深川、居酒屋・栄で、一杯

深川の地元人に、本祭り直前の佃・深川の、お祭り準備を案内してもらった日、
汗をかいた後の打上げをした。

深川、居酒屋・栄で、一杯


居酒屋・栄
居酒屋・栄
室内
ロンドン・オリンピックの予選が、テレビで放映されるのを肴として
室内
まずは、乾杯のビール
乾杯のビール
ワカメとタマネギ
ワカメとタマネギ
あさり酒蒸し
あさり酒蒸し
ゲソ
ゲソ
ポテトチップス
ポテトチップス
日本酒・銀住吉
樽平酒造  山形県東置賜郡川西町大字中小松2886
住吉
アボカド
アボカド
焼き鳥
焼き鳥
小エビから揚げ
小エビから揚げ

佃・深川、本祭りの前の散歩

今年は、去年東北大震災の影響で開催が見送られた本祭りが開催されるところが多い。佃や深川もそうだ。そこで、祭りに先立って、ポイントを散歩した。

佃・深川、本祭り散歩 7月28日(土)


(1)佃・住吉神社祭準備

住吉神社 江戸名所百景より
住吉神社 江戸百景

2012年住吉神社例大祭行事日程
   8月3日(金)大幟上げ
   8月4日(土)獅子頭宮出し
   8月5日(日)宮神輿宮出し&船渡御
   8月6日(月)宮神輿宮入

『揃衣の若衆が獅子頭の鼻先めがけ殺到する獅子頭宮出しや隅田川を渡御する船渡御祭、江戸三大囃子のひとつである佃ばやしにのって、高さ二〇米にも及ぶ六基の大幟のもと八角神輿が繰り出す風情は、文化的にも希有なものと言えましょう。』
(「佃住吉講公式サイト:ようこそ佃島へ。平成24年住吉神社大祭スケジュール決定!!」より)

佃小橋を望む
佃小橋を望む
『佃島への入り口、黒木鳥居
黒木鳥居とは、そもそも皮を剥がないままの生木で作ったものをいいますが、住吉神社の黒木鳥居は、皮を剥いでいるので白色の黒木鳥居です。この臨時仮設の鳥居によって、島全体が境内となるのです。 』(同上)

黒木鳥居
黒木鳥居
『本祭りに欠かせない六本の大幟
大幟の柱や抱木(だき)は、空気に触れて木が腐ってしまわないように、三年の間、川底に埋められています。本祭りの年、水の引く干潮時を狙って掘り起こされます。』(同上)

大幟柱を埋めていたところ
大幟柱を埋めていたところ
掘り出され、洗われ、乾燥中の大幟柱
掘り出され、洗われ、乾燥される柱
大幟の抱木
大幟の抱木
大幟柱の先端に付けられる榊
大幟柱の先端に付けられる榊
大幟柱の完成形をネットで、検索してみた。次のような形だそうだ。
大幟柱・完成形
『 若い衆は獅子頭の鼻についている綱の取り合いをしているわけです。この獅子頭の鼻をつかむと、「次回の祭まで女に不自由しない」という言い伝えがあるそうです。それで獅子が担ぎ上げられていない状態の時は、本気で鼻の取り合いをしているわけです。』
(「」より)

獅子頭宮出し時の、怪我を防止するために、住吉神社境内の灯籠などに板の囲いを施してある。
灯籠などに板の囲いを
『住吉神社の神輿は「八角神輿」と呼ばれるとおり、八角形の神輿です。
 正保9年(1838)に芝大門の万屋利兵衛により製作されました。八角の神輿は関東ではめずらしく、天皇陛下の御座 高御座を擬したと言われています。昭和37年までは海中渡御が行なわれていました。神輿は内部も漆塗りになっていて気密性が高められています。』
(「住吉神社:例祭」より)

引退した、天保八角神輿
天保八角神輿
二代目宮神輿
二代目宮神輿
住吉神社の大鳥居
大鳥居
船渡御
が行なわれる場所
この日(7月28日(土)は、隅田川花火の日なので、屋形船がひっきりなしに隅田川を上る光景が見られた。
船渡御が行なわれる場所
寛ぐ外国の女(ひと)
寛ぐ外人
中央大橋
東京スカイツリーも背景に見える。
中央大橋

(2)深川祭見物場所検討

2012年富岡八幡宮例大祭行事日程
   8月11日(土)神幸祭
   8月12日(日)各町神輿連合渡御

深川祭り(前回の本祭り2008.08.17)の詳細は、こちら
今年の、神輿連合渡御順路は、こちら

※ 水神輿なので、カメラや携帯電話などの防水対策をしっかりすること。
※ 時間がある人は、一番神輿について歩くのが、楽かもしれない。
※ いつも渡御のトリをとっている深濱が、一番神輿となるのが珍しい。
  なお、神幸祭の鳳輦渡御に、60年ぶりに網代車がお目見えする。


今回は、神輿連合渡御順路の内、午後のコース、新川から富岡八幡宮までを歩いてみた。

住友ツインビル・お仮屋
新川地区8町会のお仮屋は、元鳶職・現代の名工といわれる山口政五郎さん監修のもとで作られたもの。軒先の反り(照り)に注目とのこと。
住友ツインビル・お仮屋
霊巌島の碑

霊巌島の碑
永代橋
永代橋
永代橋を神輿は渡る
永代橋を神輿は渡る
【参考】永代橋を渡りきったあたり、

神輿連合渡御の様子 2008.8.17

2008.08.17神輿連合渡御at永代橋
永代2丁目辺りの、神輿のレリーフ
永代2丁目辺り
この日の、富岡八幡宮・大鳥居

この辺りは、まだまだ変化する。
富岡八幡宮・大鳥居
駒番表
駒番表
来年巡行・二番神輿
来年巡行・二番神輿
この日の、富岡八幡宮・本殿
富岡八幡宮・本殿
「わっしょい深川」タウン誌深川別冊
「わっしょい深川」
内容の一部を紹介すると、

神輿職人の技を見る

神輿の担ぎ方
神輿の担ぎ方
半纏
半だこ
のはき方まである。

俺のフレンチGINZAで、食事

7月24日、ガイヤの夜明けを見た。
安くて美味しそうだということで、7月26日(木)、迎賓館参観の帰りに寄ることにした。


フレンチ GINZA 中央区銀座8-7-9

「常識破りの外食革命」~高級フレンチを格安にする秘密~

1.「居抜き物件」に出店する。
  中古の飲食店などを買い取ることにより、設備投資に必要なお金を抑える。
2.内装にお金をかけない
  居抜き物件にの内装をできるだけ流用することにより出費を減らす。
  つまり、料理以外にはできるだけお金をかけないということだ。
3.高い回転率で収益をあげる。
  一般のフレンチレストランだと回転率が1程度になるが、立ち食い席にすることにより
  回転率をあげることができる。
  回転率を数回転にすることにより利益があがる運営になる。』
(「7月24日、ガイヤの夜明け、高級フレンチを格安にする秘密:都筑な人」より)


4時開店
ブラタモリの銀座小路
など、銀座プチ散歩をしたため、予定より10分ほど遅れて店に着いた。
3時40分頃並ぶ。すでに前には20人以上の列。
4時に入店できたのは、我々の一グループ前まで。概ね2人組みが多い。
4時15分頃、我々夫婦は第二グループとして、入店。1階一番奥のカウンター。
幸か不幸か、ここが厨房の眺めが最高にいい
a.まずは、飲み物のオーダーを聞いてくる。4時半
b.次に前菜のオーダーを聞いてくる。4時50分。
c.第一の入店組のオーダーの料理が出来上がった頃、我々二番手組みの火を入れる料理のオーダーを聞いてくる。5時半頃には注文したものが出てくる。早い。
ちなみに、5時40分頃には、ロブスター・ローストのオーダーはストップ。
フォアグラも、6時には、限定数量をオーバーしたようだ。
6時には、食事を終えて、我々夫婦は店を出た。
やはり、流行の理由は、コスパにあり。日頃フレンチをあまり食べない我々老夫婦にとって、美味しいと思う。


俺のフレンチGINZA 店頭 (帰る頃)
店頭
開店(4時)前の行列
開店前の行列
予約の効かない、立ち席の1階に、第二グループが、入り始めた。
満員の店内
テレビで見た、能勢和秀シェフ
能勢和秀
ワインリスト/グラスワイン
ワインリスト
飲み物
シャンパン/バロン アルベール ブリュット トラディション
白ワイン/マコン レクスプレッション デュ シャルドネ
バロン アルベール ブリュット トラディションとマコン レクスプレッション デュ シャルドネ
1階立ち席も、開店と同時に満席
1階立ち席
火を通したものが出てくるまで、時間があるから、2階を覗いてきていいですよ、とカウンターの女性に勧められる。
覘いてみた。2階予約席も、すでに満席
2階予約席も満席
前菜メニュー
前菜メニュー
前菜の注文取りが始まった。
甘エビのタルタル、クスクスのサラダ
甘エビのタルタル、クスクスのサラダ
雲丹とトマトのムースジュレ寄せ
 ~キャビアをのせて~
雲丹とトマトのムースジュレ寄せ
ムッシュ能勢のスペシャリテ
ムッシュ能勢のスペシャリテ
パン
パン
熱をかけるものの注文が始まった。
オマールの仕込み
オマールの仕込み
オマール・ロースト中
オマール・ロースト中
活きオマールのロースト
 ~貴腐ワインソースで~
活きオマールのロースト
エリタージュ ドメーヌ サンタデュック

厨房では、フォアグラの仕込み中
エリタージュ ドメーヌ サンタデュック &フォアグラ仕込み
牛ヒレ肉とフォアグラのロッシーニ
 ~トリュフソースで~
牛ヒレ肉とフォアグラのロッシーニ
牛ヒレ肉とフォアグラの切り口
十分分厚い。そして牛ヒレ肉も柔らかい。
ロッシーニの切り口
我々が帰るとき、外はまだ行列が
帰るとき、まだ行列

迎賓館赤坂離宮を参観

新宿・四谷散策の最終地点は、紀伊殿中屋敷跡であった。その跡は、現在の東宮御所や迎賓館が含まれる。その迎賓館のフェンスに、迎賓館赤坂離宮参観の申込み書があったので、応募していた。抽選に当り、参観証が送られてきた。7月26日に、夫婦で参観した。

迎賓館赤坂離宮参観

参観申込み案内と、到着した参観証
参観証
参観当日の、バッチとリーフレット
参観バッチとリーフレット

参観のあらまし

迎賓館正門。いつもはこちらから、覗くのみ
いつもはこちらから

(1)参観受付

参観入り口。鮫河橋坂の西門。
参観入り口
参観受付・手荷物X線検査
受付を済ませ、バッチをもらう。
参観受付・手荷物検査

(2)本館見学

いざ、本館へ。
いざ本館へ

館内は、撮影禁止。ゆえに、写真は、リーフレットまたはGoogle画像より。

迎賓館赤坂離宮写真集は、こちら

『「彩鸞の間」という名は、左右の大きな鏡の上と、ねずみ色の大理石で造られた暖炉の両側に「鸞(らん)」と呼ばれる架空の鳥をデザインした金色の浮彫りがあることに由来する。
白い天井と壁は金箔が施された石膏の浮彫りで装飾され、10枚の鏡が部屋を広く見せている。
この部屋は、表敬訪問のために訪れた来客が最初に案内される控えの間として使用されたり、晩餐会の招待客が国・公賓に謁見したり、条約・協定の調印式や国・公賓とのテレビ・インタビュー等に使用されている』(リーフレットより)

彩鸞の間
迎賓館彩らんの間

『「花鳥の間」という名は、天井に描かれた36枚の絵や、欄間に張られたゴブラン織綴織(つづれおり)、壁面に飾られた30枚の楕円形の七宝に、花や鳥が描かれていることに由来する。
周囲の腰壁は茶褐色のシオジで板張りしてあり、その壁の中断を飾るのが七宝である。下絵は日本画家の渡辺省亭が描き、明治期の七宝の天才・涛川(なみかわ)惣助が焼いたものである。
この部屋は、主に国・公賓主催の公式晩餐会が催される大食堂で、最大約130名の席が設けられる。』(同上)

花鳥の間
花鳥の間

『「朝日の間』という名は、天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」の絵に由来する。周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石である。
壁には、京都西陣の金華山織の美術織物が張られ、床には、紫色を基調とした47種類の糸を使い分けて桜花を織り出した緞通が敷かれている。
この部屋は、国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談等が行われている。』(同上)

朝日の間
朝日の間

『「羽衣の間」という名は、謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300㎡の曲面画法による大絵画が、天井に描かれていることに由来する。
3基のシャンデリアは当館で最も豪華なもので、およそ7,000個もの部品で組み立てられており、高さは約3メートル、重さは約800kgであり、壁は楽器、楽譜等をあしらった石膏の浮彫りで飾られている。また、正面の中二階はオーケストラ・ボックスがあり、かつて、この部屋が舞踏会場として設計されたことが偲ばれる。
この部屋は、雨天の際に歓迎行事を行なったり、レセプションや会議場等として使用されており、また、晩餐会の招待客に食前酒や食後酒が供されるところでもある。』(同上)

羽衣の間
羽衣の間


本館の見学を終えて
本館の見学を終えて

(3)主庭見学

庭園へ
庭園へ
噴水から見た、本館
噴水から見た、本館
来賓があれば、本館・2階大ホール等に飾られる盆栽
盆栽
庭園見学後、しばしテントで休憩
庭園見学後、しばしテントで休憩
いつもと反対側から、正門の方角を見る。
いつもと反対側から
写真集などの販売テント
写真集などの販売テント

神楽坂 翁庵で、冷やしむぎを

この日は、時間の余裕があったので、久し振りに神楽坂でランチした。

翁庵

◆ 冷しむぎ

※ 冷麦と、うどん、素麺の違いは、太さのみ?
『JAS規格の『乾めん類品質表示基準』にて、機械麺の場合、ひやむぎの麺の太さは直径1.3mm以上~1.7mm未満とされている。ちなみに素麺(そうめん)は直径1.3mm未満とされ、直径1.7mm以上はうどん(饂飩)と分類される。』
(「ひやむぎ」より)
  ところで、冷しむぎと冷むぎの違いは?


翁庵・冷しむぎ
翁庵・冷しむぎ
アップ
アップ
店内
店内
陳列のメニュー/冷しむぎ
陳列・冷しむぎ
翁庵店頭
翁庵店頭

六本木ヒルズ、天一保で、豚角煮山芋土鍋ごはん

六本木アカデミーヒルズで、セミナーを受講した日、ランチは、手っ取り早く、ヒルサイド1階でとった。

中国土鍋飯専門店

天一保(テンイッポウ)

『"ポゥツァイ飯"と呼ばれる、珍しい中国の土鍋飯が食べられるチェーン店。日本で唯一、ともうたわれている様子。力強い筆描きの看板から察せられるように、"際コーポレーション"の系列店です。
写真は、定番の"豚バラ肉と茄子の土鍋ご飯"1050円。少しおこげがつく程度に土鍋で炊いたご飯の上に、豆板醤や、(おそらく)甜麺醤などを使った甘辛いたれの具を乗せた(ぶっかけたといった方がいいかも)もの。際コーポレーションらしい、いかにも男っぽい豪快な料理です。』
(「六本木ヒルズ 店リスト|六本木でランチ」より)


◆ 豚角煮山芋土鍋ごはん @1,100円

※ 只今、歯の治療中につき、歯に優しいものとして選んだ。しかし、なかなかどうして、強い火力で炊き上げたからか、おこげはしっかりついているし、豚角煮も予想と違ってかなり噛み応えのある硬さに仕上がっていた。



豚角煮山芋土鍋ごはんセット
豚角煮山芋土鍋ごはん
土鍋アップ
鍋アップ
鍋から碗に装う
鍋から碗に
小菜3品
小菜3品
スープ
スープ
ランチメニュー
ランチメニュー
カウンターと厨房
カウンターと厨房
店頭メニュー
店頭メニュー
店頭
奥の席からは、東京タワーなどの夜景が楽しめるそうだ。
入り口

スマートフォン&タブレット2012夏

無料の入場券と受講券を入手したので、7月24日、六本木ヒルズに出かけた。

マーケティングとテクノロジー、モバイルとソーシャルが出会う
3日間。
モバイル&ソーシャルWEEK 2012

スマートフォン&タブレット2012夏

     7月24日(火)~26日(木)
     六本木アカデミーヒルズ49
     主催 日経BP社

『モバイルとソーシャルメディアが、消費者のライフスタイルを大きく変えています。同時に、企業のマーケティング戦術や経営戦略も様変わりさせています。
 モバイルの位置情報を活用したビジネス、ソーシャルメディア上の人間関係を生かしたコマースやCRM、ビッグデータ解析による潜在的ニーズの発掘ー。
これら、激変するデジタルマーケティング最前線の動向を、正確にそして迅速に捉えた企業こそが、業界において、あるいは世界市場において次代をリードすることになります。
 また、急速に普及するスマートフォンやタブレットなどスマートデバイス市場では、サービス開発において、市場動向や最新の技術をいち早く取り入れて、顧客の需要を開拓していくことが強く求められています。』(リーフレットより)

◆ 『ソーシャルで変わる企業のマーケティング
     そのパワーと価値』
    (株)セールスフォース・ドットコム

【内容の例】:
『地球上には68億人が住んでいます
 40億人がモバイルを利用しています
 しかし、ブラシを使うのは35億人しかいません』(プレゼン資料より)

『● 90%のメッセージは送られてから3分以内に読まれる
 ● モバイルで検索した結果の90%はアクションにつながる
 ● モバイル検索結果の70%は一時間以内にアクションに』(同上)

◆ 『携帯電話・スマートフォン“個人利用”実態調査2012
 アップルvsグーグルで、勢力図はどう変わったか?』
     日経BPコンサルティング

【内容の例】:
  スマートフォンの普及率 18.0%
  勢力地図 アンドロイド57.4%、iphone 29.3%

● ジェアリー・ムーアの「キャズム理論

● 消費行動スコアとリーチスコア
⇒「ソーシャル活用売上ランキング

  ・好感・共感で売る  ザ・プレミアム・モルツ
  ・キャンペーンで売る 無印良品MUJI福カレー
             ローソン(ソーシャルメディア・クーポン
  ・クチコミで売る   USJ (朝マック)

● 芦沢桃子
  1. かまってちゃんのハートを満たす
  2. 馬力でない場力を上げよ
  3. ソーシャル・コレクトネスに訴求せよ

cf.『ソーシャルメディアからみる街イメージ~魅力的な街づくりを目指して』(芦沢桃子、白鳥 奈緒美)


当日入手資料の一部
入手資料

セミナーの雰囲気

セミナー会場・開演前(例)
セミナー会場・開演前
ランチタイムにビルから出る参加者
ランチタイム
アカデミィヒルズ49への導入部
アカデミィヒルズ49

おなじみ六本木ヒルズの現況

66プラザ

66プラザ
毛利公園から見た、六本木ヒルズ
六本木ヒルズ

東京ボラセンで、あさり弁当

7月上旬に、飯田橋の東京ボランティアセンターで、また、三浦屋の弁当を食べた。

◆ あさり御飯弁当

※ あさり御飯の旬は、春?  そして、あさり御飯と深川めしはどう違うの?
以前、富岡八幡宮の深川宿で、「本物の深川めし」と「炊き込みの深川めし」を食べ比べたことがある。
 この弁当は、炊き込みの深川めしの類か?


あさり御飯弁当
あさり御飯弁当
開封
開封
あさり御飯の部分
あさり御飯
おかずの部分
おかず

遮蔽不足・水やり不足で、枯れ掛かったミニケヤキ

棚のミニ鉢類がこの暑さの中、ダメージを。

遮蔽不足水やり不足で、


箒仕立てのミニケヤキなどが枯れ掛かった


NPO活動が忙しかったというのが言い訳だが、明らかに人災だ。
恥ずかしい限りである。
間に合うかどうか分からないが、

応急処置日よけ・水やり対策をした。

(1)ミニケヤキに対する応急処置は、葉刈り
(2)根本対策としては、

  a.日除けは、寒冷紗を二枚掛けに。
  b.水やりは、水やり頻度を増やす。
    また、二日に一度は、バケツに半時間ほど漬け込むように変えた。

箒づくりミニケヤキ/水不足→枯れ掛かる  撮影 120704
120704箒づくりミニ欅・水不足→枯れ掛かる

葉刈りと、置き場の移動
(何故ならば、ミニケヤキの寄せ植えは、被害なし)
120704箒づくりミニ欅・枯れ掛かる→葉刈り
枯れそうになったミニケヤキのその後  
一応新芽が出始めた、ミニケヤキ   撮影 120718

回復が本物かどうか、今後注意深く管理する予定。
120718枯れそうになったミニケヤキ
同上
120718枯れそうになったミニケヤキ

【参考】この時、同じように枯れ掛かったのは、イワヤツデ
置き場の変更と、水やりの頻度アップで新芽が出た。
                 撮影 20120718
120718枯れそうになったイワヤツデ
枯れ葉を切除
120718枯れそうになったイワヤツデ

安原ブルーベリー園を、訪問

成田街道・新木戸の交差点で県道57号線を北上し、東葉高速鉄道の線路を潜り、さらに北上を続け、ユニオンゴルフの先で、改修中の農道に入り、八千代市と船橋市の境あたりに、古い地図では牧場という名がついているが、今はブルーベリーの農園がある。夫婦でそこを訪ねた。


◆ブルーベリーin金海茶碗猫掻


購入したブルーベリーを、金海茶碗・猫掻き手もどきに盛ってみた。
ブルーベリーin猫掻き手茶碗


安原ブルーベリー園  八千代市吉橋(よしはし)2790

2010年に安原ブルーベリー園を八千代にオープン。3000㎡のブルーベリー、カシス、グスベリー、ブラックベリーの摘み取り園直売。6月~8月土曜日曜祝日お盆に営業(am8-pm5) 平日は2名様以上で時間指定でブルーベリー摘み取りの予約を受付。特売は自家製の純粋蜂蜜と黒米と特製の「ブルーベリーかき氷」 千葉県立八千代西高校から300m 周りは水田と畑で閑静 冷たい麦茶を御用意して御来園をお待ちしております。』
(「安原ブルーベリー園-[電話帳ナビ]基本情報」より)

安原ブルーベリー園のご主人と奥さん
安原牧場の主たち
試食タイム

奥さんがブルーベリー園に出て、今の時期に収穫できる主な品種を紹介してくれた。

現在収穫の主流は、ハイブッシュ系

リベール(6月中旬~)、サミット(7月中旬~)、ネルソン(7月中旬~盛り:甘・酸のバランスよし)、チャンドラー(7月上旬~:実大
(ディオウーク、ミスティは終了)

8月からは、ラビット系。(ノビリア、アラパハ?)

収穫の様子

一回に片手半分くらいくれる。一口で食べるようにいわれる。一粒ごとは味がぶれるので、色々な粒を一緒に食べるほうが、平均的な味を味わえるからという。なかなか贅沢な試食である。
ブルーベリーの摘み取り1
ブルーベリーの摘み取り2
これは、大きい実だ。(チャンドラーだったっけな?)
ブルーベリーの摘み取り3
ブルーベリーの実をいくつか撮ってみた。
ブルーベリーの実1
ブルーベリーの実2
ブルーベリーの実3
ブルーベリーの実4
実の比較/左から、チャンドラー、ネルソン、ミスティ
チャンドラー、ネルソン、ミスティ
購入したブルーベリーinタッパー 500g入り
(帰りに次女の家で、おすそ分けしてきたので、少し目減りしている)
購入したブルーベリーinタッパー
販売見本
販売見本
摘み取り入園料などの説明板
摘み取り入園料などの説明板
受粉を助けるために、養蜂もしている。
その蜂蜜も、販売している。
養蜂
ブラックベリー
の実
ぽろっと取れるようなものを選ぶと、甘い。
ブラックベリーの実
右から、カシス、カーラント、グスベリーと説明を受けた。
カーラントの仲間については、よくわからない)
カシス、カーラント、グーズベリー
この日は涼しかったので、温かいハーブティーを出してくれたが、そのハーブ類も自家製だ。
ハーブ
☆ ブルーベリーは、体にも良く、かつ、美味しい。
  で、不思議なことに、最近の栽培種には、種がないようだ。
  ほとんど挿し木で繁殖させる、と聞いた。
  確かな情報に当たってないので、この点は、詳らかでない。

ヤマイモのつるで、グリーンカーテンを、の経過

ヤマイモつるグリーンカーテンのその後

今年の5月、6月の状況は、こちら


キュウリネットを伝い登っていく、ヤマイモ  2012.07.13撮影
キュウリネットを伝い登っていく、ヤマイモ
上から見ると、
新芽が初々しい
ヤマイモ・上から
ヤマイモの蔓   2012.07.18撮影
やまいもの蔓

讃岐饂飩 根の津で、ぶっかけうどん

根津神社の南側に出て、権現坂(S坂)というのだろうか、小路を交差点・根津神社入り口に向かうと、左手にうどん屋があった。店内は狭く、私は幸いなことに店内入り口付近で待ったが、猛暑の中、外で待たされる人が続いた。
入り口すぐ左の四人掛けテーブルの相席となったが、前後二組のカップルが前の席に座った。たまたま女性は二人とも可愛い人であった。あとの女性は、美人の中国人、相手の男性は東大のドクターだそうだ。女性は中国語で、男性は日本語で会話をしている。お互いバイリンガルなのだ。話の内容は公表できないが、少なくともおしゃれな女(ひと)が好む店なのだろうか。

讃岐饂飩 根の津

『東京で今も江戸情緒が色濃く残る谷根千(谷中・根津・千駄木)の中心根津神社の入り口近くに讃岐饂飩 根の津はある。四季折々参拝客や散歩する人々で賑わう。開店以来行列の途切れない人気讃岐うどん店である。店主の亀山氏は銀座の人気店『さか田』修業多加水の長期熟成麺手法を取り入れている。また近年九州産地粉を取り入れてより伸びのある食感のうどんを作り上げている。店主お薦めの『温冷2種うどん』850円を食べると温かいうどんの優しさ出汁の美味さ、冷たいうどんの切れの良さ、伸びのよさが楽しめる。』
(「讃岐饂飩 根の津|讃岐うどん遍路|四国新聞」より)

◆ ぶっかけうどん

『文京区根津界隈の町並みをぶらりと歩いてみると妙に懐かしい空気を吸っている自分に気づくだろう。そんな街角の一軒。絶品の讃岐饂飩店がある。

冷たいうどんはぶっかけうどん600円生醤油うどん650円が人気だ。外気温が20度を境に冷たいうどんが人気になると言う。その気持ちは良くわかる。砥部(とべ)焼きの丼にエッジの利いた麺。ビジュアル的にも美しく食欲をそそられる。しっかりした質感のこの丼とうどんの取り合わせ絶妙である。』
(「散歩道のうどん屋 根の津 文京区[うどん]All About」より)


ぶっかけうどん
ぶっかけうどん
メニュー
メニュー
店内
店内
讃岐饂飩・根の津店頭
讃岐饂飩・根の津店頭

千駄木の菊見せんべい

千駄木・団子坂下の交差点近くにある、煎餅屋で、プチ土産を買った。

明治8年創業
        菊見せんべい 本舗

『創業明治八年 菊人形見物客何かお土産を…と誕生した菊見せんべい。「円は天、方は地」という言葉から、当時からめずらしい四角い形のせんべいとなり、その形は今も変わらないままである。』
(「東京のあられ・おせんべい|菊見せんべい総本店」より)

三色 菊見せんべい

『醤油せんべい、甘せんべい、茶せんべいの三色が一袋に入った商品。それぞれ8枚、3枚、3枚入。人気商品!』
(「東京のあられ・おせんべい|三色袋入りせんべい」より)

包装
包装

袋
茶・甘・醤油せんべいの3種
兎に角、硬い煎餅である。歯の治療中の身には、用心して食べる必要がある。
袋の中で、叩いて小割して歯の負担を少なくした。

せんべい3種on志野皿
せんべい3種on志野皿
再掲

菊見せんべい 店先
・ショーウィンドウ

『詩人で彫刻家の高村光太郎は、駒込林町(現在の千駄木5丁目)で育ち、学生時代に団子坂を下って三崎坂を上り、美術学校に通っていたそうです。
その当時、高村光太郎は、菊見せんべいの店先で醤油を塗る娘に惚れて、毎日せんべいを買いに行ったという初恋のエピソードがあります。何とその娘さんの名前は、「智恵子」だったとのこと!
(出典:地域雑誌「谷中・根津・千駄木」9号)

菊見せんべい本舗の建物
菊見せんべい建物

根津神社散策

根津・千駄木散歩の前半、根津神社の散策。

根津神社散策

まずは、あるスナップから、
(0) 根津神社の鳥

a.ハトと遊ぶ女(ひと)
童心に返って、鳩と戯れる人を見て、何故かホッと心が和んだ。
私も参加したかったが、我慢した。
ハトと遊ぶ女
b.子育て中のカラス
気が立っている?
私がカラスと注意書きを撮っていると、同じように若い女性がスマホで撮りはじめた。中国の女(ひと)のようだ。ブロガーか?
根津神社のカラス


(1) 根津神社

表参道
表参道
神橋と楼門

神橋と楼門
神楽殿
神楽殿
この日は、6月大祓いの後の茅の輪が残っていた。
私が、左・右・左と茅の輪をくぐるのを見て、見知らぬ男(ひと)が私について回り始めた。誰かがやると、恥ずかしくなくなり、やるようだ。
また、お宮参りの家族もいた。

茅の輪と唐門
茅の輪と唐門
拝殿
拝殿
本殿
本殿
透塀
透塀
北参道口
北参道口

(2) 摂社など

駒込稲荷

駒込稲荷
庚申塔と塞の大神碑

庚申塔と塞の大神碑
乙女稲荷

乙女稲荷
家宣公胞衣塚

家宣公胞衣塚

千駄木散歩

根津の日本医科大学付属病院へ眼の検査に行った日、ついでに、根津と千駄木を散歩した。検査のため、瞳孔を広げる目薬を差していたため、大変まぶしい散歩となった。
ちなみに、眼の検査は、最終的に異常がなかったので、ひと安心です。

◆ 千駄木散歩

【参考資料】
根津・千駄木下町まつり 下町イラストまっぷ
(根津・千駄木下町まつり実行委員会 平成23年10月発行)
下町イラストまっぷ

【ルート】
(根津駅)→根津神社→千駄木団子坂旧安田楠雄邸→高村光太郎旧居跡→山本百合子ゆかりの地→高村光雲・豊周遺宅→青鞜社発祥の地→駒込大観音→鴎外記念室(観潮楼跡)→菊見せんべい→(千駄木駅)

※ 今回は、千駄木界隈の散歩のみ取り上げる。
  根津神社は、次回に、改めて投稿の予定。


(1) 千駄木 団子坂

・江戸時代ここ団子坂には、植梅・植惣・植重・種半の植木職四店があり、関西から大柴徳次郎とその弟子を招き、菊人形店を開いた。
・商才に長けた植木職人は、植木栽培のほかに庭園を見ながら飲食可能な茶店を始めた。
 紫泉亭(楠田宇平次)・浅草の花屋敷(森田六三郎)・藪蕎麦蔦屋(三輪伝次郎)
・団子坂植木屋は、関東大震災で被災し、大宮盆栽村を造り、移転した。
 清大園(清水利太郎)・薫風園(蔵石篤夫)・曼青園(加藤留吉)

千駄木 団子坂 花屋敷(紫泉亭)

千駄木団子坂花屋敷(江戸百景)
紫泉亭(絵本江戸土産)
千駄木団子坂花屋敷(絵本江戸土産)
花屋敷

『江戸土産には、「千駄木  団子坂 花屋舗 その二 紫泉亭より東南眺望 傍の岳に浴室を作り,遊人をして沐浴(ゆあみ)せしむ。この楼(たかどの)より眺望すれば,図する所の勝地眼下にありて,実に絶景いはんかたなし」との説明があり、団子坂近くにあったは花屋敷の紫泉亭の庭ということがわかる。』
(「16景 千駄木団子坂花屋敷|広重アナリーゼ~名所江戸百景の描かれた日~」より)

団子坂坂上近くの「団子坂」説明板/この右上あたりに、紫泉亭があったようだ
団子坂説明板のあたり

(2) 旧安田楠雄邸

『旧安田楠雄邸は、大正時代から昭和初期の東京山手の庭園と住宅の雰囲気を伝え、貴重な価値があるとして、平成10年(1998)3月に東京都の名勝に指定されました。
この建物は、「豊島園」の創始者である実業家・藤田好三郎氏が大正8年(1919)に建築したもので、旧安田財閥の創始者・安田善次郎氏の女婿・善四郎氏が大正12年に買い取り、お住まいになっていました。平成7年にご当主の楠雄氏が亡くなられたあと、幸子夫人が市民団体「文京歴史的建物の活用を考える会」の助言を得て、平成8年8月22日に建物と庭園を公益財団法人日本ナショナルトラストに寄贈されたものです。』
(案内の栞より)

旧安田邸入り口
旧安田邸入り口
洋間
洋間
客間(残月の間)
残月の間

庭
2階
2階
台所・浴室
台所・浴室
装飾から
装飾

(3) その他

a.高村光太郎旧居跡
高村光太郎旧居跡
b.宮本百合子ゆかりの地
宮本百合子ゆかりの地
c.高村光雲・豊周遺宅
高村光雲・豊周遺宅
d.青鞜社発祥の地
青鞜社発祥の地
e.駒込大観音
駒込大観音
f.鴎外記念室 (観潮楼跡) (休館中)
鴎外記念室 (観潮楼跡)
g.菊見せんべい
菊見せんべい

我が家のラタトゥイユ

NHKあさイチ!ラタトゥイユに、また女房がチャレンジ。
トマトの水煮(缶詰)の替わりに、完熟トマト屋の完熟トマトを使うところがミソ。

我が家のラタトゥイユ

  ・完熟トマト屋完熟トマト
  ・山田農場の有機栽培野菜(黄ズッキーニ、ナス)
  ・街の八百屋から、タマネギなど
  ・我が家の完全無農薬・有機栽培スィートバジル


我が家の、ラタトゥイユ
ラタトゥイユ
山田農場の、丸くて黄色い、ズッキーニ
丸くて黄色い、ズッキーニ

【参考】この日は、ついでに

山田農場の、新鮮・柔らか枝豆(茹でただけ)
枝豆

NHKあさイチ! 落合シェフ風、カペッリーニ

NHKあさイチ! 落合務シェフのカペッリーニに女房が挑戦。
我が家のスィートバジル
を使用
パプリカは、街で買ったもの

◆ パプリカ カペッリーニ 落合風

『魚焼き網を熱し、パプリカをのせて中火から弱火で時々転がしながら30分ほど焼く。 ※焼き上がりの目安は、皮にシワがよってところどころが黒くなるくらい。この時に器にたまる汁も使うので捨てない。パプリカは焼くことで甘みを引き出しとろりとした食感になる』
(「NHKあさイチ! パプリカのカペッリーニ・・・」より)

※ 確かに、大きな黄・赤のパプリカを皮が黒くなるほど、ローストすると、大変柔らかくて甘いものに変身する。

我が家のパプリカのカペッリーニ
(手持ちのものがなく、厳密に言うと、ちょっと太め)
カペリーニ
アップ
アップ
大きな黄・赤パプリカを、網の上でローストしたところ
カペリーニに使った黄・赤パプリカ

完全無農薬・有機栽培バジル収穫

女房が今年もスイートバジルの苗を買ってきたので、去年と同様に、栽培した。
用土、ポリ鉢、堆肥、苦土石灰、マルチング用軽石等は、こちらと同じ。
但し、最近は、効果に疑問があるので、木酢液は使用していない。
今年は、ジェノベーゼソース用のみならず、他に料理用に使いたい、と。
順調に成長したので、今年は摘心を行いながら、脇芽を伸ばし、収穫量を増やすことにした。

我が家の、

完全無農薬・有機栽培

  スィートバジル収穫 2012



生長したバジル
少し伸びすぎたようだ。 (撮影日は、2012.07.13)
生長したバジル
2012 第1回目の収穫
上から2~3節のところ、脇芽が十分大きくなりつつあるところから切断し、収穫した。
手前側が、収穫した主枝
第1回目の収穫

第41回神楽坂まつりのポスターから

第41回神楽坂まつり
         ~ゆかたでおいでよ神楽坂~

 ほおずき市  7月25日(水)~26日(木)
     ちょっと古いが、2008年のほおずき市は、こちら


 阿波踊り大会
       7月27日(金) 大人阿波踊り
       7月28日(土) 子供阿波踊り、大人阿波踊り
     2008年の神楽坂・阿波踊りは、こちら。2007年は、こちら


神楽坂商店街に貼りだしてあったポスター
神楽坂まつり・ポスター
神楽坂見番に貼りだしてあったポスター
神楽坂組合・ポスター

【参考】
こんな中、また一店、閉店
神楽坂、伊勢志摩のアンテナショップ・丸勢
丸勢・閉店

本八幡で、軽食を

本八幡で用を足した後、東京へ出ようとすると、ランチタイムになっていた。
本八幡駅内で、軽食を。

リトルマーメイド LITTLE MERMAIDE

『5月27日(日)、JR総武線本八幡駅「シャポー本八幡」2Fにあるリトルマーメイドが、リニューアルオープンしました。
リニューアルの大きな試みとして、リトルマーメイド初となる「石窯」オーブンを導入
石窯の特長は、石窯の「遠赤外線効果」により、パン生地中の水分を必要以上に蒸発させることなく内側からじっくりと焼きあげ、外はパリッ、中はしっとり・もっちり。さらに、穀物の旨味や風味をギュッと閉じ込めたパンが焼きあがります。』
(「あなたの街のリトルマーメイド|店舗をさがす|リトルマーメイドLITTLE MERMAIDE」より)


◆ サンド2種紅茶

   甘海老とツナサンド    @380円
   海老とアボカドのサンド  @380円
   ダージリン ティー     @280円
        計(税込み) 1,040円

サンド2種と紅茶
サンド2種(甘海老とツナ&海老とアボカド)
サンド2種(甘海老とツナ&海老とアボカド)
リトルマーメイド・横から
リトルマーメイド・横から
通路から店内を見る
店内をみる

もらった、クリスピー・クリーム・ドーナツ

くだんの市川夫人に、女房がお菓子をもらってきた。

Krispy Kreme Doughnuts
                        / クリスピー・クリーム・ドーナツ


 オリジナル・グレーズド・ドーナツ

『クリスピー・クリーム・ドーナツは、オリジナル・グレーズド・ドーナツから始まりました。
1937年以来のオリジナルレシピから誕生するできたてのホットなおいしさを、
クリスピー・クリーム・ドーナツは大切にしています。
手にした時の繊細な柔らかさと口の中で溶けるような軽い食感は
ストアで作っているからこそお届けできるクリスピー・クリーム・ドーナツのオリジナル。おいしく楽しくシェアしたい、宝ものです。』
(「Krispy Kreme Doughnuts|クリスピー・クリーム・ドーナツ|オリジナル・グレーズド」より)

『①電子レンジに入れて、②8秒待つと、③おいしいドーナツのできあがり!』
(同上)

※ 確かに、電子レンジに入れて、8秒チンしたところ、できたて感のあるドーナツとなった。シンプルな味だ。素朴だ。食べなれてきたドーナツとは、全く違う食感である。柔らかくて、モチモチしている。


Krispy Kreme・Doughnuts・袋
Krispy Kreme・ドーナツ・袋

箱
開封
開封
ドーナツ on 束熨斗文皿
ドーナツ on 束熨斗文皿

江戸東京博物館のプチ土産、チビたび

ほぼ時を同じくして、女房が江戸東京博物館見学に出かけた。
買ってきたプチ土産は、

国内産 海老

   ◆ チビたび

『大谷石の炉で特殊な製法で
手焼きした、           小型足袋型煎餅
国内産の海老を使用し、白醤油で味付けしています。
とても上品な味に仕上げました。』
(「80gチビたび」より)

製造者 :(有)煎屋 鴻巣市吹上本町4-15-1


江戸東京博物館の袋
江戸東京博物館・袋
チビたびと袋
チビたびと袋
チビたび on 粉引皿
チビたび
チビ足袋の、足跡
歩いたチビたび

江戸東京博物館へ、日本橋展を見に行く

両国へ日本橋展を見に行った。
この秋に、日本橋ツアーを実施しようと思っているので、新ネタ探しのためである。

江戸東京博物館

江戸東京博物館

開館20周年記念特別展
  ◆ 日 本 橋  
    描かれたランドマークの400年

      北斎、広重、巴水・・・、時を超えた競演!

江戸東京博物館・日本橋特別展
日本橋展・看板
日本橋展看板
日本橋浮世絵を描いた壁画
日本橋浮世絵を描いた壁画

『江戸東京博物館では、慶長8年(1603)に初めて架橋されて以来、400年以上の歴史を持つ日本橋の姿を、絵画を中心とした資料約130件でご紹介する展覧会を開催することにいたしました。
 まず橋そのものに注目し、日本橋が造だった、江戸時代から文明開化期の橋の様子を見ていきます。次に、100年前の開通式に始まるの橋の様子を確認。そして同時に、江戸時代における日本橋川の舟行やその周辺の賑わい、さらには文明開化期に劇的な変化を遂げた周辺地域にも着目し、日本橋の歴史的な側面にも触れます。』
(「|開催中の特別展|展覧会情報|江戸東京博物館」より)

※ 残念ながら特別展は撮影禁止なので、掲載する写真はない。
 特に石橋に代わってからの絵や写真は、これまで見たことのなかったものが多い。紹介できなくて残念である。図禄を買い求めていただきたい。
 展示リストは、こちら


● 常設館

撮影の許されている常設館から、少し撮影したものを掲載する。
但し、デジカメを忘れて行ったので、スマホで撮った画像の小さいものとなる。

日本橋・木橋の復元模型

日本橋の模型
日本橋のジオラマを解説する、ビデオ上映
日本橋物語
政府の計画的放火説の可能性を強く感じさせる、明暦大火の出火箇所(本妙寺、小石川、麹町)と焼失地図
明暦大火の地図
中村座の復元模型(猿若町
中村座
新吉原、京町一丁目・三浦屋蔵久を背景にした、助六と花魁・揚巻
(『助六由縁江戸桜』)
助六

行徳の旬菜鮮魚 えびすで、一杯

先般、行徳散歩の下見のときに、ランチを食べに寄った店。
今回は、東京ビッグサイトのフェアを見ての帰りに、なんとなく一杯やりたくて、立ち寄った。

旬菜鮮魚 えびす
              市川市行徳駅前1-20-12 スカラベマンション1F

※ ランチに、えびす弁当を食べたときに想像したとおりの店であった。
夜の料理も美しく、大変美味しかった。寡黙だが、それでいてやさしくて、腕の立つ料理人だと思う。


ビールとお通し
ビールは、店名の通り、えびす。タンブラーで。
ビールとお通し
『秋田より初夏の香り(じゅんさい酢)』
じゅんさい酢
『三重よりカキの王様 岩ガキ』
岩ガキ
日本酒は、伯楽星
千葉の小料理屋蕎麦屋で、今年は東北応援の名目で、よく飲んだ銘柄だ。
伯楽星
豆は、モロッコインゲンというそうだ。長く平らなインゲンで、黒ムツの上に乗っているのは、半分に切ったものだ、と。

『大分より一本釣り黒ムツ 荒煮』
黒ムツの荒煮
揚げ茄子
揚げ茄子
黒板書き
本日のおすすめ
本日のおすすめ
飲み物リストの一部
飲み物リストの一部
小上りやカウンターに、予約などのお客がボツボツと。
こういう店は、予約を入れておいたほうがいいようだ。
現役時代、深川(門前仲町)の店も、私は予約を入れてから行くようになったのを思い出す。
ボツボツお客が
(私が店に到着したのは、開店間際)
女将さんが暖簾を出したばかりの店頭
暖簾を出したばかりの店頭

第1回 クリエイターEXPO東京

7月6日(金)、東京ビッグサイトへ4つのイベントを見に行った。
何故か、招待状を頂戴したのは、こちら

第1回クリエイターEXPO東京

『第1回クリエイターEXPO 東京とは…
クリエイターEXPO 東京は、書籍、雑誌、コミック、映像、ゲームなどのコンテンツやその構成要素を創作するあらゆるクリエイター(個人)が出展、新しいビジネスチャンスを獲得するための本格的展示会です。』(招待メールより)
              会期:2012年7月4日(水)~6日(金)<3日間>

『出展対象者
● 作家・ライター(小説家、ジャーナリスト、エッセイスト、詩人、俳人、コピーライター、作詞家、放送作家 など)  ● 絵本作家  ● 漫画家  ● 翻訳家  ● イラストレーター  ● グラフィックデザイナー  ● 写真家 など・・・』とある。(同上)


※ 私の参加目的は、

第一に、フォト・エッセイストの実態調査
第二に、セミナー等で応用できる技術の調査 

なお、同時開催は、
・第19回 東京国際ブックフェア 会期:7/5(木)~8(日)<4日間>
・第16回 [国際]電子出版EXPO 会期:7/4(水)~6(金)<3日間>
・第2回 ライセンシングジャパン 会期:7/4(水)~6(金)<3日間>


会場の人気振りは、次の写真の通り。

国際ブックフェア受付
国際ブックフェア受付
国際電子出版EXPO入り口
国際電子出版EXPO入り口
平日なので、私の帰り際、まだ人が混んできた東京ビッグサイト
私の帰り際、まだ人が混んできた

a.フォト・エッセイストの実態調査


写真家のヒヤリング
ヒヤリングと写真撮影に応じて戴いた、プロカメラマンの多賀谷真吾さん。
船渡など岩手県での震災復興に協力
しているカメラマンである。
写真家・多賀谷真吾

b.セミナー等応用できる技術調査


魅力的な、プレゼン技術
大日本印刷のブースで出会った素晴らしい、プレゼン技術
・ひとつは、スクロールピクチャーブック EMAKI ENGINEという絵巻物をスキャンしたものを披露する技術
・もうひとつは、InDesign(インデザイン)(DTPソフトウェア)の活用

これらは、使いこなせれば、セミナーでのプレゼン技術に革命を起こすと、素人の私は思う。
魅力的な、プレゼン技術

c.その他


ア.電子書籍端末

今回のフェアの注目事項は、楽天のKOBOというものらしい。
手にしてみた。
注目の、楽天 KOBO

イ.震災で話題となったものの、その後


あのときの、手書きの石巻日日新聞・実物
と現在のネット新聞
あの時の、石巻日日新聞

巣鴨の「ここ長崎」で、五島うどんを

巣鴨でNPOシニア大樂の幾つかのカレッジに相当するものが毎月開催される。
「写真・エッセイ教室」には生徒として、或いは「旅カレッジ」にはスタッフとして、参加している。
そのため、時々会合前に巣鴨地蔵通りなどを散策する。
今回訪問した店の名前は、もう一つ分かりにくい。

ここ長崎とも、「長崎一島逸品店」とも書いてある。

五島三昧 飛魚(あご)だし定食


※ 五島うどんは、讃岐・稲庭と合わせて、日本三大うどんと言われるそうだ。


飛魚だし定食
飛魚だし定食
飛魚だしうどん

飛魚だしうどん
飛魚飯
飛魚飯
一品(五島潮豆腐

みじょか(さばの燻製
入り酢の物
みじょか入り酢の物
あじ100%五島巻

柚子胡椒
と唐辛子
柚子胡椒
メニュー
メニュー
カウンターと店内の壁
店内・壁
店頭と看板等
店頭・看板等
五島の新聞
半泊
などのPR
五島の新聞
店頭
店頭

ソラマチ タベテラスで、讃岐うどんを

東京スカイツリーから向島方面へ散歩に出かけた日、ソラマチで軽く腹ごしらえした。

ウェストヤード3F ソラマチ タベテラス

本場香川 宮武讃岐うどん

値段も手頃ですぐに食べられる「宮武讃岐うどん」をいただくことにしました。・・・
香川県の宮武讃岐製麺所から直送される“うどん生地”は、のどごしが良くコシがあり、毎日食べても飽きがこないこだわりの逸品!』
(「東京スカイツリー「ソラマチタベテラス」で本場香川の讃岐うどんを!:つれづれ道草日記」より)

◆ とろろ うどん  @470円


宮武讃岐うどん・店頭
注文所
とろろ うどん
とろろうどん
上から
上から
麺を掘り出してみた
これが、宮武讃岐製麺所から直送される“うどん生地”から、できた麺か
麺を掘り出すと
ソラマチ タベテラス/各店舗共通の座席
例えば、本八幡のニッケコルトンプラザなどと同じような雰囲気のスペースである。
食する空間・ソラマチタベテラス

スカイツリーから、山谷堀・新吉原散歩

亀戸から東京スカイツリーソラマチ散策に続いて、今回は東京スカイツリー・ソラマチから千束・入谷まで歩いてみた。

東京スカイツリーから

             
山谷堀・新吉原散歩


行程
は、
(前半)[半蔵門線・押上駅]→東京スカイツリー→向島花街→弘福寺→長命寺桜餅(山本や)→三囲神社→(言問橋)→(吾妻橋)→浅草で昼食

(後半)すし通り→浅草六区→ひさご通り→言問通り→旧猿若町→待乳山聖天・池波正太郎誕生地→山谷堀新吉原跡・お歯黒どぶ→鷲神社→入谷鬼子母神→[半蔵門線・入谷駅]


半蔵門線・押上駅(スカイツリー前駅)
東武線・東京スカイツリー駅より、設備は立派である。
半蔵門線・押上駅
スカイツリー・アリーナ4F
スカイツリー・アリーナ4F
桜通り案内板
東京スカイツリーから向島までは、途中森鴎外の旧居跡(本所高校内)があるだけの、単調な道である。
桜通り案内板
向島・料亭
18軒あるという向島料亭のうち2つ
櫻茶ヤと美家古
弘福寺門前の案内板には、美家古は淡島寒月の旧居跡であるとある。
向島・料亭
弘福寺
弘福寺
三囲神社境内
狛犬(狐)3種
三囲神社境内
雷門通からすし屋通→浅草六区からひさご通→言問通へ

浅草六区

六区の旧代表的存在は、渥美清・萩本欣一・ビートたけし・井上ひさしなどを輩出したストリップ劇場の旧フランス座(現・浅草演芸ホール)
浅草六区
浅草の祭のポスター
7/1富士浅草浅間神社・植木市、7/6・7・8入谷の朝顔まつり、7/9・10浅草寺・四万六千日・ほゝづき市
祭のポスター
待乳山聖天宮入り口・池波正太郎誕生地の碑
待乳山入り口・池波誕生地
今戸橋
山谷堀と紙洗橋
紙洗橋は、冷やかしの語源となった紙漉き職人がいた紙屋が近所にあった。
また、この近くには、江戸随一の料理屋・山谷の八百善もあった、と。
山谷堀と紙洗橋
新吉原
大門、見返り柳、クランクしている五十間道、よしわら揚屋町
新吉原
お歯黒どぶ

お歯黒どぶ
鷲神社

六月晦日の大祓いの為に、茅の輪くぐりがセットされていた。
鷲神社
入谷の鬼子母神

鬼子母神
半蔵門線・入谷駅半蔵門線・入谷駅

銀座インズ、素敵庵でランチ

10年ほど前、銀座に4年間勤めたことがある。
ランチのときは、色々な店を食べ歩いたのが懐かしい。
この日は、銀座・伊東屋へ文房具を買いに行ったついでに、銀座インでランチした。
そのフロアは、半分ほどの店が入れ替わっていた。
4年ほど前から始めたという店に入ってみた。

ステーキ&ビア 素敵庵 東京銀座店
              中央区銀座西3丁目1番地 銀座インズB1

◆ 和牛 ビーフカレー

※ カレーというより、デミグラスソースが掛かったライスというような、おしゃれな味だ。サラダのフルーツトマトや、デザートのブルーベリー・シャーベットも美味しい。
 

 
ビーフカレー
ビーフカレー
デザート
デザート
ランチメニュー

ランチメニュー
店頭
店頭

店頭2

店頭3
※ デジカメを忘れて出かけたので、今回の撮影はスマホで行った。

妙典、杏樹亭でランチ

行徳で何回目かの散歩をしたとき、東西線・妙典駅から少し歩いたところにある、行列のできるラーメン屋で腹ごしらえした。

妙典 杏樹亭  市川市塩焼3-1-4


◆ 特製ラーメン
   @900円

※ やたらに詳しい説明ブログがあったので、そちらを引用する。

大成食品の「杏樹亭」特製麺。中加水、中太ストレート麺。160グラム。

「麦豚」(麦だけを食べて育った豚のブランド名)をスープで2時間半煮込み、しょうゆダレに20分漬け込んで味付けしたチャーシューが3枚。
5分半ゆでて和風だしとしょうゆ、みりんで味付けしたタレに一晩漬け込んだ半熟味玉を丸ごと1つ。
メンマは乾燥メンマを5時間以上かけてゆでて戻すところから仕込んだ自家製。しょうゆ、和風だし、みりん、ごま油、唐辛子で味付け。
青ネギ、のり

スープ
:肉系のスープと、和風だしをあわせるダブルスープ製法。
肉系スープ
の材料は、豚のゲンコツ、鶏ガラ、野菜類、鯖節、うるめ、昆布、椎茸など。初日4時間、翌日5時間煮て一旦、冷やし、1日寝かせてから使う。
和風だし
鰹節、煮干し、羅臼昆布を使用。営業前に2種類のスープを寸胴であわせる。

タレ
:しょうゆ、清酒、本みりん等の調味料をあわせた中に、チャーシューを漬け込んで作った特製しょうゆダレ。

オイル
:4時間がかりで仕込んだ特製香味油。軽くさっぱりしたオイルにするため、オリジナルのレシピを考案。』
(「大成食品_食べある記隊_杏樹亭」より)


特製らーめん
特製らーめん
アップ
アップ
麺をほじくってみた
麺をほじくってみた
券売機
券売機
店内
店内
店内、椅子で待つ人・立って待つ人
店内・待ち客
外で、並んで待つ人
外で待つ人
杏樹亭・店頭(帰るとき)
杏樹亭・店頭
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR