浜町・人形町散歩(その2)

浜町・人形町散歩 (その2)


この日、明治座では、韓流ミュージカルの公演があり、中年女性ではなく、写メを撮る若い女性を多く見かけた。また、中州には真砂座跡がある。

明治座・真砂座跡
明治座・真砂座跡
区立総合スポーツセンターなどのある浜町公園。

浜町公園と清正公寺
浜町公園と清正公寺
隅田川の中州であった一帯は、浜町と地続きになるように埋め立てられてから、一時一大歓楽街となった。

中州
中州
「浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の 恥かしや
人目しのんで 小舟を出せば すねた夜風が 邪魔をする」
と歌われた、浜町河岸。
貞奴やお梅などの芸者が有名である。

明治一代女・浜町河岸
明治一代女・浜町河岸
浅草奥の猿若町に移転させられるまで、日本橋・葺屋町と堺町では歌舞伎の興業が盛んであった。

歌舞伎・葺屋町&堺町
歌舞伎・葺屋町&堺町
新吉原に遊郭が移るまで、日本橋人形町付近に吉原があった。これを元吉原という。大門通りや久松署が目安となる。

元吉原
元吉原
現水天宮
現水天宮
甘酒屋「尾張屋」
があったので、甘酒横丁といわれるようになった。
現在は、豆腐屋「双葉」などで甘酒が売られている。

甘酒横丁
甘酒横丁
大観音寺(鉄造菩薩頭)横の路地は、芸者新道・小菊通りと呼ばれ、よし梅・きく屋・いわ瀬などの老舗料理屋が並んでいる。

芳町・小菊通り
芳町・小菊通り
魚久本店の辺りは、一時、参議・西郷隆盛の屋敷があったところで、また付近には、蛎殻銀座もあった。

蛎殻銀座&西郷隆盛由来の地
蛎殻銀座&隆盛由来の地
人形町には、芸者置屋の「濱田屋」の名を譲り受けた料亭「濱田屋」がある。
また、「予話情浮名横櫛」の舞台となった玄冶店跡、寄席末広跡などもある。
カラクリ人形師が多くいたことに由来する人形町には、「からくり櫓」も誕生し人気がある。

人形町・浜田屋
人形町・浜田屋他

浜町・人形町散歩(その1)

2,3日前、浜町・人形町散歩・研修ツアーに参加した。
結構訪れる町であるが、今まで通過したことのないコースも含まれていた。
今回実際のコース順ではなく、テーマごとにまとめてみた。

浜町・人形町散歩 (その1)

(1)七福神

ある人にもらったのが、
日本橋七福神 巡拝地図
日本橋七福神

● 水天宮仮社殿

『水天宮建替工事の為、現社殿は平成25年2月までです。仮社殿は平成25年3月から参拝できます。』
(上掲の「日本橋七福神めぐり」/日本橋七福会より)

耐震工事の為に現社殿を立て直す、という噂もある。不思議なことに、宗教法人水天宮のコメントは今のところなく、水天宮職員による情報ブログ「みすゞ4号」に、

『1月1日より皆様に社報「みすゞ4号」をお渡ししております。今号では、水天宮江戸遷座二百年記念事業に伴い、社殿移転についてのご案内をさせていただいております。
人々や町、時代の移り変わりを見つめてきた社殿と共に過ごす時間もわずかとなりました。3月1日からは、日本橋浜町 明治座側の仮宮にて、ご祈願受付や御守授与を行います。これからも、社報「みすゞ」は、皆様と水天宮をつなぐ架け橋のひとつとして、仮宮に移りましても、より良いものを作り上げていこうと思っております。何卒 宜しくお願い申し上げます。 』と、ある。

水天宮仮社殿

末廣神社 (毘沙門天)

末広神社

松島神社 (大黒天)

松島神社

水天宮&宝生弁財天 (弁財天)

水天宮&弁財天

小網神社 (福禄寿)

小網神社

(2) その他の神社仏閣 関連

清正公寺

清正公寺
金毘羅宮

金毘羅宮
鉄造菩薩頭

鉄造菩薩頭
橘稲荷神社

橘稲荷神社

人形町・柳家の、鯛焼き

人形町の有名な鯛焼き屋を覘くと、行列があった。
浜町・人形町散歩を終え、さらに打ち上げが終わってから、夕方再度訪問した。
今度は、長く待たなくても買えそうだったので、プチ土産として購入した。

人形町 柳家 中央区日本橋人形町2-11-3

『こちらは創業大正5年、人形町甘酒横町の有名なお店です。
柳家さんは、あまり甘くなく上品な味で、ついつい食べ過ぎてしまう人も多いそうです。…焼き立ての鯛焼きは、皮が薄くパリッと焼き上がり、あんこは甘さ控えめ。頭からがぶりと一口でいきたいものです。冷めてもおいしいくあとで胃が焼けないのもポイントです。』
(「鯛焼き御三家」より)

昼間の行列
昼間の行列
夜の店頭
夜の店頭

◆ 柳家 鯛焼き

柳家の袋
柳家の袋
包装
包装
開封
開封
鯛焼きon粉引皿
鯛焼きon粉引皿
二枚に下ろす
二枚に下ろす

人形町・讃岐うどんの‘谷や’で、ランチ

浜町・人形町散歩に先立ち、今回の腹ごしらえは、うどん。
2010年7月31日にオープンした新しい店だとか。
自称うどん馬鹿が作る、本場讃岐うどんとはどんなものか、入ってみた。

本格手打讃岐うどん 谷や 日本橋人形町
          中央区日本橋人形町2-15-17 1F

『日本橋人形町界隈は新しさと落ち着いた風情が同居する素敵な街並み。水天宮前に新しいうどん屋がオープンした。『本格手打 讃岐うどん 谷や』。
店に入るとすぐに右手に打ち場、釜と続く。
カウンター越しにうどん打ちや茹での仕事が良く見える。店長は香川の人気店『もり家』で研鑽を積んだうどん職人。谷和幸店長からもらった名刺には『うどん馬鹿』の肩書きもある。聞けばまだ25歳という若さ。香川で修行、静岡で支店の店長も勤めたとのこと。筋金入りの讃岐うどん職人だ。』
(「本格手打讃岐うどん 谷や 日本橋人形町[うどん]All About」より)

店に入るとすぐの打ち場で、みずからうどんを打つ、
自称うどん馬鹿  「谷 和幸」店長
店主・谷和幸

谷や・店頭
谷や・店頭

『伝統の手法にこだわり、毎朝足で踏むうどんは独特のコシが喉にも心地良い。』
(「谷やについて|谷や」より)

製麺室
と、厨房(天ぷら揚げ、湯がき)
製麺室&厨房
こだわりの製法とは、
『「配合/練り」
谷やでは基本的にオーストラリア産と香川県産の地粉、(香)雀と(香)白椿をベースに使用しています。』
(「こだわり|谷や」より)
メニュー

腰は強ければよい、というわけではない。
私には、ちょうど良い腰の強さであった。
恐らく、大釜の中で、たっぷりの湯で泳がせているからであろう。

なお、並盛り(200g)と中盛り(400g)は同じ値段。私は300gの盛りにしてもらった。
ずいぶん柔軟に対応してくれる。ちょうど良いボリュームであった。

◆ 釜揚げうどん@600円
                    +きつね@150円

釜揚げうどん+きつね
釜揚げうどん、きつね(トッピング)
釜揚げうどん
☆ スタッフは、こちら
長谷沼 史之さんには、親切に色々教えてもらった。

※ 神保町・丸香の釜揚げうどんは、こちら
また、丸香のきつねうどんは、こちら
ついでに、飯田橋・雅楽の甘いきつねうどんは、こちら
そして、またまた、鎌倉橋・野らぽーの田舎きつねうどんは、こちら
もうひとつついでに、言問食堂さかえのきつねうどん(浅草うどん)は、こちら
後はしつこくなるので、今回はこれまで。

こんにゃく閻魔-源覚寺参拝

1月某日、春日のお寺に参拝した。
60歳の定年を迎えたとき、「亭主達者で留守が良い」と、女房から尻をたたかれた。某半官半民の会社に就職試験に行くとき、時間調整で立ち寄ったのがこの寺だ。試験に合格し、それから政権交代でその機関が無くなるまでの6年間務めることができた。その会社が無くなってから、もう2年ほどたつ。時々立ち寄ってお礼を言う。

こんにゃく閻魔-源覚寺

『夏目漱石の「心」、樋口一葉の「にごりえ」にも「こんにゃく閻魔」は登場します。

【「十一月の寒い雨の降る日の事でした。私は外套を濡らして例の通り蒟蒻閻魔を抜けて細い坂道を上って宅に帰りました。~】<夏目漱石「こころ」より>

さらには、時代小説落語の噺の中にも取り上げられています。』
(「源覚寺のご紹介|源覚寺」より)

閻魔堂

閻魔堂
塩地蔵尊

 塩地蔵尊
小石川七福神
/毘沙門天堂
毘沙門天堂
源覺寺
入口
源覺寺入口

春日・遠州屋で、打ち上げ

傳通院辺りを散歩した後、有志で打ち上げをした。
この日は、4時を過ぎると急に寒くなった。
居酒屋はまだ、準備中の看板が掛かっていたが、店に入れてもらい、すぐ日本酒(大関)の熱燗を注文した。(ビールを飲む人は一人だけ) /実は、二人組の先客がいた。

春日 やきとり酒場 遠州屋 文京区小石川1-9-6

『で、それぞれのエリアにある「えんまや」、「ニューいけ増」、「遠州屋」を勝手に「こんにゃくえんまクラシック居酒屋トライアングル」と呼ぶことにいたしました。
いずれのお店も昭和レトロなムードと充実した居酒屋メニューが楽しめる、オヤジ好みの居酒屋です。一種の文化遺産のようなものですから、改装なんかしないでいつまでもこのままで存在していてほしいな。』
(「後楽園の居酒屋 ~こんにゃくえんまクラシック居酒屋トライアングル :遠州屋[食べログ]」より)

やきとり酒場 遠州屋
春日・遠州屋店頭
つまみ
つまみ
つまみ
つまみ2
店内・厨房
店内・厨房

傳通院散歩

江戸名所図会などを参考に歩く、護国寺から春日までのツアーに参加した。
主たる見学地は、傳通院辺りである。

傳通院散歩

波切不動堂
波切不動堂
本傳寺
本傳寺
氷川明神社
氷川明神社
茶阿局(家康の側室)墓碑(宝篋印塔)や極楽水と、宗慶寺
宗慶寺
善仁寺(簸川神社境内の碑に、善仁寺門前町云々とあったので立ち寄り)
善仁寺
光圓寺
光圓寺
真珠院/家康の生母:於大の方の生家・水野家の墓所
真珠院

傳通院

傳通院・図会

傳通院・山門
傳通院・山門
傳通院・本殿
傳通院・本殿
傳通院・鐘楼
傳通院・鐘楼

於大の方
(家康の生母)の墓、千姫の墓、孝子(家光の正室)の墓など

『於大の方は、三河国刈屋の城主・水野忠政の娘で、14歳の時、岡崎の松平広忠に嫁いだ。翌年家康が生まれたが、仲むつまじかった結婚生活はわずか3年、幼い家康を残して離婚させられた。時は戦国の世、政略によるものであった。於大の方は、かげながら家康の成長を見守り励まし続けたという。慶長7年(1602)於大の方は京都で亡くなった。家康は遺骸を江戸まで運ばせ菩提寺として伝通院を建立し手厚く弔った。』文京区教育委員会 平成元年3月

傳通院
の墓
傳通院の墓
処静院跡
(浪士隊結成の地)の石柱
処静院跡の石柱
福聚院・大黒天
福聚院・大黒天
慈眼院と稲荷
慈眼院と稲荷
善光寺と善光寺坂
善光寺

護国寺・SPERAZAで、ランチ

護国寺から傳通院を散歩するに当たり、護国寺近辺で、腹ごしらえをした。
先般、パスタを食べたカフェオトワヤの前に、ピザ屋さんがあったので入った。
ピザ屋の名前は、

SPERANZA 文京区音羽2-4-2 ノーブル音羽ビル

SPERANZAのピザ窯の前で、ピザを焼く店主
ピザ焼き窯

限定10食につられて、ピザならぬものを注文してしまった。

◆ ハヤシライス @800円

老舗西洋料理屋のデミグラスソース
とは、また一味違うソースがかかっていた。
ピザ イタリアーナにかかっている酸味の強いトマトソースに近いものだ。

ハヤシライス
ハヤシライス
店頭で、スペランツェ特製ハヤシライスの宣伝
店頭の看板
ハヤシライス、サラダ、ミニドルチェ、紅茶
サラダ等
ピザとパスタのメニュー
メニュー
11時半頃は、このような状態。12時を過ぎると、次々と2~3人連れの客が入って満杯となった。

室内
室内
開店二周年記念
二周年記念
SPERANZA店頭
SPERANZA店頭

水道橋・さなやで、二次会

たかの家でプチ新年会をやった後、二次会に行った。

いつも元気 さなや 文京区本郷1-14-4 南陽堂ビルB1


いつも元気 さなや・店頭
二次会・店頭
さなや・店内/入り口近くの、カウンター席
二次会・店内
講師を囲んで、乾杯
講師を囲んで
世話人と乾杯
いつもお気に入りの瓶ビールを飲む人だが、この瞬間は、ホッピーを手にしているようだ。
乾杯
二次会・メニュー
二次会・メニュー

一次会で、酔いも進んでいると見えて、写真はあまり撮れていない。すでに腹もくちくなり、注文しなかったのか、シャッターを切るのを止めたのか、定かではない。

つまみ
二次会・つまみ

水道橋・たかの家で、プチ新年会

街歩き・NPOのあるグループ総会後、有志で飲んだ。
一グループといっても、総会参加者は60名を超えたそうで、そんな数を収容できる飲み屋はない。実質的には、グループ新年会なのだ。

たかの家 水道橋店
             文京区本郷1-15-2 三澤ビル B1F

『東京ドーム近く!!旬素材満載の宴会コース2h飲放付3500円~!!★日本酒品揃えに自信ありの店』
(「【東京ドーム近くの店】日本酒品揃え豊富 たかの家 水道橋店 たかのや…[食べログ]」より)

たかの家 水道橋店・店頭
有志飲み会1
室内
室内

まずは、ビールで乾杯
一次会・乾杯

この店の特徴は、全国の銘酒を取り揃えていること。
☆ 日本酒好きのシニアの女性がいて、次々と注文していた。
例えば、超辛口吟醸 ばくれん(山形県鶴岡市、亀の井酒造
ちなみに、『ばくれんとは『親の言うことを聞かず好き勝手している女性』という意味。』だそうだ。この女性も、そうして生きてきたのかなあ。
屋守(おくのかみ)
(東村山市、豊島屋酒造)この二つは、初めてかも。
その他、鳳凰美田(小山市、小林酒造)…などお馴染の酒も。
日本酒
つまみ1
一次会・つまみ
つまみ2
一次会・つまみ2

小石川・川国志で、マーボー豆腐定食を

あるNPOのグループ総会が春日であるので、春日駅で降りて、白山通りを北上した。西片の交差点で、菊坂方面や一葉の終焉の地の碑などを遠目に気にかけていると、見過ごして白山駅まで行ってしまった。

四川料理 川国志 文京区小石川1-11-13 新香園ビル 4F

デザート付き定食
◆ 四川 マーボー豆腐定食 (中辛)

※ 注文の時、中辛でも、辛いですから大丈夫ですか、と女性の店員さんから言われた。水道橋のそこそこの激辛マーボー豆腐などを食べてきたので、大丈夫ですよと答えた。しかし、四川の山椒(花椒(ホワジャン))は辛かった。混ぜずにそのまま口に入れて、思わずむせてしまった。そこでよくかき混ぜてから、食べなおした。中途まで食べたとき、鼻水が出てきたので、鼻をかんだ。その後は、ご飯やスープやサラダなどでごまかしながら、なんでもないふりをして、完食した。総会の後、久し振りにおなかの調子がおかしいのを感じた。少し甘く見ていたようだ。



四川マーボー豆腐定食
四川マーボー豆腐定食
アップ
定食
メニュー
メニュー

※ 私は、11時半頃、一番乗りをした。遠くから来られたのですか、と聞かれた。そうだと答えると、近所の常連さんは、日曜日は12時すぎないと来ないんですよ、とのこと。しばらくすると、私と同じ遠くからの客が、ぱらぱらと入って来始めた。


川国志・1F店頭 および 4F室内
川国志・店頭および室内

鎌倉いも吉館の、スイートポテト

近所の人にもらったお菓子、もう一つ。

鎌倉いも吉館(いもよし やかた) 鎌倉市雪ノ下1-9-21

『バラエティに富んだ鹿児島産サツマイモ菓子の専門店である。「紫いもソフトクリーム」は女性に人気。みやげには秋から春にかけて発売される「三色蒸し羊羹」がおすすめ。』
(「いも吉館本店 (神奈川県鎌倉市)の情報-MAPLL観光ガイド」より)

古都鎌倉
スイートポテト 焼きいも風味


鎌倉いも吉・箱
鎌倉いも吉・箱
開封
開封
スイートポテト焼きいも風味
・個袋入りon独楽文皿
スイートポテト焼きいも風味・個袋入りon独楽文皿
スイートポテトon独楽文皿
スイートポテトon独楽文皿
断面
断面

黒落花生をもらった

収納しきれなくなった徳利や壺を近所の人に貰ってもらったら、お菓子が返ってきた。関西と関東の慣習・感覚は、全く異なるので戸惑う。
(蛇足であるが、関西では、ものをもらってすぐにお返しするのは、冷たいと感じる。ましてや、今回の場合、我が家の収納がオーバーして、貰っていただいたのだから、素直に、ただ納めておくにとどめて欲しかった。)
その一つは、

千葉県産
◆ 殻つき黒落花生

台湾産で知られる「黒落花生」。本場千葉県産でご用意しました!
薄皮が黒いのが特徴で、香ばしく、アントシアニンが豊富です。
殻をむいたら黒い薄皮ごとそのままお召し上がりください!』
(「千葉県産 殻つき黒落花生|くだもの-G-Callショッピング-」より)

千葉ピーナツ・包装
千葉ピーナツ・包装

袋
黒落花生・殻付き on 粉引皿
黒落花生・殻つき
殻を割ると、真っ黒なピーナツが。
黒落花生・殻割

講習会後の、プチ新年会

大雪が降った日のあくる日、講習会があった。
シニアなのに、皆熱心な人ばかりで、思ったほど参加者は減らなかった。
講習もそのあとの3分間スピーチも中身が充実したものであった。
軽子坂のチェーン店で、恒例のプチ新年会が行われた。

あるNOPのプチ新年会


飲み会に参加した女(ひと)も、背中がピンと伸びて、若々しく美しい。
ビールで乾杯
新年会・ビール
サラダ
サラダ
川エビの唐揚げ
川エビ
焼き鳥
焼き鳥
シュウマイ
シュウマイ
もつ煮
もつ煮
イカ焼き
イカ焼き
ハーフピザ
ピザ
〆 焼きそば
焼きそば

神楽坂・しずくで、ランチ

善國寺参拝の後、近くの小料理屋でランチした。

神楽坂 しずく  新宿区神楽坂3-6-47

『皆様、お初にお目にかかります。 東京は神楽坂の裏路地に、ひっそりと佇む古民家で、和食屋さんをさせていただいております。 厳選食材を純和食のスタイルで、ゆったりとくつろぎながらお楽しみいただければと思っております。』
(「神楽坂 しずく」より)

日替わり御膳
天然鮮魚お造り盛り合わせ
                              @1,800円

  平スズキ・紀州、メバチマグロ・北海道、真鯛・紀州
  季節の小鉢2種、ご飯、お味噌汁、香の物付き

※ ご飯は、ゆめぴりか
『美味しいお米の条件として重要なのが、粘りを左右するアミロース。「ゆめぴりか」は低アミロースの性質(低いほど粘り強い)を持つ「北海287号」という母と、食味と収量性ともに優れた性質を持つ「ほしたろう」という父の間に生まれました。親の良いところ、そして開発者の想いをしっかりと受け継いで、「ゆめぴりか」は、とびきり味がよく、収量性の高いお米に育ったのです。』
(「ゆめぴりか」より)

日替わり御膳
日替わり御膳
アップ
しずく・御膳 小鉢等
室内/カウンター
しずく・座敷
なお、しずくは、ポアソンの姉妹店

店頭/毘沙門天横の路地裏
しずく・店頭

大雪が降った

久し振りの大雪

2013年1月14日(成人の日)に、南関東は大雪であった。
晴耕雨読の私は、日がな一日、家でテレビを眺めていた。
式が荒れることはなくなったが、天気は荒れた。
爆弾低気圧の影響で、雪と風が吹きまくった。

爆弾低気圧("bomb" cyclone)とは、急速に発達し、熱帯低気圧(台風)並みの暴風雨をもたらす温帯低気圧を指す俗語。1980年にMITの気象学者フレデリック・サンダース(Frederick Sanders)らが提唱して以降、様々な気象学者がその定義や解析を試みているが、「12時間以上にわたって中心気圧が1時間あたり1 hPa以上低下した温帯低気圧」を指すことが多い。』
(「低気圧-Wikipedia」爆弾低気圧より)

電車も次々と、運転見合わせとなっていく。
女房が東京で友達とお茶をするというのを思い出して、メールを送った。
動いている便で、取敢えず、帰路につけ、と。
動いている路線を聞いて、何とか帰ってきた。
ワンコイン+αで、5時間以上しゃべっていたそうだ。
メールで気が付いたと、珍しく感謝された。

寒さが緩んできたので、女房が帰る前に、家の周りを雪かきした。
雨が混じり、坂道はシャーベット状の雪となった。
シャベルと竹ぼうきで階段状のところを、雪かきし、坂を上がってくる人をサポートした。
意外にも、帰宅途上の若者に感謝の声をかけられた。
近所の老人は、何も言わずに、横をすり抜けた。

山もみじと雪 2013.01.14 夕方
山もみじと雪
クリスマスローズと雪
クリスマスローズと雪
(16日になって、屋根に積もった雪が、なだれ落ちてくる。
キャラボクの枝は、大きくたわみ、折れそうだ。
今は、長い箒の柄で、雪の塊を落とすのが精いっぱいである。)

キャラボクと雪 01.14撮影
キャラボクと雪

善國寺参拝

成人式の翌15日は、あるNPO主催の講習会へ手伝いに出かけた。
道路がまだカチコチに固まっているのに、電車は通常通り走っている。
日本の鉄道は、優秀だ。

初詣まがいに、神楽坂の毘沙門天・善國寺を訪問。
寺には、グループが、参拝にきていた。

神楽坂・毘沙門天 善國寺 2013.01.15 昼
善國寺と初詣

血圧計を買った

血圧計壊れた

身の回りで、ここ3年前後に、寿命を迎えたものが色々ある。
テレビがダウンしたのが、2009年10月のことで、これはもう3年前のこととなるが。(寿命23年)
・携帯電話が、ドコモの事情で、取り換えとなったのが、2012年1月のこと。(使用6年)
PCが経年劣化して使えなくなったのが、2012年12月。(寿命10年)
・今度は、血圧計がダウンした。(寿命7年)

使用期間は、それぞれ違うが、一斉に寿命が来たと感じる。
去年を中心に、還暦後の厄年であったのだろうか。

※ それに引き替え、女房はもう40年以上も連れ添っている。賞味期限は過ぎてるか知れないが、貴重な存在である。大事にしないと罰が当たりそうである。(会社同期の中には、3人目の奥さんを迎えた豪傑もいるが、私にはできそうもない。)


◆ 新血圧計

オムロン自動血圧計
HEM-7210
 上腕式
  ・カフぴったり巻きチェック
  ・インテリセンス
  ・血圧値レベル表示
  ・体動検知
  ・平均値
  ・メモリ60回
   などの機能が付いているのが特徴である。

新血圧計
新血圧計
新血圧計・箱
新血圧計・箱
新血圧計・箱とバック
新血圧計・箱とバック

旧血圧計
  シチズン電子血圧計
  CH-308B

新旧血圧計
新旧血圧計

舞踊会の撒きもの(つづき)

舞踊会撒きもの(つづき)

撒きものの内、弁当は、既報のとおり。


袋
撒きもの a
撒きもの a
撒きものa 内訳
 ・弁当 : 観劇弁当(神田明神下 みやび)
 ・手ぬぐい、おかき 翔(清六)  
撒きもの a
撒きもの b
撒きもの b
撒きもの b内訳
 ・弁当 : ゐざさ 柿の葉寿司(中谷本舗)
 ・ベルギーチョコ クランチラスク(グランバー東京ラスク)
撒きもの b
撒きもの c
撒きものc
撒きもの c内訳
 ・弁当 : ヒレかつサンド(まい泉)、味付海苔(矢澤海苔店)
 ・手ぬぐい、金平糖ブルー(青木光悦堂)、壺型最中(壺屋總本店)
撒きもの c

舞踊会の撒きものから-弁当

女房が若い友達の出演する日舞の舞踊会を観に行って、撒きものをもらってきた。
そのうち、まず、弁当などを。

舞踊会の撒きものから-弁当など

撒きものの中から、弁当類3種
弁当

神田明神下 みやび  千代田区外神田2-8-9

観劇弁当

『ちらし寿司、赤飯、白飯の3種類のご飯が入り、小さなマスにはご飯に合うおかずが入って、グウゥ~可愛らしい箱にお口直しの三色団子付で女性の方へおススメ!』
(「【神田明神下 みやび】職人芸が詰まった高級弁当 観劇弁当…」より)

撒きものa.みやびの観劇弁当

ゐざさ (株)中谷本舗 奈良県吉野郡上北山村河合
どうして柿の葉すしが奈良・吉野の名産に?

柿の葉寿司

たい、さけ、さば
撒きものb.ゐざさの柿の葉寿司
 
まい泉 渋谷区神宮前4-8-5

ヒレかつサンド
       (写真はトップの写真か、こちらを参照)

『『とんかつまい泉』のヒレかつサンドは、ヒレかつ、パン、ソース全てが主役と考えております。 三つの素材が合わさり、三味一体のおいしさをかもし出すためには、一つ一つの素材が最高でなければならないと考えております。』
(「まい泉のこだわり(ヒレかつサンド)|とんかつ まい泉|MAISEN」より)

釣果のおすそ分け、オニカサゴ

先輩で、釣り人のMさんから、今年初めての釣果のおすそ分けを頂戴した。
房総で釣ったものである。今回も、すでに三枚に下ろされていた
棘があるので、素人の女房では危なかろうと、処理していただいたようだ。
アラ
と、真空パックにしたフィレを頂戴した。

a.フィレはしゃぶしゃぶ用に女房が切った。
  しゃぶしゃぶは、あら出汁を使った。
b.薄造りではないが、一部そのまま刺身で食べた。

オニカサゴ

棘に注意して取り扱うこと。
いちばん旨いのは汁気のある料理。刺身などにすると歩留まりが悪いので、もし刺身にしてもアラを生かして潮汁などにする。汁ものでもっとも旨いのは鍋やブイヤベース。非常に濃厚な出汁がとれる。
刺身は透明感のある白身で薄造りにするに限る。また皮が硬いのが難点だが霜皮造りもいける。塩焼き、煮つけも美味。』
(「オニカサゴ 市場魚貝類図鑑」より)

オニカサゴ
釣ったその日に食べずに一日寝かせた方がいいようです。肝、胃袋も食べられます。 アラはいい出汁が出ますから、もし刺身で食べても絶対捨てないように!
刺身(薄造り)、アラ汁、しゃぶしゃぶ、鍋・ブイヤベース、雑炊、ヒレ酒、煮付けなど。』
(「釣った魚の食べ方・料理法・レシピ/釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸」より)

しゃぶしゃぶ用オニカサゴ on 青白磁皿
薄造りでないが、一部そのまま刺身で食べた。
刺身&しゃぶしゃぶ用
あら煮の鍋の中
プリプリの身はせせった後、濾して、しゃぶしゃぶ用の汁に使った。
オニカサゴ・あら出汁
※ その他、カマは、煮つけに。

新年浅草歌舞伎 第2部鑑賞

歌舞伎好きの女房が、第2部(夜の部)に参加できる友達と、浅草公会堂へ行った。
はた目には、また、海老蔵などの追っかけが始まった、としか映らない。
素人の女房からは、「いやー、ええ声、ええ顔、ええ所作や…」と格段にうまくなったことへの称賛の声を聞いた。

新しい一年。新しい浅草。

新春浅草歌舞伎

平成25年1月2日[水]初日→27日[日]千穐楽
浅草公会堂

『新年恒例の浅草若手歌舞伎。今年はOBの海老蔵が14年ぶりの出演で昼夜4演目全てに登場。例の不祥事以後どことなく精彩を欠いていた海老蔵だが、年改まって心機一転、かかっていた雲が吹き払われたかのようで、めでたい。
 主役は「勧進帳」と「幡随長兵衛」。「勧進帳」は芸の丈高く荒削りだが骨太の芸質が生きる。スケールの大きい時代物役者としての質が余人にないことを改めて知らされる。難は必要以上に目をむくのと、後段の酔態のくだりにやや独善が感じられるのと、高く張った声の見事さに比べ中音になるとくぐもること。…』
(「新春浅草歌舞伎 OB海老蔵、荒削りだが骨太に :日本経済新聞」より)

  彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
一、毛谷村(けやむら)
  毛谷村六助  片岡愛之助
  杣斧右衛門  市川海老蔵

二、寿初春 口上(こうじょう)
  口上  市川海老蔵

三、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
  武蔵坊弁慶  市川海老蔵
  富樫左衛門  片岡愛之助

切符とリーフレット
浅草歌舞伎・キップとリーフレット


★ 後日、また、昼の部しか参加できない別の友達と、第1部を見に行く予定とか。

角上魚類での買い物

角上魚類・津田沼店を見学した折に、少し買い物をしてきた。
この日は、女房が不在の最終日なので、本来外食の予定日である。
そこで外食したつもりで、少し贅沢してみた。

角上魚類買い物

まずは、買ったものを、自分で作った器に盛ってみた。

(1) 握り寿司 on 総織部大皿

握り寿司on総織部大皿

(2) 活かき on 絵志野皿

活かきon絵志野皿

(3) のどくろ on 総織部大皿

のどくろon総織部大皿

女房がいるときは、厨房に立たない。
包丁で、魚を三枚に下ろすのも、女房の仕事である。
しかし、できないわけではなく、しないだけである。
昔岡山に赴任した時、3ケ月遅れで女房が追いかけてきたので、その間は、瀬戸内海の黒メバルや山中のアマゴなどを自分で買ってきて、塩焼きや煮物にした。
実は、「男の自炊入門」とか「漁師のマル秘料理」とかのマンガ本を手本にまねただけの話で、自慢することではない。今回も鱗(ウロコ)をとり、内臓を取り除いたうえで、二枚に下ろし、女房用に刺身にも塩焼きにも煮つけにもできるように、半身を残しておいた。
(翌日、帰ってきて、焼いて食べたが、すこぶるうまそうに食べていた。ただ、値段が高いと、少し不満のようであった。)

そして、お頭付の表側を塩焼きにした。
女房はなぜか不祝儀な盛り付けをする。何度もたしなめたが一向に変えようとしない。そこで、せめて居ないときは、左頭の腹手前という、本来の盛り付けにすべく焼いた。

うろ覚えであるが、塩の振り方、振った後の置き時間などを考慮したうえで、あらかじめ熱しておいたグリルで焼いた。鯛と同様、パサパサにすると台無しになる。応用編の自己流の焼き方は、タジン鍋で蒸し焼きにしたような、あるいは、鯛を湯引きした時のような、肉の仕上がりをイメージして、通常よりも短時間で焼き上げてみた。
旨い。しっとり、なめらかで、本来の魚の焼き味だと思う。
なお、のどくろの方が鯛より脂っこくて旨味が濃い。

のどくろ塩焼き
のどくろ塩焼き

話は後先になるが、買い物の記録を撮っておいた。

角上魚類の袋
買い物袋
開封
開封
バランもどきの仕切りなど、不要なものはない。
握り寿司10貫1000円
握り寿司10貫1000円
対面販売の時に、殻は開けてもらった。
養殖活かき(兵庫産) @100円×2
養殖活かき@100円
金沢や酒田など日本海側に旅行した時は、のどくろの料理を探す。しかし、大概の場合、春・夏に旅行することが多く、のどくろの旬とはズレて、いつも残念な思いをした。都内でも、意外と飲み屋のチェーン店で出会うことがあるが、五島列島のものとかであって、日本海側のものは少ない。

口先から尻尾の先まで、30cmあった。重量は量り損ねた。
のどくろ(新潟産) @1600円/尾
のどくろ@1600円/尾

★ 蛇足

のどくろを塩焼きにして、食べ残した頭と骨から出汁を取った。
この後、濾して、別の鍋に入れておいた。いい出汁がとれたと思ったのに。
メモを残しておかなかったので、捨てられてしまった。
まるで、落語『寄合酒』もどきの話だ。(幸い、ふんどしの洗濯には使われなかったが…。)


あら出汁

角上魚類・津田沼店を、見学した

カンブリア宮殿で、興味ある会社を知った。千葉エリアでは、柏と流山、津田沼に、3店舗ある。このうち、津田沼の店舗を見学に行った

角上魚類  習志野市谷津1-16-1

     モリシア津田沼B1F 角上生鮮市場 津田沼店  

『当店では、新潟寺泊・出雲崎・岩船港から直送の魚を仕入れております。その他にも築地市場からも直接仕入れております。その日一番の新鮮で旬のお魚を目利きのバイヤが仕入れ、お客様の食卓へ美味しい魚を提供しております。特に、火曜・金曜の夕市では新潟地魚祭りを開催しています。』
(「津田沼店|千葉エリア|角上魚類 鮮魚専門チェーンストア」より)       

角上生鮮市場/モリシア津田沼
角上魚類/モリシア
角上魚類/対面販売
対面販売

村上龍の編集後記
収録前、柳下さんの衣装を見て、「ネクタイはしないんですね」と確かめた。すると、「持ってないから」と言われた。正確には、持ってないのではなく、必要としなかったということだろう。だが、ネクタイを1本も持っていないというゲストは、番組開始以来、たぶんはじめてで、かっこいいなと思った。角上魚類の功績と、その成功の要因は、新鮮でおいしい魚を安く提供した、というだけではない。対面販売による買い物の楽しさと、丸ごとの魚を提供し、わたしたちが生きものから糧を得ていることを再認識させた。昭和30年代にあった温かさへの、郷愁ではない。戦略に基づく再構築である。』
(「2012年12月20日放送 角上魚類(かくじょうぎょるい)社長下浩三氏|カンブリア宮殿:TV東京」より)

cf.のどくろ(アカムツ)について
私の大好きな、市場魚貝類図鑑を見てみると、
『水産物としての重要度/★★★ 量的には多くも少なくもない
市場での評価/関東の市場では超高級魚だ。東のキチジ(キンキ)、西のアカムツ(のどくろ)といった感がある。太平洋側よりも日本海側に多い。・・・
値段は小さくてもキロあたり2000円以上、釣りで大型なら1万円以上になる。』
(「アカムツ 市場魚貝類図鑑」より)

釣‘のどくろ' (新潟県)
釣のどくろ
養殖活かき (兵庫県)
活かき
握り寿司10貫
握り寿司10貫

☆ 店舗内の写真は、角上魚類の店員さんの許可を得て、撮影した。

季節の生菓子で、抹茶を一服

とらやの、季節のお菓子で、抹茶を一服。

◆ 「笑顔餅」米色青瓷茶碗

米色青瓷の名手には、岡部嶺男岸本謙仁、渡部秋彦などがいる。
昔、徳利や小壺で、原口卓士の形を借りて米色青瓷にトライしたことはある。

抹茶茶碗もどきシリーズでは、器形は、天目茶碗風、すっぽん口にしてみた。
米色青瓷の釉薬は、作家向けに販売されたものを入手した。
大変施釉が難しい。結晶を大きく出すためには3~4度重ね掛けしなければならないし、それに耐えるためには、厚手に轆轤挽きしなければならない。また、ピンホールが出やすい。私の、米色青瓷茶碗は、未完成である。

笑顔餅と米色青瓷茶碗
笑顔餅と米色青瓷

『蒸餅(じょうへい=饅頭)の上を十字にさいて食べたという中国の記録から、日本でも寺院などで饅頭に赤い十字や点をつける風習が生まれたようです。真白い薯蕷饅頭についた赤い点の愛らしさから『笑顔饅』と名付けられました。』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子-生菓子-|株式会社 虎屋」より、再掲)

笑顔餅
笑顔饅
笑顔饅・断面
     薯蕷製 御膳餡入
     初出年:『薯蕷ゑかを』として天保11年(1840)

笑顔饅・断面

七草粥の行事をしのばせる御菓子で、抹茶を一服

七草粥は、人日(じんじつ)の節句(1月7日)の朝に食べられる食事であった。
とらやの、七草粥の行事をしのばせるお菓子で、抹茶を一服した記事を投稿する。

◆「若菜餅」河南天目茶碗写し

『(本歌は)河南と漫然としているが、江北の磁州窯系の窯で焼かれたものと思われる祭器か雑記のたぐいで、民芸的要素が濃厚なものである。
だれかが茶碗を一つの宇宙になぞらえたが、それを首肯させずにはおかない不可思議な景色をもつ茶碗ではある。
窯変で放射状に飛び散ったか、あるいは流下したと思われる柿色の釉と見込みに集合する小粒子が、まるで宇宙のかなたに星雲を見ているようで、心を夢幻の世界に遊ばせるのである。』
(「カラーブックス369茶碗のみかた」保育社 P97」より)

若菜餅と河南天目茶碗写し
若菜餅と河南天目茶碗写し

◆ 若菜饅

『古くは正月7日に邪気を祓(はら)い、不老長寿を願って若菜を摘み、羹(あつもの=汁物)にして食べる習慣がありました。この習慣は今日でも七草粥として受け継がれています。『若菜餅』は、古(いにしえ)の行事を偲ばせるお菓子です。』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子-生菓子-|株式会社 虎屋」より、再掲)

若菜饅
若菜饅

若菜饅・断面
     きんとん製 求肥包御膳餡入 
     初出年:延享3年(1746)

若菜饅・断面


人日の節句に、一草(水菜)粥を

人日(じんじつ)節句の朝は、毎年七草粥を食べる。毎年この日は、女房が七草粥もどきを作ってくれる。ところが今年は、早々に母親の面倒を見に大阪に帰っていて、粥は出てこない。そこで、『試してガッテン』で紹介された京都・瓢亭風の美味しいお粥を久し振りに自分で作ってみた。ただし、七草ならぬ一草粥である。ちなみに、菜は、水菜。塩分は、梅干しで。

◆ 瓢亭水菜粥 in 柳原焼三島写茶碗の写し

究極のおかゆ-ためしてガッテン 2011年7月20日

瓢亭風お粥 我が家の翻訳レシピ
  「米一合 水1,000ml
  ・米洗う 水浸     5分
  ・ザルに上げる    10分
  ・鍋で水を1L沸かす  5分
  ・沸騰すると米を入れる(よく、まぜる)
   再沸騰したら中火 (時々まぜる)  計15分
  ・火を止めてふたをする 5分  」

柳原焼三島写茶碗
『筑後・久留米藩のお庭焼であった柳原焼は、中国、朝鮮、国焼の写し物を多くつくったが、茶器が主であった。
陶工には、寅吉、良八などの名工がおり、十代藩主有馬月船候自らも作陶した。製品は全て月船侯の贈答品と常什で、市販されることはなかった。大名的端正、高雅の趣があると評されている。この三島写は、枇杷色の発色が美しく、御本風の赤い斑点が景色を作り、端正ながら、やわらかくあたたかで、茶をうまくのませる佳碗であった。』
(「カラーブックス 413)茶碗のみかたⅡ 保育社P73より、再掲)

※ 旨い。おととしは、この粥を食べすぎて、少し太った。食べすぎに注意である。



一草(水菜)粥 in 柳原焼三島写茶碗の写し
一草粥in柳原焼三島写茶碗の写し

巳年に因んだお菓子で、一服

とらやの、干支「巳」に因んだお菓子で、抹茶を一服。

◆ 「巳の守り」黒唐津白線文茶碗写し

『(本歌は)随分多くの唐津陶を見ているが、こんなに珍しい技法のものは初めてである。おそらく牛石窯の作と思われるが、黒唐津の鉄釉をかけたあと、長石釉をかぶせるかわりに、その長石の泥をイッチン(チューブのようなもの)で絞り出しながら、膚に螺旋文を描きつけたものである。高麗黒磁(朝鮮高麗時代の磁器の一つ)にこれに近い技法のものはあるが、李朝にあったかどうか不明で、まさか唐津にみることがあろうとは思わなかった。面白い意匠だがあまりはやらなかったのか、ともかくこの手の作品はこれ一例しか知られていない。』
(「日本陶磁全集11 唐津」中央公論社 fig.62より)

「巳の守り」と黒唐津白線文茶碗写し
巳の守り と黒唐津白線文

● 巳の守り

『山口県岩国市の限られた地域にだけ生息する「岩国のシロヘビ」は、商売繁盛、開運の守神様として信仰を集め、国の天然記念物にも指定されています。『巳の守り』は、目の赤い神秘的な白蛇が、日輪を抱いているさまを表わしています。』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子-生菓子-|株式会社 虎屋」より、再掲)

平成25年の干支「巳」に因んだお菓子/巳の守り
巳の守り
断面
     薯蕷製 紅餡入
     初出年:平成24年(2012)

巳の守り・断面

新春盆栽展 2013

招待状を頂戴したので、盆栽園を訪ねた。

春花園bonsai美術館 江戸川区新堀

玄関・新春の装い
玄関・正月の装い

新春盆栽展 会期/2013年1月3日(木)~7日(月)

AKB48ならずとも、センター獲りは厳しい。
従来あった樹齢1000年のシンパク(真柏)は、台湾に売られていった。

この日のセンター鉢
現在のセンター鉢
おととし池ができて、盆栽園全体の雰囲気も変化した。
池ができて変化した園内

素人の私が、今回 見聞きし、感じたこと

(1)2億円五葉松回復

樹齢500年の五葉松
衰弱していたので、しばらく地植えされている。
今回拝見すると、若い葉が勢いよく出てきたようで、今年の夏過ぎには、再び鉢上げされるかもしれないとのこと。うれしい限りである。
大宮盆栽美術館の銘木の幾つかが枯れて事件となったのは久しい。その時は、猛暑による生育障害銅化合物を含んだ雨水のせい、薬品説、甲虫のせいだったなどと諸説あるが、今回は違う、と。鉢植えならではの、根の疲れによるものらしい。

地植えの状況と、以前の鉢植えの状態
五葉松の回復

(2) 中国人好み豪快な太幹盆栽

近年、盆栽の輸出先は、欧州から台湾・中国へとシフトしているようだ。
金持ちとなった中国の人の好みは、豪快な太幹にある。
園内には、中国人好みの松柏の鉢が増えたように感じた。
(※400年前ころから、中国から盆栽の銘木や高価な鉢が日本に流れてきたが、今は逆流しているにすぎないとみる人が多い。)
中国人好みの豪快な太幹

(3) 目にした今日の好みと、銘木

今日のベテランの客の目は、室内展示場の玄関にあった、皐(サツキ)に注がれていた。サツキは堅いので、一定の太さ以上になると曲げられなくなるそうだ。そして、立ち上がりの素晴らしさなどこれほどの木はなかなか見られないそうだ。
皐月の鑑賞
カリンやカエデなどの雑木盆栽の中にも、将来の銘木があるようだ。
名品の卵達

(4) その他

a.部屋飾り
いつもの通り、盆栽を飾るためにだけ建てられた建物の床の間には、黒松や、箒仕立てのケヤキ(欅)、中品、マユミとフキノトウなど、見事な鉢たちが並んでいて、目の保養となった。
部屋飾り
b.軒下の雑木類
軒下に置かれた雑木盆栽

この日は晴れていたが、とても寒い日で、水カメの薄氷がそれを物語っていた。
水瓶に張る薄氷


四川閣で、孫たちと新年会

正月は、孫たちと新年会を開いた。4人の孫のうち、一番年下がやんちゃな男の子なので、個室のある店で行っている。場所は、前原。友達夫婦との忘年会も、近年ここで行っている。
当初6時の予約であったが、その時間帯はとても混むということで、一時間繰り上げの5時開始とした。

四川閣 船橋市前原東5-13-6 


四川閣・店頭
四川閣・店頭
三世代集合
三世代集合
個室と玄関内の飾り
個室と玄関内の飾り
8時解散。

【参考】
この時間帯になると、当日客で広間と玄関は大変な混みようであった。
広間と玄関内の込み具合
長女の一家は、電車で、我々夫婦と次女一家は車で集合した。

電車組と車組の運転手以外の大人は、適当に好きなアルコールを、そのほかはジュースなど好きなものを注文した。何しろ10人とも、血液型はO型なので、全員自由人なのだ。
アルコール組は、まずはビールで乾杯。
ビールと紹興酒

◆ 四川閣 特選コースメニュー

料理は毎年あまり変わらない。
 メニュー
冷菜の盛り合わせ
冷菜の盛り合わせ
牛肉とイカの炒め花籠盛り
牛肉とイカの炒め花籠盛り
海鮮サラダ
海鮮サラダ
蟹の爪の揚げ物
蟹の爪の揚げ物
海老のチリソース煮
海老のチリソース煮
帆立貝のクリーム煮
帆立貝のクリーム煮
炒飯
炒飯
ふかひれスープ
ふかひれスープ
アンニン豆腐
アンニン豆腐
ごま揚げ団子
ごま揚げ団子
アラカルトから、追加料理

小籠包、海老フライ、餃子など
追加料理

はなびら餅で、抹茶を一服 2013

とらや赤坂本店で買い求めた正月のお菓子で、抹茶を一服した。
はなびら餅は、正月のお菓子より。
用いた抹茶茶碗は、弊「抹茶茶碗もどきシリーズ100碗」より。

◆ はなびら餅古雲鶴茶碗

『(本歌は)高麗末期に作られた文字通りの高麗茶碗
胴には、四段に亀甲文が象嵌されている。器肌は高麗青磁特有の青で、やや灰白色を帯びている。亀甲は黒象嵌、その周囲を二本の白象嵌が囲み、亀甲の中に二つの丸い白象嵌をめぐらし、裾には白象嵌の蓮弁が並んでいる。・・・
もとは雑器で、茶人が抹茶茶碗として取り上げたものである。伝世している高麗象嵌青磁の茶碗としては最も古いものである。利休が所持した「挽木の鞘」や、「狂言袴」と呼ばれる茶碗はこれと同手である。』
(「茶碗百選」大河内風船子著 平凡社 P28より)

はなびら餅と古雲鶴茶碗写し
021はなびら餅と古雲鶴

◆ はなびら餅上野焼 半筒茶碗

『(本歌は)上野 半筒茶碗 釜ノ口窯 桃山末期~江戸初期
釜ノ口の茶陶は、内ヶ磯のような作為の強いものは少ない。いかにも素朴で、利休の茶風を遵守したという三斎の好みの反映であろうか。』
(「茶碗百選」平凡社 大河内風船子著 P79より)

はなびら餅と上野焼・半筒茶碗写し
033はなびら餅と上野焼・半筒

正月のお菓子 2013

正月お菓子 2013

  とらや赤坂本店

とらやの袋
とらやの袋

箱
開封
開封

行事に因んだお菓子 お正月

はなびら餅
       餅製(京都を除く)、求肥製(京都のみ)     

『花びら餅は、新年に御所にお納めしている「菱葩」(ひしはなびら)を原形とするお菓子です。半月状の円餅には、小豆色の菱餅・味噌餡・砂糖煮にした牛蒡がはさまれています。』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子-行事に因んだお菓子-| 株式会社虎屋」より)

はなびら餅 on 絵志野皿
はなびら餅on絵志野皿

2013年1月前半 季節の生菓子

平成25年の干支「巳」に因んだお菓子

巳の守り
     薯蕷製 紅餡入
     初出年:平成24年(2012)

『山口県岩国市の限られた地域にだけ生息する「岩国のシロヘビ」は、商売繁盛、開運の守神様として信仰を集め、国の天然記念物にも指定されています。『巳の守り』は、目の赤い神秘的な白蛇が、日輪を抱いているさまを表わしています。』
(とらや-季節のお菓子より)

巳の守り in 備前風片口
巳の守りin備前風片口

笑顔饅
     薯蕷製 御膳餡入
     初出年:『薯蕷ゑかを』として天保11年(1840) 

『蒸餅(じょうへい=饅頭)の上を十字にさいて食べたという中国の記録から、日本でも寺院などで饅頭に赤い十字や点をつける風習が生まれたようです。真白い薯蕷饅頭についた赤い点の愛らしさから『笑顔饅』と名付けられました。』
(同上)

若菜饅
     きんとん製 求肥包御膳餡入 
     初出年:延享3年(1746)

『古くは正月7日に邪気を祓(はら)い、不老長寿を願って若菜を摘み、羹(あつもの=汁物)にして食べる習慣がありました。この習慣は今日でも七草粥として受け継がれています。『若菜餅』は、古(いにしえ)の行事を偲ばせるお菓子です。』
(同上)

笑顔饅と若菜饅 in 黄瀬戸鉢
笑顔饅と若菜饅in黄瀬戸鉢

とらや赤坂本店 港区赤坂4-9-22

とらや店頭の門松と、ビルの凧飾り
とらや赤坂本店
室内
とらや本店・室内
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR