北習志野 むさしやで、鰻丼を

金堀城址など~豊富・金堀・古和釜を歩いた後、帰路に就いた。
今度も途中の北習志野で、ランチをとることになった。
予想外の時間を要したので、すっかり腹ペコであった。

久し振りに、女房の好きな
 北習志野 むさしやで、鰻丼を

◆ 鰻丼    @1,050円

むさしやの鰻丼

鰻丼とお新香、お澄まし
鰻丼・内訳

むさしや・店頭
むさしや店頭

★ この項は、世界らん展の投稿を優先したので、ブログ掲載を遅らせた。

新宿二丁目 源ちゃんで、打上げ

四谷・新宿ガイド研修の後、終着点太宗寺に近い処で、打上げを行った。
初めての店に入ったが、この店は早い時間から若者で一杯であった。
良心的な値段で、その割に脂っこいものが多くないからか。

築地食堂 源ちゃん 新宿御苑店   新宿区新宿2-3-15

源ちゃん 入店

◆ チョイ吞みセット 小鉢・お刺身・一品   @1,000円  を中心に

チョイ吞みセット見本
チョイ呑みセット@1,000円小鉢・お刺身・一品
メニューの一部
メニューの一部

私の飲み物

※ NHKあさイチ 2月26日で 「コレステロールの摂取制限は必要ない?」とあった。
卵やレバーなどの摂取制限をするように医者からいわれ、かつ便乗した女房からアルコール制限をせよ、と言われたので、アルコールを控えているのに、どうなっているの?

この日も、知らずに、アルコールは日本酒1合のみ。
今日も一合
後は、サワー(何を飲んでいるのかわからない。ノンアルコールないしは低アルコールのものだ)
後は、サワー

おつまみ  /写真は、一鉢(多分枝豆)・刺身・一品を含む

おつまみ1
おつまみ2

四ツ谷 PAULで、ランチを

過日、四谷・新宿のガイド研修下見に参加した。もう何度目だろうか。
例によって、歩く前の腹ごしらえをした。四ツ谷駅近は、グルメな店が多い。
この日は、集合場所に近い、JR四ツ谷駅Atréの中のレストランを利用した。

PAUL アトレ四谷   新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1F

◆ 【プレートランチ】 ラグーソースペンネ   @1,296円
  仏ペアルヌ地方のスープ(ガルビュール)とポロネーズのペンネ
  パン(パンお替り自由)、ドリンク付き(ドリンクはコーヒー、紅茶(アールグレイ)、オレンジジュースから)

パンと、プレートランチ
プレートランチ・ラグーソースペンネ
プレートランチ・内訳
プレートランチ・内訳

パン /食べ放題
パン

ドリンク /Earl Grey
Earl Grey

ランチメニュー
ランチメニュー

外の景色
外の景色

PAUL 店頭
PAUL

Atre入口
atre入口

◆ 日曜朝の食べ放題は、大変混雑するそうだ。

木場 宝家で、ランチを

木場・清澄白河・深川の最終下見をする前に、木場駅近くで腹ごしらえをした。
タンメンと餃子が旨い店だ聞いていた。
ランチタイムは定食しかないのかと早合点して、定食を頼んでしまった。

宝家 (たからや)   江東区東陽3-20-5

◆ 〈Bランチ〉 餃子3ケ+中華ソバ   @650円

宝家・Bランチ

中華ソバ (つゆと麺)と餃子3個
ランチB内訳

メニュー
メニュー

宝家・店頭
宝家店頭・木場

☆ 確かに餃子は注文を聞いてから餡を包んでいた。包み方もひだなしで、独特である。
   鉄製の厚目の餃子焼き器だからこそ美味しい餃子が焼けるのであろう。
   ランチタイムでも、ワンタンメン(@700円)と餃子3個(250円)の組み合わせもOKだそうだ。

清澄を歩いていたら、行列が

2月22日に、木場・清澄・深川のガイド研修下見をした。
道中、仙台堀川に架かる木更木橋の北付近で、長い行列にぶつかった。
1月31日付弊ブログでもチョコット触れた、『珈琲の街と化す清澄白河』の現場であった。

清澄白河ロースタリー&カフェ  江東区平野1-4-8

アメリカ西海岸より日本上陸  1号店(焙煎所併設)
清澄白河を選んだのはカルフォルニア州オークランドに似ているから、と。
この前、カンブリア宮殿で取り上げられていたのを、我々のメンバーほぼ全員が知っていた。

※ 生憎手荷物を減らすために、デジカメを持っていなかったので、携帯で撮った写真が一枚ある。
BlueBottle前の行列

★ 面白いことに、我々メンバーの意見は3つ以上に分かれた。
  a.すぐに行ってみる。b.日本人は冷めやすいので、ブームが去ったらゆっくり行く。
  c.珈琲に関心はないので、行かない。
私は、abcどれにもあてはまる。珈琲にはアレルギーがあり、学生時代以来紅茶党である。
  しかし、新し物好きでもあるから。 (気が向いたら行くだろう。)

岡山から、季節の果物が届く

岡山の知人から、また季節の果物が届いた。
女房が嬉しそうにお礼の電話をかけている。
今回は、高梁市有漢町の苺。

幸の香 と 紅ほっぺ

幸の香 on 総織部皿
苺on総織部皿

幸の香(さちのか)
   『 「とよのか」×「アイベリー」により育成された品種。
     肉質が緻密で、日持ちが良く、赤色が濃い。
     やや酸味があるが、糖度も高く、味が濃厚。ビタミンC含有も高い。』

紅ほっぺ
   『「章姫」を母、「さちのか」を父として誕生しました。
   甘さと少しの酸味のバランスが絶妙で成熟した味わいです。
   果肉がしっかりとしていますので歯ごたえのある食感は普通のイチゴとは一線を画します。』

断面(写真上:幸の香、下:紅ほっぺ/かなり大きい)
断面(上・幸の香、下・紅ほっぺ)

箱入り
箱入り

宅配便
宅配便

猿楽町 豊島屋で、白酒を

世界らん展2015を見た日、うどんを食べ終わると、丸香の周囲を眺めた。
周囲の食べ物屋も少し変わった。その横に、江戸時代に一世を風靡した店があった。
神田鎌倉河岸の方からこちらに変わったのは、戦後だと聞いている。

豊島屋本店   千代田区猿楽町1-5-1

「鎌倉町 豊島屋酒店・白酒を商ふ図」江戸名所図会より
図会・豊島屋
現在の 猿楽町・豊島屋本店/この日は、売店のみ開店
猿楽町・豊島屋本店
店内/白酒カウンター
店内

◆ 白酒

箱の表書きには、『江戸の草分け福島屋の白酒』とある。
箱の中の栞には、昔の白酒売出しの口上書と江戸名所図会の挿絵が載っている。
瓶のラベルにはリキュール アルコール分7度とあり、孫たちには飲ませられない濃度だ。

箱の中に入っていた、口上書
口上書
白酒の、箱と瓶
白酒 箱と瓶
本みりんも添加されているが、ザラメ糖が懸濁しているかのように粒がある。
白酒

★ 桃の節句の前に、大人二人で飲んでしまいそうだ。

神保町 丸香で、ランチ

東京ドームで、世界らん展2015を観た後、ランチの店を探した。
思い切って神保町の方へ歩いた。13時を過ぎようとしたので、サラリーマンの昼食時間は終了したと思い、普段は行列のできる店に行ってみた。狙い通り、待ちの人は二人しかいなかった。

讃岐うどん店 丸香   千代田区神田小川町3−16−1 ニュー駿河台ビル1F

◆ 山かけうどん (冷)   @480円

山かけ(冷)

山かけ/醤油をかける前後
山かけ・醤油かける前後

狙い通り、待ち人の少ない丸香
行列の短い丸香

世界らん展 (その3)

世界らん展日本大賞2015 (その3)

本当は、蘭展に来ている人を撮りたかった。しかし、肖像権の問題等色々難しいので、極力控えた。
代わりに、差しさわりのない、美しい蘭を撮りまくった。しかし、流れに逆らうことなく。嫌われないように。
奨励賞やトロフィー賞の受賞品は素晴らしい。どのように評価に差をつけるのか素人には分からない。

(1) 観客の観察

a.カメラで撮る人
カメラで撮る人
b.スマホで撮る人
スマホ大活躍
c.ちょっと触る人
ちょっと触ってみる人

(2) 奨励賞

『出品作品を41のカテゴリーに分け、ブルーリボン賞(第1席)、レッドリボン賞(第2席)、ホワイトリボン賞(第3席)を選出。ブルーリボン賞41作品がトロフィー賞に選ばれます。さらにトロフィー賞の中から上位13作品を部門賞として選出します。部門賞の中でも最も優れた作品に授与される最優秀賞が、栄えある「日本大賞」となります。』
(「審査のしくみ:世界らん展日本大賞2015」より)

※ ということで、奨励賞10作品は、トロフィー賞の中の部門賞に入るのだ。(webの図を参照)

奨励賞受賞10作品を網羅すると、
奨励賞受賞品1

奨励賞受賞品2

奨励賞受賞品3

(3) トロフィー賞

41作品の中から、20作品を抜粋する。
トロフィー賞1

トロフィー賞2

トロフィー賞3

トロフィー賞4

トロフィー賞5

(4) ディスプレイ部門

岐阜県立恵那農業高等学校は、昨年2014年はディスプレイ審査部門で1位、最優秀賞。
今年も力作だった(特別奨励賞)。生徒たちは、日頃どういう活動をしているのだろうか。
いつかテレビで見たが、忘れてしまった。また見るだろうが。

ディスプレイ1

ディスプレイ2

ディスプレイ3

世界らん展(その2) ささやかな東洋蘭の買い物

今年の世界らん展での買い物は、相変わらずささやかなものだった。
毎年少しずつためたお金で、ささやかな買い物をする。
バブルの頃に、それらは50倍、100倍したのをよく覚えているから、結構満足しているのだ。

※ これまで、世界らん展で購入した銘柄は、次のとおりである。
日本春蘭(花もの) 光琳日輪、そして直接園芸店で買ったものに紫天竜

本当は、ここで日本春蘭(柄もの)を買いたかったが、10万円以上する高価なものが多いので諦める。
ナメクジに舐められて葉がダメッジを受けて、お手ごろになっていた雪山(せつざん)を代りに買う。

◆ 雪山(せつざん)   @6,000円

雪山・アップ
雪山 / これも白覆輪だから、柄物は柄物である。
雪山・萬青園
鉢裏側を見ると、新芽に白覆輪がはっきり出ていたのが気に入った。
新芽が覆輪
買った店は、信頼のおける蘭万園
信頼のおける蘭万園
蘭万園の棚から/葉芸のあるものは、花がないのに、
            元光45万円、源流13万円、福耳15万円とか・・・、手の届かないものばかりだ。
蘭万園の棚から

訳ありの中国蘭
◆ 朶朶香中国春蘭

訳あり品2鉢/ 会場の暑さで花が終わってしまったから、値引きするよ、と。
          4,000~5,000円/鉢と値札があるものが、@1,000円/鉢に
訳あり品
朶朶香桃花系アップ
朶朶香(だだこう)は、最近発見された春咲の蘭で、中国奥地の蘭と呼ばれているらしい。
花びらは寒蘭のように華奢だ。
朶朶香桃花系アップ
朶朶香桃花系
朶朶香桃花系

朶朶香春蘭(金明)アップ
朶朶香春蘭(金明)アップ
朶朶香春蘭(金明)
朶朶香春蘭(金明)
初めて買う店/箱根香蘭亭 の掘り出し物
箱根香蘭亭の掘り出し物

★ 朶朶香(だだこう)春蘭は、日本春蘭に比べて、花びらが薄い様な気がする。香りは強い。
  雲南省に広く分布しているそうだ。
※中国蘭では、故松村健三議員が愛した宋梅が有名だそうだ。

☆ 中国蘭のほかに、韓国春蘭というものもあると知った。柄物が好みなのだろうか。

世界らん展日本大賞2015

NHK趣味の園芸で世界らん展の紹介があって、慌てて2月16日(月)朝一番で、東京ドームに向かった。
20番ゲート一番乗りになってしまった。
今年は25周年記念展ということで、少し趣向が変わって見えた。

世界らん展日本大賞 2015

世界らん展・会場全景
世界らん展・会場全景

(1) 大賞花

A.世界らん展日本大賞/デンドロビューム「Spirit of Zama:スピリッツオブザマ」
  名前は、こちらのブログを引用。人の動きに合わせて流れなければならないので、
  名前をチェックする余裕がなかった。
世界らん展日本大賞
日本大賞を眺める人々
日本大賞を眺める人々

B.優秀賞/パフィオペディラム エメラルド フューチャー ”パーフェクション”
優秀賞

C.優良賞/マスデバリア イグネア ”インナーフレーム”
優良賞
優良賞の処で陣取って動かずに、他の入場者からひんしゅくを買っていた、迷惑なカメラマン
陣取って動かず迷惑なカメラマン

(2) 展示から

A.日本初公開!蘭の妖精「オルキス」

少しこじんまりした、日本初公開!蘭の妖精「オルキス」の展示場
日本初公開!蘭の妖精「オルキス」
蘭の妖精「オルキス」属イタリカ
蘭の妖精「オルキス」属イタリカ
蘭の妖精/「オルキス」と近縁属の「オフリス」。 ハクサンチドリもあった。
蘭の妖精

B. 「バッキンガム宮殿の蘭」

バッキンガム宮殿の蘭/初めのころは、行列はなかった。
バッキンガム宮殿の蘭
オンシジューム属アレクサンドレー
オンシジューム属アレクサンドレー
エリザベス女王陛下ウェディングブーケのシルクレプリカ
エリザベス女王陛下ウェディングブーケのシルクレプリカ

C. ロスチャイルド家の蘭

ロスチャイルド家の蘭
ロスチャイルド家の蘭
パフィオペディラム属ロスチャイルディアナム
パフィオペディラム属ロスチャイルディアナム
バルボフィラム属ロスチャイルディアナム
バルボフィラム属ロスチャイルディアナム

D. 宮内庁の蘭と盆器

宮内庁の蘭と盆器
宮内庁の蘭と盆器
盆器/瑠璃釉丸蘭鉢・瀬戸・美濃釜(写真右)、九谷六角蘭鉢・九谷窯(左)
盆器

(3) 25周年記念特別企画

A. Massa Nakagawa 「人類誕生の大地」

MassaNakagawa

B. 假屋崎省吾~蘭の世界

假屋崎省吾

C. 沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館


D. 加賀正太郎物語~蘭と共に生きた実業家~

マッサンのニッカウィスキー創業時の筆頭株主(70%出資)
加賀正太郎物語~蘭とともに生きた実業家~

(4) オーキッド・ロード

表参道イルミネーションなどを手掛けた空間デザイナー長谷川喜美さんのプロデュース

オーキッドロード1

オーキッドロード2

☆ オンラインで購入した入場券(コピー)と、会場で貰った公式ガイドブック
オンラインで購入した入場券と公式ガイドブック

金堀城址など~豊富・金堀・古和釜を歩く

「船橋の地名を歩く」 崙書房出版に基づいて、地元船橋を、女房と二人で歩いている。
今回は、43「前金堀と金堀城址」P234~237に準じて歩いた。
私にとっての今コースの目玉は、金堀城跡である。土塁・堀らしきもの以外明瞭な痕跡は少なかった。

※ 本では約3.1km、約40分のコースとある。我々夫婦は、またその3倍の2時間を要した。

金堀城址など~豊富・金堀・古和釜を歩く

※血液センター辺りを出発
七観音供養塔/道に面した民家の入り口近くにある。人影が見当たらない。犬が盛んに吠えた。
七観音供養塔

道標/ここから右に入る。途中畑仕事中の農家の人に何を作っているのかなど聞きながら歩いた。
道標

馬頭塚
馬頭塚

※ここを左折するが、後は概ね、村の小道を進む感じである。

そうまんと/小さな馬頭観音が並ぶ
そうまんと

村墓地
村墓地

金堀城

金堀川を渡ると右に登る道がある/金堀城址を巡る入口
金堀城を巡る入口
金堀城・土塁と堀跡と思しきところ
金堀城・土塁
ぐるりと回って別の土塁と思われる道から下を覗くと、金堀城址と思われる部分はあらかた掘り取られて、下の道と同じレベルの低地となっている感がする。前金堀の集落の一部か。
前金堀
金堀城・下り口(急坂)
金堀城・下り口(急坂)
金堀城址あたり(遠望)/下の道を桑納川の方へ歩き、振り返って城跡と思しき方角を撮る。
金堀城址あたり(遠望)
前金堀の集落に立派な門の家があった。
立派な門

さらに南西に進むと、また立派な長屋門の家がある。
長屋門
その2軒ほど先に、先ほどの長屋門よりは小振りな長屋門がある。
こちらは下見板の処に扉があり、中が馬小屋であったそうだ。
馬小屋のある長屋門

さらに進むと、朽ちた観音堂があった。
朽ちた観音堂
観音堂境内
観音堂境内

しばらく南西に進むと、豊寿園南斜面林と分かれて、木戸川を渡る橋が見える。この橋を渡る。
畑の道を途中、左に曲がった先のネギ畑の中に、駒形明神祠が少し小高くなったところにある。
一度通り過ぎてしまったほど、分かりにくい。
駒形明神祠
戻り、道を進むとT字路にぶつかるので、右折する。しばらくすると、寺に到着する。

東光寺

東光寺本堂
東光寺本堂
東光寺境内から、
八十八ヶ所巡拝供養塔等
八十八ヶ所巡拝供養塔等
自休大徳座像
自休大徳座像
白山大権現・寛保3年
白山大権現・寛保3年
出羽三山塔等
出羽三山塔等
女人講
女人講

東光寺から道なりに行くと、古和釜に到着した。/古和釜十字路公園
古和釜十字路公園
古和釜橋近くの金堀入口のバス停から、マイカーを駐車してきた血液センター界隈にバスで戻った。

上野駅界隈で、ランチを

シャー・トムヤムクン・ポーチャナー   台東区上野6-16-7 DB-3F
   『本場タイ人が作る“トムヤムクン”は女性に大好評!』

国風盆栽展を観て、盆栽や苗木を見た後、すっかりお腹が空いているのに気が付いた。
この日は、タイ料理が食べたくなった。ふらついている間に、ランチのラストオーダーが過ぎていたが、可愛いタイ人が店に入れてくれた。カオマンガイは重いので、麺類にした。この店のトムヤムクンは旨かった。

◆ クイッテオ・トムヤムクン  @1,050円

『トムヤムクンスープのタイ式ラーメン  緬は米粉で作った中細麺

クイッテオ・トムヤムクン

クイッテオ・トムヤムン内訳(サラダ+デザート付)
クイッテオ・トムヤムン内訳(サラダ+デザート付)

ランチメニュー
ランチメニュー

室内
室内

3階入り口
入口3F

一階から見上げると
店頭

湖上の舞を、植付け

女房のために、上野グリーンクラブで、オオシマ桜の代わりに富士桜の変種を買ってきた。
ミニ鉢用の用土などが家になかったので、行きつけのホームセンターに買いに行った。
ミニ鉢は、断捨離したつもりが、かわいいと思って女房が処分しなかったようで、ロフトにあった。

◆ 雲竜富士桜 湖上の舞の植付け

時期的に根巻はほぐさずに植え付けるように、との業者の話があったので、そうした。
根元には日草展で買った山苔を張り、周辺はミズゴケを載せて土粒の流失を防ぐことにした。
日当たりの良すぎる園芸コーナーなので、湿らせた富士砂を敷いた上に、ミニ鉢を置くことにした。

c.植付け完了
植付け後
c´.根元
根元

b.根巻をほどく
合成・根巻をほどく

a.湖上の舞、買ったままの状態
湖上の舞・買ったまま

【参考】上野グリーンクラブの売り場の棚には、2苗しか残っていなかった。
     その内の一つを試しに買ってみたのだ。
雲竜富士桜・湖上の舞 1,000円

行きつけのホームセンターで、用土(小粒赤玉土)や鉢底ネット、銅線(木の固定用)などを買った。
購入品

上野グリーンクラブで、立春盆栽大市2015

国風盆栽展が開催される期間、上野グリーンクラブでは、盆栽市が開かれる。
買う気があるならば、早めに行かないと、目当てのものが売り切れるとよく言われる。
といっても、終了間際では、結構値引きされることもあり、人は行く時期をよく迷うらしい。

立春盆栽大市 2015
   於、上野グリーンクラブ

ここで、珍しい人にあった。2008年ヨーロッパ盆栽大会展で最優秀賞を受賞したイギリス人である。
ピーター・ウォーレンさんだ。。出会ったのは、このとき春花園で、か。(写真左は、春花園の人)
ピーターさんと春花園の人

立春盆栽大市でも、相変わらず欧米人が多い。輸出問題は解決したのだろうか。
欧米人客

さて、この日の盆栽展を写真で紹介する。
まず、ビルの中、3階から1階の室内では、
立春大市・屋内

建物の外では、
屋外の買い物客と業者の様子
屋外での、買物客と業者
盆栽棚の様子
お金と置き場所と栽培技術があれば欲しい盆栽たち
立春大市・屋外
盆栽棚の様子part2
立春大市・屋外2

第89回国風盆栽展 2015

割引券が来ていたのを思い出して、急遽上野へでかけた。
日本盆栽協会主催、文化庁・東京都・NHK後援の盆栽展・後期を見に行ったのだ。
入口の閑散さに鷹揚に構えていたら、入場した途端、入場制限が掛かった。

第89回 国風盆栽展

※ 今年は、事務局の手違いがあったようだ。
国風賞の棚を注意してチェックして回ったが、どうも出品目録の国風賞の頭書が違っている。
係の人に聞いたら、印刷間違いです、と。なぜ入口で訂正しないのだろうか。

ちなみに、今年の国風賞は、次のとおりだと思う。
 37 宇都宮市・手塚 博氏 五葉松・古渡泥正方
 63 安中市 ・廣瀬町子氏 かえで・大昭渡楕円(白交趾)
 69 安中市 ・廣瀬幸夫氏 五葉松・大昭渡長方
103 宮城県 ・小畑義一氏 かりん・大昭渡長方(広東)
125 福島県 ・佐久間高志氏 中品(けやき、長寿梅)

会場の賑わい
会場の様子

今年の国風賞のひとつ、63かえで、の周辺
今年の国風賞のひとつ・かえで

会場入り口/例年と同じく閑散と見えた
会場入り口

国風盆栽展・入場券と出品目録
国風盆栽展・入場券と出品目録

会場の東京都美術館
東京都美術館

あるガイド研修グループの総会と懇親会等

過日、街歩きガイドの研修グループ総会などが行われた。
総会ならびに講演会会場は、明治大学リバティタワーの某教室。
懇親会会場は、明治大学アカデミーコモン1階カフェ「パンセ」。

研修グループの
  総会ならびに講演会、懇親会

総会ならびに講演会会場ビル
G総会会場ビル

準備中の、総会ならびに講演会会場
G総会会場

◆ 講演会

  講師: 文学博士 高尾善希氏 立正大学文学部非常勤講師

  江戸名所図会巻之一:日本橋駿河町の薬種店の読み解き

以前拝聴した「和宮降嫁で分かった、巣鴨町のかつての姿」も面白かった。
今回も、深くて、面白い読み解きであり、仲間一同感心した。
「江戸名所図会を読む」川田寿 よりも、参考になったと、私は思う。
講習会

懇親会会場ホール
懇親会会場ホール

料理から
料理から

乾杯の挨拶
乾杯の挨拶

懇親会会場ビルの夜景
懇親会会場ビルの夜景

板橋 居酒屋新八で、打上げ

巣鴨から板橋までガイド研修の下見をした日、終了後例によって軽く打上げをした。
打上げ会場は、この日のガイドリーダーが、板橋の町内会の会長から聞き出した店である。
何やら新選組の二番隊組長・永倉新八にあやかったかも知れないと想像をかきたてる、名前である。

旨居屋 新八 板橋中宿店  板橋区仲宿46-11 東久ハイツ仲宿1F

入店シーン
新八で、打上げ

日本酒1合/基本的に外では、日本酒1合に抑えている。この日も守れた。自分的には、奇跡的である。
日本酒1合

飲み物は、後は低アルコールのサワーでごまかしている。
サワー

つまみから
つまみ1
つまみ2

旨居屋新八と関係あるのかないのか知らないが、板橋駅近くの近藤勇・土方歳三の墓の横に、永倉新八の墓がある。
永倉新八墓

巣鴨 泰平飯店で、ランチを

巣鴨から板橋を歩いた日、例によって、腹ごしらえのため巣鴨駅前でランチした。
福島屋の隣ビルの4階に、その店はあった。小グループの予約で、個室は満席だった。
思えば、巣鴨を中心に豊島区のランチをよく食べている。今回は、初めての店である。

中国料理 泰平飯店   豊島区巣鴨2-1-2 太平味のビル4F

◆ 五目そば(塩)   @1,080円

※ メニューに塩味はない。正油味だけだ。そこで、頼んで塩味にしてもらった。

五目そば(塩)
五目そば(塩)@1,080円
五目そば(塩) 内訳/麺・つゆ、サラダ、デザート
五目そば・内訳

メニュー
メニュー・看板

店内
店内

ビルの四階に上がると、改めて入口がある。食事が終わった後、数人並んでいた。
四階・店頭

中国料理・泰平飯店・一階店頭
中国料理・泰平飯店・一階店頭

巣鴨から板橋を歩く

ガイド研修の下見に参加した。
巣鴨駅から板橋本町駅までのコースだ。
自分用の記録として、撮影した写真を投稿しておく。

※ 巣鴨地蔵通り、混雑していた部分は迂回した。

真性寺は、既報のとおりなので、省略。
同じく庚申堂も既報の通り。

(1) 巣鴨補足

赤パンツを買った女性/女房と同じ歳の女(ひと)。
                とても可愛い・奇麗な人なので、これを穿いた姿が想像できない。
赤パンツ

中山道はタネ屋街道/東京種苗株式会社と書かれた古い店も、今は廃業した模様である。
中山道はタネ街道

鴨台観音堂(さざえ堂)大正大学
鴨台観音堂(さざえ堂)大正大学

(2) 滝野川

千川上水/千川上水流路図、千川上水調節池跡、千川上水分配堰碑、マンホール、掘割
千川上水

亀の子束子西尾商店
亀の子束子西尾商店

(3) 板橋宿

資料は、いたばし観光センターで頂戴したので、それを引用する。
参考、「いたばし観光センターのガイドさんと板橋宿を歩くは、こちら。
いたばし観光センター

A.中山道板橋宿1(平尾宿)
   ー近藤勇墓碑、東光寺、観明寺、平尾脇本陣、加賀藩下屋敷跡など
中山道板橋宿1(平尾宿)

近藤勇墓碑
近藤勇・土方歳三の墓

加賀藩下屋敷跡
加賀藩前田家下屋敷跡と旧中山道

板橋宿・下宿(平尾宿)/国道17号線の高架をくぐったあたりから、板橋宿不動通り商店街が始まる。
            アーケードの上には商店街のシンボルキャラクター(ラッピー)が見下ろしている。
板橋宿入口

東光寺/六道利生の地蔵尊・青面金剛像を刻んだ庚申塔・宇喜多秀家の供養塔
東光寺

観明寺/出世不動、稲荷神社、庚申塔(都内最古、板橋区の指定有形文化財)
観明寺

平尾脇本陣跡/近藤勇が処刑まで監禁されたこと、ペルシャ産のラクダが逗留したことで有名だそうだ。
平尾脇本陣跡

B.中山道板橋宿2(中宿)
   -遍照寺、乗蓮寺跡、水村玄洞家跡、板橋宿本陣跡、中宿脇本陣跡など
中山道板橋宿2(中宿)

仲宿入口
仲宿

遍照寺
遍照寺

乗蓮寺跡/首都高5号線の工事により、赤塚へ移転
乗蓮寺跡

水村玄洞家跡(高野長英ゆかりの地
高野長英ゆかりの地(水村玄洞家跡)

板橋宿本陣跡/飯田新左衛門家
板橋宿本陣跡(仲宿)

C.中山道板橋宿3(上宿)
   -上宿脇本陣、板橋、石神井川、縁切榎など
中山道板橋宿3(上宿)

板橋
板橋と石神井川

縁切榎/絵馬を覗き見し、京都・安井金毘羅宮で縁切り縁結び碑を見た時を思い出した。
      世の男性諸君、女性には恨まれないよう、心しましょう。怖わ~
縁起榎

北習志野 車鮨で、ランチを

「楠が山城跡など~金堀・楠が山・大穴を歩く」で、昼食もとらずに歩いたので、すっかりお腹が空いた。
大急ぎでマイカーに戻り、取敢えず、北習志野で鮨屋に入った。昼の営業時間にギリギリ間に合った。
女房が友達と時々ランチをしている店で、リーズナブルかつ美味しいということで入った。私は二度目。

車鮨   船橋市 習志野台 2-4-10

車鮨名物
   ◆ まぐろ丼   @830円

まぐろ丼

まぐろ丼・内訳/まぐろは何層かに、びっしりと入っている。
まぐろ丼・内訳

おすすめ丼/帆立・あじ・かんぱち・赤貝・平目の中から二種類セレクトする。
女房は、かんぱちと赤貝を選んだと思う。
おすすめ丼(かんぱち・赤貝)

店頭の看板から
店頭の看板

店頭
車鮨・店頭

店内
車鮨・店内

楠が山城跡など~金堀・楠が山・大穴を歩く

「船橋の地名を歩く」 崙書房出版に基づいて、地元船橋を、女房と二人で歩いている。
今回は、45「大穴から金堀台へ」P244~249に準じて歩いた。ただし、本とは逆のコースをたどったが。
私にとっての今コースの目玉は、楠が山城跡である。明瞭な痕跡は何も発見できなかったが。

楠が山城跡など~金堀・楠が山・大穴を歩く

豊富農協前を出発。(マイカーを近くの駐車場に止めて、歩き出す。)

稲荷神社
稲荷神社

龍蔵院
龍蔵院・本堂

日枝神社/本殿、拝殿、鳥居、出羽三山巡拝記念碑・石仏など
日枝神社・本殿、拝殿、鳥居、出羽三山巡拝記念碑・石仏など
日枝大神・摂社/(写真上段:小御嶽・浅間・白旗神社、下段:神明・足尾・道祖神社)
日枝大神・摂社
本殿彫物/管理人:後藤安五良常善(推定)/(上段右の写真:脇障子;翁、左:脇障子;姥)
日枝大神・本殿彫物

金毘羅神社/道路に接しているが、個人宅にある。
金毘羅神社

庚申塚
庚申塚

熊野神社/名前は、鳥居の額などからも読み取れない。近くの工場の人に聞いても、知らなかった。
熊野神社
cf.古峰神社(熊野神社の摂社と間違われそうな位置にある。本には載ってない。)
古峰神社

楠が山城(館)跡/ここは吉橋城が落ちた際に、落ち延びた家臣3人(3人は兄弟という言い伝えもある)が館を建て隠れ住んだという伝承があり、その子孫は故地を偲んで吉橋姓を名乗ったのだという。

※高台の上は、畑。土塁や堀跡を見極めるのは難しい。綿貫啓一氏の遺跡図を頼りに、想像を巡らせた。
ハリギリの大木とおぼしきものが切られて横たわっている辺りが、土塁の一つと見たが…。
ビニールハウスで働く農家の人に尋ねると、竹やぶの中に石碑があるというが、見つけられなかった。
楠が山城址

辻切(正しい目印)
辻切(正しい目印)
注意:こちらの辻切を目印にすると、別の所へ行く
辻切(こちらを目印にすると別の所へ行く)

青蓮院
青蓮院

湯殿神社/本殿・拝殿・鳥居・鳥居からの参道
※ 青蓮院と湯殿神社とは、隣同士である。わざわざ赤い鳥居の処から急坂の参道を上がる必要はない。
湯殿神社
本殿彫物/彫工:竹田金司守國、左脇障子;唐夫人、右脇障子;大舜
湯殿神社・本殿彫物
湯殿神社の境内/本殿裏の出羽三山巡拝記念碑、並びに境内の三峰神社・浅間大神・不動明王線刻
湯殿神社・境内

大穴松山墓地/
※ 車用の立ち入り禁止の竹棒があるので、入れないと思って歩き続けると、浄明寺まで行ってしまった。
大穴松山墓地

西光院/観音堂・斉藤その女の墓・七番札所
西光院

本には45分のコースとある。我々には3時間ほど掛かった。
もう一コースこなす予定であったが時間切れとなったので、金堀入口のバス停からバスに乗り、出発点に駐車したマイカーにたどり着いた。丹念に調べようとすると時間が掛かる。また、前回と同様に、本に書かれたことを読み違えると、余分な歩きが生じてしまう。

今年の恵方は、西南西

講師紹介センターの「講師のための講習会」運営の手伝いに、飯田橋に出掛けた。
会場設定前に昼食を済ませておかなければならない。いつもの三浦屋で弁当を買った。
今年の恵方は西南西だそうだ。

三浦屋の
   ◆ 特製恵方巻  ハーフ @594円

三浦屋の恵方巻き・ハーフ594円

開封
開封

清澄 くし家で、打ち上げ

深川六間堀界隈を歩いた後、例によって有志で打ち上げをした。
今回は、ガイドリーダーおすすめの店になった。
私は、初めて入る店である。

くし家 清澄白河店   江東区清澄3-4-16 パークサイド清澄第2ビル

くし家店頭
くし家・店頭

くし家・入店
くし家・入店

乾杯の図
乾杯

※ 当面、外での酒は、日本酒1合と決めた。
コレストロール値が高めになり、医者から、薬を飲むか、卵(鶏・魚問わず)・うに・レバーなどの食事制限をするか選択せよとお達しが出たからである。女房からは、加えて、アルコールの減量を忠告された(妻のモラハラ?)。なるべく薬は飲みたくないので、食事制限と節酒を試みることにした。今のところ、家での酒量をゼロにし外での酒を日本酒1合に抑えているので、1週間で2キロぐらい減量できている。これまで25年くらいは、エアロビクスやパワーヨガまたは速歩で、標準体重を維持できたが、ここ直近5年くらい街歩きでジム通いができなくなり、体重が徐々に増していたのが真因だと思う。((有酸素)運動は次の手段とする。)
日本酒1合

日本酒1合の後は、低アルコールの飲み物でごまかすことにした。今回は、東京飲料(トーイン)のダイエットシトラスサワー(レモンとグレープ混合果汁25%)。キンミヤ焼酎を少し加えた。この焼酎は初めて飲む。この日のメンバーの若い女性お薦め焼酎である。
シトラスサワー
※ 燃やせ!俺の脂肪 ダイエットシトラスサワー/壁の広告より
ダイエットシトラスサワー

おつまみから

サービスのキャベツ
サービス・キャベツ
その他のつまみ
つまみ1

つまみ2
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR