織部かにの絵平茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ 第89作

織部 かにの絵 平茶碗 写し


『(本歌) 見込みに描かれた「かに」は朝鮮民画のようであり、また、朝鮮の文字を思わせる縁まわりの象嵌文字。これは元屋敷窯(岐阜県土岐市)の陶祖・加藤景延が、唐津で朝鮮式登り窯をならったとか、美濃地方へ朝鮮陶工が来住したなど、さまざまな伝承があるが、この絵付は、その一つの証にはならないだろうか。とにかく、織部は具象と抽象が混在し、和風、西欧風、朝鮮風、そして中国風とあらゆる要素を包含した、すこぶるバラエティに富む魅力ある焼物である。』
(「カラーブックス 413) 茶碗のみかた?」保育社 P20より)


織部かにの絵平茶碗写し
織部かにの絵平茶碗写し
織部かにの絵平茶碗写し 見込み
『・「かに」は、朝鮮民画のよう
 ・象嵌文字は、朝鮮文字を思わせる』(同上)
※ そう言われれば、そんな感じがする。

織部かにの絵平茶碗写し 見込み
高台
高台
お菓子は、塩瀬総本家の‘色づき’
菓子器は、片口
色づき in 片口
お菓子(色づき)断面
求肥
 中しろ餡 羊羹葉付
菓子断面(色づき)

清水六兵衛 截土容黒耀茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ 第88作

七代清水六兵衛 截土容黒耀茶碗写し


『(本歌は)土は信楽。轆轤で成形した器胎に截り込みを入れて寄せ、容(かたち)作られている。正面には丸い穴の穿ち。付高台も茶溜りも造形に優れる。鉄釉だが鈍色の光沢から「黒耀」と。金属的な風韻に土のしなやかさが生き、独特の雰囲気。』
(「茶碗 平成の百人100碗」日本放送出版協会 P202より)

『「截土容」は、タタラ状の土に截り込みを入れ、噛み合せ、土のしなやかさを生かしつつ用の器の容にしたもの。土との対話を始めた七代は、洗練された風尚な茶碗も作った。』
(同上 P200) とあり、記述に矛盾があるが、習作は轆轤で成形した。


『六代の逝去はまさに青天の霹靂。還暦を前に突如七代となった九兵衛氏は、喜寿を迎えて名跡を子息柾博氏に譲るまで、陶芸は六兵衛彫刻は九兵衛、と使い分けることになる。』(同上)



七代清水六兵衛 截土容黒耀茶碗写し
截土容黒耀茶碗写し
正面
六兵衛茶碗写し 正面
高台
高台
お菓子は、塩瀬総本家の‘鈴虫’
菓子器は、黄瀬戸鉢
鈴虫 in 黄瀬戸鉢
お菓子(鈴虫)断面
黄味しぐれ
 中羊羹
菓子断面(鈴虫)

砧青磁シノギ文茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ 第87作

砧青磁シノギ文茶碗 写し

『(本歌は)青磁の目利きを一に砧、二に天竜寺、三に七官とした。‥砧についてははっきりせず、一説に青磁花生の大名物が砧の形に似ていたからといい、宋時代に竜泉窯でつくられた青磁を指し、最高とされる。
本器は作行端正、釉色滋潤、高台畳付きの鉄足など砧青磁のすぐれた特徴をあわせ持つ。シノギと呼ぶのは、胴にある浮彫りの蓮弁文のことで、仏事を連想するので言いかえたのである。』
(「カラーブックス 369)茶碗のみかた」 保育社 P90より)


砧青磁シノギ文茶碗写し
砧青磁シノギ文茶碗写し
シノギ文茶碗写し 正面
シノギをかける段階で、大分仕上げが雑になってしまった。
半磁器土でなかったので、やすりでの修正も効かなかった。

シノギ文茶碗写し 正面
シノギ文茶碗 高台
シノギ文茶碗 高台
お菓子は、塩瀬総本家の‘小萩餅’
菓子器は、鼠志野四方鉢
小萩餅 in 鼠志野四方鉢
お菓子(小萩餅)断面
ういろ
 中黄味餡
菓子断面(小萩餅)

演奏会の撒きもの

今回の演奏会で頂戴した撒きもの。

演奏会の撒きもの



1.扇子と手拭
名取・名披露目の撒きもの

能楽御舞扇司 十松屋福井扇司舗  京都市中京区烏丸通三条上る
十松屋福井・扇子
2.TAKARADA

横浜元町テーブルウェアショップTAKARADA 横浜市中区元町3-118
TAKARADA・横浜
3.ウエストのポロン

洋菓子舗ウエスト 中央区銀座7-3-6 
ウエスト・ポロン
4.クラブハリエのバームクーヘン

クラブハリエ   中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 新館B2F  

5.DEMELのサワースティック

DEMEL   東京都渋谷区神宮前 1-13-12
DEMEL・サワースティック
6.祇園むら田のねり胡麻

祇園むら田   京都市東山区祇園下河原下河原町478
祇園むら田・ねり胡麻
7.伊藤園TEA GARDENのマロングラッセティ

ITOEN TEA GARDEN

8.紫野和久傳の青さちりめん

紫野和久傳
紫野和久傳・青さちりめん



演奏会の楽屋見舞い

今回の長唄演奏会では、清水よし子さんや服部真湖さんと一緒の楽屋になったそうだ。こちら側からは、祇園ちご餅などあげるなどお互いに交流があったそうだ。

女房が今回個人的に頂戴した楽屋見舞いは、つぎのとおり。

楽屋見舞い


1.千疋屋のマカロン

  千疋屋  中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー内
千疋屋のマカロン
2.赤坂青野の赤坂もち

  赤坂青野  港区六本木3-15-21
赤坂青野・赤坂もち
3.鼓月の月見だんご

  鼓月  京都市伏見区横大路下三栖東ノ口11
鼓月・月見だんご
4.自家製?の清六 せんべい 翔
清六・翔
4.飯田屋の帯揚げ

  飯田屋羽木正本店  台東区浅草1-31-1
飯田屋・Best Wishes
5.戸塚酒造店の蕎麦焼酎「草笛」

  戸塚酒造店  佐久市岩村田752

※ 何故42度の強い焼酎を女房に差し入れてくれたかは、分からない。
戸塚酒造店・草笛

★ いゃ~、色々あるのですね。次回は、頂戴した撒きものについて。


国立劇場の食堂「十八番」で夕食を

この日の演奏会は開演午前10時45分、終演午後9時半。私は3時頃入場したが、それでも終演までは長丁場なので、途中5時ごろに夕食をとった。女房から薦められていたのは、国立劇場隣のグランドアーク半蔵門のレストランであったが、劇場に入る前に下調べをしたところディナーは結構高いので回避。結局、劇場内の食堂「十八番」でとった。

お食事処 十八番  おはこ


※ このところの暑さがボディブローで効き始めてきたので、この時間食欲がなかった。で、適当に弁当を注文した。


お好み弁当
お好み
重ねた膳を開くと、
お好み 展開
一の膳
一の膳
二の膳
二の膳
ノンアルコールビール
アルコールを飲むと、居眠りをしていびきなど掻くと顰蹙を買うのでビールもどきで我慢。まずい。
ノンアルコール・ビール

席
ショーケース
ショーケース

追】 女房は楽屋で皆と別の仕出し弁当を。そして、楽屋見舞いのお菓子を食べていたそうな。
一例:
三條若狭屋 祇園ちご餅
銀座甘楽 銀六餅
宮島・藤い屋 もみじまんじゅうなど
出演者は全国から来ているから、色々なお菓子があったようだ。

楽屋見舞いの菓子

八代目杵屋勝三郎襲名披露 長唄演奏会

女房が長唄の演奏会に出演するというので、国立大劇場へ聴きに行った。
その会は、結構大きな演奏会であった。

八代目
杵屋勝三郎襲名披露
                  長唄演奏会

『長唄の最大会派・杵勝会を率いる八代目杵屋勝三郎が22日、東京・三宅坂の国立劇場大劇場で襲名披露の演奏会を開く。八代目は「長唄を広めたい一心で臨みます」と話す。

 襲名したのは昨年5月。この時も襲名披露の演奏会を開いたが、今回は全国の名取を集めての本格的な会だ。「杵勝の特徴はメリハリ。演奏家をたばねる独特の息がある。長唄は、歌舞伎や踊りの後ろに控えてばかりいるのではない。素演奏がメーンなのです」

 会では冒頭「元禄花見踊」で約400人が勢ぞろい。「小鍛冶(こかじ)」「勧進帳」「娘道成寺」などおなじみの曲が続き、八代目は「三番叟(さんばそう)」で襲名披露する。』
(「asahi>com(朝日新聞社):長唄の杵屋勝三郎、襲名披露-古典芸能-舞台」より)

16時ごろ、八代目杵屋勝三郎襲名 祝典曲 三番叟が賑々しく演奏された後、勝国さんの紹介で、八代目のご挨拶があった。



入場券&プログラム・パンフレット
入場券・プログラム

こちらのハラハラをよそに、女房は無事、廓丹前を演奏した。

『安政四年、二世杵屋勝三郎作曲。
花柳の踊りの会のために作られた曲で、吉原廓の起源を述べ、四季の当時の廓行事を描いた江戸遊郭史の様子を伝える華やかで明るい総踊り風の曲。』
(「YAMONKAI_廓丹前_2002/08/」より)

劇場内
劇場内
今回の感想から、参加者の中に色々面白い人がいた。
コシノヒロコこと杵屋禄宣女 
  /勝禄ご門弟 新曲浦島
山口崇(杵屋巳楓:長唄三味線の名取)の孫たち、山口紗奈・雛子
  /子供楽団 ともやっこ
○師匠のこどもたちも大勢登場
なおブログによれば、この人も。



七代目杵屋勝三郎遺影/何度か撮ったが、何故かすべてピンボケ
七代目
国立大劇場/逆光でハレーション
国立大劇場

祇園辻利の抹茶菓子

女房の気働きに対して、長唄仲間の京都の旦那がわざわざお礼にとお菓子を送ってくれた。

萬延元年(西暦1860年)創業

  祇園辻利 京都市東山区祇園町南側573番地3


抹茶菓子2種
 ・つじりの里
『祇園辻利では精選された原料に良質の宇治抹茶をたくさん使って甘さをおさえた上品な抹茶菓子を造りました。ロール状のせんべいの真中に抹茶クリームが入っています。せんべいとの絶妙な味わいが広がります。』
(袋書きより)

 ・ぎおんの里
『祇園辻利では精選された原料に良質の宇治抹茶をたくさん使って甘さをおさえた上品な抹茶菓子を造りました。抹茶せんべいをロール状に焼上げ、中にミルク風味のホワイトクリームをたっぷり入れてみました。』(同上)


祇園辻利の抹茶菓子/大丸の包装
祇園辻利 大丸の包装
関西風に、内熨斗である。
内熨斗
開封
開封
つじりの里15本入り・ぎおんの里14本入り紙袋
抹茶菓子2種
つじりの里・ぎおんの里
つじりの里・ぎおんの里 on 青白磁皿
つじりの里、ぎおんの里
菓子器は、影青牡丹文青白磁皿
つじりの里、ぎおんの里


箕面名物 もみじの天ぷら

関西の人にはとても懐かしいお菓子をもらった。
箕面
に遠足に行くと、こんな菓子を買った覚えのある人は多いだろう。

みのお名物 もみじの天ぷら

おみやげ処 双葉屋 稲次金子  箕面市箕面1-1-41

『およそ1300年前、箕面山で修行していた役の行者が滝に映えたもみじの美しさを称え、灯明の油で自然の風味を生かした天ぷらを作り、修験道場を訪れる旅人に供されたという。以来、さまざまな味覚の工夫が重ねられ今日に伝わる。
もみじの天ぷらに使われる葉は、“おたふく葉”といわれるもので、肉厚は薄く形も切り込みの浅いものが用いられる。この葉が最も色付いた紅葉真っ盛りの頃に収穫し、塩漬けされ、1年後に葉の塩出しをして良質の小麦粉に白ゴマ、砂糖を加えた衣を付けて、菜種油で揚げられる。きれいな葉の形をそのままに、きつね色でカリッと揚げられたもみじの天ぷらは甘味があり、お菓子感覚で味わえる。素材は自然の葉と無添加の小麦粉なのでまさにヘルシーそのもの。』
(「みのお名物「もみじのてんぷら(楓の羽衣)」より)

※ 箕面独自のものといわれるが、京都・高雄や広島・廿日市市吉和にも似たようなものがあるようだ。


※※ また禅寺の精進料理に出てくるもみじの葉の天麩羅と違って、そこそこ堅いお菓子であり、高齢者は食べるとき歯に要注意である。



双葉屋 稲沢金子 包装
包装


『観光客の99%は、もみじの天ぷらを購入している。包装紙は、その店のオリジナルで独創性をだしているが中の箱は恐らくは共通。』

(「関西美味礼賛:箕面 もみじの天ぷら」より)
箱
開封
開封
『天ぷらと言ってもいわゆる“天婦羅”ではない。喩えるなら駄菓子の“ひねり棒”(素揚げかりんとう)みたいな味わいである。』
(「関西美味礼賛:箕面 もみじの天ぷら」より)

箕面の“もみじの天ぷら”
 on 独楽文皿
もみじの天ぷら on 独楽文皿

酒斗肴 龍 Ryuで、神楽坂御膳を

NPOで「講師のための話し方講習会」というのを月一回行っている。
午後から開催されるが、スタッフは12時集合ということなので、この日は、神楽坂で早昼を食べた。夜一杯飲みに訪れた店に行ってみた。夜はなかなか美味しい和食を食べることができたからだ。また、多くの店が11時半開店であるのに対してこの店が11時開店であることもこの日の選定理由の一つである。会場に駆けつけるのに30分の差は大きい。


酒斗肴 龍   Ryu

     新宿区神楽坂4-3 神楽坂楽山ビルB1

二色丼というものも人気があるようだ。
私は色々なものを少しずつ食べたいから、神楽坂御膳にした。


○ 酒斗肴 龍の神楽坂御膳
しじみ汁、お刺身、天ぷら、煮物、ご飯、小鉢、お新香、フルーツ付
ご飯は、白米か五穀米を選択できる。この日は五穀米を。
龍の神楽坂御膳
少しアップ
少しアップ
ランチメニュー
ランチメニュー
室内
室内
B1F入り口
B1F入り口
ビル1階入り口
この楽山ビルにはSeafood Restaurant Poisson、銀シャリ つみきなど色々興味ある店が入っているので、いずれの機会かにランチを食べ比べてみたい。
そして、この通りの少し奥が名店‘め乃惣
1階入り口

焼魚食堂・魚角の秋刀魚づくし定食

東京ボランティアセンターで夜間行われるNPOのスタッフミーティングに参加するにあたり、早い夕食をとろうと飯田橋東口を南に向かった。余りお腹が空いているわけでもないので雅楽でうどんを食べようと思ったが、なんと夜は飲み屋となるようだ。
そこで東京しごとセンターの方へ向かうと、ノーアルコールでも気兼ねなく食事が出来そうな店があった。


焼魚食堂 魚角  飯田橋店
       千代田区飯田橋3-5東京区政会館 1F  

『「美味しい魚」と「炊き立てご飯」が食べられる定食屋
(「焼魚食堂 魚角」より)

※ 酒を飲まずに夕食を食べることができることはよい。東京しごとセンターの隣ということもあり、就職活動をしている風情の女子学生風の人も食べていた。しかし、定食を早い夕食にとるのは、少し胃に重かった。夕方でも居酒屋化していないうどん屋はないものか。



秋刀魚づくし定食
※ 刺身の鮮度等々比べると、黒塀横丁の築地 奈可嶋の新秋刀魚づくしの比ではないが…。立地条件等が違うので、比較するのは酷か。


焼き秋刀魚
焼秋刀魚
秋刀魚の刺身
秋刀魚・刺身
メニュー
メニュー
店内
店内
壁の装飾
壁の装飾
店頭
店頭
※ 東京しごとセンターから東京ボランティアセンターまで移動する間に、東京大神宮がある。この日も、ちょっこし参拝。相変わらず母娘連れが多い。
就活も婚活も頑張ってね。

東京神宮

古曽部焼蕨小禽文釘彫茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ 第86作

古曽部焼蕨小禽文釘彫茶碗写し


『三代五十嵐新平は、三島写、絵高麗写などが得意であったという。この茶碗の形態は、御本茶碗の写しで、それに釘彫りで小鳥と蕨をあらわし、そのうえへ白土で刷毛目風に仕上げたものであるが、その釘彫りに白土がはいって一見象嵌風に見えるのも妙である。また、その釘彫りの絵は、童画のように稚拙でほほえましいもので、茶碗の絵付けとして見事に成功している。』
(「カラーブックス 369) 茶碗のみかた」 保育社 P66より)

古曽部焼(こそべやき)
寛政二年(1790)、京都・清水で製陶技術を習得した五十嵐新平が、攝津国島上郡古曽部村(大阪府高槻市)で開いた登窯。 雅味のある茶陶産地として 「遠州七窯」のひとつといわれているが、遠州没後の開窯。』
(「茶道|茶の湯の楽しみ|茶道用語」より)

※ 古曽部焼は明治末に廃窯となったが、現在寒川義崇によって再興された。15年ほど前に大阪阪急百貨店で義崇の作品を知り、かつ高槻の山奥の義崇窯を見学に行った。義崇氏は大阪美術倶楽部で茶道具と古美術の勉強・修行をしただけあって、非常に格調の高い・端正な作品を作る作家であったのを思い出す。



古曽部焼蕨小禽文釘彫茶碗写し
古曽部焼蕨小禽文釘彫茶碗写し
釘彫茶碗正面
釘彫りで小鳥と蕨を施したが、釘彫り箇所の白土があまりはっきりしない。
もう少し太い釘彫りを施す必要があったようだ。

釘彫茶碗正面
釘彫茶碗高台
釘彫茶碗高台
お菓子は、塩瀬総本家の‘菊’
菓子器は、古赤絵花鳥文図柄写しの茶碗
菊
お菓子(菊)断面
ねり切り
 中こし餡 羊羹葉のせ
菓子断面(菊)

塩瀬総本家、9月の上生菓子

国立演芸場で落語などを見た後、取り置きしてもらったお菓子を受け取りに、塩瀬総本家・本店に立ち寄った。本社ビルは平成8年に建設されたそうだ。菓子売り場はその1階にある。


御菓子老舗 塩瀬総本家   中央区明石町7-14

『塩瀬の歴史は、650年ほど前に遡ります。貞和5(1349)年、宋で修業を終えた龍山徳見禅師の帰国に際し、俗弟子だった一人の中国人が別れがたく随従して来朝しました。その人物が、塩瀬総本家の始祖・林淨因です。林淨因は暮らしの居を奈良に構え、お饅頭を作って売り出しました。これが、塩瀬の歴史の始まりです。』
(「塩瀬総本家-塩瀬の歴史」より)

※ 塩瀬総本家のお菓子については志ほせ饅頭が有名であるが、当ブログではこれまで、袖ヶ浦最中12月の上生菓子などを投稿してきた。人から頂戴したり、百貨店の売り場で買ったものだが、今回は本店に買いに行ってみた。本店を見るのもそのお菓子屋のお菓子に対する思い入れや、雰囲気や歴史など色々なものを感じるために参考になると思っているからだ。



塩瀬総本家・本店 店頭
塩瀬総本家店頭
玄関の中国陶磁器の飾り
玄関の瓶、大皿
茶室 浄心庵

『京都の風情そのままに、又隠(ゆういん)うつしの茶室です。茶道教室にも使われております。親しい方とのお茶事にご利用ください。』
(「塩瀬総本家-本店のご案内:店舗のご紹介」より)
店内の茶室
北野杉など京都の素材を持ち込み、宮大工が作ったという茶室。
鞍馬石
も自慢の一つだそうだ。
鞍馬石
塩瀬総本家の紙袋
塩瀬の紙袋
包装
包装

箱
開封
開封
9月の上生菓子
 on 絵志野皿

前列左から
   ねり切り 中こし餡 羊羹葉のせ
鈴虫
  黄味しぐれ 中羊羹

後列左から
色づき
 求肥 中しろ餡 羊羹葉付
小萩餅
 ういろ 中黄味餡
上生菓子4種 on 絵志野皿
【アクセス】有楽町線新富町から徒歩10分
本店の近くには聖路加病院があるので、わりかし分かりやすい。
聖路加病院

国立演芸場 中席に行った

9月15日に、国立演芸場に寄席を見に行った。
これで新宿末広亭上野鈴本演芸場浅草演芸ホール池袋演芸場と合わせて東京の定席(じょうせき)5つを一応制覇したことになる。これで落語を聴くスタートになった。
正直言って昭和の名人たちの落語にラジオやテレビで触れていた世代であるから、今の真打は余り上手だとは思わない。いい加減飽きかけていたところであった。ところがこの日は少し思い直した。トリの落語は上手かった。


国立演芸場 9月中席

※ 中入り後の春風亭柳朝にかわり、柳家喬之助となった以外はスケジュールどおりである。
・音曲、東京ガールズの柳家小糸の摩訶不思議なテンポに引き込まれる。
・奇術 ケン正木さんの「花の傘・袖卵」など和妻という日本古典奇術は地味だが素晴らしい。拍手のタイミングが分からないくらい‥。
・漫才 大空遊平・かほりは、かほりがお局OL風情の普通人の顔ながらポンポンとテンポ良く、ぼやきまわっていた。


トリ(主任)は、
          入船亭 扇辰 いりふねてい せんたつ

          パンフレットの写真より実物の方が、ずっといい顔である。

本日の演目は、井戸の茶碗

登場人物:屑屋の正直清兵衛と浪人・千代田卜斎と娘、細川家家来・高木左太夫
屑屋の清兵衛は「正直清兵衛」と呼ばれるほど真面目な男、これが生活に困った千代田卜斎(ぼくさい)という浪人から仏像を200文で買い取った。
左太夫がこの仏像を300文で買い取って磨くうち、中から50両の隠し金を見付けた。
・・・娘をさしあげてその結納として150両を受け取ろうと申し出た。清兵衛は左太夫の元へ戻って、
「高木様、おもらいなさいよ。みがくとたいした美人になりますよ」
「いや、みがくのはよそう。また小判が出るといけない」』
(「井戸の茶碗」より)


国立演芸場
ところで国立演芸場って、ベンツで来るところ?
そういえば、ユニクロもベンツがよく停まっている。


切符 
シルバー@1,100円  それでもこの日は空席が目立った。

切符
終演後の退場風景
70歳くらいの人が多い。たまたまこのショットでは幾分若い人が写っているが、例外である。

終演後の退場風景
終演後の国立演芸場
この日は、行き帰りに国会議事堂あたりで右翼の街宣車が某政党の代表選に対する攻撃を繰り返していたが、演芸場はなごやかなものであった。

終演後

谷津干潟のたまご

女房の友達がある人の見舞いに谷津ロールを買ったついでに、仲間内に小さなお菓子を配っていた。その菓子の名は、


谷津干潟のたまご

『小さくても味は本格!地元契約養鶏園から毎朝届けられる新鮮卵と、香り高い発酵バターをおしみなく使った、豊かな風味とコクが身上のマドレーヌです。
賞味期限:10日』
(「ル・パティシエ ヨコヤマ:CAKE」より)


谷津干潟のたまご
谷津干潟のたまご
たまご on 粉引皿
たまご on 粉引皿
たまご断面
たまご断面

☆ たま~に野鳥観察に出かける身としては、谷津干潟は、千葉県において筆頭の観察場所のひとつである。セイタカシギが谷津干潟で卵を産んだということはあるらしいが、ヨコヤマのたまごは何の鳥の卵だろうか。

稲毛 珈琲サルビアのナポリタン

稲毛 珈琲サルビア ふたたび

  珈琲サルビア

ふたたび訪れたのは、
・(園芸サルビアHPで) メニューはすべて70年代のものと同じ(シーラカンス商法)という、ナポリタンを食べるため。
・前回見損なった小型の伝市鉢を見るため。

『(ナポリタンは)横浜山下町にあるホテルニューグランド第2代総料理長・入江茂忠が最初に考案したとの記録が残っており、現在ではこれが最も有力な説である。』
(「ナポリタン-Wikipedia」より)


ナポリタン
前回の日替わり定食同様、見かけによらず美味しい。
ナポリタン
アップ
アップ
メニュー
メニュー
小型植木鉢/丹波伝市鉢
伝市鉢でこれくらい小型のものは見たことがない。
大変珍しい。
丹波 伝市鉢 
植木鉢 伝市鉢他

※ 写真右上に、総織部の植木鉢がある。高浮彫・渡蟹水盤の真葛香山のような、しかし小さい蟹が貼り付けてあるのが特徴。茨城の作家で、下の名を大志というそうだがネットで検索してもまだ見つからない。
その隣は、女流作家のもの。部分的に辰砂の釉流れが効いている。
また、段ボール箱の中から色々な小型の植木鉢を取り出して見せてくれた。
いずれにしろ、この店主の目利きは只者ではない。

植木鉢 伝市鉢他

小腹を満たしに、神楽坂・蕎楽亭

恋へいを出た後、小腹を満たすために蕎楽亭に立ち寄った。
私にとって、神楽坂でのはしごは珍しい。
※ 以前の訪問は、こちらと、こちら


蕎楽亭   新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F


☆ 蕎楽亭は、ミシュラン東京2010年 一つ星に選ばれたそうだ。
お酒の美味しい、蕎麦屋さんである。
一杯お酒を飲んだ後、蕎麦を食べた。


蕎楽亭・店頭
蕎楽亭・店頭
日本酒/飛露喜 純米吟醸
飛露喜
天ぷら 才巻海老
天ぷら 海老
天ぷら 舞茸等
天ぷら 舞茸
天ぷら 穴子
天ぷら 穴子
蕎麦
蕎麦

ぶらぶらと、神楽坂・恋へい

NPOの公開講座が終了した後、事務局の多くは引き続き落語の稽古に出かけてしまい、結局一人ぼっちとなったので、予定外に夜の神楽坂を逍遥した。


恋へい   新宿区若宮町5 ガーデン鷹乃羽

『着物を着た店員さん料理を運んでくるのですが、何と席につきます。
「和風キャバクラ?」と思いつつ、古くからの日本の「遊び」なのかとちょっと感心。
料理は上品な味付けの家庭料理といった感じでそこが雰囲気とマッチ。
“大人の遊び”っぽいところがなんとなく気分が良い。
もうちょっと大人になってから行ってみたほうがもっと楽しいかもと思いつつ、のんびり過ごせる大人なお店でした。』
(「これが神楽坂の遊び方?:恋へい[食べログ]」より)

※ 神楽坂を上がりかけるところで、珍しくビラをもらった。
  店に入ると、メニューが無い。店の雰囲気も少し変わっている。
  小料理屋といっても、食べるものは余り無いようだ。
  遊び方によっては、とても高くつくかも。こちら参照。



恋へい・店頭
恋へい
恋へい・室内
恋へい 店内
白鷹
白鷹
お通し
お通し
刺身/かつお
刺身 かつお
おでん
おでん
ししゃも
ししゃも

杜蘭香の、海鮮と青野菜の広東風塩炒め

NPO法人のスタッフミーティングがお茶の水のオフィスで行われたとき、近所の中華料理店でランチした。
その店は、淡路坂を下り昌平橋の手前のJR中央快速線の高架下にある。


Chinese Cafè 杜蘭香 トランシャン


『六朝時代の中国史、千宝の記した捜神記に登場する妖精の名前に由来する「チャイニーズカフェ杜蘭香」は、広東料理を中心とするカジュアル中華料理店。
これまでの高級中華料理店や台湾小皿などの屋台感覚のイメージを払拭し、オシャレで寛げる空間でありながら、本格的な中華料理を小皿でリーズナブルにお楽しみいただけます。』
(「ぐるなび-chinese cafe 杜蘭香」より)


定食B
海鮮と青野菜の広東風塩炒め
海鮮と青野菜の広東風塩炒め
アップ
アップ
ランチメニュー
ランチメニュー
室内から神田川側を望む
外にテラス席
室内から神田川を望む
店頭
店頭
両隣のスペインレストラン等を眺める
両隣のレストランを含めて
神田川・昌平橋から見た店舗
神田川から見た店舗

京都土産、洛匠の草わらびもち

次女一家が、暑い京都を訪れたそうだ。
京土産に、洛匠のわらべもちを買ってきてくれた。

京、東山、高台寺
           洛匠草わらびもち

『京都東山の高台寺参道ねねの道、
茶房「洛匠」の草わらび餅は
美肌Sweet」で大人気!!』
(「洛匠ホーム」より)
※ 美肌Sweetの根拠は、沢山入っているきな粉に由来するものか?


『2004年、2006年に 洛匠 の草わらび餅を食べた(1箱525円税込)。 洛匠は東山で甘味処を営んでいる(高台寺北門通下河原東入)が、 私たちはJR伊勢丹で草わらび餅を買った。

まず2004年の時の感想から。 ほんのり抹茶の風味があって柔らかい。 その柔らかい感触と抹茶香の醸し出す何ともいえない上品さが、 このわらび餅の特徴(ウリ)であろう。 甘味は押さえぎみである。 きな粉がとても沢山入っていて、特別香りが良いかどうかはともかく、気にならない。 ここで「気にならない」といっているのは、実は品質が良い証拠ではないかと思う。』
(「わらび餅(文の助茶屋)」より)
※※ このブログ(「京のお菓子味見録」)は、こと京都のお菓子については大変見識の高いものだと私は思っているので、京都のお菓子に関しては時々訪問している。



包装
包装

箱
開封

『わらび餅が見えないくらい、きな粉の量がとっても多いのもうれしい。』
(「京都東山・「洛匠」の『草わらび餅』【Flavo!】」より)
開封
草わらびもち on 総織部皿
草わらびもち on  総織部皿

第50回NPO法人シニア大樂公開講座

私のサードライフの模索の一つとして、NPO活動がある。
現在、NPO法人シニア大樂の事務局の一人としてお手伝いをしている。

9月2日は第50回公開講座で、
会場は、新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ 10階にある
東京ボランティアセンター
AB会議室
80人定員で開催したが、この日は124人の参加があり大盛況であった。

第50回NPO法人シニア大樂公開講座

  楽しい講演と落語

【講演】
1)~今、世界で何が起きているのか~
  『世界の動向と私たちのくらし』
   ジャーナリスト、日本記者クラブ会員
              荒木 千明
2)~心に響く癒しの言葉~
  『魔法の言葉をかけよう』
   話し方インストラクター
              渡部 博子
3)~笑いで生活習慣病予防~
  『医者が語る 笑いの健康学』
   医師、おおみや診療所所長
              松本 光正

※ 『プラス思考が最高。少々の病気なら笑って、NK細胞を賦活して治す。』
(「徒然日記につづく つづく歯科医院 院長のブログ|松本光正先生 「健診病にならないために」その2」より)


※※ 【参考】NK細胞と笑いの関係について、のブログ
ナチュラルキラー細胞は、体内を常に独自でパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを発見すると、たとえ攻撃指令がなくても独自に戦闘態勢に入り、強大なパワーで敵(抗原・異常細胞)を殺してしまうという性質を持っています。特に、抗腫瘍効果には抜群の威力を発揮します。
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性を高める
ためには
?喫煙をひかえる
?適度の飲酒を心がける
?質の良い睡眠をとる
?ムリのない適度な運動(歩く)をする
?笑う
?充分な休養などでストレスをためない
?体温を下げない
?薬・抗生物質を乱用しない
?バランスの良い食事を心がける
?ナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性を高める健康補助食品を利用する』
(「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)とは何か?」より)



【アトラクション】
   古典落語を一席 当日の演目は、『短命
   (社)落語協会 真打 三遊亭圓王 師匠

※※※ 【参考】 落語「短命」 どこに主眼を置くか
『いわゆる『艶笑落語(バレ噺)』である当作品は、一時期「不謹慎である」という理由から戦時中の【禁演落語】に入れられた事もあったが、【艶】の演出さえ過剰でなければ、実に味のある噺となる。特に、噺の核心を2・3篇の川柳だけで説明しきってしまう部分は秀逸である。

また、この噺の聴き所は「遠まわしに説明する隠居と、なかなか理解できない八五郎との齟齬」にあると考える人も多い。確かに、現代でも『どう教えればわかってくれるのか』と思うほどに理解の鈍い人は多く、この設定は充分に通用しそうだ。』
(「短命-Wikipedia」より)




開場前
開場前

講演風景
人気講師の講演から

落語風景
落語
☆ シニア大樂では、講師紹介センター・ユーモアスピーチの会・演多亭・ユーモア川柳・発明発見教室・山樂カレッジなどの各組織があり、幅広い活動を行っているので、シニアの方は是非一度見学されてはいかがでしょうか。

又、落語を習いたい方は、圓王師匠から教わっては如何か。
シニア大樂の事務局のメンバーの中には三遊亭圓塾さんのように社会人落語家になっている人が多い。

神戸コロッケの、ハヤシライスコロッケ

或る観劇の帰りに日本橋高島屋に寄って、またMAISON KAISERの食パンを買ったついでに、コロッケを買ってきた。

金土日祝限定

● ハヤシライスコロッケ 完熟トマト使用

『肉の旨味、野菜の甘みと酸味を凝縮したソース。』
(「ROCK FIELD CO.,LTD.神戸コロッケ|商品紹介|新作メニューのご紹介」より)

元祖 神戸コロッケ  KOBE CROQUETTE  
    (株)ロック・フィールド 神戸市東灘区魚崎浜町15-2 



神戸コロッケの、ハヤシライス・コロッケ
高島屋の袋と神戸コロッケの箱
神戸コロッケの、ハヤシライス・コロッケ
開封
開封
コロッケ on 束熨斗文皿
コロッケ on 束熨斗文皿
ハヤシライスコロッケの断面
ハヤシコロッケの断面

長唄・浴衣会の土産

長唄の浴衣会という演奏会がある。過日都内で開かれた会に参加・出演した帰りに女房が幾つかの土産を持って帰ってきた。余談ですが、舞妓芸妓さんの浴衣会は、こんなものらしいですな。よろしおすなあ。

合同浴衣会

因みに、今回の女房達の演目は廓丹前、とか。


○ 紫野和久傳一越ちりめん
     -師匠からの心ばかり

『塩の香りを秘めた細かなおじゃこと爽やかな風味の山椒をふんわり上品に焚きあげ、ほどよく乾燥させた昔ながらの京の味です
ちりめん山椒 』
(「和久傳::おもたせ::和煮::ちりめん山椒」より)


心ばかり 箱
和久傳の箱
箱
開封
開封 紫野和久傳の一越ちりめん
一越ちりめん in  粉引ぐい呑み
一越 in  粉引ぐい呑み

○ IWAMAのテネルタンブラー
      -会主からの撒きもの

岩間陶器店
     中央区築地2-15-19
『東京築地で和食器、テーブルウェアを中心に扱っています岩間陶器店です/東京築地,うりきり屋,IWAMAショールーム,うりきり屋GARAGE』

『▼テネルプッシュ
グラスの中程に凹みがあり持ちやすいグラスです。持ったとき指がしっくりと馴染み、滑りにくく安心です。口当たりのよい薄づくり口部仕上げが、飲み物の個性を際だたせるグラスです。また、薄いけど全面イオン強化で割れにくく、もちろん日本製で安全・安心のグラスです。』
(「石塚硝子」より)
     愛知県岩倉市川井町1880

箱 会主の撒きもの
箱 会主の撒きもの
箱 岩間陶器店
箱 岩間陶器店
タンブラー入り 箱
タンブラー二個入り箱
テネルプッシュ タンブラー6 L-6708(最大60 口径60 高さ103 容量180)
テネルプッシュ タンブラー

○ 弁当
  地雷也の天むす弁当
地雷也の天むす弁当
開封
天むす弁当

○ まい泉のエビかつサンド黒豚ミニメンチかつバーガー
  井筒まい泉(株) 高津工場
  神奈川県川崎市高津区久地3-4-14
まい泉のえびカツサンド他
えびカツサンド
 on 総織部小皿
えびカツサンド on 総織部小皿

『習志野原の変遷』 習志野原 戦後開拓史

平成22年度 習志野台公民館地域講座を聞きにいった。
第2回目(6月13日)は、こちら

『習志野原の変遷』 第4回目、9月5日

戦後の習志野
      ~習志野原戦後開拓史 砂塵を超えてパート1~』
                     講師:戸石 三雄(習友会)

公演目次
1.習志野開拓の経緯
    イ.終戦
    ロ.陸軍次官の通達
    ハ.平林巌氏の習志野開拓の動機

※ 『平林氏は、陸軍習志野学校の一教官でした。昭和20年8月15日、日本は連合国に降伏しました。陸軍大臣阿南大将は自刃し、陸軍次官が終戦の翌日、各軍隊に次のような通達を出しました。演習場周辺の軍隊にいる将兵は、演習場に入植し、自活をしてもよろしいという内容でした。平林氏はその通達によって、習志野開拓のリーダーになることを考え、8月21日新宿三越の3階に事務所を持っていた農地開発営団を訪れ、習志野開発の権限の許可を受けたのである。 その営団の許可をよりどころにして平林は、習志野開拓の事業を進め始めました。』
(戸石氏のHP「習志野開拓の先達 平林巌氏の選択」より なお「戦後の混乱期と国有財産」の項目も興味がある。)


    ニ.私が習志野に入植した経緯
    ホ.実籾廠舎での生活と作業班
    ヘ.共同農場計画の破綻
    ト.習志野を9地区に区分、入植地の選定
    チ.共同小屋の建設
2.米軍の土地接収、21年3月、一週間での立ち退き命令
  相次ぐ土地接収のデマと不安
3.近隣農村の採草権(入会権)の主張と土地分割
4.昭和21年春からの生活、作物が収穫できるまで
5.7坪の家、電気工事
6.農家実行組合から開拓農業協同組合設立まで
  主要幹線道路の建設
7.船橋市への合併
8.成功検査
9.開拓農業の行き詰まりと住宅公団の誘致

講義内容は戸石氏のHPに詳しいので省略。

※※ 入植者で成功した人も多い。よって、それをやっかむ人も多い。
しかし、この日の公演で、開拓者として生き残るには大変な苦労をされたことの一端は「7坪の家」などの話から伺える。
また、いずれにせよ長年疑問に思っていた「敗戦直後の将兵の入植の動機・根拠」について一つの説を聞くことができたことは大きい。
ところで、戸石氏がHPで言う「戦後の混乱期と国有財産(の占拠)」について、この歴史的事実をどう考えるのか、つまり「早い者勝ちというのはいいの」という問題は残る。



講師:戸石三雄氏
氏は、入植一世
85歳を超えているというのに、講義中ほとんど起ちっぱなしであったのは、戦中の職業軍人候補陸軍経理学校出身)の気概からか。

戸石講師
第4・5回の講師は、習友会のメンバー
よって今回、習友会現会長:佐々木照彦氏の挨拶あり。
氏は、入植二世(元船橋市会議員)

※※※ なお、佐々木氏は私の若い頃、個人的に良くお世話になった人だ。
私たちの社宅が習志野台4丁目にあり、そこで氏は酒屋の店主だった。
みゆき町会の運動会や社宅のBQ大会などで度々差し入れを頂戴した。
何故ならば飲兵衛の多い我が社宅の住民は酒屋の大口顧客であったから。

習友会佐々木会長挨拶
開演前の会場風景
開演前の会場風景
写真:習志野原の風景
習志野原の風景1
写真:入植初期の風景
習志野原の風景2
☆ 京成が払い下げを受け新京成電鉄として運行を開始したことにより、都内からサツマイモなどの買出しが急増し開拓者たちが糊口を凌ぐことができたこと、この時物々交換的に金持ちに写真を撮ってもらったことによって習志野原の変遷を写真(記録)に残すことができたという話は大変面白かった。

新歌舞伎座・新開場記念 柿葺落興行 松竹花形歌舞伎

大阪新歌舞伎座は、建設が完成し、今夏から興行が始まった。
新開場記念 柿葺落興行の初日(開演日)に、女房が義母を連れて観劇に出掛けた。
昼間にBプログラムの黒塚が見たいという結果、9月3日となったそうだ。
長唄囃子連中の中に、女房の長唄の師匠が出ているという理由もある。

※ 『柿葺落(こけらおとし)を観ると寿命が延びる』と、プログラムにあるが、90歳の義母がさらに寿命が延びると、如何なる事態になるかは誰にも分からないが…



◆ 『新歌舞伎座は2010年夏、近鉄創業百周年記念事業の一つとして「大阪 上本町駅」に建築された「上本町YUFURA」に移転し、新たな一歩を踏み出しました。』
(「劇場案内|新歌舞伎座」より)

平成22年9月3日(金)~22(水)

新歌舞伎座 新開場記念 柿葺落興行

松竹花形歌舞伎 市川猿之助 総監修

 二十一世紀歌舞伎組公演

Bプログラム
四、猿翁十種の内 黒塚
長唄囃子連中

『黒塚(くろづか)
 福島県の安達ヶ原に残る鬼女伝説をもとにした作品で、市川猿之助の祖父である初代市川猿翁によって初演されました。
 猿翁がロシアに滞在した折に観劇した「ロシアンバレエ」の動きを取り入れているのが特徴で、舞台美術や照明、音楽にも工夫が凝らされています。猿翁によって創られた舞踊を集めた「猿翁十種」の中でも屈指の人気作で、海外でも高い評価を得ています。
 能のおもむきを取り入れた上の巻、月光輝くなか、芒の原で老女岩手が踊る中の巻、そして鬼女の本性を現した岩手を祐慶が仏法の力で祈り鎮める下の巻と、見どころに溢れる作品です。』(パンフレット・裏面より)

☆ 黒塚で老女岩手(実は安達が原の鬼女)を演じた市川右近が研鑽を重ね、熱演であった、と。又、カーテンコールでは市川猿之助が出演者達と共に並んで挨拶した、と。

※ なお、二十一世紀歌舞伎組とは、こちら



切符入れ
図柄は、緞帳原画『四季花鳥図』揮毫 上村淳之画伯
大阪新歌舞伎座
切符やパンフレット
切符他
新歌舞伎座/上本町YUFURA
新歌舞伎座 上本町YUFURA
近鉄百貨店と上本町YUFURAの連絡通路から見た、劇場へのエレベーター案内
渡り廊下から見た、劇場へのエレベーター案内

‘銀のあん’の 薄皮たい焼き

イオン津田沼店2Fでたい焼を、プチ土産に買った。

薄皮たい焼き 銀のあん

『北海道産の小豆を使用し、昔ながらの製法で炊いた餡は手間ひまかけたこだわりの証です。この餡を贅沢にたっぷり入れ、高温で両面から一気に焼き上げた独自の製法の薄皮たい焼はまさに極上の逸品。香ばしい食感と共に至福の瞬間がお口の中に広がります。』
(「薄皮たい焼き 銀のあん こだわり」より)

※ お持ち帰りのおいしい食べ方は、こちら



銀のあん
銀のあん
薄皮たい焼3種 on 絵志野皿
薄皮たい焼3種 on 絵志野皿
我がブログ恒例により、たい焼を二枚に下ろして、写真を撮った。

黒胡麻
 on 粉引皿
黒胡麻たい焼 on 粉引皿
黒蜜わらび
 on 青白磁皿
黒蜜わらびたい焼 on 青白磁皿
淡雪
 on 天目皿
淡雪たい焼き on 天目皿

イオン津田沼店内、麻布茶房でランチを

イオン津田沼店で、友人の奥さんと女房と私の三人でランチした。
2010年6月24日オープンした店に入った。

HOKKAIDO Lee Tan Tan Café

produced by
 麻布茶房

『「麻布茶房」は「株式会社甘や」が経営する和風甘味喫茶です。1979年、南麻布に一号店をオープンして以来、現在では首都圏を中心に直営店、FCを多店舗展開し、女性を中心とした幅広い層のお客様よりご支持をいただいております。』
(「会社情報|株式会社 甘や」より)

『麺にうるさい道産子を魅了し、札幌で絶大なる人気を得ている有名中国料理店
京花楼』の総料理長・李京修と『麻布茶房』のコラボレートにより実現した
Lee Tan Tan Cafe』』
(「Lee Tan Tan Cafe|株式会社 甘や」より)


1.Cランチ
  牛肉と野菜の黒こしょう炒めと点心三種

Cランチ
牛肉と野菜の黒胡椒炒め・アップ
牛肉と野菜の黒胡椒炒め
点心三種・アップ
点心三種
唐揚げ・アップ
唐揚げ
ウーロン茶
ウーロン茶
2.Bランチ
  冷しレタス麺
Bランチ 冷しレタス麺
冷しレタス麺・アップ
冷しレタス麺
3.焼そばセット

焼そばセット
焼そば・アップ
焼そば
ランチメニュー
ランチメニュー
セットメニュー
セットメニュー
店内
店内
店頭
店頭
店頭のショーウィンドー
店頭

ル・パティシエ ヨコヤマの、谷津ロール

長女が、孫たちを含めてみんなで食べようと、ロールケーキを買ってきた。
ご当地の名前が入ったケーキで、結構人気のあるものだそうだ。


谷津ロール

『こだわりの地鶏卵を使いふわふわに焼き上げたスポンジに風味豊かな生クリームをたっぷりサンドいたしました。シェフ自慢のとても素朴なロールケーキです。(要冷蔵)』
(「ル・パティシエ ヨコヤマ:CAKE」より)

『「谷津ロール」というロールケーキが1本830円、これも人気があります。
谷津の地名が入っているので、手みやげにと買っていかれる方も多いですね。
毎日400本作っていますが、日によっては午後1時頃完売することも
うちの店は午前中が一番混雑するんですよ。』
(「習志野が好きな人|ナラシノシロウ.com」より)


(有)ル・パティシエ ヨコヤマ 
                   習志野市大久保1-1-34

『現在、大久保と谷津で「ル・パティシエ ヨコヤマ」を営む横山さんは、かつて国内外の洋菓子コンクールで優勝。
またテレビ東京系バラエティ番組「TVチャンピオン」の『全国ケーキ職人選手権』で、史上初の3連覇を成し遂げた経歴の持ち主。』
(「習志野が好きな人|ナラシノシロウ.com」より)


谷津ロール 包装
谷津ロール 包装
開封
開封
カット on 天目釉皿
カット on 天目釉皿

サンマルクで、孫たちと食事会

孫たちがお泊り会に来るのに、このところ超多忙で夕食を作るのがしんどくなった女房は外食したい、と。そこで久しぶりにサンマルクへ。たまたま女房と長女が誕生日の招待葉書をもらっていたのでそれを利用。全員O型人間なので、またもや好きなものを勝手に注文。私は誕生日メニューから。


サンマルク 八千代台店


赤ワイン
モンテプルチアーノ
・ダブルッツォ Montepulciano d'Abruzzo/イタリア

モンテプルチアーノは、イタリア、トスカーナのアブルツォ地方の赤ワインです。…
そして「ダブルツォ」とは、厳しい剪定によってブドウを濃縮して、初めてそれをラベルに謳える称号なのです。』
(「乗鞍高原カフェ&バー スプリングバンクの日記:ワイン 41」より)

婿殿たちがいないので、呑み手は私一人。女性陣は運転手。
そこで375mlで我慢。
ワイン
ベーカリー・サンマルク自家製の焼き立てパン
パン
私のコースは、スペシャルバースデーコース

本日のスープ/クラムチャウダー
本日のスープ/クラムチャウダー
カクテルオードブル
(冷) & グラタンオードブル(温)
カクテルオードブル&グラタンオードブル
秋刀魚のガーリック風味のフリット
秋刀魚のガーリック風味のフリット
和風仔牛ロースステーキ
和風仔牛ロースステーキ
デザートプレート&紅茶
デザートプレート&紅茶
スペシャルバースデーコース/メニュー
スペシャルバースデーコース/メニュー
ワインリスト
ワインリスト

雷門 三定の‘花あげまんじゅう’

雷門の右手に老舗の天ぷら屋がある。
店先で揚げ饅頭を揚げていたので、プチ土産に買い求めた。

雷門 三定 (さんさだ)

『天保八年、三河の国の定吉が江戸へ出て
自宅前で 小魚を揚げてから百六十年、
伝統の味を今に守りつつ
活気のある雷門前に門をかまえる天ぷら屋です。』
(「雷門 三定【店舗案内】」より)

花あげまんじゅう

『和菓子好きにとって、老舗が軒を連ねる浅草ははずせないスポット。
今回は、浅草に行くと必ず食べてしまう「花あげまんじゅう」をご紹介します。』
(「浅草の“あつあま"和スイーツ-レタスクラブネット編集部スタッフブログ」より)


三定 店頭
三定 店頭
揚げ饅頭を揚げているところ
揚げ饅頭 揚げているところ
揚げたての揚げ饅頭/母娘が店内で食べるところを撮らせてもらった。

あつあま"は、やはり揚げ立てを食べるのが基本。
揚げたての揚げ饅頭 
雷門三定の揚げ饅頭・包装
雷門三定の揚げ饅頭・包装
開封
揚げ饅頭 四個
揚げ饅頭 on 鉄絵皿
揚げ饅頭 on 鉄絵皿
揚げ饅頭 断面
揚げ饅頭 断面
★ 縦型オーブントースターで、五分ほど焼き上げると多少カリッとした食感が戻る。しかし、揚げ立てには敵わないだろうなあ。あの母娘同様、店先で一個食べればよかった。
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR