浅草寺界隈、ぶらぶら散歩

浅草寺はよく参拝するが、浅草寺及びその界隈はまだ知らないことが沢山ある。先般ホッピー通りで一杯飲んだ折に、ぶらぶら散策してみた。

まず雷門の像について、改めてしげしげと眺めた。
風神像
風神
雷神像
雷神
これらは、雷門の表側に配置されている。
向かって右に風神、左に雷神。
『風神(ふうじん)・雷神(らいじん)は、風や雷をつかさどる神さまであり、浅草寺の護法善神である。元々雷門はこの二神の名前から「風雷神門(ふうらいじんもん)」と呼ばれていたが、いつの頃からか雷門とだけ呼ばれるようになった。』
(「浅草寺|諸堂案内 雷門」より)
雷門・表
金龍像

※ 『浅草寺|諸堂案内 雷門』の金龍像と、私が撮った金龍像の写真は右手と左手の様子が違う。この写真では玉は左手で持っているが、先のものは逆である。どうしてなのか。

金龍
天龍像
天龍
これらは、雷門の裏側に配置されている。
向かって右に金龍、左に天龍
『天龍は平櫛田中氏、金龍は菅原安男氏により謹刻、木曾檜造り。
この両像は、水をつかさどる龍神さまであり、浅草寺の護法善神である。雷門の背面、風神・雷神と対称となるように奉安されている。』
(「浅草寺|諸堂案内 雷門」より)

※※ 慶応元年(1865)12月の田原町大火で炎上し、昭和35年(1960)95年ぶりに復興再建されただけに、門の裏側の龍神様に籠める思いが大きいと私は感じる。

雷門・裏” border=
浅草寺・西境内


観音堂(本堂)の西、五重塔の北側の一角に薬師堂・淡路堂・影向堂等の諸堂がある。このあたりは、結構外人がたむろしてカメラのシャッターを押している。

聖観世音菩薩 千日参供養仏。享保3年(西暦1718年)建立。
仏像
金龍権現/九龍権現

?
浅草寺五重塔辺りから見たスカイツリー
浅草寺五重塔辺りから見たスカイツリー
伝法院通り、すしや通り、新仲見世通りなどには老舗などが店を並べている。

もり銀

(「銀製品全般・森銀器製作所」より)
もり銀
今昔着物 胡蝶
『リサイクル着物、アンティーク着物など、格安に販売しております。
また、新日本舞踊の衣装、かつらのレンタル、製作も格安にてご提供させていただきます。
ご不要になりました着物等の買い取りもいたします。』
(「浅草 江戸まち 伝法院通り」より)
古着屋
新仲見世アーケード辺りの、草履屋。外人の人気が高いのか。
外人が集まる草履屋
地下鉄浅草駅、壁画。
地下鉄 壁画


浅草ホッピー通りの‘三幸’'で、一杯

公園本通り商店街を、浅草ホッピー通りと言うようだ。
先般浅草演芸ホールの帰りに立ち寄りたかったが、その日はまっすぐ家に帰る用があり入りそびれた。そこでお茶の水のNPOオフィスでのミーティングが終わって時間がたっぷりあったので、浅草まで足を伸ばした。


居酒屋 三幸   台東区浅草2丁目3−18

『特徴 1人で入るにも気軽な感じです。、くつろぐ 』
(「居酒屋 三幸(いざかや さんこう)|浅草、田原町/居酒屋|livedoorグルメ」より)


三十年ほど前に、有楽町のガード下で飲んだ記憶のある懐かしい飲み物があった。
電気ブラン

『神谷バーにデンキブランと名付けられたカクテルが登場して、およそ百年の歳月が流れています。』
(「神谷バー」より)
電気ブラン
牛すじ煮

ホッピー通りには、韓国風牛すじ煮と表示した店が多いが、ここのが韓国風なのか日本風なのかは分からない。ここでは、好みによりカレー粉をかけるそうだ。
牛すじ煮
ホッピー白

ホッピー白
もつ焼き
(タン・レバー・シロ) 塩
もつ焼き(タン・キモ・シロ)

マッコリ
(막걸리:韓国の酒)
『マッコリには強い甘味がある。これは麹により糖化された米の甘味である。微かな酸味と炭酸発泡の味がする。』
(「マッコリ-Wikipedia」より)
朝鮮の酒
さつま揚げ
さつま揚げ
もつ焼きなどを焼く女(ひと)
焼方
店から通りを眺めると、いろいろな国の人が通る。
店から通りを
店頭
店頭
ホッピー通りの、他の店
他の店/まんげつ、赤トンボ
別の小路の、他の店
別の小路の店
★ 高嶋政宏が立ち寄るのは、このホッピー通りの「居酒屋 浩司 浅草店」とか。


船橋市総合防災訓練

町内会の役員が10年に一回ほど持ち回りとなり、今年は当番だ。
その関係もあって、8月29日(日)は、防災訓練に参加した。
わが町内は世帯は小さいのに参加者が毎年30人を超える。熱心な人が多いそうだ。私たち夫婦は役員でもない限り参加したことは無いが。


平成22年度船橋市総合防災訓練

『9:20~12:00
※午前9時20分に、防災行政無線でサイレンを鳴らします。
 それを合図に、最寄りの小学校などに避難してください。』
(「平成22年度船橋市総合防災訓練」より)


バケツ消火リレー
バケツリレー

消火器使用訓練

消火器

三角巾の使い方講習

・たたみ三角巾の作り方(2つ折り~8つ折り)
・提肘固定三角巾
・本結びの仕方
三角巾

AEDの使い方講習


『心室細動とは、心臓の筋肉がけいれんをしたような状態になり、全身に血液を送るポンプ機能を失った状態になる致死性不整脈の一つです。心室細動の唯一の治療方法が、除細動器(AEDを含む)で電気ショックを与えることだと言われています。
そして、AEDの使用とあわせて、私たち一般市民が胸骨圧迫や人工呼吸を行うことで1人でも多くの方を救うことができるのです。』
(「日本光電:AED(自動体外式除細動器)とは」より)
AED

☆ 炎天下、高齢者の参加も多いのに、熱中症患者もけが人も無く、無事終了した。

和太守卑良 彡文赤彩茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ第85作


和太守卑良 彡文赤彩茶碗 写し

『紐作りの後、内外共に削っている。茶色の素地に「彡文」を刻み白の化粧を。文様部分を抜いて黒釉を掛けた。焼成後に赤の彩色。あえて地肌の白も見せる。「彡文」は独自の意匠。静謐な形に文様・色彩・質感が生きる。』
(「茶碗 平成の百人100碗」日本放送出版協会 P210より)

★ なお和太守卑良氏は、私と同じ1944年生まれであるが、2008年9月7日死去した。享年64歳。
NHK趣味悠々 秋元康の陶芸入門、和太流で土と遊ぶ」はつい最近のことと思っていたが、2002年のことであった。月日のたつのは速い。


※ 本歌は紐作りであるが、写しは楽茶碗と同じように玉作りで作ってみた。


和太守卑良茶碗写し
和太守卑良茶碗写し
彡文赤彩茶碗写し・正面

※※ 本歌は、赤の彩色であるが、写しは赤の発色がうまくいかなく、茶色の発色となった。
しかし、逆にオリジナルなイメージのものが出来上がり、「袈裟衣」とでも銘を付けたくなるようなものができた。私のお気に入りの一つとなった。

彡文赤彩茶碗写し・正面
高台
高台
お菓子は、とらやの黒梨
菓子器は、彫三島白花文鉢
黒梨 in 白花文掻き落し鉢
黒梨 断面

『梨は16世紀の茶会でお菓子としてよく使われていました。『黒梨』は葛粉を使った水羊羹製で餡を包み、軸を付け、けしの実を散らして梨を表わした可愛らしいお菓子です。
水羊羹
製 御膳餡入
初出年:水羊羹『黒梨形』として昭和9年(1934)』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子|株式会社 虎屋」より)
黒梨 断面

滝口和男 「茶碗 垣根の向こうに」写し

抹茶茶碗もどきシリーズ第84作

滝口和男 「茶碗 垣根の向こうに」
                              色釉 写し

『基本は信楽土6種類の土。調味料を合わせるように調合し、手捻りに。鉄で模様を描き、灰釉を掛けて本焼後に金彩。高台と茶溜りが3つずつ。口作りは自然のままで正面はない。が、掌への納まりがよく、心底楽しめる。』
(「茶碗 平成の百人100碗」日本放送出版協会 P206より)

『一個の茶碗のためだけに土をブレンドし、釉を作る。だから再現ができないのです。再現性は全く無視していますから。技法的に同じものはできても、雰囲気は異なる。結局、一期一会でそのときの雰囲気を作っている。それが自分にとっては一番大きいでしょうね』(同上 P204)

※ 『高台と茶溜りが3つずつ』・・・?とても変わった茶碗だ。作り方もわからないが、勝手に想像して習作してみた。

※※ 滝口和男の有名な“無題シリーズ”は、こちら



滝口和男茶碗写し
滝口和男茶碗写し
正面
正面
高台
高台
お菓子は、とらやの下染
菓子器は、高取掛け分け平茶碗
下染 in 高取掛け分け平茶碗
下染 断面

『下染とは染色用語で、本染をする前にほかの色に染めることをいいますが、菓銘では本格的に紅葉する以前の葉にたとえているのでしょう。色付きはじめた一葉の紅葉を琥珀羹で表わしました。東京・京都地区限定のお菓子です。
琥珀
製 白餡入
初出年:文政12年 (1829)] 』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子|株式会社 虎屋」より)
下染 断面



祥瑞水玉茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ第83作

祥瑞水玉茶碗  写し

『(本歌:祥瑞水玉茶碗は)
祥瑞は、『遠州蔵帳』に「祥瑞茶巾筒」とあるので、遠州が注文したものと考える。…
口縁のすぐ下に刷毛で薄い呉須釉を帯状に塗った上に、濃い呉須で山形の連続文を描いている。またその下から高台までびっしりと藍唐草文を描いて、そのなかに白い丸文を上下二段に点々と配している。高台の側面を薄呉須の刷毛で塗り、濃い呉須で切れ切れの渦巻きを連続して描いている。内面にも呉須で模様が描かれている。』
(「茶碗百選」平凡社 大河内風船子著 P83より)


祥瑞水玉茶碗写し

正面
正面
高台
高台
お菓子は、とらやの初秋
菓子器は、彫三島平茶碗
初秋 in 彫三島平茶碗
初秋 断面

『黄色い粟羊羹と、黒砂糖風味の琥珀羹の落ち着いた配色は、農作物の収穫期でもある豊穣の秋の到来を象徴すると同時に、夏の余韻を感じさせます。 粟製…寒天を溶かし、白双糖(しろざらとう)を混ぜ、煮詰めた液に粟に見立てた新引粉(しんびきこ・京都ではみじん粉と呼ぶ)を加え、色を付けたもの。東京・京都地区限定のお菓子です。
粟製

初出年:昭和9年(1934)』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子|株式会社 虎屋」より)
初秋 断面

第八回亀治郎の会 東京公演

女房が国立大劇場で行われた「第八回亀治郎の会 東京公演」を見に出掛けた。

ちなみに演目の一つは、
『一、猿之助四十八撰の内『義経千本桜』二幕  
道行初音旅  清元連中
川連法眼館の場
 -市川亀治郎宙乗り狐六方相勤め申し候-
佐藤忠信/佐藤忠信実は源九郎狐 市川亀治郎』
(「亀治郎の会|市川亀治郎」より)

『この「義経千本桜」四の切は、今月、新橋演舞場で海老蔵が同じものをやっています。が、亀治郎の、このたった数日の勉強会のために、唄い手も三味線も一流の(それも私の好きな)方々が揃っていました!嬉しい!!』
(「第8回 亀治郎の会|なないろの音楽」より)


☆ 感想を聞いてみると、亀治郎は「カミソリのように切れのいい踊り」であった、と彼女は感動しきり。


亀治郎の会 パンフレット&チケット
亀治郎の会 パンフレット&チケット
宙乗り狐六方のとき、花道の近くに座っていたので席に降ってきた紙吹雪だ、と。
紙吹雪

神楽坂・翁庵で、夕食に梅干しそうめんを

飯田橋で、夕食にソーメンを食べた。この後会合があるので、やはりノーアルコールである。場所は、ランチで利用したことのある翁庵。ランチで食べたのはかつそばなど。

◆ 翁庵梅干しそうめん

夕方五時を回るとこの店は、昼間の蕎麦屋・大衆食堂から、本来飲み屋・居酒屋へと変貌する。従って、お通しとして小さな冷奴がまず登場する。

お飲み物は?     お茶。
食べ物は?      梅干しそうめん。
冷たいやつですか?  そうです。
出来るかどうか聞いてみます。・・・


明らかに、この時間帯に想定している客ではないので、普段と応対が違うと感じる。
この後NPOの例会という名の、スタッフミーティングがあるので、酒気帯びではまずい。この辺のところを店の人に説明する気にはなれないが。


夜頼んだ、昼の名物:梅干しそうめん(冷)
参考までに、向こうにお通しの冷奴
夜の梅干しそうめん
そうめん・アップ
梅干しそうめん・アップ
メニュー
メニュー
夜の部が始まる直前の、店の中
店内

実は、この店で夕方にアルコール抜きは、これが初めてではない。

5月にも、◆ にしんそばを夕方に注文した。
このときも、そばだったが、応対はたかった。

5月 にしんそば
因みに、このときのお通しは2品
このときの、お通し2品
店頭
店頭
★ 居酒屋に来て、酒を頼まないのは、やはり場違いだったか?
  これからは、夜 飯田橋でノンアルコールの場合、金升の超熱い鴨南蛮にするか?

北海道土産

旅行好き長女一家の今度の旅では、北海道土産2点。
比較的金持ち一家の土産は、いつも地味なものが多い。

1) 雪やこんこ

六花亭製菓(株) 帯広市西24条北1-3-19
※ 六花亭お菓子の既報は、マルセイバターサンド
  
『寒い冬の夜に、しんしんと舞い降りる雪。六花亭の『雪やこんこ』は、そんな北海道の原風景をモチーフにした素朴なクッキーです。六花亭お得意のさくさくビスケットはブラックココア入り。そこに、風味豊かでしっとりとした、ホワイトチョコレートがサンドされています。こちらはちょっと甘めの仕上げで、ビスケットのビターな食感と相性バツグン! ビスケットに開けられた大小の穴から、ホワイトチョコレートがのぞいてるところが、ちょっとしたアイディアでかわいいですね~。』(「【六花亭】雪やこんこ 素朴なチョコビスケット!」より)


包装
雪やこんこ・六花亭

『箱の絵は、北海道岩内町出身のイラストレーター、藤倉英幸さんの作品。味わいのあるタッチが、『雪やこんこ』の雰囲気にぴったりですね! 」
(同上)
箱
開封
開封
小袋 on 青白磁皿
小袋 on青白磁皿
断面
ブラックココア入りビスケットに、ホワイトチョコレートがサンド
ビスケットに開けられた穴から、ホワイトチョコレートがのぞいてる
断面

2) ほたて貝柱

(株)不二家本店 札幌市白石区流通センター6-3-31

紋別前浜で採れた新鮮な帆立貝柱を厳選し一つ一つ天日干しで手間暇をかけて丹念に仕上げました。』
(「乾珍味・昆布|株式会不二家本店 信頼と実績の半世紀」より)

ほたて貝柱 32g
干し貝柱
干し貝柱in安南染付小鉢
干し貝柱in安南染付小鉢

寄席で、太子堂のスイートポテトを

池袋演芸場で、小腹を満たしたスイートポテト。
NHKアサイチの有働アナウンサーのようにお腹が鳴る轍を踏まないように、劇場のもぎりのところでお菓子を買った。煎餅のように食べる時音のしないものを。


それは昔懐かしいニッキの香りと味のする、一口で食べれる

スイートポテト

(株)太子堂 世田谷区太子堂2-28-1


袋に残ったスイートポテト
袋に残ったスイートポテト
スイートポテト on  独楽文皿
スイートポテト on  独楽文皿
スイートポテト断面 on 布目小皿
スイートポテト断面 on  布目小皿
※ なんとか凌げた。昼の部が終わってから、遅昼

東京中華街 池袋北口店で、麻婆茄子を

池袋演芸場の帰りに、遅昼を食べた。
遅昼になった理由は、LABI日本総本店でBDを買っていたのと、当初予定のランチ候補店PASTA DINING NOBUがお盆休みであって食べ損ねたことなどによる。
遅昼の店は池袋演芸場から目と鼻のところにあった。
因みに、17時までランチメニューという、有難い存在。
中国語をしゃべっている客が多かった。本場の中国の人にも人気があるのだろうか。
いずれにしろ、安くて旨い


◆ 新680円定食

『◆TV番組・雑誌で取り上がられた大人気680円定食(平日)◆
 海老チリ定食・痲婆ナス定食・唐揚げ定食等々20種類があります。』
(「ぐるなび-東京中華街-」より)

店の名は、

東京中華街  豊島区西池袋1-43-3日精ビル4F

『◆本場の味、庶民の値段◆
中国創作料理金賞の料理長
が作る本場中国の味を是非っ!! 』
(「ぐるなび-東京中華街-」より)

麻婆茄子定食
麻婆茄子定食
アップ
アップ
メニュー/新680円定食
メニュー 新規
メニュー/(旧)680円定食
メニュー
店内 厨房方面
店内には、中国の音楽が流れ、中国のビデオがモニターに映っていた。
隣には、中国語を話す綺麗な娘さんとその相手の男の子が。
しかし、二人ともほとんど食事に手を出さず、論争しているように見えた。
店内 厨房方面
エレベーターから出たところ、4階入り口の状況
4階入り口
1階入り口
1階入り口
★ 食べ損ねた店
釣り損なった魚は大きいと言う。食べ損ねた店も美味しそうだと思う。
いずれにせよ、猛暑の中で南池袋と北池袋の間を歩くのは結構疲れる。

  玄関のドアに、休みの表示

休みの表示
  PASTA DINING NOBU全貌
食べ損ねた店


呉須山水茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ第82作

呉須山水茶碗  写し


『小山富士夫氏によれば、呉須染付は福建省竜渓県石碼窯で焼かれたものとのことである。…
口縁は外開きになっている。胴には山水・人物・塔・家屋が南画風に描かれ、風雅な趣である。高台の縁に、こわれた橋とも山ともとれる模様が描いてある。この茶碗や呉須菱馬水指は、茶人の注文で作られたもので、類品が少ない。中国の染付と著しく異なり、まったく日本人好みである。』
(「茶碗百選」平凡社 大河内風船子著 P82より)


呉須山水茶碗写し
呉須山水茶碗写し
正面
正面
裏面
裏面
高台
高台
お菓子は、とらやのささ栗
菓子器は、黄瀬戸鉢
ささ栗 in 黄瀬戸ドラ鉢
ささ栗 断面

『「ささ」とは、「小さな」を意味する言葉です。『ささ栗』は、煉切でつくった栗のまわりに、緑のいがに見立てたそぼろを付けたお菓子です。
きんとん製 黒煉切包白餡入

初出年:干菓子として宝永7年(1710) 』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子|株式会社 虎屋」より)
ささ栗 断面

とらや 季節の生菓子 8月後半

上生菓子を買い求めて、‘とらや’に行った。
今回は、銀座店。本店日本橋店と、それぞれに趣きや接客が違う。


とらや 銀座店 中央区銀座7-8-6

『虎屋の記録より
餅や団子あるいは果実を基本に
して、奈良時代には中国から唐菓子が、そして鎌倉時代には饅頭や羊羹などの点心がもたらされ、戦国時代のヨーロッパ人による南蛮菓子の渡来を経て、1600年代後期の京都で大成されています。

一般に和菓子は植物性の原材料を使った嗜好品と説明されています。この食品としての和菓子に新たな定義をあたえたのが虎屋16代店主黒川光朝です。もともと日本美術史の研究者であった彼は、文化史的な側面から見て、和菓子を五感の芸術と位置づけました。

食品の絶対条件である味覚。歯ざわりや舌ざわりや楊枝でお菓子を切るときの触覚。素材のほのかな香りを楽しむ嗅覚。さまざまなデザインを目で見て味わう視覚。そして聴覚です。和菓子には古典文学や四季の移ろいに想を得た名前 (菓銘) がつけられています。そうした雅な菓銘を耳で聞くことによって和菓子の世界は広がります。』
(「とらやの伝統と文化-和菓子とは-|株式会社 虎屋」より)


とらや 銀座店
とらや 銀座店

袋も黒色(墨染)からごくうすい青(瓶覗?)に変わり、イメージチェンジしたようだ。まるでティファニーの袋のように。
袋

箱
開封
開封

季節の生菓子 2010年8月後半

・下染
『下染とは染色用語で、本染をする前にほかの色に染めることをいいますが、菓銘では本格的に紅葉する以前の葉にたとえているのでしょう。色付きはじめた一葉の紅葉を琥珀羹で表わしました。東京・京都地区限定のお菓子です。
琥珀製 白餡入
初出年:文政12年 (1829)] 』
(「とらやの和菓子 季節のお菓子 -生菓子|株式会社 虎屋」より)

・黒梨
『梨は16世紀の茶会でお菓子としてよく使われていました。『黒梨』は葛粉を使った水羊羹製で餡を包み、軸を付け、けしの実を散らして梨を表わした可愛らしいお菓子です。
水羊羹製 御膳餡入
初出年:水羊羹『黒梨形』として昭和9年(1934)』(同上)

・ささ栗
『「ささ」とは、「小さな」を意味する言葉です。『ささ栗』は、煉切でつくった栗のまわりに、緑のいがに見立てたそぼろを付けたお菓子です。
きんとん製 黒煉切包白餡入
初出年:干菓子として宝永7年(1710) 』(同上)

・初秋
『黄色い粟羊羹と、黒砂糖風味の琥珀羹の落ち着いた配色は、農作物の収穫期でもある豊穣の秋の到来を象徴すると同時に、夏の余韻を感じさせます。 ※粟製…寒天を溶かし、白双糖(しろざらとう)を混ぜ、煮詰めた液に粟に見立てた新引粉(しんびきこ・京都ではみじん粉と呼ぶ)を加え、色を付けたもの。東京・京都地区限定のお菓子です。
粟製
初出年:昭和9年(1934)』(同上)

季節の生菓子 on 総織部大皿
写真: 向う左から 下染、黒梨
    手前左から ささ栗、初秋

上生菓子 on 総織部大皿

池袋演芸場へ行った

東京の寄席のなかで、浅草演芸ホール上野鈴本演芸場新宿末広亭上野広小路亭とこれまで行ったので
今回(8月17日(火))は、

池袋演芸場  豊島区西池袋1丁目23−1 エルクルーセ

8月中席

へ行ってみた。
これで、国立演芸場を除く定席(じょうせき)は一応クリアした。
この日、行列は無い。
シルバー割引き利用。

池袋演芸場  
池袋演芸場
地下への入り口
地下への入り口

今回珍しく、前座から聞いた。
二つ目の、若い柳亭小痴楽がその風貌と芸にいい意味のギャップがあって、結構楽しかった。(若い芸人も捨てたものではなく、会場が大いに沸いた。)
各寄席の雰囲気はそれぞれ違うが、この日の池袋演芸場は、狭いが小奇麗な会場に、若い女性が多く、また着物を着たそれなりの女性も何人かいて、先入観とのギャップもまた大きかった。

中入り前は、春風亭昇太。

◆ トリは、三遊亭遊三

演目は、親子酒
『「なぜそうお前は酒をのみたがる。
お婆さん、こいつの顔がさっきから三つに見えます。
化け物だね。こんな者に身代は渡せませんよ」
と言うと、せがれが
「あたしだって、こんなぐるぐる回る家は欲しくない」』
(「親子酒(おやこざけ) 落語:落語あらすじ事典 千字寄席」より)


昼の部終演後の光景
出口の構造もあって、ここでは三々五々ぱらぱらと出てくる。
小奇麗な着物姿の女(ひと)が出てくるまで待てなかった。
昼の部終演後1
昼の部終演後2
昼の部終演後3
★ ユーモアってなに?
  まだまだ、よく分からない。
  聞いて面白いかどうかは分かる。
  しかし、これからの生活の中でどうユーモアを生かせばいいか
  が分からない。
  聞くと演じるとは違うし、
  年齢や地方性によっても違うし、
  それ以上に個人の感覚の違いによって大きく違う気がするから。

maison kaiser のパン

舞踏会の帰りに日本橋高島屋B1Fに寄って、長女がパンを買ったきた。

製造者: (株)ブーランジェリーエリックカイザージャポン
    中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋

『日本人好みにアレンジされていない、本場のフランスパンが並んでいるメゾンカイザー。2001年に高輪店がオープンして以来、人気を呼び、現在は東京を中心に9店舗、デパートでも4つの売り場をもっている。このメゾンカイザー社長が、銀座木村屋の長男であることも業界では話題になった。』
(「明日から独立経営者! 起業ABC|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]」より)

『フランス国立製パン研究所教授、エリック・カイザー氏が発明したルヴァンフェルメント(天然酵母自動培養器)により安定した味を提供しつづけるブーランジェリー
パリの新聞フィガロのクロワッサン特集で、パリNO.1に輝いた「クロワッサン」が有名で、あのアラン・デュカスもひいきにしている。』
(「美味食楽~ランチ・日本橋・横浜・イタリアン~:メゾンカイザー…」より)


MAISON KAISER

※ 娘は固いフランスパンではなく、老親のことを考えて食パンとアップルパイのようなものを買ってきてくれた。



食パン
maison kaiserの食パン
食パン on 粉引皿
食パン on 粉引皿
ヴィエノワズリ
というのか、デニッシュというのか?
※ 写真を撮ったら、実物が女房と私の胃袋に消えていたので確認の余地なし。

菓子パン
上の断面
※ 中身は何だったかな?

菓子パン・断面

舞踊会の撒きもの、Toshi Yoroizukaの

長唄の若いお仲間が舞踊会に出るので、女房と長女が見に出掛けた。

(社)日本舞踊協会の舞踊会で、国立劇場・大劇場で開催されたものだ。彼女は長女と同じ歳ながら既に名取さんとか。
楽屋見舞いの折に、撒きものを頂戴してきた。

● ところで演目は、清元 女車引

『珍しい吉原の俄踊りの残存したもので、『菅原伝授手習鑑』の「車引」を三兄弟の嫁、千代・春・八重の三人で見せる趣向。
車引きの争いや、賀の祝での様子を三者三様で踊ります。吉原の踊りだけに最後は華やかに終わります。』(カタログより)

● そして撒きものは、Toshi Yoroizuka Chef 鎧塚 俊彦 の

      Marronnier  マロニエ

マロニエ。こちらは名前のとおり主役は栗なんですけれども、アクセントとしてノワゼットを使っております。上にパート・シュクレを乗せまして、中はしっとりとしたケーキなんですけれども、上のクッキー生地のサクサク感、中に入ったノワゼットのカリカリ感、これが非常にマッチした焼き菓子となっております。ご贈答にも非常に合うのではないかと思っております。 』
(「Recette -Marronnier-Toshi Yoroizuka Official Home Page(トシヨロイズカ)」より)



袋

箱
開封
開封
マロニエ on 天目釉皿
ケーキ on 天目釉皿
マロニエの断面
一切れ

マクドのフードストラップなど

女房が大阪からの帰りに、時々変わったものを持ってくる。
Lセットを注文すると、マクドでダブルバーガーのストラップが貰えた、と。

● マクドナルドのフードストラップ

※ マクドナルドフードストラップは、今大変な人気なんだそうだ。


マクド(関西)Orマック(関東)のストラップ
マクドのストラップ
高級おつまみ
(株) 味のキムラ 守口市河原町7-7

● 小粒餅ピー

※ 彼女の手当たり次第に、思いつくまま買ってくるものは得体が良く分からないものがある。場末というと大変怒るので、郊外と言っているが、郊外には色々と知らない店・知らないお菓子があるものだ。

キムラの小粒餅ピー
餅ピーin緑釉片口小鉢
餅ピーin緑釉片口小鉢

● はり重 お肉のつくだ煮

はり重 牛肉の佃煮 包装

※ これは元船場のこいさんである義母のブランド志向の表れ、か。母娘でもずいぶん違う。

はり重3
はり重・箱
はり重3

はり重3
はり重佃煮 in 安南染付小鉢
はり重佃煮 in 安南小鉢

今年も、庭にアブラゼミが

アブラゼミが我が家の玄関で、今年も死んでいた。
※ 大阪では1980年くらいからクマゼミが増えアブラゼミが減ってきたと日経新聞2009年8月2日付に出ていた、と。

この辺りでは近年ミンミンゼミが優勢で、アブラゼミの声を聞くことは少なくなったと私は感じている。(セミの鳴いている時期は当然ずれるが)
しかし、我が家の庭で死んでいるセミは何故か決まってアブラゼミである。

『セミが鳴く時には
と呼ばれる部分を震わせて鳴きます
ただ、この弁は、メスには付いてません、オスだけ付いてます
従って、余談ですが、オスとメスの見分け方
これは弁の部分と更に、もう1つ
動物でいう、シッポの部分を見て下さい
これはセミの種類でも多少異なりますが
オスは太くて短く、メスは細くて長いんです』
(「水戸光圀 西山荘 セミが鳴くのはオスだけ」より)

※ ということは、死んでいた個体は、メスのようだ。

油蝉・死体
死体確認後、しばらくして別のアブラゼミが姦しく鳴いた、居間の網戸に止まって。鳴くのはオス。するとこの二つの個体は出会うことができたかどうか微妙である。子孫が旨く木に産み付けられていて、アブラゼミの幼虫の地下生活6年後に地上で見られることを祈りたい。

☆ 以前我が家の庭で見た空蝉。


空蝉

★ 北習志野駅前のケヤキ並木通りに行ってみた。ここでは、ミンミンゼミに負けずにアブラゼミが頑張って鳴いていた。同じ市内でも、場所によって色々あるみたいだ。

稲毛・忠助 また、

またまた、陶芸教室通いの曜日を変更して、稲毛の忠助に夕食を食べに出かけた。

忠助

※ ブログを読んで戴いた方にはお分かりのように、ここでは、時々高級魚をリーズナブルな価格で食すことができる。そこが癖になる理由の一つである。
例えば、今回のアラ。


★ アラ
『(評価) 
 高級魚ではあるが知名度は低い。
たぶん一般人にはほとんど知られていない。
非常に味がいい
ので、通好みの魚とされる。…
(選び方) 
 体色の白くなっていないもの。鮮度がいいとベージュ、もしくは茶色、時間が経つと白くなる。…
(食べ方) 
 刺身の味わいは最上のもの。鮮度によっては薄作りにする。
鍋材料としても優れていて、クエなどに負けない。』
(「アラ 市場魚貝類図鑑」より)


※ ところで今年は水温が高く、魚の入荷はすこぶる悪い、そうだ。
例えば、関サバが3週間も入荷しなかった、と。


○ 刺身/関サバ、生ウニ 赤(北海道)、アラ(長崎)
※ アラは、ポン酢で。

刺身(関サバ・生ウニ・アラ)

○ 煮付け キンメ(銚子)
※ これも入荷薄で、原価割れしている、と。

キンメ煮込み

○ 焼き魚 穴子(江戸前)白焼き
※ イサキは既に旬が終わり、身が痩せて美味しくない、と。
『イサキの“旬”は5~6月頃で、“梅雨イサキ”と呼ばれ、最も脂ののる季節です。』
(「“旬”は梅雨時 イサキ -東京都島しょ農林水産総合センター」より)

穴子焼き

メニュー
メニュー

生ビールとお通し(ミズダコ/北海道)
生ビール

☆ 久しぶりの関サバのみならず、たまのアラやエゾバフンウニは非常に美味であった。
それにしても、気象異常は野菜だけでなく水産物にも大きな影響を与えている。それが心配である。

黄瀬戸梅花文茶碗 銘万歳 写し

抹茶茶碗もどきシリーズ 第81作

黄瀬戸梅花文茶碗 銘万歳 写し

「日本陶磁全集14黄瀬戸 瀬戸黒」中央公論社 図59,60

※ 写真では分かりにくいが、肉眼では油揚手の肌が比較的良く出ている。胆礬もよく貫けている。


『表面のざらざらした感じのもの(「油揚げ手」)には、彫りで草花を描いた後に銅を乗せてグリーンの装飾をするものをよく見ます。この銅の彩りが「胆礬」と言われるものです。』
(「web-setomono/瀬戸だより」より)


黄瀬戸茶碗写し
黄瀬戸茶碗写し
正面
正面
裏面
裏面
高台
高台
お菓子は、岡埜栄泉の向日葵

お菓子断面
向日葵
金団)ひまわり
「太陽の花」と呼ばれる夏の花の代表です。元気いっぱいの花を金団で作りました。
金団餡製
芯潰し餡
小豆餡
お菓子断面 向日葵



道端の花 コレクション

ぶらぶら街を散歩すると、次から次へと花に出くわすものだ。
一日花から、長く咲いているものまで色々。
見た覚えがあっても、名前を知らないものが多い。
そして、在来種がどんどん消え去り、外来種がますます多くなってくるのが気になるが…。



道端の花 コレクション 2010盛夏8月上旬


ゴーヤ

ゴーヤ

モミジアオイ 紅葉葵
葵(あおい)科、フヨウ(ハイビスカス)属
モミジアオイ

デュランタ
熊葛科(くまつづらか)、ハリマツリ属
メキシコ地方原産
デュランタ

ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
中国原産
ノウゼンカズラ

センニチコウ
  千日紅 千日草 
ひゆ科、センニチコウ属
熱帯アメリカ地方原産
センニチコウ

ルリマツリ

(名前は、この家の主に直接聞いて分かった。
なお娘によれば、九州のルリマツリはいい匂いがしたが、関東のは匂わないね、と。)
ルリマツリ

☆ 今回は、花の名前を調べるに当たって、『季節の花 300』が役に立った。

徳澤守俊・朝鮮唐津茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ 第80作

このシリーズも100碗を目指して、80碗まで辿り着いた。
もう一踏んばりしてみようと思っている。


徳澤守俊・朝鮮唐津茶碗 写し

『(本歌は)鉄釉と藁灰釉の掛分。柔らかな揺らぎがあり、手捏ねに見えるが成形は轆轤。巧みに葉文が彫られている。高台は奔放とも映る達観の削りで、野趣な土肌に緋色が浮かぶ。豊かな表情、深い創意。』
(「茶碗 平成の百人100碗」日本放送出版協会 P174より)

※ 朝鮮唐津茶碗の既報(25作)は、こちら


徳澤守俊・朝鮮唐津茶碗写し
徳澤守俊・朝鮮唐津茶碗写し
正面
正面
高台
釉薬が激しく流れてしまった。
高台
お菓子は、岡埜栄泉の芙蓉

お菓子断面
芙蓉
練切)ふよう
夏から秋にかけて大輪の花を咲かせます。暑い夏の終わりを告げてくれる花のひとつです。
薯蕷練切餡製
芯小豆餡
お菓子断面 芙蓉

黄瀬戸花文茶碗写し

抹茶茶碗もどきシリーズ 第79作

黄瀬戸花文茶碗 写し 

黄瀬戸花文茶碗
「日本陶磁全集14 黄瀬戸 瀬戸黒」 中央公論社 図33,34

※ 各務周海・黄瀬戸茶碗の習作が難しかったので、伝世品(古典)の写しを試みた。細かいところを言うと、胆礬が十分乾く前に黄瀬戸釉を掛けたので緑色が綺麗に出なかったのが反省点である。


黄瀬戸花文茶碗写し
黄瀬戸茶碗写し
正面
正面
裏面
裏面
高台
高台
お菓子は、岡埜栄泉の金魚
お菓子断面 金魚(錦玉)きんぎょ
水槽の中を涼しげに泳ぐ金魚です。
錦玉羹製
白花豆
小豆鹿の子豆
お菓子断面 金魚

新橋演舞場で、海老蔵を

新橋演舞場で八月花形歌舞伎が行われている。
今話題の市川海老蔵を見に、女房が出掛けて行った。

第一部(午前11時開演)
訪欧凱旋公演

義経千本桜
 鳥居前
 道行初音旅
 川連法眼館
 市川海老蔵宙乗り狐六法相勤め申し候

披露宴直後で、張り切っている海老蔵。さすが名代(なだい)、と女房も絶賛。ますます上手くなっているそうだ。

※ だがなんと言っても注目の人は、初日から梨園の妻としてデビューしている小林真央さん。
『市川海老蔵(32)夫人の小林麻央(28)が7日、劇場デビューした。…
黄色の涼しげな着物の希実子さんとは対照的な夏の青空を思わせるような鮮やかなブルーの着物をまとった麻央。先月29日に盛大な挙式・披露宴を行った直後とあって、デジカメやカメラ付き携帯電話を向ける一般客が後を絶たず、劇場係員が「撮影はご遠慮ください」と何度も注意を呼び掛けていた。』

(「中日スポーツ:小林真央晴れて劇場デビュー 海老蔵の歌舞伎公演初日:芸能・社会(CHUNICHI Web)」より)


せっかくシャッターを押すも、接写モードになっていてピンボケ写真
小林真央

各務周海・黄瀬戸茶碗習作

抹茶茶碗もどきシリーズ第78作

各務周海・黄瀬戸茶碗/習作

『(本歌は)
 強烈な穴窯ならではの滋潤味のある油揚肌、胆礬も風雅に流れる。胴紐の箆目も口作りにもためらいがなく、姿は生気に溢れて力感がある。見込みには渦の茶溜り。腰に指痕。高台辺りは土見せで、畳付に輪ドチ目の跡。』
(「茶碗 平成の百人100碗」日本放送出版会 P82より)

各務周海先生は化学的な調合を好まない。栗皮灰を釉薬として使って、効率の悪い穴窯で焼成し、序冷によってアヤメ手の名品と遜色ない黄金の黄瀬戸を再現し、今日、陶芸界衆目の的である。…
桃山時代わずかしか焼成されなかった三拍子揃った油揚手の黄瀬戸の小さな陶片を、美濃山中の窯下窯で見つけた周海先生は、その美しさに感動されたことで難関の油揚手に挑まれる決意をした。…
 唐九郎や嶺男、そして魯山人ら多くの陶芸家が挑みながら、納得のいく作品が少なかった油揚手の黄瀬戸を周海先生の執念で焼き上げたのだ。』
(「ほんものを見分ける 二 「黄瀬戸」‥‥黒田草臣 四方山話」より)

※ 黒田草臣さんがそう言うのだから、習作が難しいのは当然だった。少なくとも黄瀬戸に関しては、唐九朗や魯山人の上を行く人だったのだ。


各務周海・黄瀬戸茶碗/習作
各務周海・黄瀬戸
正面

※ 油揚肌:釉薬違い、窯違い(電気窯)で旨く出なかった。
  胆礬:十分付けたので、裏側に緑色が貫けることは貫けたが。
  胴紐の箆目、口作り:作為が強すぎて下品となった。

正面
高台側
高台
お菓子は、岡埜栄泉の緑陰

お菓子断面
緑陰・断面

稲毛駅近 珈琲サルビアでランチ

JR稲毛駅近、サティの向かいの店でランチをした。

その店の名は、
          珈琲サルビア
           千.千葉市稲毛区小仲台2-8-14梅津ビル

『メニューはすべて70年代のものと同じ 
  (というか変えてないシーラカンス商法
ナポリタンや緑色のソーダ水、オレンジシロップのオレンジジュース(隠しメニュー)もあります
松本清張の小説の刑事が食べてそうな感じのメニューです
自家焙煎珈琲もあります
酸味の少ないコクのある仕上がりです』
(「山野草・小品盆栽のサルビア園芸」より)

※ 謙遜もいいところである。平凡なメニューながらなかなかの味であった。
また、室内も一見平凡ながら、よく観察すると後掲の写真のとおりユニークである。



日替わりランチ
(この日は、スタミナランチ)
日替わりランチ (スタミナ定食)
アップ
アップ
紅茶
紅茶
室内の注目点

園芸家なら必見の丹波立杭焼の植木鉢作家・市野伝市氏の見事な植木鉢のコレクションが並んでいた。
市野伝市/植木鉢のコレクション

そう、この珈琲店の店主は、このビルのオーナーであり、趣味が高じた園芸のプロでもある。私がこの人と最初に出会ったのは、大宮盆栽祭りでカンアオイを買ったとき。
そう、この店のもう一つの顔は、

サルビア園芸
   山野草・小品盆栽・古典植物・東洋ラン・を小売販売している。


二階・珈琲サルビア入り口の園芸コーナー
二階入り口の園芸
屋上での園芸置き場
屋上の園芸
屋上でサルビア・オーナーから主に“カンアオイ”のレクチャーを受けた。
今人気のキーワードは、青軸・亀甲紋・斑入り、などと基本的なことを習った。
サルビア・オーナー
☆ この猛暑で、寒冷紗の掛かっていないところとかの苗は相当ダメージを受けていた。 
来春に、もう一度大宮盆栽祭か、富士講或いは千葉市内での展示場で再会したいと思う。

浅草 蒲焼・色川

浅草でランチした。

蒲焼 色川  台東区雷門2-6-11

『「おぉ〜、これが2200円のうな重か〜。さぞかし旨かろう」と思いながら、さっそく箸を入れる。
スッと簡単に通る身のやわらかさ。したたるほどの脂、炭焼きならではの香ばしさがたまりません。』
(「浅草の蒲焼屋「色川」へ行くの巻 のんびりとていねいに暮らす/ウェブリブログ:うなぎ 色川 いろかわ[食べログ]」より)

※ 食べログなどによると、浅草の食べ物屋の評価は、なぜか概ね高い。
  どちらかというと、神楽坂の「鰻割烹 たつみや」のような食感である。
 


鰻重 特
鰻重 特
お重の蓋を開けると
鰻重
鰻重アップ
アップ
メニュー

※ 『鰻入荷不足に付き…』とは?
  関連情報を調べてみると、


今年は新仔不足で、
新仔
30%、残り70%はヒネと台湾産だと言われていました。
当店も丑の日は熊本産のヒネでした。』
(「うなぎや親父.blog-楽天ブログ(blog)」より)

『白子(しらす)を池入れしてから数ヶ月後の晩秋(10月後半~11月)よりビニールハウスで加温します。それ以前までに池より取り上げた鰻を、業界用語では「新子」と呼んでいます。これ以後は「ヒネ子」と呼ばれます。
この新子は皮も柔らかく身も脂がのり小骨も少なく美味しい鰻(うなぎ)と言えます。』
(「鰻・会席料理 魚邦-豆知識-」より)

※ 『いつもと「形」が変わる時がある…』とは? 

『(新子の)☆見分けポイント☆
あまり長くなく
(少し短め!)幅が広く且つ平(両サイドが巻き込んでいない)である事
焼き色が濃く
付いている事
これらに注意されるだけでプロ並の美味しい鰻(うなぎ)が買えますよ!』
(同上)

メニュー
色川ののれん
暖簾
この日の行列は、私の前に6人程度。
行列
★ 狭い店である。
  一番奥の小上がりに、相席で詰められた。
  部屋の汚さ加減は、小遊三の落語に出てくる鰻屋の風情。
  大変評判の店で、味は悪くないはずだが。
  いつもと「形」が変わっていたのかな。

浅草から東京スカイツリーを眺める

浅草演芸ホールで寄席を聞いたあと、浅草寺にお参りした。
ここからも東京スカイツリーがよく見えた。
ところで、「ここから見えるよMAP」なるものがある。面白い。


浅草寺宝蔵門から見た
        
          東京スカイツリー


浅草寺からの東京スカイツリー
本堂(観音堂)

浅草寺本堂の中
お水舎(おみずや)
『天井には「墨絵の龍」(東 韻光 画)、八角形錆御影石造りの手水鉢の上に、かつて本堂裏にあった噴水に安置されていた高村光雲作の龍神像(沙竭羅(さから)龍王像)をまつる。』
(「浅草寺|諸堂案内 お水舎」より)

中国人観光客
が多い。
お水舎
雷門

雷門

雷門通りから見た東京スカイツリー


浅草一丁目交差点
ところで、浅草は人力車を良く見かける街だ。
雷門通りからのスカイツリー

浅草演芸ホールで、落語を

8月2日(月)暑さを我慢して、落語を聞きに寄席へ出掛けた。

既に、行った寄席は、
・上野 鈴本演芸場
・新宿 末広亭
・上野 広小路亭(しのばず寄席)

で、今回は、
        浅草演芸ホール
        8月上席前半 昼の部

『当ホールは、鈴本演芸場(上野)、新宿末廣亭、池袋演芸場とならぶ、東京の「落語定席」のひとつです。
落語定席」とは、1年365日、休まずいつでも落語の公演を行っている劇場のことで「寄席(よせ)」とも呼びます。
昭和39(1964)年のオープン以来、10日替わりで落語協会と落語芸術協会が交互に公演を行っています。
萩本欽一やビートたけし
などを生み出した、お笑いの殿堂「浅草演芸ホール」に、ぜひ一度お越しください。』
(「【浅草演芸ホール】最新プログラム…」より)


浅草演芸ホール
行列は無いが、ゆっくり昼食をとってから、入ったときは2階立見席
浅草演芸ホール
昼の部主任 三遊亭小遊三

この日の演目は、『鰻の幇間』(うなぎのたいこ)
『夏の盛りの真っ昼間。野ダイコの一八は、知り合いの姐さんたちのところを回って食事にありつこうとするがみんな留守。焦った彼は、通りかかった「どこかで見たような男」を取り巻いて、必死で昼飯にありつこうとする。首尾よく(汚い)鰻屋に連れて行ってもらうが、この男、とんでもなくしたたかな性格で、のらりくらりと探りをかわし、一八を残して食い逃げする。その上お土産を二人前も持って帰っていたために、一八は全部自腹を切らされてしまう。おまけに、芸人自慢の下駄までもっていかれていた。』
(「鰻の幇間」より)

看板
中入り後
大 喜 利 噺家バンド にゅうおいらんず

『三遊亭小遊三(トランペット)、春風亭昇太(トロンボーン)、三遊亭右紋(司会&バンジョー)、三遊亭円雀(クラリネット)、桂伸之介(電子ピアノ)、ベン片岡(ベース)の六人のメンバーにゲストドラマーとしてプロの方が日替わりで参加してます。…
彼ら、今年でデビュー12年の活動歴がありますし、あれで結構コンスタントに活動しているんです。では、プロ並の凄腕バンドなのかと言うと、それも違う…
では何かウリなのかと言うと、楽しさおもしろさ。もちろん噺家さんのバンドなんだから、コミカルなトークはたっぷりありますが、演奏は至ってシリアス。そのシリアスな部分が楽しくておもしろいのです。』
(「にゅうおいらんずを聴きました:老いた犬に芸は仕込めない?…」より)

※ 右紋のコミカルな司会はさすがプロ。しかし、昇太のトロンボーンはあからさまにとちるし、トランペットの小遊三も大活躍であるが、歳のせいか息が続かず時々ダウンするし…。まあ、楽しいことは楽しかったが。


昼の部終演後の光景
寄席は、どちらも70歳が中心の客層のようだ。
午前の部 終演
六区通り
雷門をくぐり、仲見世通りを通って伝法院のところを左に曲がって、六区通りを真直ぐ行くと、演芸ホールがある。私は、初めて。
六区通り
浅草の地図(上が南)
浅草の地図
☆ この界隈を散策してみると、美味しそうな飲み屋等が沢山ありそうだ。
  奥が深そうである。
  以前は、浅草をこれくらいしか知らなかった。

岡埜栄泉の上生菓子

浅草の帰りに上野で降り、朝電話で取り置きを頼んでおいた御菓子を受け取った。

御菓子司 上野駅前
 岡埜栄泉總本家

『慶応、明治初期に浅草の駒形「岡埜栄泉」から親戚筋の五軒に暖簾分けされたうちの一軒が上野駅前岡埜栄泉である。明治六年、上野駅ができる十年前に当地にて、「岡野ちよ」によって創業され百三十余年の歴史を経て現在に至る。暖簾分けされた五軒は、上野、根岸、本郷三丁目、森川、竹早町にあり、本家を含み、いずれも岡埜(岡野)姓であったが、弊店を除きいずれも閉店してしまっている。本家・岡埜筋としては最も古い歴史を持つ弊店が、岡埜栄泉総本家を継承している。』
(「上野駅前 岡埜栄泉總本家」より)


岡埜栄泉 店頭
岡埜栄泉
ショーウィンドー
岡埜栄泉 ガラス越し
岡埜栄泉 袋
岡埜栄泉 袋

箱
開封
開封
季節の上生菓子


1.金魚(錦玉)
きんぎょ水槽の中を涼しげに泳ぐ金魚です。
錦玉羹製
白花豆
小豆鹿の子豆
羊羹
2.向日葵(金団)ひまわり
「太陽の花」と呼ばれる夏の花の代表です。元気いっぱいの花を金団で作りました。
金団餡製
芯潰し餡
小豆餡
3.芙蓉(練切)ふよう
夏から秋にかけて大輪の花を咲かせます。暑い夏の終わりを告げてくれる花のひとつです。
薯蕷練切餡製
芯小豆餡
4.緑陰

上生菓子 on 総織部大皿
上生菓子 on 総織部大皿

飯田橋・悠讃のゆうざんうどん

NPO活動の会合に出席する前に、この日は、美味しいと噂のうどんを食べることにした。

Udon Dining 悠讃
     千代田区飯田橋4-4-12 ワイズビル1F

『悠々と美味しいうどんを味わっていただくために。
旬菜食材と旨酒が楽しめる新感覚Udonダイニング!

悠讃のこだわり
■うどんは店内で自家製麺しています。麺はいつでも打ちたて・茹でたてです。
■うどん用の小麦粉は、香川県坂出市の木下製粉より挽きたての小麦粉を直接仕入れています。のどごしがよくコシのあるうどんをご賞味ください。
■夜はゆったりとした空間で、こだわりの芋焼酎・黒糖焼酎・宮城県の地酒をお楽しみ下さい。』
(「ぐるなび-Udon Dining 悠讃」より)

※ お勧めは、まいたけ天ぶっかけや特製カレーうどんなどのようであるが、ここは敢えて店名を冠している悠讃うどんを食べることにした。



悠讃うどん

青森県産のとろろ奥久慈卵の黄身を乗せ大きなちくわ天をトッピングしました。あっつあつをどうぞ 』
(「ぐるなび-Udon Dining 悠讃メニュー:昼のメニュー」より)
ゆうざんうどん
アップ
アップ
メニュー
メニュー
看板メニュー
看板
店頭
店頭
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR