢を買いに西銀座へ出かけた。いつもながら、一番窓口の行列は長かった。この時は、「億の細道へようこそ」の看板が少し微笑ましかった。正月が明けてこっそりと新聞の当選番号と照合した。当たったら、心置きなく女房と豪勢な国内旅行に出掛ける夢も消え、正直むなしかった。

10億円 億の細道夢かなわず

外れた宝くじ券
宝くじ・空くじ

1番窓口の行列
億の細道へようこそ

「億の細道へようこそ」の看板が見える。
1番窓口の行列

正月の酒2016-No.3

とらや 東京ミッドシティ店に立ち寄ったついでにスーパーの日本酒をチェックした。十四代と同じ山形県の酒が店頭に展示されていたのに眼が行った。先に、飛露喜と同じ福島の酒を選んだのと同じように、十四代と同じ山形の酒を試してみようと思った。使用米や精米度の違う酒で内外の金賞を受賞しているそうだ。

正月の酒2016-No.3

  出羽燦々100%
  特撰純米大吟醸原酒
   辨  天

特撰純米大吟醸・辨天と李朝染付秋草文八角徳利写し
辨天と李朝写し八角徳利

  ・アルコール分17度、精米歩合:40%
  ・原材料名:米・米こうじ
  ・使用米:山形県産酒米 出羽燦々100%使用

  合資会社 後藤酒造店  山形県東置賜郡高畠町大字糠野目1462

辨天の箱と瓶
辨天の箱と瓶

Precceの袋と辨天の箱
Precceの袋と辨天の箱

東京ミッドシティ・FOOD MARKET Precce店頭の展示
Precce店頭の展示



公開講座 講演と落語&打上げ

シニア大樂の公開講座が始動。講演は、「巨樹巡り歩きの楽しさ」「江戸しぐさに学ぶ日本人のマナー」「どう生きるかビンコロ人生~寝たきり、認知症予防と対策~」。アトラクションは古典落語『抜け雀』落語協会・真打 柳家小団治師匠。皆さん中々の熱演で、大勢の一般人をお迎えして正月らしい幕開けとなった。

公開講座 講演と落語&打上げ

講演の中から、2題
巨樹
認知症予防

小団治師匠の落語
小団治師匠・落語

打上げ

まずは、乾杯の図
乾杯

あまりおつまみにならない小団治師匠/ひたすら日本酒をぐびぐびと。(写真の掲載は、快諾を得ている)
剣道7段で、水月剣友会の会長でもある。
小団治師匠

★ デジカメは壊れたまま。本撮影は、スマホで。

七草粥のかわりに、七草雑炊

元日以来お酒の飲みすぎなどの影響が出てきたようだ。
この頃に、七草粥を食べるというのは、理にかなった習慣なのだろう。
妻は粥が嫌いだ。なので七草粥の代わりに、七草雑炊が出てきた。

七草粥のかわりに、七草雑炊

壊れたカメラで、七草雑煮

★ 愛用のデジカメ ニコンS8100がレンズエラーを起こした。今回で三回目。前回まではレンズの出入りトラブル。ニコンsシリーズは、修理の度に9,800円掛かる。今回はレンズバリアが開ききらない。カバンの中で圧力が掛ったのだろう。修理するよりカメラを買い替えよう。この機にレンズキャップ式に戻ろうか。

講師の為の話し方講習会 始動

NPO法人・シニア大樂の今年の行事が始動した。初戦は、『講師のための話し方講習会』である。基調講演は「好感を持たれる話し方<話し上手の法則>」、実践講座は「笑う講師に客が来る」、人気講師の講演を聞くは、「一味違う海外の楽しみ方」と「歴史のはざまに見る眞田家三代」(講師は、眞田昌幸の末裔)。

講師の為の話し方講習会 始動

(1) 講習会風景

講演を聞く から
講習会から

(2) 打上げ会光景

軽子坂の居酒屋で
打上げ会の光景

正月の酒2016-No.2

正月の酒2013には獺祭を用意した。しかし、今年は価格が大変高くなっていたので、以前の銘柄は買わなかった。正月の酒2016には、会津の酒を用意した。予備に獺祭の少し安価なスパークリングを買った。開け方に注意が書いてある。先般のランブルスコでも、コルクが天井に激突したので注意してみよう。

正月の酒2016-No.2

獺祭 発泡にごり酒 スパーリング50   @1,944円/720ml

『にごり酒だからこそ分かる山田錦の米の甘み。瓶内二次発酵が生み出す爽やかな発泡性。最後に繊細かつ骨太の純米大吟醸が見せる鮮やかな味の切れ※要冷蔵』 (「獺祭の蔵元|旭酒造株式会社」より)   
   ・アルコール分:15度 
   ・原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)
   ・精米歩合:50% 
  
   旭酒造(株)    山口県岩国市周東町獺越2167

スパーリング50と酒器/布目偏壷型酒器と唐津釉ぐい吞み
獺祭と酒器

発泡にごり酒スパークリング50 プチプチシート包み(箱なし)
発泡にごり酒スパークリング50旭酒造とプチプチ袋

獺祭入り、東武百貨店(船橋)のビニール袋
獺祭と東武の袋

【追伸】   スパークリング50開栓

 ※ 予め冷蔵庫で良く冷やしてから開栓した。大きな音はしたが、無事開栓。
    初めて飲んだ時のどぶろくに似ていた。口の中でプチプチはねる。
スパークリング50獺祭 開栓

しゃぶしゃぶを酒のあてに、
 ※ 正月三が日に入ると、スーパーではすぐに正月用の食品がダンピングされる。
    黒毛和牛ももしゃぶしゃぶ用(常陸牛)が30%引きで売られていた。(@1,058円/100gに)
    スパークリング50には、しゃぶしゃぶがあうようなので、急遽夕食内容が変わった。
しゃぶしゃぶ

馬場・土風炉で同期と 新年会

学生時代の友だちと、今年も高田馬場の居酒屋で新年会をした。去年か一昨年から参加しているが、50年ぶりくらいに会った人もいた。皆頑張った人生だったと見えて、中には去年勲章を受章した人もいた。幹事発案で心ばかりのお祝いを包んだ。高校の同期にも叙勲を受けた男がちらほらいたのを思い出した。

※ 皆70歳を超えたんだ。

馬場・土風炉で同期と 新年会

土風炉・玄関
土風炉・玄関

室内・中二階
室内

お通しなど
サービスのお酒

乾杯/この日集まったのは、12人ほど。写真はその約半数。暗い所で動く被写体は、大概ぼけてしまう。
乾杯

私の熱燗1合、後は写真がないがいつもの生絞りグレープフルーツサワー2杯
「酒は百薬の長、されど万病の元」とて、酒をセーブしているが、一向に血液値は改善されない。
いつまで、この小さな習慣を続けたらいいのだろうか。
熱燗1合

おつまみから
おつまみ1
おまみ2.

習志野飯店で 孫たちと新年会

新年恒例の孫たちとの新年会を開いた。ここ2、3年会場を変えてきた。一番下のやんちゃな男の子が落ち着かないからだがまだ2,3年かかりそうだ。入替りに女の孫の年上さんはやっと思春期が終わって大人になったが、年下さんが思春期に入って難しい年齢となった。高校受験生もおり、言葉の選択に気を使う。

習志野飯店で 孫たちと新年会

乾杯で開始/個室を予約していたので、周りに気を使う必要が幾分軽減される。
   何故か、たまたま、男組と女組に分かれて座っている。
   10人全員O型なので、今年も、皆気ままにやっているようだ。
乾杯

まずは乾杯に、私はこの日も日本酒1合から。
日本酒一合

後は、レモンサワーを2杯のみ。
レモンサワー

前菜7種盛合せ(クラゲ入り)
前菜7種盛合せ(クラゲ入り)

海老フリッター
海老フリッター

蟹爪の揚物
蟹爪の揚物

牛肉とモンゴイカのオイスターソース炒め
牛肉とモンゴイカのオイスターソース炒め

蒸し豚ロース特製ソース和えの代わり?/名前不詳
蒸し豚ロース特製ソース和えの代わり

フカヒレ、マッタケ入り茶碗蒸し
フカヒレ、マッタケ入り茶碗蒸し

ちまき
ちまき

杏仁豆腐
杏仁豆腐

習志野飯店・店頭
習志野飯店・店頭

とらや花びら餅等で 抹茶一服

のどかな正月に酒ばかり飲んでいると、抹茶が欲しくなる。
とらや製 正月の生菓子・花びら餅や季節の生菓子で一服した。
なんとなく穏やかな気分が増していく心地がする。

とらや花びら餅等で 抹茶一服

(1) 花びら餅と御本立鶴茶碗写し

花びら餅御本立鶴茶碗写し
花びら餅と御本立鶴茶碗写し

(2) 心百花と安南染付梅花文碗写し

心百花と安南染付梅花文碗写し
心百花と安南染付梅花文碗写し

(3) 若菜餅と珠光青磁茶碗写し

若菜餅と珠光青磁茶碗写し
若菜餅と珠光青磁茶碗写し

心百花と若菜餅断面
生菓子断面

(4) とらやの花びら餅と生菓子

A.花びら餅in鼠志野亀甲文四方鉢

花びら餅in鼠志野亀甲文四方鉢
花びら餅in鼠志野鉢

B.求肥製心百花&きんとん製若菜餅in黄瀬戸どら鉢

求肥製心百花&きんとん製若菜餅in黄瀬戸どら鉢
求肥製心百花&きんとん製若菜餅in黄瀬戸鉢

とらや袋と箱&開封
とらや袋と箱&開封

とらや・東京ミッドシティ店/
   cf.とらや 赤坂本店は、社屋建て替えに伴い、2018年まで休業中
とらや・東京ミッドシティ店

東京ミッドシティ
東京ミッドシティ

我が家の正月料理2016

今年は女房も多忙な状態で、なんと元旦早くに物音がし始めたからおせちはその時仕上げに掛かっていたようだ。浪花の女も古いしきたりが抜けないようで毎年同じことを繰り返している感がする。夫婦二人が正月二日で食い切れる量が準備された。孫たちとの会食や私の学生時代の友との新年会が続くから。

我が家の正月料理2016

毎度おなじみの、我が家のささやかな正月料理の光景/
 半分は、買ったものや隣に住む長女からもらったもの(黒豆など)。
 正月の酒「ゆり」は辛口(日本酒度+5)であるが食べ物と喧嘩しない。さっぱりして食の進む酒である。
おせち・雑煮

お重を眺めると
おせち1
おせち2
おせち3

お重から曲げわっばの銘々皿に取り分けると、こんな状態に。
おせち

雑煮も、京風の白みそ仕立てから始まる。餅は、長女が家電の餅つき機で搗いたもの。
雑煮

【追伸】 二日目の雑煮は、澄まし仕立て (大阪や広島風)
 
お澄まし

【追伸】 シンプルな正月飾りから、

玄関飾り
玄関飾り

軽自動車のフロントの飾り
車飾り

正月の酒2016

正月の酒を選ぶとき、色々難儀する。私が、十四代飛露喜・獺祭を好きだというと、呑兵衛だった長女がミーハーだと笑う。獺祭がパリなど世界志向を目指すようになってやたらに高くなってきたので、去年から銘柄を変更してきた。十四代や飛露喜と同じような若い経営者あるいは杜氏の蔵等を探している。

正月の酒2016

  純米大吟醸 ゆり

ゆりと酒器/箱型青織部酒器と青織部ぐい吞み
ゆりと酒器
 
※ SAKE COMPETITION2015純米大吟醸部門で日本一になったというのは、蔵のHPを見て知った。   

『酒造技能士の母と、娘がみづから大学で学んだ醸造学を活かし、女性ならではのきめの細やかさと、優しさで吟味して醸したお酒です。心やすらぐ味わいの母娘のハーモニーをどうぞお楽しみ下さい。』
(ラベルより)   
   ・原料米:五百万石100%
   ・アルコール分:15度 、精米歩合:50%
   ・日本酒度:+5 、酸度:1.4 
   ・使用酵母:F7-01(うつくしま夢酵母)
   ・酒造技能士:林 恵子・ゆり
   ・飲み頃 冷酒5~10℃

   鶴乃江酒造(株)    福島県会津若松市七日町2-46

ゆりと箱
ゆりと箱・五百万石・精米50%

鶴乃酒造の箱と西武百貨店(船橋)の紙袋/酒売り場も替えてみた
純米大吟醸ゆり・鶴乃江酒造と東武の紙袋

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR