CoCo壱番屋・本郷三丁目店で、基本カレーを

本郷三丁目のさるビルで、グループのHPなどの打ち合わせをした後、軽いランチをした。
CoCo壱番屋 本郷三丁目駅前店のカレーだ。
ワンコイン(463円)で済んだところを、辛さを少し増した(2辛)ら、500円を少し超えてしまった。
ワンコインシリーズを進めたいところ、最初に躓いたのが、大変残念である。

◆ 基本のカレー (ポークカレー)   ¥50

基本のカレー


メニュー/料金内訳:基本のカレー @463円、2辛 42円増
メニュー

昔、CoCo壱番という店はなかったろうか?少し気になる。
CoCo壱番 本郷三丁目駅前店/文京区本郷4-2-5 光山ビル1F
本郷三丁目・CoCo壱番屋

雨の清澄庭園

6月26日(土)、あいにく小雨が降り続く午前に、清澄白河の寺町と清澄庭園でガイド研修があった。

清澄庭園のアジサイ

清澄庭園のアジサイ
小雨降る中、清澄白河の研修
小雨降る中、清澄白河の研修

日本語の流暢なこの外国人の先生に、伊豆磯石とは何かと聞かれた。伊豆は伊豆諸島ではなく伊豆半島の意味、伊豆半島の海岸から景色の良い石を運んできたと、答えるのみ(2020年までにおもてなし英語を学んでおく必要性を感じた)。この庭園は全国からの銘石がコレクションされ配置されていると説明した。とくに、佐渡赤玉石については、見ておく価値はあるかもと。日本人の変な趣味がわかってくれればいいかと思う。
外人の先生と生徒の一行
外人の先生と生徒の一行

【参考】 東北大震災の被害からの改修状況

清澄・白河寺町巡りでは、浄心寺の三沢の局(4代将軍家綱の乳母:小堀遠州正室・お秀の方)の墓がすっかり回収されていて安堵した。
『日通上人はお秀の方を開基と定め、日義上人を開山とし自分は第二代と名乗る。家綱は乳母の志に感銘して、浄心寺の建立を許可し、一万畝の寺額・奉一〇〇石・経費として五万両を寛文二年(1662)に寄進する。』(「浄心寺|江東区平野にある日蓮宗寺院・・・」より)
改修三沢の局の墓
東北大震災の折、倒壊して撤去されていた同墓  撮影日:2011.7.30
浄心寺・三沢の局墓

小諸そば・大門店で、ランチを

芝から愛宕にかけてツアーの下見をした。
例により、その前にワンコインで済ませる蕎麦屋に立ち寄った。
昼食時間前であったので、サラリーマンの出動はまだなく、比較的空いていた。
小諸そばは、やはり安くて旨い。

◆ 揚げ茄子おろしそば  @410円

揚げ茄子おろしそば・アップ

小梅とネギは好きなだけ取って入れるシステムは変わらない。
小諸そば 揚げ茄子おろしそば
揚げ茄子おろしそば

この日のおススメは、揚げ茄子おろしそば
店頭のメニューとサンプル
店頭メニュー
小諸そば・芝大門店  港区芝大門2-3-2 第二大吉ビル1F
小諸そば・大門店

小諸そば・飯田橋店で、ランチを

後楽園・シビックセンターの会議室を借りて、あるグループ役員会が開かれた。
その時に思い出したのが、昔ワンコイン内で美味しい蕎麦を食べた記憶だった。
その蕎麦屋は、後楽園界隈にはなさそうだったので、飯田橋で途中下車した。
その蕎麦屋は、小諸そば。

小諸そば・飯田橋店

景気は少し良くなったと聞くものの、私同様多くの人の懐は暖かくなさそうだ。
今も、昼時は込んでいた。
昼時の込み具合

◆ 二枚冷したぬき @360円

天かすが体にいいとは思わないが、そばと絡むと無性に旨くなるのは確かだ、
30年ほど前、呉服橋の角にあったビルの地下で、夏場はタヌキそばをよく食べたものだ。

二枚冷したぬき・アップ
二枚冷したぬき
二枚冷したぬき@360
ショーウィンドー
ショーウィンドー
小諸そば・飯田橋店
小諸そば・飯田橋店

三浦屋の、穴子まぶし弁当

飯田橋の東京ボランティアセンターに出かけるときは、昼をまたぐ場合に三浦屋で時々弁当を買う。消費税増税後は、なぜか価格をラベルに印字していない場合が多い。
これも、いくらで買ったか、忘れた。見かけの割に高くなかったと思うが。不親切である。
しかし、ワンコイン(@500円)で昼食を済ませるのが難しくなってきた。
ボランティアの場合、出動回数が多くなってくると、電車賃と弁当代の負担は、ボディブローで効いてくる。その為、お茶は必ず家でポットに詰めてくるようになった。

◆ あなごまぶし弁当

アップ
三浦屋・穴子まぶし弁当 ・開封
三浦屋・穴子まぶし弁当 ・開封
三浦屋・穴子まぶし弁当
三浦屋・穴子まぶし弁当

ささやの、わらび餅

また夏がやってきた。
女房が地元の菓子匠・ささやのわらび餅を買ってきた。
自分の手作りで気に入りの器に入れて、楽しんだ。

ささやわらび餅 in 上野焼 呉器形茶碗写し

ささやのわらび餅in上野焼 呉器形茶碗写し

わらび餅・アップ
わらび餅アップ
ささやのわらび餅
ささやのわらび餅

茄子の収穫と、茄子の肉味噌炒め

野菜畑から、今度はナスを収穫した。
千に一つも無駄花は咲かないというが、空花(アダバナ)はあるという説もある。
『茄子は収穫期間が長く一度ピークが過ぎても7月頃に切り戻せば秋茄子の収穫が楽しめる』そうだ。何ともお得な野菜である。

ナスの収穫

収穫時の様子。
茄子の収穫
茄子に最初の花が咲いたころ。撮影日:6月9日
虫に食われ、しおれて、今にも枯れそうな風情であった。
茄子に花が

◆ 茄子の肉味噌炒め in 金海州浜形茶碗写し

茄子の肉味噌炒め、これもなかなかいける。
野菜の採れたてというのは、やはり違うものか。
茄子の肉味噌炒めin金海州浜形茶碗写し
茄子の肉味噌炒め・アップ
茄子の肉味噌炒め・アップ

【追伸】 撮影日:2014.7.9

茄子の糠漬け on 絵志野四方皿
茄子の糠漬け

ジャガバタを食べた

収穫したてのジャガイモを、長女の一家と山分けした。
粉質の男爵は蒸しいもに、粘質のメークインは煮物に』と、一般的に言われるが、我が家の分け前の一部を蒸してみた。この掘り上げたての芋は、皮が薄いので、皮を剥かずにそのままでも食べられる。メークインは蒸しいもにしても、ねっとりしていて美味しい。
もちろん、バターにつけて食べると、格段に旨い。

ジャガバタ

採りたてのジャガイモを、蒸して食べた。
蒸しジャガ
※ 器は、粉引皿

【追伸】 撮影日:2014.6.25
フライドポテト  

フライドポテト

ジャガイモの収穫

野菜畑の西側の畝に、ジャガイモを植え付けていた。
長女が来て、もう掘り出そうか、と言って作業を始めた。
明日からまた雨が降りそうだから、と。
掘り上げて、2~3時間空気にさらすと、長持ちするそうだ。
種類は、メークイーン。煮崩れしにくい種である。

ジャガイモの収穫

ジャガイモ収穫

※ 新居の建築の進行に合わせて、農家の人に、無農薬有機栽培に適した畑土を20~30cm盛り土してもらった。今土を触っても、なかなかいい感じの土である。

※※ 葉にはニジュウヤホシテントウが付いていたので、葉茎は通常緑肥にするところを袋に入れてゴミの日に出すことにした。トマトや茄子などナス科の植物に虫害が出るそうだ。
(娘曰く、ナナホシテントウムシは肉食だから害虫を食べてくれるので益虫だが、ニジュウヤホシテントウは葉っぱを食い荒らすので害虫である、と)

ジャガイモ畑   撮影日: 2014.5.20

ジャガイモを植え付けた畝
じゃがいも畑
ジャガイモ(メークイーン)の花
ジャガイモの花

虫が食事中の芋もあった。この後放っておいたら、芋の中まで潜ってしまった。
カブラヤガというそうだ(通称、根切り虫)。 そういえば、土の中にこの蛹(さなぎ)もいた。
虫が食事中のジャガイモもあり

キュウリの収穫と、肉味噌うどん

長女に任せてある無農薬有機栽培の野菜畑から、キュウリが収穫でき始めた。
因みに、支柱は、スクリーン式である。
もぎたての実を、早速料理に使ってみた。
これぞもぎたてというパキパキ (女房の擬態語) の食感と、みずみずしい味がする。

◆ キュウリの収穫と、肉味噌うどん

収穫直前のキュウリ
キュウリの実
肉味噌うどんに、キュウリのせんぎりをトッピング
肉味噌うどんに、キュウリのせんぎりをトッピング
アップ
アップ

フランスパン工房へ立ち寄り

安原ブルーベリー園の近くに、小さなパン工房があったので立ち寄ってみた。
フランス人の夫と、日本人の妻の夫婦で営んでいた。
途中から小雨のぱらつき始めたこんな日に、すでにほとんど完売状態であった。
それなのに、我々の後からも三人ほど、パラりぱらりと客が顔を見せていた。

手作り天然酵母 フランスパン工房
   シェ ティエリ Chez Thierry  八千代市吉橋2825−2

   ◆ キッシュロレーヌ  Quiche Lorraine  @450円

キッシュロレーヌon粉引皿
キッシュロレーヌon粉引皿

『16世紀のフランス、アンリ3世の時代に フランス北東部アルザス・ロレーヌ地方のロレーヌで生まれた 伝統的な郷土料理のチーズ入りタルトです。 1904年にフランスの司厨士協会の機関誌に紹介されてフランス全土に広がりました。

ロレーヌ地方では、5月1日の北国の遅い春の訪れを祝う日の食卓に必ず並んで、 家族や、みんなで、楽しく食べていたそうです。

キッシュの語源はドイツ語のクーヘンから来ています。(バウムクーヘンでおなじみの)
ケーキを意味するドイツ語のクーヘン(kuchen)・・・・
それがロレーヌ語のキューシュ(küechen)となり・・・・・
そしてフランス語でキッシュ(quiche)となりました。』
(「キッシュ・ロレーヌ(仏Quiche Lorrine):フレンチとイタリアン」より)

シェ ティエリ
パン屋・シォ ティエリ

『日本で「フランスパン」と言えば、あの細長いパンをイメージする方がほとんどだと思いますが、本場フランスで親しまれているのは、見た目がまるまるっとして大きな固まりのようなboule(ブール)の形なんだそうです。
そして日本で手軽に買えるものと大きく違うのが、パン・オ・ルヴァン(自家製培養酵母で作って天然熟成されたパン)であるということ。』
(「自家製天然酵母のベーカリー『France Pain (フランスパン)』・・・」より)

折角立ち寄ったのにと、奥から売り物でないパンを持ってきて、切り分け、食べるようにと言う。
二日前に焼いた古いものだと表現する。

しかし、
オススメな食べ頃は、1~2日置いてから。ワインは最初酸味が強いですが、熟成するに連れて味わいに深みが出てきますよね。同じように、天然酵母フランスパンも日が経つごとに酸味が抜けていくんですよ。普通のパンは水分が抜けて数日後にナイフを入れることも難しいくらいですが、これは10日経っても多少は固くなるものの弾力が失われません。酵母は息をしている“生もの”なので、プラスチックなどに密封するのはNG!出来れば布巾などに包んで、面倒ならそのまま紙袋などに入れて常温保存してください。』(同上)

売り物でない二日置いたフランスパンなどを切るフランス人の主人
シォ ティエリ の古いパン

買ってきたキッシュを、家で切り分けて、食べた。こちらは暖かいほうが美味しい。
どこかで食べたような、素朴な味がした。
ご主人は、フランスの田舎ウワザンの出身だという。
キッシュ・カット

安原ブルーベリー園へ

去年は、訪問前にその果物の販売時期は終わっていた。
今年は注意して、情報を収集した。
今週長女が出かけて確認したので、お使い物の買い物をするために、6月18日(水) 電話連絡後農場を訪問した。土日ならば農場は常時開いている。

安原ブルーベリー園   八千代市吉橋(よしはし)2790

写真を撮りに畑に入ったら、摘んで食べてもいいですよ、と奥さんの声が。
この日ご主人は、もう一つの顔・千葉県立農業大学校へ講義に出掛けており留守であった。
安原・ブルーベリー摘み取り

(1) 安原ブルーベリー園

ブルーベリーの畑
安原・ブルーベリー農場

ブルーベリー
ブルーベリーの木
グーズベリー
グーズベリー
カシス
カシス
レッドカーラント
レッドカーラント
ホワイトカーラント
ホワイトカーラント

(2) 購入したブルーベリー

お使い物に@2,000円×2箱、自家用に@1,000円×2パック
リベールスターミスティシエラの四種類のブルーベリーが混ざっている。
購入したブルーベリー

自家用に購入した ブルーベリー4種 @1,000円
安原・ブルーベリー4種 @1,000円

ブルーベリーの果肉は緑だった
グーズベリーとブルーベリーの縦断面
ベリーの断面

ニオイハンゲの花が咲いた

山野草畑に置いたニオイハンゲの小鉢に変化が見られた。
葉の色は購入時ほど濃くない。従って、葉脈がきれいに浮き上がっていない。
葉裏は、買った時と同じように紫色であり、変わらない。
しかし、葉数が増え、葉の根元にはムカゴができ、さらに、花が咲いていた。
いつみてもおかしな花 (仏炎苞) だ。でも可愛い花である。

ニオイハンゲの花

ニオイハンゲの花


『庭の片隅にニオイハンゲの花が咲いていました。
花型は浦島草などと似ていますが、大きさが、とても小さいです。
ちょっと見た目は綺麗ともいえないし、むしろ気持ち悪いと言ったほうが当てはまるかも!!
蛇が口を開けてベロを出している様にも見えます、見目と違い 花からは良い香りがします、名前はこの植物の根のことを、漢方では半夏(ハンゲ)というそうで、そこからきているそうです。
葉は寒葵という植物がありますが、似ておりますが、違うところは 寒葵の方が価値が高いところかな?それとハンゲは冬 地上部は枯れて無くなります。』
(「ニオイハンゲの花-旅と自然 植物-Yahoo!ブログ」より)

ヤブレガサの花

ヤマモミジの根っこに、春蘭に雑じって、ヤブレガサがある。
そこに、地味な花が咲いていた。
近づいてようく観察すると、何やら怪しげな花であった。

ヤブレガサの花

ヤブレガサの花・アップ
管状花
ヤブレガサの花・アップ
【参考】
ヤブレガサ・頭花 (6月11日撮影)
ヤブレガサの花・頭花
ヤマモミジの根元のヤブレガサ
ヤブレガサ

圓王一門会

一般社団法人落語協会・真打の三遊亭圓王師匠率いる、社会人落語家の演芸を聴きに行った。何と、社会人落語家が出演するにはえらくビッグな演芸場である。
大劇場の雰囲気にのまれたのか、日頃の名人たちも、すべりまくっていた。
そこが何とも好ましい会であった。3時間の長丁場も、あっという間にお開きとなった。

三遊会 創立15周年記念公演
  圓王一門会
     6月14日(土)開演18時 終焉21時
     国立演芸場
 
圓王一門会 ・半券とカタログ
圓王一門会 ・半券とカタログ
国立演芸場の舞台
国立演芸場
圓王一門・圓塾さんの落語 (中トリ)/演題は、風呂敷
圓王一門・圓塾さんの落語

☆ 三遊亭圓王師匠のこの日のお楽しみは、阿武松
  さすがにプロである。各登場人物の雰囲気が声ひとつで演じ分けられている、と女房感じるところ大であった。

虎ノ門ヒルズに行った

虎ノ門で、今話題のビルに入ってみた。
詳しくは、『虎ノ門ヒルズ開業、最上階ホテルまですべてご案内』 で。

虎ノ門ヒルズ

『虎ノ門から新橋を結ぶ「幻のマッカーサー道路」と呼ばれる「環状2号線」の再開発計画。森ビルは東京都より「特定建築者」に認定された。
「立体道路制度」の活用により建築物の中を環状2号線が貫通する計画で、特定建築者は、東京都建設局の委託により、地下トンネルの整備も行う。メインとなる超高層棟は、都内で2番目の高さを誇り、上層部から、ホテル、住宅、事務所、カンファレンス、商業施設を整備する計画となる。』
(「虎ノ門ヒルズ|森ビルのプロジェクト|森ビルの都市づくり」より)

※ 都内で一番高い建築物はミッドタウン・タワー(高さ248m)

虎ノ門ヒルズ 2014年6月11日グランドオープン (6月4日竣工式)
虎ノ門ヒルズ
南西側アトリウムの賑わい
入り口の賑わい
人気の「トラのもん」 (マスコットキャラクター)
人気の虎エモン
天井にも「トラのもん」
天井にも虎エモン
アートの中から、ジャンワンの作品
ジャンワン
内海聖史の作品
内海聖史

※ 展望台的な処へは行き損ねた。

船橋の老舗、広瀬直船堂

今回の船橋プチ・街歩きの最後に立ち寄った古いお菓子屋。
創業は、安政年間、建物は明治初期と言われている。
本町通りで、この時期の建物は斜め向かいの森田呉服店とこの和菓子屋の2軒のみ。

広瀬直船堂  船橋市本町3丁目6-1

この店は江戸時代に成田街道名所せんべいを販売していたそうだ。
明治天皇の行幸に同行した山岡鉄舟が書いたとされる書が店の中に飾ってあった。

広瀬直船堂
広瀬直船堂店頭
広瀬直船堂店頭
山岡鉄舟の書 (名所せんべい)
山岡鉄舟の書(名物せんべい)
 本当は、せんべい(関東焼・銀座餅)を買うべきであった。
ちなみに、名所せんべいは、今、作っていないそうだ
なお、買った和菓子の中には、この店で製造していないお菓子が混じっていた(例えば、栗きんつばは、大阪阿倍野区三明町の柏屋が製造元と書かれていた)。
広瀬直船堂で買ったお菓子
広瀬直船堂のお菓子

本町通りに現存する、明治初期の建物 2軒

建物の奥には、古い蔵があるそうだ。
一年前に撮った広瀬直船堂
広瀬直船堂
森田呉服店 (斜め向かい)
森田呉服店

船橋のプチ街歩き

大雨が一休みの間を利用して、船橋の街をプチ散歩した。
地元に詳しい人の案内で、15人ほどで歩いた。
これまでの本格的なツアーでは触れなかった部分を、追加的に掲載してみる。

船橋プチ街歩きの光景

プチ街歩きの光景

西福寺 (真言宗豊山派)

鎌倉時代後期の作と推定される、石造の五輪塔と宝篋印塔
五輪塔&宝篋印塔(西福寺)

了源寺  (浄土真宗本願寺派)

山門から本殿の方を望む。
幕府の大砲試射場の台の跡には、鐘楼堂が建っている。
またその足元には、脱走様の墓があった。
了源寺

船橋大神宮

神輿殿の中の神輿
船橋大神宮・神輿
常盤神社造営工事中の看板
平成27年秋には完成予定と書いてある。
常盤神社造営工事中の看板

JR津田沼エキナカのおこわ米八で、イベリコ豚重を

女房が手術で入院中は、夕食を作るのが億劫で、弁当を買ってきたりして凌いだ。
その中の一つが、JR津田沼駅のエキナカで買ってきた弁当である。

おこわ米八  Dila津田沼店(JR津田沼駅・エキナカ)

  ◆ イベリコ豚重   @838円(本体価格)

『脂ののったイベリコ豚をおこわに敷きつめました。タレがおこわに絡み、クセになる美味しさです。さっぱりしたザワークラウト、ピクルスと一緒にどうぞ。』
(「定番のお弁当|米八 よねはち 店舗で手作り・・・」より) 

※ ルックスは良かったのだが、食べてみると、期待したものと何か違う…。なんだろう。 

おこわ米八の、イベリコ豚重
開封
開封

収穫に至らなかった野菜の例

無農薬有機栽培は難しそうである。
無農薬だけに虫に食べさせるだけで、私たちの口に入らなかったものもある。
晴れた日にやってくる蝶々は、結局花の蜜が目的ではなく、卵を植え付ける葉っぱが狙いであることが証明された。
また、娘が忙しすぎて、収穫時を忘れたのか、薹(とう)が立ってしまう場合もあるようだ。

(1) 薹(とう)が立ったニンジン/花が咲いた

人参の花が咲いた

(2) 虫に食べられた白菜

ギブアップ (食害がひどく、結球しなかった)
虫に食われた白菜

(3) 前途多難な紫キャベツ

多分、白菜と同じ運命か (普通のキャベツより虫害が少ないと聞くが…)
虫に食われた紫キャベツ

山野草畑にも、ヨシズを

新居の畑は予想以上に日当たりが強い。
山野草畑のイワタバコが日焼けをした。
梅雨明けに予定していた作業を、梅雨の合間の晴れた日に行った。

日よけのヨシズを延長

ヨシズを南側に延長した。
なお、写真では分からないが、ついでに、春蘭などの棚の上はヨシズの下にビニールの波板を挟んだ。雨が直接春蘭などの鉢に入り、水分過剰となって根腐れとなることを防ぐためである。
山野草畑にも簾を

山野草畑は、ブナとヒメシャラ混植・寄せ植えなどを、鉢ごと植え付けてあるので、手狭である。
塀に、ハンギングバスケットを吊るし、ミズゴケで、イワタバコを植えている。
このイワタバコが、日焼けを起こしたのである。
イワタバコの葉が日焼けした

手作りシフォンケーキ

女房が職場の友達から、快気祝いにと、手作りケーキをもらった。
外径19cm×高さ9cmほどの大きいケーキだ。
主婦の作った素朴なケーキである。

◆ 手作り シフォンケーキ

シフォンケーキのプレゼント

『【シフォンケーキの語源・由来】
英語「chiffon cake」からの外来語。
「シフォン」はブラウスやベールに用いられる「薄い絹織物」のことで、絹織物のようにきめ細かく柔らかいことから「シフォンケーキ」と名付けられた。「chiffon」はフランス語で「ぼろきれ」や「ぞうきん」を意味することから、語源を「ぼろきれのケーキ」とするものもある。しかし、英語の「ciffon」はフランス語に由来するが、下記に記す通り、このケーキはアメリカで作られたものなのでフランス語まで辿る必要はない。
シフォンケーキは、1927年にアメリカのハリー・ベーカー氏によって考案された。ベーカー氏はレシピを訊ねられても20年間公開せず謎に包まれたままであったが、1948年にゼネラルミルズ社に売却されて、植物油メレンゲでその食感が作られていることが明らかとなった。・・・』
(「シフォンケーキ-語源由来辞典」より)

いくつかに細断を始めた。
いくつかにカット
一切れのシフォンケーキ on 粉引皿
カット

南房総の枇杷の実

枇杷を頂戴した。これも、女房の退院祝いとか。
次から次へと頂戴するのは、ひょっとして女房はファンが多いのだろうか。

  南房総の枇杷 on 絵志野四方皿

ビワon絵志野皿

『房州びわは、栽培開始260年、江戸時代からの歴史。
栽培開始以来独自の品種改良をし、皇室献上びわの伝統と共に磨き上げてきました。

メロンのように収穫後に追熟することが無いびわは、鮮度が命。市場を通過するものなどは、流通・在庫の期間を見越し、扱いやすいように若干未熟な状態で収穫されることがありますが、それでは未熟なまま、味が落ちていくだけです。・・・
また、びわは果皮も薄く果肉もとてもやわらかい、とてもデリケートな果物。少しでも固いものに押されると、一定期間後、色が黒ずんできてしまいます。』
(参考:「房州びわ|南房総いいもの屋」より)

ハイウェイオアシス富楽里(ふらり)
道の駅 富楽里 とみやま    千葉県南房総市二部1900

道の駅 富楽里 とみやま土産
富楽里とみやま・ビワ
ビワ・断面 on 総織部小皿
ビワ・断面

糠入りホットケーキ

 最近我が家の朝食などには、奈良公園などで見かける 鹿せんべい をヒントに考案したホットケーキが出てくる。ビタミン・ミネラル・植物繊維が豊富をたっぷり使ったこのホットケーキは、とても経済的で、かつ、ヘルシーである。経済的というのは、隣に住む長女一家では玄米から自宅で精米してご飯を炊くが、このとき毎食糠が発生するので、ただで貰ってくるからである。
※ 船橋ユーモアスピーチの会でも、この話は受ける。家が建ったのは、サランラップの2、3度使い、雪からかき氷もどきを作り、この無料糠のホットケーキ、などのお蔭だということにしているからだ。大阪女の始末とケチとの違いをどれだけ理解してくれているかは、分からないが…。

◆ 糠入り ホットケーキ

(1) 薄焼き玉子やレタス・トマトなどをトッピングしたホットケーキ
玉子&野菜トッピング・ホットケーキ
(2) マーガリンと蜂蜜を塗ったホットケーキ
マーガリンと蜂蜜を塗ったホットケーキ

米ぬかの効用はこんなにある
米ぬかに含まれる栄養成分は、体にさまざまな好影響を及ぼします。

米ぬかの成分
フィチン酸
抗がん作用・抗腫瘍作用、尿路結石や腎結石の予防、歯垢形成抑制の効果などがあるとされる。
イノシトール
脂肪肝や高脂血症、セロトニン異常に起因するうつ病、パニック障害、強迫神経症に有効とされる研究結果もある。
フェルラ酸
米糠に特有である。紫外線吸収、酸化防止機能があり、食品や化粧品に用いられる。
γ-オリザノール
米糠に特有である。コレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用があるとして医薬品として用いられる。また、紫外線防止のために化粧品に用いられる。
食物繊維 ビタミンB1,ビタミンB6, ビタミンE , ミネラル,鉄,マグネシウム,マンガン』
(「米ぬかの効用と利用法!食べる米糠健康法・・・」より)

○ 糠入りホットケーキの簡単レシピ

玄米を精米した時に発生した糠を、臭みが出る前に、できるだけ時間を置かずに炒る
糠炒る
ホットケーキ用パウダーと混ぜる(パウダー:炒り糠=2:1位の割合)
パウダー混合
玉子投入
玉子投入
牛乳適量投入
牛乳投入
フライパンで焼く
焼き上がり
焼きあがった糠入りホットケーキ
焼きあがった糠入りホットケーキ
半分にカット
糠入りホットケーキ・カット

キル フェ ボンのパウンドケーキ

女房の長唄の元師匠から、ケーキが到着した。
人気のケーキである。美味しい。

◆ オレンジのパウンドケーキ

ラッシュ株式会社 キル フェ ボン  静岡市葵区七間町17-7

ケーキをカット

『キルフェボンとはフランス語で「なんていい陽気なんだろう」という意味である。テレビ朝日『いきなり!黄金伝説。』の「全国の超人気ケーキベスト100を食べ尽くす」企画で人気ランキング1位に選ばれた。』
(「キルフェボン-Wikipedia」より)

開封
開封

箱

村岡花子 出会いとはじまりの教文館

街歩きのあるグループの研修会及びその打ち上げの後、情報を得たので銀座の本屋に足を延ばした。その本屋はすでに閉店していたが、玄関にポスターが展示してあったので、写してきた。

教文館   中央区銀座4‐5‐1

本の教文館

『世代を超えて多くの人々に読まれている『赤毛のアン』を、日本ではじめて翻訳・紹介したのが 村岡花子 でした。 花子は戦前に教文館の編集者として、女性と子どものための出版の仕事をしていました。戦争へと向かう不穏な時世に、同僚のカナダ人宣教師ショーから友情の記念として贈られた一冊の本が “Anne of Gables” だったのです。 初めての本『爐邉』の出版、そして夫となった村岡儆三との出会いの舞台となったのも教文館でした。』
(「花子とアンへの道 村岡花子 出会いとはじまりの教文館|教文館」より)

『1917年から、東京銀座のキリスト教出版社である教文館に女性向け・子供向け雑誌の編集者として勤務。福音印刷合資会社の経営者で既婚者でもあった村岡儆三と出会い、不倫の末、1919年に結婚し、村岡姓となる。・・・
村岡とモンゴメリとの出会いは、日本を去る宣教師のミス・ショーに手渡された『赤毛のアン』の原書、1908年の冬版であった。この出会いは1939年のことで、村岡は灯火管制のもと翻訳を続けて終戦の頃に訳し終え、1952年に三笠書房から出版された『赤毛のアン』は日本の読者にも広く受け入れられた。』
(「村岡花子-Wikipedia」より)

以下は、銀座・教文館のポスターより

◆ 村岡花子 出会いはじまりの教文館

花子出会いと始まりの教文館
花子が教文館で手掛けた児童書他
花子が教文館で手掛けた児童書他
花子が編集者として勤める教文館
花子とショー女史

※ 『カナダからやってきた赤毛の女の子に息を吹き込んだ村岡花子。原作の国カナダに負けず劣らず「赤毛のアン」のファンが多い日本で、日加修好85周年を記念して、2014年3月から

◆ 『モンゴメリと花子赤毛のアン展』を日本全国で開催します。

本展覧会では、ルーシー・モード・モンゴメリと村岡花子という、小説「赤毛のアン」で結ばれた二人の女性の人生を日本初公開の貴重な資料で紹介します。
展覧会スケジュール 三越日本橋本店 2014年5月21日~6月2日 』
(「日加修好85周年記念『モンゴメリと花子の赤毛のアン展』|・・・」より)

ウチョウランが咲いた

栽培法の変更で、ほとんどの鉢を枯らしてしまったウチョウラン。
唯一残った鉢に、花が咲いていた。

ウチョウランが咲いた

ウチョウランが咲いた

2007年に水をたっぷりやる新栽培法に転換した。一時的には球根が大幅に増え良い栽培法であると思ったものの、長くこの方法をとると消滅する場合があることがわかり、従来法に栽培法を戻した。それが2011年春であった。時遅くウチョウランの鉢は、一つになってしまっていた。その一鉢が、今年も花を咲かせたというわけである。

ところでその頃(2006年頃)は、小さい鉢作りに熱心であった。
このウチョウランが植わっている鉢も、黒織部風のミニ鉢である。
また、2012年頃も、これよりは少し大きめ(4~5号鉢)位の黒織部風の植木鉢づくりに励んでいた記憶がある。今となっては、懐かしい限りである。

浜松町 和酒Bar Qrif で、写楽を一杯

和酒とは日本酒だけではないらしい。日本でできた酒(日本酒のほかに、焼酎・ウィスキー・ワイン・麦酒を含む)だそうだ。案内人が最近見つけた、その新しい店を下見したいということで、付き合った。
なお、日本酒の銘柄は、秋田屋で一緒に飲んだ日本酒通の男性のお薦め銘柄である。

日本酒  写楽      @1,000円/120ml
   純米吟醸 夏吟うすにごり
  宮泉銘醸(株) 会津若松市東栄町8-7

写楽

『原料米:山田錦50%精米(麹米)、夢の香55%精米(掛米)、 度数:16度、 火入れ:1回
貯蔵方法:搾ってそのまま1回の火入れで瓶詰め、瓶貯蔵。急冷火入れをし、旨み高い品質を逃すことなく瓶に詰め込みました。冷蔵庫内一定冷温、瓶貯蔵商品です。 本体価格:3400円(1.8L),1,700円(720ml)

夏用に仕込んだ1本で、1回火入れのうすにごり純米吟醸酒です。
落ち着きのある立ち香、口の中に入れるとさわやかな果実のような含み香、米の旨みと酸味のバランスがあり、スキッと切れのある食中酒です。』
(「写楽夏吟うすにごり純米吟醸(720ml)-植木屋商店・・・」より)

※ この店の女性は、若くて、日本酒通で、可愛い女(ひと)だった。

珍味(イカの塩辛、鰹の酒盗、もう一品は失念した。)
珍味(イカの塩辛、鰹の酒盗、?)
店内
店内
飲み物とつまみのメニュー
飲み物とつまみのメニュー
日本酒のメニュー
日本酒のメニュー
和酒Bar Qrif の看板 6F
和酒Bar Qrif

浜松町 秋田屋で、打ち上げ

東京港を新東京丸で視察した後、酒を飲まれないリーダーを囲んでお茶をした。
その後有志で、打ち上げのため、浜松町中心部に繰り出した。

秋田屋   港区浜松町2-1-2

まずは、乾杯/店外で立ち飲み
乾杯
※ 店内は満員
店内満員
※※ 店の角は、焼き場
焼き場

◆ 生まれて初めての くさや

臭い。古くからの店だから既得権か?、この臭い煙を出しても、近所から黙認されているとのこと。
噂どおり、臭いが旨い。それでも帰りの電車の中が怖いので、食べる量を控えた。
くさや
案内人一押しのつまみ:特製たたき(肉だんご)
特製たたき(肉だんご)
もつ焼1
もつ焼
もつ焼2
もつ焼Ⅱ.
どこにもいる、世話好きな人
世話づきな人
おっ、こっちでは、撮ってる。ブロガーか?
おっ、撮ってる
メニュー
メニュー
※※※ タイから来た観光客 (この日タイでは、クーデターが起こっていたが・・・)
タイから来た観光客
店内で飲みたい人の行列ができ、店外では焼き場の前にも立ち飲みの人が…。
もう少し遅い時間帯の、秋田屋の賑わい
秋田屋の賑わい

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR