神楽坂芝蘭の陳麻婆豆腐

過日、また神楽坂でランチした。その店は、かくれんぼ横丁にあり、かなり有名であるようだ。

神楽坂芝蘭 カグラザカチィラン

     新宿区神楽坂3-1 クレール神楽坂2

『本場中国四川のあの味・あの香り…
あの有名店【中国四川料理 芝蘭】が神楽坂かくれんぼ横丁に出現!!』

といっても、『おかげさまで神楽坂芝蘭は、2年目を迎えることができました!これも日頃からご愛顧頂いておりますお客様のおかげだと感謝しております。

これからも神楽坂芝蘭は、料理の味は勿論のこと『香り』を大切に究極の四川料理を目指してまいります。』(「ぐるなび-神楽坂 芝蘭」より)


 本場陳麻婆豆腐
陳麻婆豆腐

マーボードウフ・アップ
アップ

食べ放題の、デザート
デザート

この日のランチメニュー
この日のランチメニュー

店内
数人で来て、色々なものをシェアし合うのも楽しそうだ。

店内

二階入口
二階入口

一階からの眺め
一階から眺めると

☆ 色々評価は分かれるようだが…。
新宿タワーランド・スパイスロードにある正宗四川料理の陳麻婆豆腐セットより上品で、私は好きだ。

芋屋金次郎の芋けんぴ・芋せんべい・芋チップ

芋舗 芋屋金次郎 高知県高岡郡日高村本郷573-1


芋けんぴ


芋けんぴはどうして芋けんぴというのでしょう。
土佐ではサツマイモを油で揚げ、砂糖をからめたお菓子のことを昔からこう呼んでいます。
  そもそも、けんぴとは土佐古来から伝わる棒状の干菓子の名前で、郷土を代表するお菓子のひとつ。江戸時代中期に生まれたといわれる芋けんぴは、それになぞらえて名付けられました。』
(「けんぴのお話|芋けんぴの芋屋金次郎」より)


『芋けんぴは芋と油と砂糖、たった3つの原料だけで作っています。だからこそ、原料選びにも製法にも妥協しない。その頑固さは先代金次郎の時代から変わりません。
  「芋けんぴは油が命」という金次郎の教えに習い、揚げ油には芋の味を引き立てる最高級のなたね油と国産100%米サラダ油を、砂糖は国内産さとうきびから採れたものを厳選。南九州の契約農家で有機質肥料で育ててもらった芋のうまさをそのままに、添加物や合成甘味料は一切使わないのが身上です。』
(「いもやの信条|芋けんぴの芋屋金次郎」より)


芋けんぴ・芋チップ・芋せんべい

芋けんぴ等

芋けんぴ等on飴釉皿
芋けんぴ等on飴釉皿

深川 味処太鼓の会席料理

永久幹事Kさんの音頭で、久し振りに監査役時代の仲間が集まって深川で会食した。

割烹とは、『(肉を割き 烹る意から)食物の調理』(「広辞苑」より)
とあるが、もう少し踏み込むと、関西割烹姿ふたたびで引用したように、
『割烹の 割はお造りを、烹は煮物とか出汁をとるを象徴する。』(「「割烹」と「料亭」の違いは?-Yahoo!知恵袋」より) となるそうだ。

この店の割烹は割も烹も素晴らしい。両方揃っていることは珍しい。
この味を、神楽坂で味わおうと思うと、とても高くつくことだろう。

この店は深川の、味処太鼓
  (社)日本料理研究会会員
の店とある。


会席料理を説明無しで紹介します。
ビール&料理1

料理2

料理3

料理4

料理5

焼酎

料理6

料理7

料理8

デザート

店の一階入口
味処太鼓

富岡八幡宮
富岡八幡宮

☆ 本当は紹介したくない店の一つ。
この店のもう一つの良さは、福島県人で朴訥な主人にある。

D's Kitchen NAGOMIでバイキングを

水道橋周辺のランチを探索しているうちに、日本橋川を渡っていた。
そこは飯田橋三丁目。
ランチのにおいを嗅いで、大和ハウス東京ビルに入ってみた。
社員食堂のような、ホテルの食堂のような少し変わった雰囲気の店に入っていた。その名は、

D's Kitchen NAGOMI

     千代田区飯田橋3-13-1ダイワハウス東京支社ビル2F

バイキング形式であったので、取り敢えずチャレンジ。

一回目
バイキング1

二回目
バイキング2

デザート編
デザート

バイキングの棚1
バイキング棚1

バイキングの棚2
バイキング棚2

D's Kitchen NAGOMIの入口
入り口

☆ 目先が変わって、いいかも。
  和洋中なんでも盛り合わせて、少し節操がなかったかもしれないが、味は悪くない。
  時間が遅かったせいか、少し静かすぎた。

友達のアート・キルト展

ミューザ川崎シンフォニーフォール企画展示室で開かれていた

アート・キルト展

を先月末、見に行った。
65歳の節目に、高校時代の同級生が開いたもの。

◆ キルトとは
『キルト(Quilt)とは、表地(トップ・キルトトップ)と裏地の間に薄い綿を入れ、重ねた状態で指し縫い(キルティング)したもの。日本では、多色の布を縫い合わせたパッチワークキルトが主流。』
(「キルト-Wikipedia」より)

☆ ところで、統合的キャリア発達というものを説く、サニィ・ハンセン L.Sunny Hansen という女性がキャリア・カウンセラーの役割をキルトを象徴的に用いて、次のように説明している。

カウンセラー・・は、クライアント・・がそれぞれの役割と人生のゴールをデザインし、部分を全体にまとめ上げていくことを助けるキルト製作者のようなものである。さらに言えば、この地球上で、互いを結びつけ、この世界をより良い場所とし、私たちの人生やコミュニティを共通の善という目的のために創造していくキルト製作者なのである。』
(「新版 キャリアの心理学 キャリア支援への発達的アプローチ」渡辺三枝子編著 ナカニシヤ出版 P168より)



● 彼女から来た招待状
招待状

キルト:生きている証と言った彼女
キルト:生きている証と言った彼女

キルト:琉球の真夏に乾杯!
キルト:琉球の真夏に乾杯!

キルト:心つなげて
キルト:心つなげて

キルト:力強い生命が
キルト:力強い生命が

キルト:清々しい
キルト:清々しい

キルト:イメージ~まじめ長男
キルト:まじめ長男

キルト:イメージ~のびのび次男
キルト:イメージ~のびのび次男

キルト:大胆に
キルト:大胆に

キルト:小物
キルト:小物

キルト:袋物
キルト:袋物

展示室A
展示室A

展示室B
展示室B

会場入口
会場入口

ミューザ川崎シンフォニーフォール
ミューザ川崎シンフォニーフォール

☆ 展示品の多くは、 
  ハンズ大賞 審査員特別賞
  ユザワヤ創作大賞銀賞
  川崎市美術展入賞
などの作品、のようだ。
彼女は、キルトの教室も開いており、この日も生徒さんが見に来ていた。
その中の歳を召された一人が、キルトの裏をめくり、裏の仕上げを見てご覧なさい、すごくきれいに仕上げているでしょう、などと解説してくれた。先生はすごい腕なのだそうだ。これほど大きなものを仕上げるのは腕力が必要だそうで、歳をとるとキツイと思う。
それにしても、彼女を応援する人の中には、着物や帯などのキルトの素材の提供者が多いそうだ。ネットワークに恵まれている。

○ 陶芸作家でも、歳をとると大皿や大きな壷などの大物は挽けなくなる。大変な腕力を要するからだが。彼らは、腕力がなくなると抹茶茶碗や茶入れなどを作り始める。
  彼女の場合も、65歳を節目と言っているが、ちゃんと90?歳までのプランは感じとれる。その根拠はフリーの男性の客に対し言っていた。綿の布は力が要るんですよ、その点シルクはそれほど力が要らないんです、と。
これからも、頑張ってください。
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR