神保町・メナムのほとりで、カオマンガイを

神保町で三省堂などの本屋を巡った後、ランチした。

メナムのほとり 千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル別館1階

カオマンガイセット  タイ伝統のチキンライス

『鶏のスープで炊いたご飯と、茹でた鶏肉をこれぞタイ料理ともいえる秘伝のタレで食す、タイの代表的な屋台料理。あっさりとしたスープとは相性バッチリ。是非この機会にどうぞ。』
(「カオマンガイセット」メニューより)

※ カオマンガイは、シンガポール料理店・海南鶏飯でもよく食べた。
名前は、海南チキンライスであった。
メナムのほとりは、よくはやっている店だ。帰る頃には満員になっていた。



カオマンガイセット
炊き込みご飯・蒸し鶏・大根スープ・秘伝のタレ・マンゴープリン
カオマンガイセット
蒸し鶏
蒸し鶏
大根スープ&秘伝のタレ
大根スープ&秘伝のタレ
マンゴープリン
マンゴープリン
カオマンガイセット・メニュー
カオマンガイセット・メニュー
ランチメニュー
ランチメニュー
円卓の上
テーブルの上
入り口方面
花
店先の看板
店先の看板
メナムのほとり・店頭
メナムのほとり・店頭 

日本堤・土手の伊勢屋の、天丼

竜泉界隈を歩いた日、まず腹ごしらえのために吉原大門の近くにある、桜肉鍋屋ではなく天麩羅屋に入った。

創業明治22年

土手の伊勢屋 台東区日本堤1-9-2

◆ 天丼 ロ(ろ)

吉原の裏手にある老舗の天丼屋さんです。
見るからに風格のある建物、そこに行列をしているお客さん。
そこまでして食べたい天丼なんです。
ここの天丼は安い順にイ、ロ、ハとなっております。
個人的には真ん中のロが一番コストパフォーマンスがよいと思います。
丼の上に乗っているのはアナゴをマクラしてエビ、かきあげ、ししとう
「え?これだけ」と思うなかれ。
それぞれのボリュームが物凄いんです。
うまくご飯と食べていかないと「天麩羅」が余ります(笑)』
(「土手の伊勢屋 台東区日本堤/クーポンのホットペッパー」より)


天丼・ロ(ろ)
穴子・海老・イカのかき揚げ・シシトウ
イカのかき揚が特に美味しい。
天丼・ロ
天丼アップ
アップ
お吸い物
お吸い物
メニュー
メニュー
室内・厨房方面
室内・厨房方面
窓際の招き猫
招き猫
土手の伊勢屋・店頭
土手の伊勢屋・店頭
土手の伊勢屋・横&裏
土手の伊勢屋・横&裏
日本堤

日本堤

一葉「たけくらべ」ゆかりの地を歩く

竜泉界隈

一葉「たけくらべ」ゆかりの地を歩く

【参考資料1】「樋口一葉と歩く明治・東京」野口碩著 小学館

たけくらべ」が生まれた町
 廻れば大門の見返り柳いと長けれど、
 お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取る如く

  -「たけくらべ」冒頭より』(P108より)

吉原遊郭の裏で 荒物・駄菓子屋を開く
 おもひの馳するまま、こころの趣くままにこそ筆は取らめ。
 いでや、是より糊口的文学の道をかへて、
 うきよを十露盤の玉の汗に商ひといふ事はじめばや

  -明治26年7月1日「につ記」より』(P104より)

【参考資料2】台東区・パンフレット
【参考資料3】一葉記念館・資料

台東区・パンフレット
台東区・パンフレット
一葉記念館・切符と資料等
一葉記念館・切符と資料
千束稲荷神社
「たけくらべ」では8月20日の夏祭りをきっかけに物語が展開する。

千束稲荷神社
一葉記念館
一葉の肖像が五千円札に採用されたのを機に、一気に立派になった記念館。
一葉記念館
一葉記念公園
一葉記念公園
一葉旧居跡碑
ここで荒物・駄菓子の小商いをした。
一葉旧居跡碑
飛不動尊
飛不動尊
大黒屋の寮跡
美登利の家のモデル

大黒屋の寮跡
桜肉鍋(中江)
馬肉屋
吉原大門・見返り柳
吉原大門・見返り柳
吉原神社
吉原神社
吉原今昔図
吉原今昔図
吉原弁財天
吉原弁財天
鷲神社
鷲神社
大音寺(普段は門が閉まっている)
たけくらべの龍華寺のモデルと言われる。

大音寺
信如のモデルの墓

信如のモデルの墓
朝日弁財天(水の谷池跡)
美登利と信如が出会う水の谷池がある。

朝日弁財天(水の谷池跡)
太郎稲荷神社
美登利が「姉さんの繁昌するように」と願をかけ、毎朝参拝した神社。

太郎稲荷神社
太郎稲荷
太郎稲荷
浄閑寺(投げ込み寺)吉原遊郭で死んだ25,000人もの遊女がこの寺に投げ込まれた。
新吉原総霊塔
新吉原総霊塔
荷風の詩碑
荷風の詩碑
目黄不動尊
目黄不動尊

第58回 日本伝統工芸展

日曜美術館を見て、翌9月26日(月)急遽、三越本店に出かけた。

国内最大規模の公募展

第58回 日本伝統工芸展

   9月21日(水)~10月3日(月)
   日本橋三越本店 本館7階ギャラリー
   主催:文化庁、東京都教育委員会、NHK、朝日新聞社、
       公益社団法人日本工芸会

『我が国には、世界に卓絶する工芸の伝統があります。伝統は、生きて流れているもので、永遠に変わらない本質をもちながら、一瞬もとどまることのないのが本来の姿であります。伝統工芸は、単に古いものを模倣し、従来の技法を墨守することではありません。伝統こそ工芸の基礎になるもので、これをしっかりと把握し、父祖から受けついだ優れた技術を一層練磨するとともに、今日の生活に即した新しいものを築き上げることが、我々に課せられた責務であると信じます。…』  (パンフレットより)

伝統工芸展の案内/三越前の地下道にて
伝統工芸展ポスター
伝統工芸展パンフレット表裏&出品作品一覧
パンフレット表裏&出品作品一覧
伝統工芸展・図録
伝統工芸展・図録

第58回日本伝統工芸展・図録 より引用する

陶芸部門を抜粋

日本工芸会会長賞

堆磁線文鉢 神農 巌

『 眼下に広がる琵琶湖を眺めていると、静かに見えた湖面に白波が立っていた。作者が目にした情景を、独自の堆磁手法を用いてフォルムの中に取り込み表現した。青と白、静と動といった対比に加え、装飾と造形が一体となった立体的な線文により、内側と外側との繋がりが確かなものとなり、作品としての存在感を高めることに成功している。(唐澤昌宏) 図録より』

堆磁線文鉢

日本工芸会奨励賞

白妙磁彩鉢  庄村久喜

『底部の豊かな丸みを矯(た)めて一気呵成に口縁部へと伸展直行する、壮快な胎土の立ち上げがこの白磁鉢の最大の魅力。内外面には、浅い凹凸の削り出しと二種の透明釉の掛分けが、等しい幅で放射状に施されている。この微(かす)かな陰翳(いんえい)と絹布のごとく滑(なめ)らかな光沢の織りなす視覚的律動感が、作品の印象を引き締まったものとしている。(石崎泰之) 図録より』

白妙磁彩鉢
そのほかランダムに
原 清
・鉄釉草花文偏壺ほか(図録P14)
先年、和光で個展を開いておられた原さんに、鉄釉について質問をしたことがある。丁寧に教えて戴いた。お人柄のいい人だ。
鉄釉草花文偏壺ほか
菊地弘・彩泥瓷花器ほか(P20~21)
彩泥瓷花器他
徳澤守俊
・朝鮮唐津水指ほか(P64~65)
去年、朝鮮唐津茶碗を習作した折、徳澤さんの名前を知った。
朝鮮唐津水指ほか
市野信水
・丹波茶入ほか(P66)
信水さんは、昔丹波立ち杭を何度か訪れた折、徳利やぐい呑みを買った。轆轤の名手である。それ以来のファンである。体を壊されてから力仕事ができなくなったと息子さんから聞いた。茶器のようなものの製作に転じたのであろう。
丹波茶入ほか

【追加写真】

日本橋三越本店地下入り口、開店直前の状況
開店と同時にエレベーターで7階会場に向かった。まもなく会場は人で一杯となった。この日は、月曜日であるのに‥。
三越開店直前
中央通から見た、日本橋三越本店
三越本店

ソニーストアで、3D対応ヘッドマウントディスプレイを体験

松屋銀座と和光ホールの帰り、ソニーストア銀座に立ち寄った。

The Future of Home Cinema
3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

を30分並んで待って、1分20秒ほど体験
2011年11月11日発売予定だそうだ。

HMZ-T1での体験イメージは、こちら

『【商品の特長】
・HD有機ELパネルが描きだす圧倒的な映像美
・求めたのは立体感の先のリアリティー
・ただ、映像と音に満たされる深い没入感
(「HMZ-T1|ヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”|ソニー」より)


ソニービル Floor Guide
3階で、体験できる。
ソニー3D

銀座和光ホールでの井上康徳白磁展

松屋銀座の帰り、少し銀ブラをした。

ギャラリー和光ホール

井上康徳白磁展 作陶30周年記念

※ 父親の人間国宝・井上萬二氏の白磁展は、昔、この和光ホールでよく観た。
作風は限りなく父親似である。



井上康徳白磁展カタログ
ワコー・井上康徳白磁展
井上康徳白磁展・カタログの見開き
井上康徳白磁展・カタログ

没後50年・柳宗悦展 at 松屋銀座

9月22日、台風一過の銀座へ出かけた。

没後50年・日本民藝館開館75周年-暮らしへの眼差し-

柳 宗悦 展

   9月15日(木)~26日(月)
   松屋銀座8階イベントスクエア
   主催=NHK、NHKプロモーション、日本民藝館

『「素朴な器にこそ驚くべき美が宿る」と語った柳宗悦(1889~1961)は、無名の職人による誠実な手仕事を「民藝」と名付け、沖縄から北海道まで全国各地を巡り、陶磁器・染織・金工・紙などさまざまな分野の中から、魅力的な品々を蒐集しました。宗悦の“美”を追い求める情熱は、様々な人々を巻き込みながら大きなうねりとなり、1936年には東京・駒場に念願の日本民藝館を開館。そして、手仕事の復権を目指す民藝運動や数多くの著書を通じて、豊かな日本文化を残すために尽力しました。宗悦の没後50年に当たる本年、宗悦が直観により見出した美しい器物、朝鮮時代の工芸、琉球や台湾の衣装や装身具など約250点を一堂に展観し、美の本質を求め続けた柳宗悦の生涯をたどります。』
(柳宗悦展カタログ裏面より)

※ 柳宗悦邸・応接間を再現したコーナーの荘重さは一見に値する。
鳥取や朝鮮の家具、バーナード・リーチや浜田庄司の器物は宗悦好みであろう。
展示品の中では、熊川や磁州窯の茶碗が私の好みである。民藝作家の茶碗は少し重い感じがして私好みではない。



柳宗悦展・入場券&カタログ
柳宗悦展・入場券&カタログ
柳宗悦展・カタログ裏&日本民藝館カタログ
柳宗悦展・カタログ裏&日本民藝館カタログ
松屋銀座8階催事場で催されていた銀座手仕事直売所
スタッフブログは、こちら
陶器では、出西窯(島根)、小鹿田焼(大分)、砥部焼(愛媛)など出展。
これらは、私が25年掛けて全国の窯場巡りをした中に含まれており、大変懐かしい。
このうち、出西窯の作家達の日本陶芸展などにおける最近の活躍は目覚しく、多少驚いている。


出西窯の飴釉ぐい呑みを衝動買いしてしまった。
手しごと・出西窯ぐい呑み
松屋銀座
松屋銀座

浮世絵に出てくる植木鉢の習作-瑠璃釉鉢E

◆ 植木鉢の作成   新シリーズ 12

浮世絵に描かれた植木鉢から

参考は、「江戸のガーデニング-タンタン期フランス留学」より 

垣根文様?

瑠璃釉鉢をもうひとつ。

◆ 瑠璃釉丸鉢 (垣根文様?) 習作E


瑠璃釉丸鉢(垣根文様?)正面
瑠璃釉丸鉢・正面
鉢裏
瑠璃釉丸鉢・裏
瑠璃釉丸鉢・2種
(垣根文様?と市松模様
瑠璃釉丸鉢・2種

浮世絵に出てくる植木鉢の習作-瑠璃釉鉢D

◆ 植木鉢の作成   新シリーズ 11

浮世絵に描かれた植木鉢から

参考は、「江戸のガーデニング-タンタン期フランス留学」より

市松模様 

また、瑠璃釉鉢を習作した。

◆ 瑠璃釉丸鉢 (市松文様) 習作D


瑠璃釉丸鉢・市松模様
ルリ釉・市松模様
鉢裏・市松模様
鉢裏・市松

石川孝子・色絵菊の向かい合わせ文丸鉢写し

◆ 植木鉢の作成   新シリーズ(現代物) 6

・現代の植木鉢から

◆ 石川孝子? 色絵菊の向かい合わせ文丸鉢 写し

「新版・盆栽小鉢図鑑」『自然と野生ラン』8月号増刊 新企画出版局 P8より

これも、上絵付けである。

石川孝子・色絵菊の向かい合わせ文丸鉢写し・正面
孝子・色絵菊の向かい合わせ文丸鉢写し・正面
同・鉢裏
孝子・色絵菊の向かい合わせ文丸鉢写し・鉢裏
石川孝子丸鉢写しシリーズ
孝子シリーズ

奈良、あわいさ亭のおはぎ

女房が、母親を奈良のある場所に連れて行く道すがら、お菓子を買ったそうな。

めん処 あわいさ亭 奈良県北葛城郡王寺町藤井1-108-1

めん処 あわいさ亭は、うどん・そば・ラーメン店だとか。

※ ところで、「あわい(間)」とは
『?物と物、時と時のあいだ。ま。すきま。』(広辞苑より)

そこで「あわいさ」とは、
『物事の間、空き時間
あわいさにやっといてぇな」と頼まれて、本当に空き時間まで放置しておくと上司に大目玉を食らう、大阪人の上司が部下に婉曲的に物を頼むときは本当は急いでいるのだ…』

(「試験にでる大阪弁辞典あわいさ」より)

この「あわいさ亭」のあわいさ(間)は、何と何の間なのだろうか?素直に考えれば、王寺(あるいは斑鳩)が奈良と大阪(あるいは難波)の間と思われるが…

ところで、なぜかこのめん処は、おはぎが有名らしい。

 手作りの十勝おはぎ

※ 少し「田舎っぽい」けれど、美味しい。

包装on袋
包装on袋
パック  2個入り 300円
パック
パック開封
パック開封
おはぎon束熨斗文皿
おはぎon束熨斗文皿
おはぎ断面
おはぎ断面

ユーハイムのバームクーヘンシャイベン

リホームの工事で音出しするからと、その旨を告げに裏の家の人が来た。我が家の屋根の工事の時には洗浄の大きな音が出たが近所の挨拶回りはしなかった。ご丁寧なことだ。そして手土産を頂戴した。

KARL JUHHEIM

(株)ユーハイム 神戸市中央区港島中町7-7-4

『バターはコクと深みのある発酵バター、砂糖はドイツなどの高緯度地域で栽培されているビート(てんさい、さとう大根)から作られたもの、マジパン*はドイツ・リューベッカー社製、そして塩はアルプス山脈のふもと、バート・ライヒェンハルの天然ミネラル豊富な岩塩を使用しています。
こだわり材料を昔ながらの製法で焼きあげた味わい深いバウムクーヘンが魅力のお店です。』
(「カールユーハイム|ユーハイム」より)
* マジパン : アーモンドと砂糖をすりあわせたペースト。


◆ バームクーヘンシャイベン

『気軽にお楽しみいただけるサイズのバウムクーヘンをひとつひとつ包みました。』
(「バウムクーヘン|カールユーハイム|ユーハイム」より)


袋
包装on袋
包装on袋
箱on包装紙
箱on包装紙
開封
開封
個袋on天目釉皿
個袋on天目釉皿
クーヘンon天目釉皿
クーヘンon皿
クーヘン断面
断面
☆ 懐かしいお菓子だ。

むかごを食べる

むかご料理

収穫したむかご
を早速食することにした。女房が作ってくれたのは、定番のむかごご飯とむかごの唐揚げ。
なお、むかご料理の様々は、こちら

(1)むかごご飯

通常のむかごご飯のレシピに準じて、炊いたもの。

むかごご飯 in 絵唐津鶴丸文茶碗写し
むかごご飯in茶碗
むかごご飯 in 炊飯器
むかごご飯in炊飯器

(2)むかごの唐揚げ(素揚げ)

むかごの唐揚げ in 白磁縁錆小鉢
むかごの唐揚げ

細川護煕展2011 at 壺中居

今年も案内状を頂戴したので、9月15日に会場へ出かけた。

私としては、赤茶碗・黒茶碗、志野のぐい呑み、信楽の壷、信楽陶仏などに見るものがあった。
面白いものでは信楽陶仏が窯の中で割れたもので、これを青磁茶碗 銘「馬蝗絆(ばこうはん)」の如く、鎹(かすがい)で留めているものがあった。割れてない場合に比べて景色となってかえってよしと思う。 

『最新作の作陶プロセスを夏から追いかけました
細川護煕の「陶芸」塾 中軽井沢の穴窯志野や信楽・湯河原の不東庵で樂茶碗

焼きものの本質を求めて、新しい発想と技術に挑戦し続けている細川護煕さん。今月の『和樂』では、今年の夏から秋にかけて細川さんの作陶の様子を密着取材しました。中軽井沢に築窯された“穴窯”では、新作の焼成から窯出しまでをレポート。ひと筋の釉薬が印象的な「信楽一重口水指」や、無骨な肌の「信楽茶碗」など、初お目見えの作品を一挙公開します。また、湯河原の不東庵では、濡れたように艶やかな黒が魅力の「樂茶碗」の作成プロセスを紹介。信楽や伊賀、樂茶碗についてのインタビューから見えてくる、細川さんの作陶への思いに迫ります。』
(「小学館 和楽 2008年 12月号 バックナンバー <雑誌マルチサイト BMSHOP>」より)


細川護煕展 陶芸・書

  ギャラリーこちゅうきょ

    会期: 平成23年9月13日(火)~17日(土)
    時間: 10:00~18:00
    会場: 壺中居

案内状
案内状
展覧会会場 壺中居の入り口辺り
ショーウィンドー内には、信楽童子像が飾られている。
壺中居入り口
壺中居のビル
壺中居

空海と密教美術展

9月15日(木)、平日だからと高を括って、東京国立博物館へのんびりと出かけた。甘かった。老若男女で一杯。平日なのに、何でこんなに沢山の人が?

空海と密教美術展

   2011年7月20日(水)~9月25日(日)
   東京国立博物館 平成館

みどころ
は、こちら

その中で、開催趣旨は、
『弘法大師空海(こうぼうだいし くうかい)は、延暦23年(804)、密教を求めて唐に渡り、2年という短期間のうちにその奥儀(おうぎ)をきわめます。奥深い密教の教えは、絵画などを用いなければ理解できないと空海自身がいうように、密教では造形作品が重視されます。この展覧会では空海が中国から請来(しょうらい)した絵画、仏像、法具、また空海の構想によってつくられた教王護国寺(東寺)講堂諸像など、空海ゆかりの作品、さらに空海の息吹が残る時代に造られた作品を中心に、密教美術の名品を展示します。現存する空海自筆の書5件を、各巻頭から巻末まで展示するので、書家としての空海も存分にご堪能いただけることでしょう。』とある。


この展覧会の謳い文句は、
この夏、マンダラのパワーを浴びる
 国宝・重要文化財98.9%
 特別協力  総本山仁和寺総本山醍醐寺総本山金剛峯寺
         総本山教王護国寺(東寺)総本山善通寺遺迹本山神護寺

 密教宇宙、東京・上野に出現

 真言密教美術の源流

 仏像曼荼羅を体感する。

 弘法大師の書。』   (パンフレット見開き頁より)

※ 当然館内は撮影禁止。なので旨く伝えられないが、仏像・曼荼羅・書とも圧巻であったとしか言いようがない。20年の滞唐予定を2年で終え、かつ、あれだけの質・量の請来品をもたらしたというのは、驚嘆するしかない。


入場券、パンフレット、出品目録、音声ガイド作品リスト
空海チケット他
パンフレット見開きページ
パンフレット裏
特別展のきっぷ売り場・40分待ちの表示が。
キップ売り場・40分待ち
日傘の貸し出し
日傘貸し出し
水分補給所(まるでマラソンコースの沿道のよう)
水分補給所
東博で久し振りの長い行列を経験
長い行列
平成館入り口付近の壁
平成館壁
入り口近くのテント内
少し風があったので、何とか凌げたが…。きっちり40分経っていた。
入り口近くのテント
見終わって振り向く(平成館出口扉の外より)
平成館出口
午後から平成館に向かう人。大分減ってきたが…
午後から平成館に向かう人
東博近くの案内板
案内板

むかごの収穫と種芋用としての保存

むかご収穫種芋用としての保管

むかごがそこそこ大きくなっていた。
・経験上食用としては、むかご・ご飯には小粒のものが、唐揚げ(素揚げ)には少し大粒のものが適していると思う。
・また、ゴーヤが連作を嫌うので、来年のグリーンカーテン用の候補として、むかごの大粒のものを種芋用として保存することにする。地面に落ちて発根・発芽しない場合があるということなので、モミジの種のように湿った土の中で保管しておくことにした。

(1) むかごの収穫

むかごの状況
むかごの状況0828
むかごの収穫
むかごの収穫0913
種芋用と食用
(手前を種芋用に、向うを食用に)
種芋用と食用

(2) むかごの保管

『「ムカゴを生育期(9月上旬ごろ)に採って、ワラ下や土中に入れておくと、その秋までにある程度肥大する」そう。「秋が過ぎて休眠期にはいると、肥大はない」そう。』
(「◆パイプ栽培のヤマイモ。山芋。初収穫。ムカゴも-てらまち・ねっと」より)

むかごon鹿沼土 /15cmφのポリ鉢
むかごon鹿沼土
cf.『乾燥しない様オガコやもみ殻などに入れて、冷蔵庫や冷暗所で春まで保管して下さい。…
ムカゴからの栽培はなかなか難しいので、初心者の方は種芋を利用して栽培されることをお薦めします。』
(「ムカゴの販売|自然薯屋 販売サイト」より)

上に鹿沼土を被せ、水を掛けた。湿らせすぎたり・温度が高すぎると腐らせたり早すぎる発芽をもたらす危険性はありそうだ。

春先の播種までの、むかごの湿層保管/どうなることやら
むかご湿層保管
★ 心配事
a.むかごの収穫時期
 9月説と11月説がある。11月の方が適期であるとすると、早すぎた。
b.保存法
 (乾燥した?)おがくずや籾殻の中で、かつ、冷蔵庫や冷暗所で保管するのが適切であるとすると、湿った鹿沼土の中で保管するのは腐らせないよう管理上注意が必要である。
c.ムカゴからの栽培は難しい?
 ならば、ムカゴを収穫したあたりは、毎年収穫し損なって(地面に落として)発芽してくる苗を引き抜いて捨てているが、それを収集して植える手もある。保管に失敗した場合はそうしよう。
 芋の採取が目的ではない、グリーンカーテン用植物の候補なので気楽に考えよう。

うさぎや上野の、どらやき

亀十のどら焼きのところで、日本橋うさぎやについて触れたら、ランキング1位の上野うさぎやのどらやきについてコメントがあったので、初めてうさぎや上野を訪ねてみた。

合資会社 うさぎや  台東区上野1-10-10

『和菓子屋としての当店のはじまりは、大正2年現在地に開店した事からになります。創業者初代谷口喜作は富山県の出身です。創業当初、菓子折のひとつひとつに入れていた「うさぎやは素人の菓子屋也」と始まる口上には、素人なるが故に材料は最上のものを選び、味を専一に、価格は廉価に、容器は廃物利用を心掛けと、営業方針を述べて居りますが現在もこれを守り営業致しております。店名のうさぎやは、初代が卯年生まれであったことによります。 』
(「お店からのご案内」より)

『「上野黒門町のうさぎや」を初代喜作さんが大正2年(1913年)に創業、
阿佐ヶ谷のうさぎや」は初代喜作さんの娘さんが始めたお店・・・
そして「日本橋のうさぎや」は初代喜作さんの三男、豊三氏が始めたお店』
(「日本橋うさぎやのどらやき<br>何はなくともまずはどらやき:近所の・・・」より)


どらやき


参考までに、うさぎや日本橋は、こちらこちら

『(上野と日本橋の比較について)上野が「軽くて上品」なのに対し、こちらは「どっしり高級」といった印象。うーん、どっちも美味いぞ!正直、ここまで味の違いがあるとは思いませんでした。』
(「うさぎや 本店@日本橋-(旧)シグナル・ロッソ。」より)
 
※ わが女房の感想:日本橋うさぎやの方が好き。しっとりふわっとしているから、と。私も感覚的には日本橋派の方であるが、食べた時間の差があるので分からないというのが正直なところ。いつか阿佐ヶ谷を含めて、同時に食べ比べてみないといけないと思っている。


上野・うさぎや店頭
屋根にうさぎの像が。
上野・うさぎや店頭
うさぎやの客
(入れ替わり立ち替り、客が訪れる)
うさぎやの客
うさぎや・袋
うさぎや・袋
どらやきon絵志野皿
どらやきon絵志野皿
どらやきon鉄絵皿
どらやきon鉄絵皿
どらやき断面
どらやき断面

浅草梅園の、あわぜんざいと黄な粉みつ豆

過日我がブログの特派員である女房が浅草公会堂に出かけるというので、待ち合わせ場所になっている梅園で土産を買ってきてもらうことにした。

浅草下町の
 梅園

梅園店頭
梅園店頭
梅園の袋
袋
袋の中
あわぜんざいの箱と、黄な粉みつまめの入った小袋
袋の中

◆ あわぜんざい

『梅園のあわぜんざいの餅は、あわではなく餅きびを使います。
餅きびを半搗きし煉りあげ、蒸した餅と、じっくり炊いたこしあんを
椀で合わせただけの『贅沢』な菓子です。
この一膳が梅園の歴史そのものです。』
(「浅草下町の梅園:あわぜんざい」より)

あわぜんざい・箱
あわぜんざい・箱
あわぜんざい箱・開封
あわぜんざい箱・開封
あわぜんざいinそなえつけ容器
あわぜんざいin容器
あわぜんざいを縦に半分に切り、断面の様子が分かるように横にして、安南焼き写しの鉢に移したもの
あわぜんざいin安南風鉢

◆ 黄な粉みつまめ

黄な粉みつまめ on小袋
黄な粉みつまめ on小袋
黄な粉みつまめ解体
黄な粉みつまめ解体
黄な粉みつまめin三島平茶碗
黄な粉みつまめin三島平茶碗

人形町・魚久の京粕漬特撰詰合せ

(株) 魚久 中央区日本橋人形町1-1-20

『下町人形町の名物がなぜ京粕漬なのか。初代は奈良の生まれで、京で料理の修行を積み、大正3年、高級鮮魚の小売商「魚久商店」として開業した地が、人形町に隣接する蛎殻町。当時は米屋町と称され、大阪の堂島と並んで日本の米相場を支配する商業のメッカでした。その後、昭和15年二代目が江戸風割烹を開店、季節の会席の一品として出した粕漬けが好評で、味にうるさい米の仲買商の間でも評判となり、常連のお客様が料亭土産にと、クチコミで人気を呼び昭和40年に粕漬け専門店として「京粕漬 魚久」を開店しました。

 「味を守り、旬をいかす」をモットーに今も日本料理の技を受け継ぎ、終始一貫した手作りの製法にこだわり、素材選びから始まり、味、形、包丁の入れ方まで、料理人としての自負とこだわりを味に活かしております。』
(「株式会社 魚久」会社案内 |歴史・発祥の由来| より)


◆ 銀鱈・鮭・いか京粕漬特撰詰合

『それぞれの素材が持つ “鮮度”“風味”“うま味”を 生かし
魚久伝統の味に仕上げました。 ぜひご賞味ください。』
(「株式会社 魚久」|京粕漬|より)

『要冷蔵
※ 当社の京粕漬はなまものです。長期保存には適しておりませんので、なるべく早めにお召し上がりください。
※ 冷凍庫によって、30日程度の保存ができます。…

当社の商品は漬け上がった状態でお出ししております。身に味が充分染み込んでおりますので、焼く前には必ず粕を水洗いして下さい。…』
(「株式会社 魚久」|京粕漬| おいしい食べ方|上手な焼き方等 より)


クール便
クール便
外箱
包装
内箱
内箱
開封
開封
原材料の魚価格が高騰しているのに、有難いことである。
(なおちょっと古いデータになりますが、日経NEEDSによると、魚価高騰の理由は、
   ・国際的漁獲規制
   ・世界的に魚の人気上昇 (∵健康志向やBSEの影響)
   ・養殖コストや漁船の操業コストの増大 だそうです。)

さらに開封
銀鱈、鮭、いかの詰め合わせ
魚よく見ゆ
魚久・京粕漬3種 on 絵志野皿
粕漬けon絵志野皿

安曇野の焼きねぎ味噌

信州プチ土産をもらった。
買った場所:白馬五竜 HAKUBA GORYU ESCAL PLAZA

『信州独特の濃い口の味が、ご飯との相性抜群。…焼いたねぎの風味・食感が、味噌と絡まり絶妙なハーモニーを奏でる「焼ねぎ味噌、…ご飯好きにはたまらない、味噌を使った信州の田舎グルメ』(同上)

製造者:(株)まるたか 長野県安曇野市豊科南穂高4422

品名:家伝謹製 うま辛仕立て 焼きねぎ味噌


焼きねぎ味噌on白馬五竜の袋
焼きねぎ味噌on袋
焼きねぎ味噌
焼きねぎ味噌
焼きねぎ味噌・開封
焼きねぎ味噌・開封
焼きねぎ味噌on安南写し小皿
焼きねぎ味噌on安南小皿

下総中山の海商寿しで、おまかせ14点盛りを

中山・八幡・市川を歩く前に、腹ごしらえをした。
ほとんど初めての街、ましてやランチをとるのは初めて。
ほとんど初めてという意味は、一度女房と中山法華経寺を参拝した記憶があることと、3月11日の帰宅難民の折お茶の水からここまで歩いてこの近くで女房の迎えの車にピックアップしてもらったということ。

海商寿し 船橋市本中山2-22-13

おまかせ14点盛り

『人気No.1
 おまかせ14点1980円(みそ汁付)
 大とろ2貫が入る14貫のセットです。
 旬のネタ、高級ネタがそろっています。』
 (店頭の表示より)


おまかせ14点盛り
おまかせ14点盛り
アップ
アップ
本日の、14点盛り内容
生タコのみポン酢で、後は醤油で。
14点盛りの内容
土・日限定
大とろ2貫、高級魚・のどくろ1貫、新さんま1貫、ばたんえび1貫
本日限定
普通の味噌汁
味噌汁
自分で書く注文票=御会計票
自分で書くお会計票
カウンターの状況
カウンターの状況
店頭
店頭
駅側から見た路地の入り口/ここから店は見えない
駅側から見た通りの入り口
通り過ぎて、通りを振り返って見ると/左奥の電柱の手前
通りを振り返ると

中山・八幡・市川散策

江戸名所図絵を参考に、中山・八幡・市川を歩いた。
なお、今回は移動に京成電鉄も利用した。

中山・八幡・市川散策

京成中山駅   妙法華経寺
  ↓
京成八幡駅   八幡不知森・八幡八幡宮
  ↓
京成市川真間駅 鏡石
  ↓
京成国府台駅  市川関所跡



妙法華経寺

境内の図は、こちら(この中の境内散策)。

江戸名所図絵・妙法華経寺
図絵・妙法華経寺
総門(黒門)
総門(黒門)
仁王門(赤門)
仁王門(赤門)
奥の院 若宮館跡

奥の院
祖師堂
比翼入母屋造
(吉備津神社も)
祖師堂
法華堂
法華堂
四足門
四足門
宇賀神堂
宇賀神堂
宝殿門
宝殿門
聖教殿

「立正安国論」などが納められている。
聖教殿
本阿弥光悦・分骨
本阿弥光悦・分骨
3つの扁額と通本/寛永の三筆のひとり、本阿弥光悦
扁額・本阿弥光悦
大仏・五重塔
大仏・五重塔
龍王池
龍王池
本妙寺
本妙寺
智泉院

智泉院

◆ 八幡不知森・八幡八幡宮

江戸名所図絵・八幡不知森・八幡八幡宮
図絵・八幡八幡宮
八幡不知森
八幡不知森
八幡不知藪

八幡不知藪
八幡八幡宮・隋神門
八幡八幡宮・隋神門
元亨の梵鐘
元亨の梵鐘
千本公孫樹
千本公孫樹

◆ 梨園

梨園・川上翁遺徳碑
市川梨発祥の地
梨園・川上翁
江戸名所図絵・梨園
梨園

◆ 鏡石 (市川真間駅構内)

鏡石

鏡石

◆ 市川関所跡

江戸名所図絵・市川渡口
図絵・市川渡口
市川関所跡

市川関所跡

江戸川の堤防で、野良猫一家と遭遇

江戸川堤防の上で、野良猫一家と遭遇した。

野良猫一家

子猫は、まだ可愛い盛り。
手前の親猫(多分母親)の目は、鋭い。警戒怠りなし、といったところか。
このままだと、いずれ子猫たちも母猫のように鋭い目に変わってしまうのだろうか。

野良猫一家

★ かつて、江戸の物流ルート(東廻り回船の関連)を調べる延3日の小旅をした。
その時、利根川から旧江戸川へ廻る地点、すなわち関宿で、ものすごく可愛い捨て猫の子猫を見た。女房も私も連れて帰りたい衝動に駆られたが、結局は断念した。サラリーマン時代・末期の出来事であった。思い出される。

次女んちの子猫見舞い

次女んちが家族旅行に出かけたので、その間長女に子猫の様子を見てほしいとの依頼があった。いわゆる猫のペットシッター役。長女と子供達そして我々夫婦が同行して、子猫と遊ぶために次女宅を訪問した。

次女んち子猫 見舞い

猫が留守番の間、そのままでも、子猫の食事等に差し支えのない供えがなされていた。しかし、猫も生き物、飼い主の居ない寂しさはあるはず。ひとしきり長女の子供達と遊んだ後、子猫は安心したのかゴクゴクと水を飲んだ。少しはストレス解消になったのか?

子猫が水を飲む図
水を飲む図
ハウスケージ
システムトイレ
システムトイレ
給水器
と餌入れ
水・餌入れ
ついでに、爪とぎ
つめみがき

★ 長女の猫アレルギーの娘が、鼻をクシュクシュし始めた。
  アレルギーは確実に現れるものだ。
  引き時となったので、皆で次女宅を離れた。

ドイツ土産の、園芸バサミ

津田沼・三才坊でランチしたとき、友人の奥さんから土産をもらった。
先般のイタリアに続いて、今度はドイツへ夫婦で旅行してきたそうだ。
一緒に行こうと誘われているが、我々夫婦は女房の母親が91歳で少々怪しくなってきたので妻が月2~3回は一人暮らしの様子を見に帰っている状態であり、海外旅行は自粛中である。


◆ ドイツ土産園芸バサミ
                   Blumenschere (Flower shears)


  ZWILLING J.A. HENCKELS AG
  ツヴィリング・J.A.・ヘンケルス


ドイツ土産の園芸バサミ
ドイツ土産
開封
開封
手持ちの剪定バサミと並べて見ると
デザインの差が、歴然としている。
切れ味比較は、これからだが…。
剪定はさみ比較

津田沼・三才坊の海鮮冷麺ほか

房総の友人の奥さんが津田沼に出てきたので、我々夫婦とランチをともにした。モリシア津田沼9階レストラン街で。
この後、手芸用品のユザワヤに寄ったり、私の長女と合流して‘女のおしゃべりタイム’となるそうなので、私は一人車を運転して帰った。そのためこの日はノンアルコール。

中国レストラン 三才坊 習志野市谷津1-16-1 モリシア津田沼907


期間限定メニュー

1.ズワイ蟹入海鮮冷麺と自家製海老焼売セット


ズワイ蟹入海鮮冷麺
海鮮冷麺アップ
自家製海老焼売
自家製海老焼売
デザート/マンゴープリン
マンゴープリン
期間限定メニュー
期間限定メニュー

2.酢豚定食
セット

酢豚定食セット
(一品料理を定食セットにすると、本来+350円のところを+0円で。)
酢豚
酢豚アップ
酢豚アップ
一般メニュー
一般メニュー
【参考】 この店のランキング表
(夫々のNo.1は、麺類/広東麺、炒飯類/北京ダック入り炒飯、定食類/海老とトマトと玉子炒め)
ランキング表
店頭
店頭

津田沼・麻布茶房のランチ

イオン津田沼店の麻布茶房で、女房と簡単な食事をした。
疲れて、食事の用意をするのが気に乗らないとか。食事作りにまめな女房にとっては珍しいことだが…。それにしても今年の夏も暑い。

HOKKAIDO Lee Tan Tan Café



? 特製おこげ御膳

※ おこげに、熱々のあんを掛けるあの音を捉える心の準備も整わぬうちに、給仕の女性は事務ライクにさっさと終えて引っ込んでしまった。後の祭り…。少なくとも横浜中華街とは違う。それとも北海道流は、そうなのだろうか。

特製おこげ御膳
特製おこげ御膳
おこげあんかけ・アップ
おこげup
永昌源・老酒
運転手は女房ということで、私は少々のアルコールを。
永昌源・老酒
お得なセットメニュー
メニュー

? おすすめ限定メニューから B 海老のマヨネーズ

B・海老のマヨネーズ
B・海老のマヨネーズ
海老マヨ・アップ
海老マヨup
店頭のメニュー
看板メニュー
室内
室内
店頭
店頭

太閤園の、M定食/なす・豚肉の正油味付け

JR稲毛駅近の、食堂に入った。
ランチタイムに近くのサラリーマンやOLと思しき人たちで満席の店だった。3人以上の団体さんが多い。

太閤園

◆ M定食・なす・豚肉の正油味付け

※ お味は宜しいようで。但し茄子ばかりが多くて豚肉が少ないなど、具材の量的バランスが悪い。決して安くはないのに。
なお、メニューの数が大変多いが、観察によればこれは工程の標準化がなされているためと思った。つまり、材料の組み合わせが違っても、グループ毎にほとんど同じ作り方がされているという意味である。



M定食・なす・豚肉の正油味付け @750円
M定食・なす・豚肉の正油味付け
なす・豚肉の正油味付け
(豚肉は、3切れほど)
なす・豚肉の正油味付け
スープ
スープ
定食メニュー
定食メニュー
【参考】メニューが沢山ある
その中から、麺類・ごはん物等メニュー
麺類・ごはん物等メニュー
厨房方面
厨房方面
太閤園・店頭

結局バジルは、ジェノベーゼに

花が咲き始めたので、スイートバジルを収穫した。
一転
・二転したが、収穫したバジルは結局ジェノベーゼ用に。

スイートバジルの収穫と

      ジェノベーゼ作り


※ 今回は、松の実の替わりにくるみとマカダミヤナッツを、その他は塩とオリーブオイルのシンプルなもの。
無農薬
(殺菌・殺虫剤は用いずに、活性剤として木酢液を土壌施用)・有機栽培(堆肥を使用)なので、体にはいいと思う。
早速、朝食時にパンにつけて食した。久し振りの味である。


バジル収穫
バジル収穫
バジルの葉
バジルの葉
ミキシング前
ミキシング
オリーブオイル
オリーブオイル
出来上がり、小分けにしたジェノベーゼ
当面使うものを小瓶に、残りはラップに小分けして暫定的に冷凍庫に保存。
ジェノベーゼ

浮世絵に出てくる植木鉢の習作-瑠璃釉鉢C

◆ 植木鉢の作成   新シリーズ 10

浮世絵に描かれた植木鉢から

参考は、「江戸のガーデニング-タンタン期フランス留学」より 

十字文


◆ 瑠璃釉外縁丸鉢 (十字文様) 習作C

※ 瑠璃釉を施した植木鉢は、従来はあまり好きではなかった。
しかし、こうして習作してみると、江戸の瑠璃釉鉢はなんとなものか、と思うようになった。
陶芸教室の若い女性に感想を聞いてみると同じ人が多い。
色々なものに出会うたびに、江戸時代は大変粋な世界だったとおもう今日この頃である。
また、瑠璃釉の植木鉢に挑戦したいと思っている。



瑠璃釉外縁丸鉢・十文字
ルリ釉・十文字
鉢裏・十文字
鉢裏・十文字
瑠璃釉外縁丸鉢・三様/ろくろ成形
ルリ釉鉢・外縁丸3様
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR