神楽坂 ブラッスリー・グーで、ランチ

過日、神楽坂在住の会員がガイドリーダーとなって、神楽坂を散策した。
この日の切り口は、グルメの街 神楽坂。
この研修に先立って、独りでランチをした。

Brasserie Gus (ブラッスリー・グー)

[神楽坂]気楽に行けるおしゃれなカジュアルフレンチレストラン ランチ編にあった気になる店である。

Brasserie Gusでランチ

室内
室内

メニューB
メニューB

◆ DEJUNER MENU B    @2,000円(税別)

前菜とパン
前菜とパン

魚料理/真鯛のポアレ
魚料理

肉料理/牛頬肉赤ワイン煮
牛頬肉赤ワイン煮

デザート/おまかせデザート盛合せ
デザート

紅茶 (別料金)
紅茶



調布・やきとり道場で、打上げ

深大寺から調布駅まで歩いた後、例により、有志で打ち上げを。
ビルの二階に焼き鳥屋があった。
時間は早いが、後から色々な人が入ってくる。

やきとり道場

2階 やきとり道場入り口
2階入口

ビールで乾杯
ビールで乾杯

二杯目は、各自好みのソフトドリンクなど
二杯目は、ソフトドリンク

つまみから
つまみ1
つまみ2

深大寺 湧水で、ランチ

深大寺ガイド研修の下見に出かけた。
深大寺と言えば、深大寺そば。腹ごしらえに選んだのは、そのソバ。
一番行列のできると言われる蕎麦屋に並んだ。

深大寺 手打ち蕎麦 「湧水(ゆうすい)  調布市深大寺元町5-9-1

◆ 湧水天もり (野菜天、海老一匹)  @1,450円 (税抜)

湧水天もり
141026-015湧水天もり(野菜天、海老一匹)

湧水天もり・内訳/蕎麦と天婦羅
湧水天もり・内訳

メニュー
メニュー

屋外の席
屋外の席

玄関から見た店内
玄関から見た店内

店頭の行列/40分待った
湧水・行列

☆ 『▼「月間平均検索ボリューム」のランキング
     1位(480回) 「深大寺そば 湧水」
     2位(210回) 「深大寺そば 多聞」
     3位(200回) 「深大寺 門前そば」+「深大寺 門前そば本舗」
     4位(170回) 「深大寺そば 玉乃屋」
     5位(90回) 「深大寺そば 松葉茶屋」』
   (「深大寺そばランキングでおすすめ人気店を決める!…」より)

深大寺から調布を歩く

過日、深大寺から調布駅まで歩いた。
江戸名所図会を訪ねてのガイド研修下見会である。
よそ者の私にとっては、難しいコースであった。

※ よって、記録の意味で、写真を残す。

1) 深大寺周辺

※ 深大寺周辺マップ(例)は、こちらこちら

地図看板
地図看板
そば畑
そば畑
参道・鬼太郎茶屋
参道・鬼太郎茶屋
山門
山門
鐘楼
鐘楼
本堂
本堂
亀島弁財天池
亀島弁財天池
釈迦堂
釈迦堂
元三(がんさん)大師堂
元三大師堂
開山堂
141026-042開山堂
延命観音
延命観音
水源湧水池
水源湧水池
深沙大王堂
深沙大王堂
元祖嶋田屋
元祖嶋田屋
深大寺そば調べ
深大寺そば調べ
不動の滝
不動の滝
青渭神社
青渭神社
深大寺城そば畑
深大寺城そば畑
深大寺城跡
深大寺城跡
絵堂のカゴノキ
絵堂のカゴノキ
深大寺自然広場
深大寺自然広場

2) 調布駅周辺

※ 調布駅周辺マップ(例)は、こちら

祇園寺
祇園寺?
野川
野川
虎狛神社
虎狛神社
布多天神社
布多天神社
常行院
常行院
調布/天神通り
調布

室町コレド 墨之栄で、一杯

「文豪の街 本郷を歩く」ガイド研修の後、会としての打上げがなかった。
コレド室町1の二階で独り打上げをした。
この店はいつも混んでいる。時計を見てからも、一時間以上待った。

墨之栄   中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町2F

墨之栄・店頭から店内を望む
墨之栄・店頭から店内を

◆ 酒 徳利2本  お通し+酒肴+〆   計 4,552円 (税込)

お通し(いか肝)            @480円
酒肴 五種盛合せ         @1,420円
天狗舞 石蔵仕込 山廃純米    @930円
141123-125お通しと酒肴五種盛合せ&天狗舞 石蔵仕込 山廃純米

メニュー/天狗舞・石蔵仕込・山廃純米(ぬる燗)
メニュー/天狗舞・石蔵仕込・山廃純米(ぬる燗)

メニュー/酒肴・五種盛合せ
メニュー/酒肴・五種盛合せ

貴〈魚誂え〉 冷       @960円
貴〈魚誂え〉

〆/鯖の棒寿司ハーフサイズ  @425円
鯖の棒寿司

東大のイチョウの黄葉はまだであった

本郷のガイド研修のとき、東大構内に入ったが、11月23日はまだイチョウの黄葉には早かった。
去年の黄葉よりも、今年は少し遅いのであろうか?
ちなみに去年の黄葉は、こちら(11月23日30日

東大構内 イチョウの黄葉具合

正門を入って、銀杏並木途中から安田講堂を望む
正門通りから安田講堂を望む

赤門を入って、医学部本部(医学部2号館)を望む
赤門から医学部本部を望む

一葉忌、今年の法真寺と旧伊勢屋質店

「文豪の街 本郷を歩く」のガイド研修に参加した。
この日は、11月23日一葉忌である。
一年ぶりに、樋口一葉本郷ゆかりの地に立ち寄った。

1) 旧伊勢屋質店

旧伊勢屋質店前の行列
旧伊勢屋質店前の行列

伊勢屋質店の内部
伊勢屋質店の内部

2) 改装工事中の法真寺 (桜木の宿)

改装中の法真寺/このため文京一葉忌は、文京シビックで行われた
写真は、本堂と持ち上げられた山門、そして一時退避した腰衣観音
改装中の法真寺

腰衣観音連弁/神田大明神、湯嶋天満宮の文字が見られる
腰衣観音の蓮弁

「桜木の宿」跡/
本堂に向かって左手前の、この赤い建物あたりだと聞いていたが、この日のリーダーによると(この写真で)左手の駐車場の辺りであるらしい。次のWEBにも同様の記述がある。
『一葉が住んだ場所、現在の東京都文京区本郷5丁目26  法真寺の玄関前の、現在、駐車場になっている所である。』 (「一葉の父樋口則義 桜木の宿-華の会」より) 
桜木の宿の場所

門前仲町 PAPPATORIAで、ランチを

東京文化財ウィークに、「門前仲町から佃への散歩道で出会う文化財」のガイドを代番することになった。
門前仲町で腹ごしらえをすることにし、人の流れに吸い込まれて、あるイタリアンの店に入った。
女子会やサラリーマン、祖母と孫娘など様々な人がいた。

PAPPATORIA 門前仲町 江東区富岡1-8-9 真珠堂アネックスビル1,2階

PAPPATORIA・店頭

店頭の看板にあるメニュー
看板・メニュー

1階店内
店内

テーブルにあるメニュー
メニュー

◆ 本日のパスタ料理  @1,000円
パスタ2種よりチョイス
    サバと水菜のオイルベーススパゲッティ (塩味)

本日のパスタ料理@1,000

パスタ料理(パン・サラダ・デザート付)の内訳と紅茶(コーヒーは付いているが、紅茶は別勘定だった)
パスタ料理の内訳と紅茶

※ 今度、鯖缶で作ってみようか?

本八幡で、ランチを

市川中央図書館へ、街歩きのデータ調べで出かけた。
市川の中心がどこなのか、よそ者の私には、今もわからない。
どうやら中心は、本八幡駅周辺らしい。駅近くのカレー屋を捜した。

インド料理 アティティ   市川市南八幡3丁目7−7

◆ まかないカレーセット  @980円

まかないカレーセット

まかないカレーセット内訳/まかないカレー(ピリ辛)、バターチキン(セレクト)、
アチャール(インドの漬物)、なん、パパド?
内訳

メニュー
メニュー

室内(厨房方面)
室内

店頭
アティティ・店頭



両国 楽蜀坊で、ランチを

過日、両国から森下まで、ガイド研修で歩いた。
いつものように、その前に両国で腹ごしらえをした。
両国と言えば、ちゃんこということになるが、この日は中華。

四川料理
楽蜀坊   墨田区両国2丁目16−5

◆ 豚角煮土鍋かけご飯   @880円

豚角煮土鍋かけご飯

メニュー
メニュー

店内
店内

楽蜀坊・店頭
両国・楽蜀坊・店頭



女房の従姉の、手土産

女房の従姉が、大阪からわざわざ義母の見舞いに来てくれた。
多重介護で疲れている処、合間を見てきてくれた。
義母は認知症が進み、すでに相手を認識しているかわからない状態である。

手土産から、
  伍魚福の、いかなごくぎ煮と、こうはらの、黒舞昆

くぎ煮on小皿(安南染付小皿写し
黒舞昆in小振りの蕎麦猪口
小皿と蕎麦猪口に入れた

従姉の小袋入り手土産
Mちゃんの小袋入り手土産

袋から取り出す
伍魚福の釘煮と、こうはらの黒舞昆

くぎ煮と舞昆を小器に
釘煮と舞昆

生姜の収穫

畑整理のついでに、塀際に植えていたものを引き抜いた。
既に、長女宅の分は収穫した後だったので、残っていたのは我が家の分け前である。
さて、どんな料理となって食卓に出てくるのだろうか。楽しみである。

◆ 生姜の収穫

収穫生姜

家に持ち込んだのは、根の部分
(葉や茎は、猫よけなどの目的で、畑に伏せた。)
収穫した生姜の根

間引いた大根で、簡単料理

間引いた大根を使って、
  簡単・スライス大根料理

間引いた大根は、みずみずしい。
ピーラーで、スライス大根にし、二つの小料理ができた。
酢とマヨネーズ和えと、汁である。

◆ スライス大根の、酢とマヨネーズ和え
   器は、有田あたりの丼(訳あり品)
   ガリを漬けていた酢(新生姜の甘酢漬け)を、少し加えたので、生姜の風味が味わえた。

スライス大根の酢とマヨネーズ和え

◆ スライス大根汁 と万能だし
   器は、金海州浜形茶碗写し

スライス大根のスープと万能だし

間引いた大根(再掲
間引いた大根

【追加】 

◆ 大根の葉入り親子丼
   大根葉の先端の柔らかい部分を刻んで、親子丼のトッピングに混ぜた。
   これもなかなかいける。無農薬有機栽培野菜なので、安心していただける。
   捨てないで、大根の葉レシピにも、6,286品が紹介されている。

大根葉入り親子丼

野菜畑の手入れ風景

長女が久し振りに、野菜畑に現れた。
婿殿の実家の法事などで、大変忙しかったようで、久し振りの訪問だ。
ネギ類のトンネルは、地中にいた一匹の害虫で、ほとんど全滅したそうだ。

野菜畑の作業光景

今秋最後の、
1) スナップエンドウの種まき
   畝をひとつ西側に移して、連作を予防。
   ネットの張替は順調である。そして、綺麗に張れている。
   直蒔きの時期としては、少し遅いそうだ。

スナックエンドウの種まき

1)の前工程として、
2) ミニトマトの整理
   まだ青い実が沢山ついている茎もあるが、すべて取り外し。

ミニトマト・蔓の取り外し

3) 防虫ネットの取り外しと、大根の間引き
   地力が弱いようで、大根の径はまだ小さい。

防虫ネットの取り外しと大根の間引き

【追伸】 一夜明けて  撮影日: 2014.11.17 9:30
一夜明けて

日本橋 大増の弁当

女房も、母親を近くの老健に引き取ってからは、介護の関係から都心の長唄の稽古に通えなくなって久しい。地元のカルチャーで長唄の三味線を習ったり、民謡の会に参加するようになった。その民謡の会で、弁当の当番になったついでに、試食も兼ねて百貨店から入手してきた。

日本ばし 大増 の弁当

◆  “明日香”    @1,296円

『いろいろなお料理を九つの升に盛り込んだ、彩り豊かな折詰です。』

日本ばし 大増の弁当

弁当の補足/箱、包装、カタログ、カタログの中身
大増の弁当

ミニトマトの大収穫

野菜畑のミニトマトの棚から、この日も女房が沢山のトマトを収穫してきた。
じつに、直径24cmφ×深さ8cmのボール一杯のミニトマトが採れたのだ。
もう枯れる、もう枯れるか、と思っていた蔓に、そこまでまだ実が付くのかと驚く。
7月初旬の初収穫から、本当にいつまで続くのだろうか)

大量のミニトマトの収穫

湯通しして皮を剥いてから、ジュースにした。
そして、生でかじった。それでも夫婦ふたりでは、なかなか減らない。
また、隣に住む長女一家におすそ分けとなった。

ミニトマトの大収穫

神田明神前 天野屋で、甘酒を

神田明神参拝の前に、神田明神・鳥居横の甘酒屋で、小休止した。
個人ツアー一行の中には、初めての人がいたので、立ち寄った。
私は、この店の、夏の冷やした甘酒が好きだ。

天野屋 明神甘酒  @400円

『甘酒は・・・、文献に現れたのは、応神天皇が吉野に行幸されたとき醴酒(こざけ)を献上したのが、最初とされています。その醴酒が『甘酒』となったのは、慶長の始め頃のことです。・・・「明神甘酒」は、当店の地下6mの天然の創業当時からの土室(むろ)より作り出される糀(米かうぢ)をもとに、さらに手を加えて生成し熟成を待って作り上げられたものです。  「明神甘酒」は“生きている自然の甘味”です。』 (「天野屋」より)

甘酒
甘酒@400円

メニュー
メニュー

天野屋 店内
天野屋・室内

天野屋 店頭/右が店舗、左が喫茶部
天野屋・店頭

神田明神・鳥居と天野屋 (写真、鳥居に向かって左)
鳥居横の天野屋

柳橋 小松屋の、佃煮

日本橋川・神田川クルージングのときに、柳橋で土産物屋が乗り込んできた。
小唄を一曲歌った後、佃煮などの販売をおこなった。
阪急交通社の場合は、海外(例:台湾)でも国内(例:信州路)の場合もこのようなケースが多い。

柳橋 小松屋、 かきの佃煮と一と口あなご  各@2,000円
 
かき佃煮 on 刷毛目茶碗(市販品)
かき佃煮onf刷毛目茶碗

一と口あなご on 截土容黒曜茶碗写し(自作)
穴子佃煮on截土容黒曜茶碗写し

かき佃煮
かき佃煮

一と口あなご
一と口あなご

柳橋・小松屋の佃煮(牡蠣、穴子) on 絵志野四方皿
柳橋・小松屋の佃煮(牡蠣、穴子)

同上
小松屋の佃煮(牡蠣、穴子)on絵志野四方皿

乗り込んできた柳橋・小松屋
柳橋・小松屋・佃煮

陸から、神田川クルージング・コースをトレイス

過日、日本橋川・神田川クルージングした後、陸から神田川を散策した。
すなわち、柳橋から日本橋川に入る三崎橋まで歩いた。
途中、両国広小路、柳森稲荷、湯島聖堂、神田明神、神田上水懸樋跡などで、道草をした。

神田川に架かる橋 

神田川に架かる橋、「神田川クルーズ:とりこのつぶろぐ」より、図を引用する。
神田川に架かる橋

柳橋と、柳橋から見た両国橋  撮影日:2014.2.15
柳橋と、柳橋から見た両国橋
両国広小路  撮影日:2014.10.24 (以下同じ)
両国広小路
左衛門橋→美倉橋
左衛門橋→美倉橋
柳森稲荷
柳森稲荷
和泉橋→万世橋
和泉橋→万世橋
万世橋→昌平橋
万世橋→昌平橋
湯島聖堂
湯島聖堂
神田明神
神田明神
聖橋→お茶の水橋
聖橋→お茶の水橋
神田上水懸樋跡
神田上水懸樋跡
神田上水懸樋跡→水道橋
神田上水懸樋跡→水道橋
お茶の水分水路
お茶の水分水路
水道橋→後楽園ブリッジ
水道橋→後楽園ブリッジ
後楽橋→小石川橋
後楽橋→小石川橋
小石川橋→(写真向かって右)三崎橋(これより日本橋川を下った)
小石川橋→三崎橋

【参考】
  飯田橋跨線橋下→船河原橋 (これより先、飯田濠は埋め立てられ、暗渠になっている)
飯田橋跨線橋→船河原橋



日本橋川、神田川クルージング

女房と約束していた、東京の川をクルージングする計画を実行した。
女房とその友達計4人と一緒した。
隅田川の橋巡りちょこっと船旅はしたことがあるが、今回のルートは初めてである。

日本橋川・神田川クルージング

阪急交通社のツアーである。
日本橋から日本橋川を下り、豊海橋で隅田川に入り、両国橋の上流側で柳橋から神田川を上り
水道橋の先から再び日本橋川に入り、出発点の日本橋に戻るというルートである。

神田川~日本橋周遊クルーズ」より、このコースの図を引用する。
神田川・日本橋川クルーズ 航行コース

※ 長々と写真が続く。本来ならば、動画で済むところであるが。
ご勘弁願いたい。

1) 日本橋から日本橋川下り

日本橋船着場
日本橋船着場
出発

江戸橋
江戸橋
茅場橋
茅場橋
亀島川・日本橋水門
亀島川・日本橋水門
湊橋
湊橋
豊海橋
豊海橋

2) 豊海橋から隅田川上り

江戸時代、永代橋は豊海橋の上流に位置した。
今は、永代橋は架け替えられて、豊海橋から隅田川に出る処の下流に掛かる。振り返った。
永代橋
隅田川大橋
隅田川大橋
清洲橋とスカイツリー
清洲橋とスカイツリー
小名木川入り口(萬年橋)
小名木川・萬年橋
新大橋
新大橋
堅川入口の水門
堅川水門
両国橋
両国橋
総武線・隅田川橋梁/今回くぐらない橋だが、両国橋の少し上流側にある。
そして墨田川下りのお洒落な船とスカイツリーを入れてスリーショット
総武線・隅田川橋梁

3) 柳橋から神田川を上る

柳橋
神田川へ・柳橋
乗り込んできた小松屋
乗り込んできた小松屋
浅草橋
浅草橋
船から見る柳森神社
船から見る柳森神社
万世橋
万世橋
昌平橋
昌平橋
聖橋
聖橋
お茶の水橋(写真右奥)
お茶の水橋
お茶の水渓谷
お茶の水渓谷
ゴミ運搬船
ゴミ船
神田川分流取り入れ口
神田川分流取り入れ口
水道橋
水道橋
後楽橋
後楽橋
トラックから運搬船への、ゴミ投入場所
ゴミ投入
小石川橋/この先神田川を上れず
新三崎橋

4) 三崎橋から再び日本橋川

総武中央線橋梁/三崎橋と新三崎橋に挟まれた橋梁
総武中央線

堀留橋/一説では、『江戸城築城の際、外濠の起点とされた場所
この説では、神田川と合流するように開削されたのは、1900年初頭としている。
一方、この日の添乗員さんは、いったん神田川まで開削したが、その後日本橋川下流の氾濫を防ぐために、神田川から堀留橋あたりまで埋め戻したと、説明した。(私は前者の説をとる。)
堀留橋

【参考】 「江戸城外堀と周辺地形」   原典がわからないので、上記Webから引用する。
印あたりが、堀留橋
江戸城外堀と周辺地形

新川橋
新川橋
南堀留橋
南堀留橋
雉橋
雉橋
一ツ橋あたりの石垣/この石垣は、一ツ橋家跡に関係する場所である。
一ツ橋あたりの石垣
一ツ橋
一ツ橋
神田橋
神田橋
新常盤橋
新常盤橋
常盤橋/東北大震災の時に崩壊し、いまだ改修中
常盤橋
一石橋
一石橋
西河岸橋
西河岸橋
日本橋
日本橋
日本橋船着場に到着
到着

コレド室町2で、ランチを

女房とその友達三人と一緒に、日本橋・室町でランチした。
コレド室町2の二階にある、メキシカンのレストランである。
女房の友達の一人が、メキシコに赴任したことがあるから、入ってみた。

エルボラーチョ 日本橋

◆ メキシカンチキンランチ  @1,000円

チキンランチ
メキシカンチキンランチ

スープとサラダ
サラダ、スープ

メニューとメキシコのグラス
メニューとメキシコのグラス

【参考】 女房の食べたタコスランチ
タコスランチ

エルボラーチョ日本橋・店頭
エルボラーチョ日本橋

コレド室町で、芋けんぴを買った

芋舗 日本橋 芋屋金次郎  中央区日本橋室町2-3-1コレド室町2 1階

◆ 揚げたて芋けんぴ

『仕上げ油に菜種油とスペイン産オリーブオイルを独自にブレンドした金次郎油で揚げています。
オリーブオイルを使用すると、素材の風味を逃がさず表面をコーティングするようにサクッと揚がるので、芋の風味もおいしさも一層増しました。中でも店内工房で揚げる「揚げたて」の美味しさは格別。芋けんぴは揚げたてが一番おいしいので、そのおいしさを知ってもらおうと併設の揚げ工房で毎日実演販売をしています。』
(「日本橋 芋屋金次郎|ギフト販売・揚げたて芋けんぴの芋屋金次郎」より)

※ 食べだすと、止まらないのは、事実である。

芋けんぴon天目釉皿
芋けんぴon天目釉皿

芋屋金次郎謹製・揚げたて芋けんぴ
芋屋金次郎謹製・揚げたて芋けんぴ

芋屋金次郎/いつも行列で混雑する店頭
芋屋金次郎・店頭

芋けんぴ・揚場
芋けんぴ・揚場

コンニャク芋の掘出し

コンニャクの花

今年は、こんにゃくの花が咲かなかった。
来年は、花が咲かないだろうか。
コンニャクの花を咲かせるために、まずは、こんにゃく芋を掘り出し、保管することにした。

大きい芋(写真向かって右) 重さ:3kg、長径20cm×短径18cm×高さ16cm
                  芽の高さ7cm×芽の付け根径3.5cm×芽の下の径2.5cm
小さい芋(左)          重さ:800g、長径14cm×短径11cm×高さ10cm
                  芽の高さ6cm×芽の付け根径2.2cm×芽の下の径2.0cm

保存

コンニャク芋の掘り出し

コンニャクの樹が枯れて、11月となった。
こんにゃく芋を掘り出した。
水洗いし、上根をとり、種芋(生子)を外して、上り框で保管することにした。

1) コンニャク芋を掘り出す
コンニャク芋掘り出

2) 掘り出した芋を、水洗いする
掘り出したコンニャク芋の水洗い

3) 上根をとる
上根外し

4) そして、一日天日干しした。
コンニャク芋・天日干し

5) 種芋(生子 キゴ)を外す
生子切り

★ 種芋(生子)を大きくするには、また3~4年かかる。長女は来年蒟蒻を育てるのを拒否した。
  これは、葉芽じゃないのか。我が家のコンニャクの芽も同じような成長をした
  水もやらずに放置しておくと芋が自分自身の養分で大きな花を咲かせるのだろうか。

神楽坂 鱻で、ランチ

神楽坂で、研修ガイドリーダーを務めた後、有志とランチした。
その人たちの希望が、私が良くランチや同期会で使用する店であった。
私たちの年代では、やはり和食を好む人が多いようだ。

神楽坂 うお匠 鱻 (せん)   新宿区神楽坂5-1-2 神楽坂TNヒルズ1F

◆ お魚御膳、刺身   @1,000円

お魚御膳は、刺身(失念した)、焼魚煮魚とも、一通り食べている。
この日は、気分でまた、刺身を注文した。
余り教えたくない、リーズナブルな店だが、仲間内はみんな知っている。

お魚御膳(刺身)

魚御膳内訳/釜揚げしらす サラダ、ざる豆腐、白ご飯、汁物、香の物
魚御膳内訳

表の看板
表のメニュー

幕末事件と江戸城

10月16日(木)、「江戸城の幕末重大事件現場を歩く」という研修に参加した。
この日はチェコ共和国大使の信任状棒呈式の儀装馬車が二重橋から出てくるのにも出会った。
また、清水門や田安門の工事は終了していたが、伏見櫓や大手門が工事中であった。

江戸城の幕末事件現場

1) 桜田門 と桜田門外の変

・万延元年、大老井伊直弼が水戸脱藩浪士と薩摩藩士に襲撃され死亡

桜田門

2) 二重橋・皇居正門

・慶応4年、江戸城無血開城 尾張家が官軍の先触れで入場
・明治元年、明治天皇が入城

二重橋
修理中の伏見櫓
修理中の伏見櫓
チェコ大使信任状棒呈式の儀装馬車
馬車


3) 坂下門 と坂下門外の変

・文久2年、老中安藤対馬守信正が、水戸浪士等に襲撃され、軽傷
・この日、チェコ大使の棒呈式の帰りの空馬車が坂下門から入った。

坂下門

4) 大手門

・文久元年、和宮一行が清水屋敷に入られ1ケ月の滞留後、大手門を通り本丸大奥に入る。
・大手門は、渡り櫓が改修工事中であった。

工事中の大手門

5) 平川門

・将軍家定の正室、篤姫がこの門より大奥に入った。

平川門

6) 一ツ橋家跡

一橋家跡

7) その他

○ 改修なった清水門

清水門

○ 改修なった田安門

田安門

○ 濠浄化貯留施設工事/大手濠

濠水浄化貯留施設工事


プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR