開発凄まじい奏の杜などを、歩く

開発凄まじい奏の杜など、津田沼駅周辺を歩く

『船橋の地名を歩く』 船橋地名研究会・滝口昭二編著の、「23津田沼駅周辺をあるく」をトレースした。
今回は、女房の友人3人が加わっての賑やかな街歩きとなった。中に、地元に住む女性がいたためにポイントを見損じることなく助かった。奏の杜などが2年前の開発で案内書とは大きく変わっていたからだ。

JR津田沼駅北口
JR津田沼駅北口

船橋市・習志野市 境界
船橋市・習志野市 境界

津田沼十字路
津田沼十字路

新京成線東金街道踏切
新京成線東金街道踏切

演習線境界標
演習線境界標

東部公民館附近→新京成電鉄(株)本社屋跡
東部公民館附近→新京成電鉄(株)本社屋跡

鉄道連隊・材料廠跡→イオンモール
鉄道連隊・材料廠跡→イオンモール

藤崎台駅跡
藤崎台駅跡

鉄道連隊線鉄橋
鉄道連隊線鉄橋

八坂神社
八坂神社

津田沼一丁目公園
津田沼一丁目公園

鉄道連隊正門 (現・千葉工業大学正門)
鉄道連隊正門

 郵便局があった処・谷津境/この辺り2年前に激変したと、地元の人が言う。
郵便局があった処・谷津境

 場所が変わっている馬頭観世音
馬頭観世音

 開発が進む奏の杜(かなでのもり)・住宅地
開発が進む奏の杜・住宅地

庄司が池跡辺り
庄司が池跡辺り

習志野運輸区引込線 (左へカーブ)
習志野運輸区引込線

跨線橋(西踏切跡)
跨線橋(西踏切跡)

小室帰りに、北習志野・車鮨で遅昼

船橋市の北端、小室を散策した後、小室駅周辺で店が見つからなかったので、北習志野まで戻った。
結局、北習志野駅近くで、以前入った寿司屋に寄った。
外の看板では「商ない中」とあったが、昼タイム終了の14時に近かったので、食べ損なうところであった。

車 鮨   船橋市 習志野台 2-4-10

◆ おすすめ丼   @830円

※ 何度食べても、リーズナブルで美味しい丼である。
  今度は何を食べようか。香の物も、毎回ちょっとずつ変わっていて楽しい。

おすすめ丼
おすすめ丼内訳/鯵・帆立を選んだと思う
おすすめ丼・内訳

ランチタイムの看板
昼の看板

車鮨店頭
店頭

船橋市の北端、古村・小室を歩く

過日、また女房と二人で、『船橋の地名を歩く』の、「40船橋の北端をゆく」をトレースした。
船橋の北端の小室は、14世紀「古牟呂」と書いた古村である、と上述滝口さんの本にある。
二重川と神崎川の合流点辺りが船橋の北端だが、河川改修によってその位置が少し変わっていた。

船橋市の北端、古村・小室を歩く

※ 船橋市の北端ということは、さらにその北側は別の街ということになる。ここでは白井市。
  今回は、今はやりの、境界散歩でもある。

小室駅
小室駅

木戸場=マツクリバ・馬つくり場/馬頭観音が一基残っている
木戸場

東ノ墓
東ノ墓

本覚寺
本覚寺
本覚寺・階段と階段下
本覚寺・階段と階段下

八幡宮/本殿
八幡宮・本殿
八幡宮/鳥居と境内(小峰神社・天満宮・稲荷社)
八幡宮境内

鎌倉道
鎌倉道

駒形神社と帝釈天(庚申塔)
駒形神社と帝釈天

本覚寺墓地
本覚寺墓地

長屋門(東集落か)
東か
立派な門(西集落か)
西か

山王社
山王社

長屋門(山王社~西谷津の間)
長屋門・山王社~西谷津

西谷津・弁天祠
西谷津・弁天祠

二重川(ふたえかわ)橋/橋の手前を左折して、土手をゆく
二重川橋

 船橋の北端 (河川改修前の北端と、現在の北端辺り)
現旧・北端

神崎川と二重川の現合流点
神崎川と二重川の現合流点

こふく橋
こふく橋

天蚕場辺りか
天蚕場辺りか

小室公園
小室公園

小室駅前商店街/ランチタイムなのに準備中の札が多い、閑散としている)
商店街

大宮 野らぼーで、讃岐うどん

過日、JR大宮駅近くで、ランチした。
久し振りの野らぼーである。
混んでいたので、一番早そうなのを注文した。

野らぼー   さいたま市大宮区錦町630 ルミネ大宮ルミネ2 4F

◆ おろしぶっかけうどん   @670円

おろしぶっかけうどん@670円

おろしぶっかけうどん/かき混ぜる前後
ぶっかけうどん

メニュー
メニュー

店内
店内

店頭
野らぼー・店頭

雷門 田川 そば屋で、ランチを

ガイド研修「浅草コース」の最終下見に出掛けた折、今回は雷門近くの蕎麦屋に寄った。
このところ体調が絶不調で、家では、三食お粥腹であるから、お腹に優しいうどんが食べたかった。
伝法院側のうどん屋は混んでいるので、集合場所に近い店を新規開拓した形となった。

雷門 田川 おそば   台東区 浅草 1-18-3

◆ 釜揚げうどん   @900円

釜揚げうどん タレ付け

さあ食べよう
「釜揚げ」か「湯だめ」かの議論はしない。私にはよくわからない。湯が澄んでいることだけは分かるが。
麺はツルツルではない、『表面が溶けかかっているみたいな“危うさ”がある』。
釜揚げうどん 蓋明け

桶や盥ではなく、漆塗りの箱に入って出てきた。
釜揚げうどん 箱入り

メニュー
メニュー

店内/いいなあ。私が食べて出るまでに、昼から蕎麦をあてに、ビールをひっかけている人が二人いた。
    この店は、女将さんの評判がいいんだそうだ。
店内

店頭
雷門・田川 おそば

人形町の土産、鳥忠の玉子焼き

明治座で花形歌舞伎を見た後の、お土産は、いつものあれ。
人形町・甘酒横丁で有名なもの。買ってくるのは最近では珍しい。
残念なことに、私はコレステロール値を下げるための食事療法中なので、卵断ちの最中だ。

鳥忠 土産   中央区日本橋人形町2-10-12

鳥忠の土産

◆ 玉子焼き

鳥忠の玉子焼き on 総織部釉皿
鳥忠の玉子焼き on 総織部釉皿

玉子焼き・断面
玉子焼き・断面

明治座で、五月花形歌舞伎鑑賞

明治座で、五月花形歌舞伎を鑑賞

女房が着物を着て、いそいそと出かけた。ご機嫌で帰ってきたので、どこへ行ってたのと聞くと、歌舞伎を見に行ってたと。65になって外出がきつくなったので、これが歌舞伎の見納めだという。私もあと4年たったら、ガイドを辞めて聞く方に回ると言ったら、それはダメ、ボケ防止に死ぬまでやって、と。なんで・・・。

最後の歌舞伎鑑賞/リーフレットと切符
明治座・五月花形歌舞伎

八重咲のドクダミの花が、咲いた

八重咲きドクダミ・アップ

八重咲のドクダミの花が、咲いた

2012年にAさんから頂戴した八重咲のドクダミが、捨て置いた露地で咲き始めた。
掘り上げた鉢から三本だけ株分けし、別のに鉢上げした。
花の鑑賞が終わったら、これも鉢ごと埋め戻すことにする。
八重咲きドクダミ

露地から、埋めておいた鉢を掘り上げた。
元気な根が回り、株も窮屈そうである。
これも白雪ケシと同様、直接地植えにすると大変な目に合うことだろう。
掘り上げた鉢

株分けした残りの株を赤玉土単用で植え替え、元の露地へ鉢ごと埋め戻した。
株分け・鉢埋戻し

【追伸】  撮影日:2015.5.30
咲きすすむ八重咲のドクダミ/3花咲いた
八重咲きドクダミ

朝採りのソラマメを、頂戴した

朝採りのソラマメを、頂戴した

Mという街にお住いの方から、小松菜と旬の蚕豆(そらまめ)を頂戴した。
さやの中に大きな粒が2~3個ほど入っている、大きな空豆(そらまめ)だ。
わざわざ朝採りして届けていただいた。青果用の未熟豆である。

頂戴した空豆と小松菜

※街歩き等の行事が詰まっている週なので打上げが多く、家での晩酌のつまみのタイミングに合わない。

(1) 茹でる

茹でたソラマメ
茹でたソラマメ

(2) 焼く

焼いたそらまめ
焼き空豆

さや毎焼いた
焼き空豆(さや)

庭で、携帯コンロを用いて焼く
携帯コンロで焼く

新馬場 東京いまむらで、ランチ

痴呆症予防に、二日以上前の日記を書くと良いと言われて久しい。
弊ブログもそれを励行していたら、随分昔のネタが残ってしまった。
残っていたゴールデンウィーク頃のネタをアップする。

新馬場 東京いまむらで、ラーメンを

※ 南品川ガイド研修の研修本番の当日、京急・新馬場駅南口近くのラーメン屋にならんだ。
  常連さんばかりが列に加わる。予定時間より15分遅れの開店となったが、誰も何とも言わない。
  ラーメンおたくお断りの店だそうだが、皆ラーメンおたくに見えてくる。会員制だそうだ。知らなかった。

東京いまむら   品川区南品川2-9-2

◆ 豚骨ラーメン キャベツのトッピング   豚骨@795円、トッピングキャベツ@155円

豚骨@795・トッピングキャベツ@155

ゴールデンウィーク限定メニュー
GW限定メニュー

東京いまむら・店頭/開店前
いまむら・店頭

新馬場 榕城で、ワンタンメンを

南品川のガイド研修の下見の日、新馬場駅近くで腹ごしらえをした。

新馬場 榕城で、ワンタンメンを

台湾キッチン 榕城   品川区北品川2-23-5

◆ ワンタンメン

ワンタンメン

ワンタンメンのワンタンとスープ
ワンタンメンのスープとワンタン

榕城と新馬場の街
榕城と新馬場の街

クリスマスローズ、花後の管理

クリスマスローズ・花後の手入れ

クリスマスローズの花後管理/来年もしっかり花を咲かせるためには花後の管理が重要。まずは株の整理「古葉取り」。茶色く変色した葉や倒れた葉、触って堅い葉が古い葉。病気対策として5センチ程度付け根を残して切り取る。』 花後、葉が茂ってきた。梅雨入りを前に古葉取りなど、花後管理を行った。

クリスマスローズ、花後の管理   5月18日

最近の状況/クリスマスローズの葉が茂る  5月10日
クリスマスローズの葉が茂る0510

クリスマスローズの花  3月19日
クリスマスローズの花0319



貰いものの鶏卵で、卵掛けご飯

スナップエンドウが豊作だったので、女房がご近所や友達におすそ分けしていた。隣の奥さんから、お返しに、と言って、美味しそうな鶏卵を頂戴した。このところコレステロール値が高くなり、医者から卵断ちを指示されていた。三か月も続けていたので、たまには良かろうと食べてみると、すこぶる美味しかった。

貰いものの鶏卵で、卵掛けご飯

卵は「紅孔雀」、醤油は「寺岡家の国産有機杉桶醤油」。
ちなみに、紅孔雀とは、(有)押木養鶏場生産。
寺岡家の醤油は、寺岡有機醸造(株)生産:福山市神村町3685-1。

卵かけご飯・卵&醤油
卵かけご飯・玉子&醤油

卵掛けご飯を混ぜた後
掻き混ぜ

紅孔雀
紅孔雀

築地場外市場で、金目鯛煮定食

予報に反して、いい天気となった昨日、築地周辺のガイドをした。それに先立って、築地場外市場に位置するとある店で、ランチした。一番人気の、1000円の生うに定食は、しばらく入荷しないのでないとのこと、2000円のはあるとのことだが、それではと、私は、@800円の煮魚定食を選んだ。

鈴木水産   中央区築地4-11-2

◆ 煮魚定食 金目鯛煮   @800円

※ 私は、西伊豆で食べた金目鯛の一匹まるまるの煮付け定食@1,000円の方が好きだ。
   食感が違う。

150515煮魚定食

金目鯛煮
150515金目鯛煮

メニュー
150515メニュー

鈴木水産・店頭/
150515鈴木水産(ピンボケ)

★ ガイドの時は、肩掛けバッグにA4サイズのファイルを二冊ほど入れて満杯となるので、デジカメはもっていかない。主催者と緊急連絡用のスマホをカバンにしのばせるだけ。よって沢山撮って、後で選ぶということもしづらい。写真撮影をすると、スマホの電池の消耗が激しいから。

後楽園 韓美膳で、サムゲタンを

韓美膳(ハンビジェ)   文京区春日1-3 東京ドームシティ LaQua(ラクーア)2F

街歩きNPOの研修グループの中で、文京シビックなどで、勉強会を月一回開いているのがある。
後楽園周辺でランチを済ませて臨む。その日の体調に合わせて、色々な料理を選択できる点が良い。
水道橋に勤めている頃、時々東京ドームのラクーアにも立ち寄ったことがあるが、この日も行ってみた。

◆ サムゲタンセット   @1,300円
   /サムゲタン+チヂミ+サラダ+韓国惣菜3種+ごはん

サムゲタンセット/サムゲタン+チヂミ+サラダ+韓国惣菜3種+ごはん@1,300円

サムゲタン・内訳
サムゲタン・内訳

メニュー(一部)
メニュー(一部)

店内
店内

韓美膳(ハンビジェ)店頭
韓美膳(ハンビジェ)店頭

木場のタンドールパルで、ランチ

洲崎・木場~清澄・深川の下見の折、独りで冬木弁天や繁栄稲荷に立ち寄ったが、その時のランチの話。
いつも洲崎遊郭跡の大門の近くに、行列のできるカレー屋があり、気になっていた。この日並んでみた。
この日は土曜日で少し空いていた。一番乗りできたので、ゆっくりとその店自慢の組み合わせを注文した。

カマルランチ・カレー三種+チーズクルチャ、ラッシー

木場のタンドールバルで、ランチを

  タンドールバル カマルプール   江東区東陽3-20-9 鈴木ビル  1F

◆ カマルランチ

この日注文した、カマルランチ内訳/
   カマルランチ・カレー三種+チーズクルチャ、サラダ、ライス&ラッシー
   カレー三種は、辛口:オイスター&ナス、中辛:チキンカレー、マイルド:オクラ入りダルカレー 
カマルランチ内訳

カウンター前の、香辛料の瓶
カウンター前の、香辛料の瓶

店内
店内

カマルランチ・店頭看板
カマルランチ・店頭看板

タンドールバル・カマルプール店頭
タンドールバル・カマルプール店頭

☆ ディナーも楽しそうだ。

和鮮しんまで、三種盛丼

洲崎・木場・清澄白河・深川の研修のガイド役を仰せつかったりした時などに、何度か木場を訪れている。
この間、歩く前の腹ごしらえで、何軒かの店でランチした。
木場は、当初予想以上に、面白い店が多かった。まずは、コストパフォーマンスなどで人気の店から。

和鮮しんま    江東区木場2丁目20−3

◆ 三点盛合せ丼   @700円

注文すると、あっという間に出てくる。まるで、ソフトバンクのCM(白土家「中華飯店」)のように。
三点盛合せ丼
三点盛合せ丼・内訳
三点盛丼・内訳

メニュー
メニュー

室内 & 二階からの風景 (見下ろすと、そこは、タクシー乗り場とメトロ入口)
室内&二階からの風景

しんま入口 (不動屋さんの2,3階、二階入り口、一階入り口)
※ 土曜は、2階のみ営業
しんま入口

手打ち伊勢うどんを、初めて食べた

新緑で一杯の日比谷公園を歩いた後、有楽町のガード下でランチをとった。
とても変わった店で、レトロと言えばレトロ感があふれ、賑やかと言えば猥雑なぐらい賑やかな店だ。
しかも、私が今まで食べたことのない食べ物があった。名物伊勢うどんである。長時間、茹でるタイプ。

まんぷく食堂   千代田区有楽町2-4-1

店頭

室内
室内

◆ お伊勢参りの手打ち伊勢うどん    @880→704円 (20%引き)

伊勢うどん(いせうどん)とは、三重県伊勢市を中心に食べられるうどん。たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なつゆ(タレ)を、軟らかく煮た極太の緬に絡めて食べる。 徹底的にコシをなくした極太麺と濃厚なタレは、コシの強さとさっぱりしたつゆが持ち味の讃岐うどんと対極にある。 麺を茹でる時間が非常に長く、通常のうどんが15分程度であるのに対して1時間弱ほど茹でる。』
(「伊勢うどん:三重-うどんミュージアム・・・」より)

お伊勢参りの手打ち伊勢うどん@880→704

手打ち伊勢うどん内訳/
伊勢うどん、伊勢のあおさ汁、伊勢たくわん、ご飯
手打ち伊勢うどん・内訳

伊勢うどん 掻き混ぜの前と後
伊勢うどん・掻き混ぜ前後

メニュー
メニュー

カレッタ汐留46階で、ランチ

カレッタ汐留46階で、ランチ

さっき歩いた浜離宮が、真下に眺められる。
響からの浜離宮の眺め

ダイニングバー 響  港区東新橋1-8-1カレッタ汐留46階

新橋駅からの徒歩を含めて、浜離宮の庭園巡りに、2時間半ほど要したので、12時半を回っていた。
そこで、近くのカレッタ汐留の46階でランチすることにした。B2Fからシャトルエレベーターで直行する。
昼時なので、近隣の勤め人、特に若い人達で一杯だったが、幸い御座敷半個室が一つ空いていた。
室内


◆ 刺身三種盛りと魚膳   @1,500円

刺身三種盛りと鯛荒煮

内訳/刺身は、マグロ・イトサヨリ・サワラの三種。魚膳は、鯛のあら煮
    ご飯は、自然薯麦とろ付
ランチ内訳

店頭・メニュー
店頭・メニュー

響・入口
響・入口

cf.女房が食べたもの/牛ひつまぶし膳  @1,800円
牛ひつまぶし膳

将軍家の庭園、浜離宮を歩く

5月7日、予報に反して雨が降らないようだったので、Shikomekaiのメンバーを案内して浜離宮を歩いた。甲府宰相と呼ばれた徳川綱重が建てた別荘跡で、その子の6代将軍家宣以来、将軍家の別邸・浜御殿となった。今は、浜離宮恩賜庭園と呼ばれ、隅田川下りの観光船も立ち寄る観光スポットとなっている。

将軍家の庭園、浜離宮を歩く

潮入りの池(大泉水)の中にある、中島の御茶屋を望む
松のお茶屋から見た中島の御茶屋
お伝い橋から見た中島の御茶屋
お伝い橋から見た中島の御茶屋

芳梅亭
150507-063芳梅亭

庚申堂鴨場/小覘、引き堀、大覘の裏から見た元溜り
鴨場の構成

大手門と三百年の松
大手門と三百年の松

中の御門と堀
中の御門と堀

お花畑の名残の菜の花&花木園の名残のシャクナゲとタンポポ。ボタン園の牡丹もほぼ終わっていた。
お花場畑の名残の菜の花&花木園のシャクナゲとタンポポ

吉宗ゆかりの楓(かえで)/享保の頃、江戸では唐楓が流行したそうだ
吉宗ゆかりの楓

浜離宮の東京湾側/将軍お上がり場、横堀水門
浜離宮の東京湾側

白雪ケシの掘り上げと植込み

2010年に大宮盆栽祭りで買った「白雪ケシ」を、山野草畑に植付けたのが2013年10月か翌年3月頃。
地植えにすると地下茎が暴れ回り、凶暴な外来種の本性を現すとは聞いていた。
今年5月6日ついに掘り出して、植木鉢に植え替え、そして、再び山野草畑に植え込んだ。

白雪ケシの掘り上げと植込み

花も終わり、はびこる白雪ケシ。
周りのイワカラクサが、圧倒されている。イワヤツデは生存競争に負けて、溶けて無くなったようだ。
はびこる白雪ケシ

白雪ケシをすべて掘り上げ
白雪ケシ掘り上げ

平鉢に植え替え(用土は赤玉単用)てから、再び畑に植え込む
鉢ごと埋め込み

周りと同じ土をかける (植え込み完了)
周りと同じ土をかける

余った株は、素焼き鉢に鉢あげした。用土は赤玉単体、マルチングは軽石。
矮小化すると、面白い植物かもしれない。トライしてみる。
白雪ケシ・株分け

山野草畑のカラスバニガナは白雪ケシに消されてしまっていたが、ヤマモミジの根元に見つけた。
かつて、ここで見つけたのを山野草畑に移植したのだが、根っこの一部でも残っていたのだろうか。
ヤマモミジの根元にいたカラスバニガナ

【追伸】 撮影日:2015.5.10
カラスバニガナの花が咲いた。/地植えは、花を咲かせるのに良い環境を提供する
カラスバニガナの花

強風でコンニャクの花が折れた

蒟蒻の花のすごい臭気は、二日もすると弱まった。
とんがり帽子のような、花序付属体が風で折れた。
この付属体は、指で押すと、中が空洞のようである。

強風で、コンニャクの花が折れた

※ コンニャクの花序の構造は、こちら
下に雄花群・雌花群が続いているのでどう処理すればいいのか分からない
しばらくこのままで、様子を見ることとする。(望ましくは、実がみたい。)

蒟蒻の花が折れた

ささや・中村屋の柏餅と、菖蒲湯

孫には男の子がいるが、子供には男の子がいない。しかし、菖蒲の節句には、なぜか柏餅をよく食べる。
洋菓子と違って、甘すぎない柏餅は、やはり我々シニアの口に合う。4月にも早々と本郷三原堂の柏餅を食べた。今度は、船橋のささやと、新宿中村屋の柏餅だ。この二つは、大手のスーパーで買ったもの。

※ 柏餅には、包んでいる葉の色、餅の色、あんこの種類等色々あるようだ。
   私の生まれ故郷では、柏葉で包むのではなく、サルトリイバラの葉で挟んでいた記憶がある。
   私の好みは、この三つの中では、三原堂のあま味噌餡である。

◆ ささやと中村屋の柏餅

(1)  ささやの柏餅

ささや・包装
ささや・包装
ささやの柏餅
柏餅
ささやの柏餅・葉を剥いたところ/中味は、漉し餡
柏餅・皮むき状態

(2) 新宿中村屋の柏餅

新宿中村屋の柏餅・包装
新宿中村屋の柏餅・包装
新宿中村屋の柏餅
新宿中村屋の柏餅
蓬餅と白餅
蓬餅と白餅
粒あんと漉しあんの断面
粒あんと漉しあんの断面

◆ 菖蒲湯

菖蒲湯

盆栽祭で買ったものの、後処理

大宮盆栽祭で買ったものの、後処理

折角、盆栽祭りや山野草展で購入したものも、水やりの失敗等ですぐに枯らしてしまう。
そこですぐに、後処理した。まず一番か弱いハクサンチドリは、時期が違うかもしれないが、地植えにした。
残りは、鉢物の棚に出した。鉢棚は超手狭であるが、野菜畑に面積を取られてしまったので、致し方ない。

(1) ハクサンチドリを、クマガイソウの畑に間借りして、地植えに

ハクサンチドリ・地植え

(2) ケヤキを、雑木鉢の棚に

ケヤキ棚出し

(3) おもとの「鶴ノ舞」を、万年青「千代田の松」の隣へ、棚出し

オモト棚出し

☆ 栽培環境の似ているものを近くに置けば、管理は共通だろうという安直な考えから、上の処置をした。

第32回大宮盆栽祭り2015

第32回大宮盆栽祭り2015

例によって、定点観察のため大宮盆栽祭りを見に行った。
5月3日はガイド研修があり行けなかったので、なか日の4日(月)となった。

◆ 今年の購入品

購入3品

仕切り直しで、去年コツコツと小銭を貯めていたので、お目当ての品をゲットした。しかし、衝動買いで、余分なものも買ってしまった。お蔭で、他に買う予定のものも買えなかった。大問題は、今年これまで内緒にしてきた購入品を行きがかり上、皆女房に告白してしまったので、こっそり家に持ち込んだ。

(1) 赤く紅葉するケヤキ

夏場の水やり不足で、枯らしてしまったケヤキ。リベンジする機に、変わり種の紅葉する樹を買った。
お目当ての、赤く紅葉するケヤキ
ケヤキ専門店/けやきの里:小諸市和田839-50
『けやきの育て方
① 水やり・・・土が乾いたら、② 置き場所・・・戸外、③ まめな芽摘み…型を崩さない、④ 葉刈りは年1回・・・蒸れ防止、⑤ 肥料・・・幹を太く、⑥ 消毒・・・葉枯れ防止』 という注意書きを頂戴した。
けやき専門店で赤く紅葉する欅をゲット

(2) ハクサンチドリ

水やり不足からか枯らしてしまったハクサンチドリ。以前草津温泉土産で買ったが、同じ店が大宮盆栽祭りに出店しているので、リベンジのつもりで買った。今年は山野草畑に、地植えしようと思っている。
枯らしてしまってリベンジの、ハクサンチドリ
吾妻植物園/
以前草津温泉のこの店で最初のハクサンチドリを買った。暑さに耐えきれずに、三年目に消えた。
※ この店では、山シャクヤクとどちらを買うか迷った。
ハクサンチドリを買った吾妻植物園

(3) おもと「鶴ノ舞」

既に買った古典種「千代田の松」が作落ちしているので、万年青の買い増しとなった。
買い増しとなったオモト「鶴ノ舞」
古典植物愛好会/
古典植物愛好会

◆ 定点観察

川口BONSAI村
件の看板女性は、お元気そうだった。今年は売れ行きもいいとのこと。
若い男性から、「川口は盆栽の街だったのですか…」と聞かれて、丁寧に答えていたようだ。
川口って盆栽の街なんですか
相変わらず人の出入りの多い、清香園
清香園
久し振りに山田香織先生にお会いしたので、サインをもらった。
また、彩花盆栽・ギャラリートーク特別開催を聞こうと思って申し込んだが、事情ができて不参加となった。
三越本店で一度実技演習を拝見したが、今回盆栽鑑賞について聞きそびれてしまったのが、残念である。
山田香織さんのサイン
萬青園
園主の加藤先生が亡くなられて時間がたつが、お客の人気は落ちていないようだ。
萬青園
欅が得意な趣味人は、去年の目の怪我に続いて、今年は肋骨を折るけがをし、またまた元気がなかった。
件の趣味の人は、今年も肋骨骨折で絶不調
風評被害から脱し元気な、那須の五蓉園さん
元気を取り戻した那須の人

◆ 今年感じたこと

外国人客が多くなりました。また、中国人の買い物も、盆栽祭りの人たちは助かっているのでしょう。
外国人の購入風景
面白いおじさんと客との駆け引き。それを楽しむ見物客。
面白いおじさんと客との駆け引き
本物と手抜き品とのせめぎ合い。
「このサンザシはそこいらのものと違うよ」
このサンザシはそこいらのものと違うよ

有田焼植木鉢
今年も目立つ存在。しかし、結構高い。少し大ぶりの鉢が、18,140円など。ミニ鉢が、5,940円など。
有田焼植木鉢
カタログと商品
有田焼の植木鉢
【参考】 私が習作した、江戸の植木鉢(五号鉢程度の大きさ)。瑠璃釉鉢などと有田焼の比較。
私の(写真左2つ)は、ロクロ挽き。右の有田焼は型物のようだが。
江戸植木鉢の習作
今年は、会場である盆栽村の入り口から、大賑わいのようであった。
天気予報に反して、いい天気となり、かえってバテ気味となったので、早々に退散した。
この暑さで、初日に比べて、中日は却って売れ行きが伸び悩んだのではないかと、心配した。
入口から大賑わい

ついに、コンニャクの花が咲いた

去年、我が家の野菜畑の隅に、4,5年生と思われる蒟蒻芋を植えた。去年は葉芽で終わった
いったん掘り上げて玄関の上り框に保管していた玉を、今年再び畑に植付けた。そして5月2日、ついに、待望の花が咲いた。水芭蕉や座禅草などサツマイモ科にみられる仏炎苞が開き強烈な臭気を放った。

蒟蒻の花(近)

※ 仏炎苞の中の肉穂花序については、こちらを参照ください (人と自然の博物館より)。
臭気に集まるハエや甲虫がうるさい。この写真には、テントウムシの仲間が花序に止まっている。
この後、こんにゃくの実が観察されるとうれしいが、パンダ以上に適期が短く自家受粉は難しいそうだ。

ついに、コンニャクの花が咲いた

コンニャクの花(中景)/
悪いにおい(臭)の蒟蒻の花の向こうには、良い匂い(香)のするコオズ畑がちらっと見えて対照的である。
蒟蒻の花(中)

こんにゃくの花(遠景)/
スナップエンドウのネットやその向こうの赤い虫よけネットのトンネルのほかは、こんにゃくの花の周りは、(薹の経った小松菜や白菜の花など) 綺麗に刈り取って観察しやすくした。
※ スナップエンドウは、花が終わりびっしりと実がついて、毎日収穫を楽しんでいる
蒟蒻の花(遠)

経過

2015年3月23日 蒟蒻玉を斜めに植付け/
芽のまわりの窪みに、水が溜まらないように、斜めに植え付ける。
150323蒟蒻玉を斜めに植付け

2015年3月23日 コンニャク玉、植付け前・上り框に保管中/
実はこの時、芽が葉芽のように見えて、がっかりしていた。
150323蒟蒻植付け前・上り框に保管中

2014年7月6日 こんにゃくの樹(葉芽)/
掘り上げてみると、樹の下にそれぞれ蒟蒻玉があった。左の小さいのは、右の子供のようだ。
樹のように見えるが、コンニャクの葉は、一枚だそうだ。
140706蒟蒻の樹(葉芽)

後楽園 三宝庵で、ランチを

江戸名所図会の勉強会などで後楽園に出掛けた時の、ランチについて触れたが、過日の後楽園のランチを追加投稿する。まずは、メトロ・エム後楽園ビルのランチから。ここは、最寄駅や勉強会会場との距離が短いのが最大のメリットだ。

三宝庵で、生姜あんかけうどんを

三宝庵   文京区春日1-2-3 メトロ・エム後楽園5F

◆ 生姜あんかけうどん   @1,016円

生姜あんかけうどん

アップ/ほうれん草と豚バラ入り
生姜あんかけうどん・アップ

メニュー
メニュー

室内・カウンター/おひとり様はまずこちらに案内される。
室内・カウンター

三宝庵・店頭
三宝庵・店頭


飯田橋 ファーストキッチンで、テイクアウト

5月1日(金)シニア大学では、講師のための講習会を開催した。連休の最中というのに、熱心な登録講師が、大勢講習会に参加した。シニアのこの熱意はどこからくるものだろうか。私は飯田橋に着くと、いつものラムラの一部が工事中なので、あまり入ったことのない店で、テイクアウトした。

飯田橋 ファーストキッチンで、テイクアウト

ファーストキッチン・店頭

◆ チキン南蛮風竜田サンド   @350円

テイクアウトの包装
テイクアウトの包装

チキン南蛮風竜田サンド/
 サンドを食べるとすぐにいつもの会場設定に入ったので、この位の量で何とか間に合った。
チキン南蛮風竜田サンド
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR