大阪天神祭

大阪天神祭

先週、義母が腰痛のため入院し見舞いに行った機会に、女房が天神祭を見てきた。
大阪生まれ、大阪育ちながら、天神祭は危険だからと、行かせてもらえなかったため57歳で初めて見る祭り。宵宮、本宮のフルコースを見たそうな。


7月24日(火)
  宵宮祭(よいみやさい)
7月25日(水)
  陸渡御(りくとぎょ)
    渡御列発進16:00
  船渡御(ふなとぎょ)
    渡御列乗船(とぎょれつじょうせん)   18:00
    船上祭(せんじょうさい)・渡御列上陸  19:00
    宮入(みやいり)・還御祭(かんぎょさい)22:00

陸渡御
『本殿で、菅原道真公の誕生日をお祝いする神事「夏大祭」、渡御に参加する御鳳輦や御羽車へ天満宮の御神霊をお移しする「神霊移御祭」がおこなわれます。これで渡御の準備が完了。

王朝風俗の絢爛豪華な衣装をまとった約3千人の大行列が、まるで時代絵巻を描くように連なり「チェーサージャー」という掛け声で打ち鳴らす催太鼓を先頭に渡御が始まります。』(「天神祭」大阪市(財)大阪コンベンション協会より)

船渡御
『船上祭
大川の中ほど、御鳳輦船の上では、菅原道真公の誕生日を祝う「船上祭」が取りおこなわれます。また、他の舞台船では厳かな神楽や伝統芸能の数々が上演されます。』(同上)


■宵宮からのスナップ
境内
宵宮・境内
催太鼓
催太鼓
地車
本宮・地車2
龍踊り
地車
獅子舞
獅子舞

■本宮からのスナップ
猿田彦/陸渡御列第一陣の催太鼓に続く
猿田彦
地車
本宮・地車
渡御列乗船場
渡御列乗船場
乗船場
乗船場

■船渡御~花火までの写真がないのでのこちらのブログを参照ください。
大変混み合っていたこと、ベストポジションではなかったこと、携帯電話のカメラでは動きのある夜の撮影は無理なことなどが理由で写真はないそうだ。



ブログなどを垣間見、見物した人の話を聞くと、大阪天神祭の評判の悪いところは、次のようなもの。
参加者優先で、それ以外の見物客にとってとてもサービスが悪いこと。
・船も、企業船が多く興味を殺がれる人が多いこと。
・隅田川などに比べて、花火の規模も大きくないこと。
・女・子供が参加しにくいくらい危険が多いこと。などなど。


イワタバコ

イワタバコ

イワタバコは、『日本東北地方より南へ台湾、中国大陸南部にかけて分布しています。日本では、谷間の湿った岩壁・・にも良く着生しており、山間の川沿いの林道を車で通っていても見ることができます。』(「世界のイワタバコ科植物」より)



■ ミニ鉢・まめ鉢とイワタバコの生育状況


・手前側、まめ鉢も枯れなかった。
小さい鉢ながら、けなげに、それなりの葉を広げたようだ。

・向う側、ミニ鉢の中にはを持つものもあった。しかし根が傷んでいるようで、葉の縁が枯れ込んでいる。水やり等に問題があったのであろう。花を咲かせるには、ミニ鉢がサイズ的に限界かもしれない。
イワタバコ

○ 普通鉢での栽培株との比較

普通鉢は、増えすぎて例年ほど鉢間距離を十分に取れなかった。
このため葉が大きいものが揃わなかった。それでも数は例年と同じくらい付いたようだ。実のところ、私はイワタバコの葉は大好きだが、この花に今ひとつ上品さを感じていない。
イワタバコ

<追加写真>変わり鉢のイワタバコのその後 070731
落としたときに口が割れた。
フウランとイワタバコの組み合わせが悪く、イワタバコに環境(水やり、日当たり)を合わせたので、フウランのほうが元気がない。
イワタバコにはが付いている。
変わり鉢


【雑記】 空蝉(うつせみ)

蝉の抜け殻が、キャラボクの葉に付いているのを見つけた。
この木を購入し植えたのは、この家を買った直後であるから、15年以上前になる。蝉の地中での生活は7年くらいと聞いている。この超狭小住宅のドジョウの寝床のような狭い庭を、7年前どうして選んだのかわからない。

『香具山は 畝火(うねび)雄々(をを)しと 耳成(みみなし)と 相(あひ)争ひき 神代より かくにあるらし 古(いにしえ)も しかにあれこそ うつせみも 妻を争ふらしき』(「万葉集:空蝉(うつせみ)」より)

空蝉

参議院選挙の投票場となった学校の校庭では、なつかしい蝉穴が沢山見られたが、我が家のキャラボクの足元周辺ではまだ穴を見つけていない。
蝉の穴

オクラの花

今日は参議院選挙の日。

投票場からの帰り道、オクラの花などを見つけた。
農家の人が自家用に作っているエリアと見れる。
農作業をしていた人がいたので話していると、オクラをくれた。
スーパーで見かけるのと品種が違うのか、色が浅くて大きい。
みずみずしい。カメラを持って戻ってくるからと、畑に入る許可を得た。


○ オクラ(オクロー、アメリカネリ、ガンボ、陸蓮根)

アオイ科の一年草。草丈は1m半くらいになる。原産はアフリカ。
 わが国への果菜としての導入は比較的最近。
 花は黄色大輪で美しい、若い莢を食用とする。』(「オクラの花」より)

・cf.芙蓉  『アオイ科フヨウ属』(「芙蓉の花」より)
・cf.オクラ  『以前は(アオイ科)ハイビスカスHibiscus に分類されていたが、現在ではトロロアオイ(黄蜀葵)に分類されている。』(「オクラ」Wikipediaより)


○オクラの花  なんだかややこしいが、とにかく芙蓉の花のように美しい。
オクラの花

自家用畑で頂戴したオクラの実
オクラの実

販売用オクラ畑。自家用畑のに比べるとオクラの背丈が高い。
オクラ畑

○ 道端にユウガオが咲いていた。
ユウガオの花

◆ 花器:ハゼ壷

  (2001年2月の成形のようだ。)
牛窓のハゼ壷漁と、ハゼ壷の一輪挿しを作っていた大原焼・殿山窯を思い出して作ってみた。
「やきものの旅」宮崎修二朗著、カラーブックス 保育社に基づいて全国の窯場巡りをしていた頃、1996年9月29日に窯を訪ねている。(ちなみに四半世紀かけて壷屋焼きを除くすべての記載窯場は踏破した。)
大原焼・殿山窯:岡山県浅口郡里庄町
ハゼ壷

○ 宵待ち草
住宅造成地の一角に、宵待ち草が群生しているところがあった。ささやかな発見。
宵待ち草

<追加写真>後日の真夜中、居間に行くと花が開いていた。07/07/30
真夜中の宵待ち草


◆ 花器:丹波焼・横筋文徳利写し

「日本の陶磁11 丹波」桑門俊成著 カラーブックス P82参考
本歌はもう少し下膨れだが…
  (2002年6月1日成形とメモが残る。大徳利練習51個目とある。)
丹波焼き・横筋文徳利写し









ブログランキング

神楽坂阿波踊り

別件があって神楽坂を登り始めると、普段と違う雰囲気があった。
また祭だ。ちょうちんが賑やかに連なっている。


◆ 神楽坂阿波踊り

『神楽坂まつりのクライマックスは、今年で36回目を数える阿波踊り
都内で最初に開催され、夏の訪れを告げるお祭りとしてすっかりお馴染みになりました。神楽坂通りを約15の連が繰り出します。
軽快なお囃子の音とともに神楽坂は一時、熱い興奮に包まれます。』(「syoutengai-web.net」本文より)

毘沙門天善國寺前で、阿波踊りを待つ浴衣姿の見物客
見物客も粋だね。
浴衣姿の見物客

境内の臨時に作られた踊り場でデモが始まった。
阿波踊りのデモ

境内では、出番を待つ連が準備を
天狗連

こちらも
こちらも

そしてこちらも
そしてこちらも

ホコテン状態になった神楽坂通りでも。
大阪出身の女房いわく。大阪は野暮ったいが、江戸は粋だね~と。
四国の踊りも江戸に来ると一段と洗練されるようだ。
思えば小学校の頃、学校公認で町中を一日中踊り廻った頃を思い出す。
こんな綺麗なお姉さんはいなかったが…。
神楽坂通りでも

◆ 和菓子屋 五十鈴

『ほんのり後ひく甘さに老舗の心意気を感じる
常に客足の途絶えない人気店。その理由は、味と質の確かさ。材料がシンプルな和菓子は、素材の善し悪しが全て。と、自家製上新粉、最上級の北海道産大納言小豆、高純度の砂糖など、どれも吟味を重ねた厳選素材のみを使用。そこに創業60年の職人の想いと技が重ねられ、伝統の味となっている。』(「路地裏の80軒 神楽坂」P93より)
和菓子屋五十鈴

くずきりそうめん 五十鈴川

『しみじみと日本人
人知れず深山に咲く葛の花
大和撫子にも似てひそやかに…
長い和菓子の歴史の中で広く愛されてまいりました葛を風味豊かに調整しました。風流と雅趣に富むこの銘菓に歴史の流れを伝えることができれば幸甚でごさいます。主人敬伯』(「銘菓の栞」より)

くずきりそうめん/黒蜜と青りんご
くずきりそうめん

菓子器:安南風茶碗

安南茶碗

白黒面象嵌水注

カラスウリの花の季節がまたやってきた。

通勤路脇のフェンスが、カラスウリの生垣のようになっている処がある。


カラスウリの密生しているフェンスカラスウリの生垣

花をひとつ手折って家に持ち帰った。
次女が小学生の頃、学校帰りに女房に土産としてよく持ち帰ったものだ。
女房が「ワーかわいい」と喜ぶものだから、娘はせっせと持ち帰った。
小学生が帰宅する時間は6時頃までだが、今、通勤帰りにこの辺りを見ても6時では、まだ咲いていない。この日は夜8時頃写真を撮りに行った。
気候の変化のせいか、花の咲いている環境のせいか分らないが、咲いている時間帯が違う。

○カラスウリと水注
カラスウリと水注


■ 高麗青磁象嵌牡丹文水注写し

  白土と黒土を面象嵌して牡丹花とその茎・葉をあらわしてみた。
この時期、おそらくは12世紀の高麗のものは、蓋と取っ手にねずみの尻尾のような環が付いているのが特徴で、金の鎖などで繋がっていたのであろうと思われる。
(成形・組み立ては2001年6月2・3日と、陶芸メモにある)

水注


○カラスウリと香油壷
カラスウリと香油壷


■ レーキュトス写し

  古代ギリシャの土器の中で、レーキュトスという小さな香油壷がある。
黒像式で、森の神を描いている。この写しでは、森の神すなわち猿の尻尾を写すのを忘れた。
本歌は、地がくすんだ茶色であるが、ここでは天目釉でかえ、また白化粧土に弁柄で黒絵を施し細線を彫った。(2001年3月25日成形、と陶芸メモにある)

『アテネの地下鉄駅のいくつかには、鉄道工事の際に発見された考古学的遺物が展示されている。これはパネピスティミオ駅の展示の一つ。
前五世紀につくられた黒釉陶器。四隅に置かれて細長い陶器はレーキュトスと呼ばれる香水容器。』(「地中海データベース」より)

レーキュトス


○カラスウリとサトイモの葉 (070818写真追加)

孫が二人、お泊り会に来た。蕾を取って来てコップに入れていると、夜になると花が開いていく有様を観察させることが出来た。ただし、撮影するに値するまで開ききる頃、孫たちは既に寝てしまっていたが・・・
サトイモの葉は、孫たちの‘肝試し’にお墓のあるお寺まで散歩に出掛けた時、帰りにサトイモ畑から小さいのを頂戴してきて、水滴遊びをした残骸である。
カラスウリとサトイモの葉


○カラスウリと天目釉鉢 (070818写真追加)

カラスウリの花は、撥水性があるのか、水面に浮かぶ。冷房の風の揺らぎに誘われて、水面を踊った。天女が衣をなびかせるがごとく・・。
カラスウリと天目釉鉢







ブログランキング

古印最中・大みか饅頭

会社で同僚やお客さんからお土産を戴き、お相伴に与った。

■ 古印最中

 香雲堂本店 足利市通4-2570

『この足利の地に創業以来百有余年、香雲堂本店は、一途な郷土愛を御菓子に託し、常に「至味一筋」、いつの日もどなた様にも格別の御賞味をいただける味を創りあげようと、心より相努めております。
足利ゆかりの古印・落款に因んだ「古印最中」「古印煎餅」、…など、丹心をもって皆様の御用命をお待ちいたしております。』(「足利市観光協会会員情報」より)

『香雲堂さんに行った時のことです。ご主人が自分の店の包装紙を私に見せて、「これよりいいものを作る自信がありますか?」と聞くんです。私は即答しました。「自信は少しもありませんが、うぬぼれだけはいっぱいあります。」するとご主人は、「ほう、あんたはおもしろい、頼もう!!」ということになりました。』(古印最中にかよう 相田みつを の心...「ひとつのことでも」より)

『足利市にある和菓子の老舗「香雲堂本店」と「香雲堂」というのは、経営が全く別の会社である。それぞれの店で「古印もなか」(香雲堂本店)、「古銭もなか」(香雲堂)という銘菓が販売されている。』(「香雲堂本店「古印もなか」と香雲堂「古銭もなか」」より)


■ 日立名物 大みか饅頭

 運平堂本店 日立市大みか町1-6-7

『当店の大みか饅頭は、北海道十勝産の厳選された小豆を丹念にさらした特製のこし餡を、米の粉を主とした生地で包み、保存料等は一切使わず蒸し上げております。昔ながらの正直な味を守っておりますので3日程しかおいしく召し上がることはできませんが、だからこそおいしいと多い日には2万個以上売れるほど永きに渡り親しまれております。また、水戸では「光國饅頭」と親しまれております。』

古印最中と大みか饅頭
最中と饅頭1

最中と饅頭2

最中と饅頭3

両方とも、‘下らぬもの’ながら、甘味を抑えたなかなか上品なものであると私は思う。なお、大みか饅頭の皮は、時間を置くとすぐに硬くなる、薯蕷(じょうよう)饅頭は早く食するに限る。

吉原雀

長唄・浴衣会が、今年も深川江戸資料館で開かれた。

演目は、女房が吉原雀、先輩が二人椀久…。
なんと女房がトリを取った。(お陰で大きな台風が来た。)


■ 吉原雀

『長唄、吉原雀に、
「馴れし廓の袖の香に、見ぬようで見るようで客は扇の垣根より、初心かわゆく前渡り」
とある。

吉原雀とは本来よしきりのことだが、そのかまびすしい鳴き声から、吉原に出入りする嫖客や素見客を指していったようだ。素見とは文字通り、ただ見るだけで客として登楼しない見物客のことで、ひやかしともいう。吉原近くの山谷に紙漉き場があり、そこの職人達が材料を冷やしている間は何もすることがないので、吉原を一廻りして時間潰しをしたことから、ひやかしという言葉が出来たという。』(「kyosendo rensai2」より)


○ お友達から出演祝に戴いたフラワーアレンジメントが素晴らしい。
フラワーアレンジメント


■ 長唄もさることながら、門外漢の私には食い物に興味が引かれる。
・女房の撒きもののひとつは「とんかつ・まい泉」の「ヒレかつサンド」。
・先生方への差入は同・まい泉の「ミニメンチかつバーガー」(・・・黒豚と白豚とあり、人気の黒に偏らず買ってくれと売り子から注文が付いた、とか。)
いずれも日本橋高島屋デパチカでゲット。


とんかつ・まい泉 
   製造元:まい泉 青山本店 渋谷区神宮前4-8-5    
   販売者:井筒まい泉(株)  千代田区有楽町1-1-2

箸で切れるやわらかなとんかつ』 ヒレかつサンド
まい泉

ヒレかつサンド

昼の弁当は、「地雷也」。
名古屋名物の天むすをひとつひとつ手づくりでお届けします

地雷也」の「てまり(月)」   中央区日本橋浜町3-10-4

地雷也

地雷也のてまり

ゆかりむすび川勢 台東区浅草3-18-9
ゆかりむすび

部屋見舞いのお菓子のひとつ
ひとつぶのマスカット
 (マスカット求肥包み)
(有)共楽堂 広島県三原市寿町2-385
ブドウ

ぶどう2

先生の撒きもののひとつ/
スパークリングワイン
セグラヴューダス(ブルートレゼルバ)
Segura Viudas BRUT RESERVA

『バランスのよいフレッシュな酸味と、力強い泡立ちが心地よく、味わいもしっかりとしたコクがあります。』(「セグラヴューダス ブルートレゼルバ」より)

このワインは、別称カバ CAVA。
思い出のワインなのだ。入社30周年の時、赤紙が来た。連続7日間の強制休暇と30万円のお金。1人分の旅費にあて、夫婦でスペイン旅行に出掛けた。
比較的自由時間のあるツアーなので、都市部ではスーパーでワインやチーズなどを買い込みホテルで乾杯。その中にカバがあった。安くて美味しいスパークリングワインであった。
カバ

いつもながら感心するのは、長唄会の方々のグルメぶり。美味しいものを色々知っているものだ。

神楽坂の‘カド’

神楽坂逍遥編

今回は、「カド

神楽坂の情趣に富んだ日本家屋。がらりと引き戸を開けて。

板塀の門をくぐると懐かしい風情の玄関口が待っています。引き戸をすべらせて中に入ると、右手の土間はスタンディングバー。靴を脱いであがった先には、黒光りする廊下が続いていました。…
落ち着いた畳の間は坪庭に向けて障子が開け放たれ、時おり涼しい風が入ってきます。縁側に置かれた鉢の中には、…』(「東京カフェマニア」より)

花木(はなもく)に、満員の予感がして電話予約を試みた。やはり既に予約で満員ですと断られた。すぐ行くから一時間ほど飲みたいと頼んで、なんとか潜らせて貰った。謝々。

まさにカドにある板塀の店。チャリンコを転がした観光客風の若い娘さんが、ここがカドだ、と言ってはしゃいでいた。有名らしい。
入口

縁側に面した和室。縁側に確かに水鉢が置かれていたが、ピンボケ写真となったので割愛。
和室

注文してから、しばらく豆と牛蒡と‥の味噌を舐めながら、酒を飲んだ。
鷹来屋 槽しぼり 特別純米 +5(大分)
浜島酒造 大分県緒方町下自在381
膳1

お通し(蕗、衣かつぎ)と汁(今日は,ネギとタケノコの具の茶碗蒸し)
膳2

コースの他、鯖のへしこを挿入。山陰で食べた‘牛肉の味噌付けをはるかに凌ぐへしこ’とは大分違う。
ここで酒は、
獅子里 扁平雄町 純米原酒 +6(石川)
松浦酒造  石川県江沼郡富士見町オ50
膳3

鴨酢煮
これはおつな味だ。
膳4

袋煮
膳5

蚕豆と○○豆のコロッケ
膳6

主人の皿のコレクションが家屋や料理にマッチしてゆかしい。

皿1

皿2

ご近所の風景
モダンな焼き鳥屋など
ご近所1

フランス料理屋風
ご近所2

白牛酪餅と鮎の笹焼き

昨日ジム帰りに、北習志野の菓子屋に立ち寄った。

菓匠白妙 船橋市習志野台2-72-14


高橋弘光
は、テレビ東京系の「テレビチャンピオン」全国和菓子職人選手権・殿堂入りのあと、6回目の優勝も飾る菓子職人としてつとに有名らしい。

確かに、全国菓子大博覧会(熊本菓子博2002年)の「雪花瑞兆(白孔雀)」などの作品は芸術的である。

本店
白妙

○ この店の定番、「白牛酪餅(はくぎゅうらくもち)」
『赤ちゃんのほっぺたのように柔らかい「白牛酪餅」は柔らかな黄身餡をミルクたっぷりの生地で包んだ人気の一品です。』(「白妙」より)

『銘菓「白牛酪餅」は、故きいにしえの御乳(みるく)菓子に思いをしのばせる情趣豊かな和菓子として作り上げました、しっとり口溶け良い風趣ただよう乳(みるく)餡を新鮮な牛乳を織り込んだ、ほのかな甘味ある餅で豊潤な自然の恵みとともに包み込みました。お口に広がる優しい白乳(みるく)の味わい、まさに「醍醐味」をどうぞお楽しみくださいませ。 (パンフより)』(「雨漏り書斎」より)


千葉県白井市は、酪農が盛んだそうだ。
白妙の菓子工房(菓思巧房)は八千代市大和田新田にあり、白井の乳製品を使っているとのこと。

なお、高橋が白牛酪にこだわっているのは、千葉県が酪農発祥の地(嶺岡)であることを意識してのことと思われる。何かにつけ、ネーミングにこだわる人のようだ。
蛇足ながら、『徳川吉宗、千葉県嶺岡に白牛を入れ、のち白牛酪をつくらせる』(「ミルクの館・・」より)

嶺岡の現代の白牛(2005/11/15撮影分)
嶺岡の白牛


白牛酪餅/磁州窯絵高麗花文鉢写し
白牛酪餅

■ 新作・磁州窯絵高麗花文鉢写し

ビジュアル版お茶人の友6 茶席の菓子P14より(鉢にしてみた)
磁州窯平鉢

切断面/総織部銘々皿
白牛酪餅・切断面

○ 新作の菓子
また、『7月1日のフジテレビ・スーパーチャンネルで紹介された』鮎の笹焼きも買ってみた。・・・愛の囁き?

蛇足ながら、本歌の鮎の笹焼きは、こちらで。

鮎の笹焼き/鉄釉独楽文中皿(イメージ)写し
鮎の笹焼き

■ 新作・独楽文中皿写し

ビジュアル版お茶人の友6 茶席の菓子P60より
独楽文皿

鮎の笹焼き・切断図
鮎の笹焼き・切断









ブログランキング

茂助だんごと復活の糖

女房が、長唄の先生のところで、茂助だんごをもらってきた。

茂助だんご  中央区築地 5-2-1


『築地場内市場にある茂助団子さん創業は明治31年。…
営業時間は午前5時~12時30分まで 早起きして市場で買い物して少し歩き疲れたら、こちらで甘いもんでもいかがですか?』(「見つけた!99年9月」より)


『一番人気のお団子の材料にもやっぱりこだわりが。
お団子の材料となる新粉(一般には上新粉と言われていますね)はお店でお米を挽くところから作られます。そのお米はコシヒカリ。
ちなみにササニシキはダメなんだそうです。お米のご飯としておいしくても粘り具合がお団子には不向きとか。
「新粉にした時の手触りですぐわかりますよ」 と…。
餡子の小豆は北海道産有機栽培のものを使用。甘味料はトレハロース。』(「伝統を守りつつも進化するおいしさ「茂助だんご」」より)


茂助だんご
茂助だんご

茂助団子


トレハロースとは、


『旧約聖書の「出エジプト記・・」に、・・イスラエル人が砂漠をさまよっている時、神ヤハウェの啓示に従って、パンの代わりに荒野の表面にあるうっすらと白い実を食べて飢えをしのいでいました。彼らは、蜜を入れたせんべいのような味のするその実をマナと呼び、カナンの地にたどり着くまでの40年間、食べ続けたのです。 この話にでてくるマナというものの一種にtrehala mannaがあり、それにはトレハロースがたっぷり含まれています。実はそれがトレハロースの語源になっているのです。』(「トレハロースとは」より)

『たとえば、砂漠に生息するイワヒバという植物、クマムシ(緩歩動物)、酵母などは乾燥して何年もたっていても水さえ加えれば生き返ります。この復活現象は長年の間、「不思議な現象」として原因が分からぬまま扱われていました。
 近年になってこの不思議な「復活現象」には、生物の細胞内にある糖が大きく関わっているということが分かりました。その糖こそ「トレハロース」なのです。トレハロースが水に代わって細胞を守る働きをしているなどといわれています。だからトレハロースは、別名「命の糖」「復活の糖」と呼ばれています。』(同上)


薬用美容ゲル?
『『水の天使』の保湿力は、塗布した直後から実感していただけます。しかも、塗布後60分経過時の水分量も、一般的な乳液や化粧水の2倍程度と、保湿力比較測定結果でも驚異的な持続力を証明しました。その秘密は、肌表面の角質層に浸透する“トレハロース”。角質層に潤いを与え、肌の再生を助けます。また、小ジワの原因となる乾燥から肌を守り、本来のバリヤー機能を高めます。』(「薬用美容ゲル「水の天使」」より)

弁当・テイクアウト

水道橋界隈の弁当・テイクアウト

?SAPANA (サパナ)
以前取り上げた ネパール・インド ダイニングバー

カレーテイクアウト

テイクアウト/カレー
ナンの切れ端にカレーをつけて複数の職場の女性に味見をしてもらった。いずれも旨いという。食べに行くと満員だが、テイクアウトは5分ほどで出来るので、混んでいる時はこれに限る。女性に人気の一品。
カレーテイクアウト


?ヤマザキ
ヤマザキ

パン屋の手作り弁当/肉じゃが
家庭料理、お袋の味だ。
手作り弁当


?魚美津
魚美津

魚屋の魚弁当/鯖塩焼き
魚屋ならではの魚の弁当オンパレードだ。OLも中高年のサラリーマンも結構買っていく。決して安くないのに‥。
魚弁当


?うなぎ 一らく
鰻屋

持ち帰り弁当/うな重・上のハーフサイズ
持ち帰り弁当


?まぐろ市場
まぐろ市場

ちょうど鰹まつりとやらで、駅で配っていたチケットを持参すると50円引きで買えた。テイクアウトを電話で予約すると、さらに電話代として10円引き、かつ、味噌汁一杯無料で付いてきた。
テイクアウト/ガーリック風味 おろしかつお丼
おろしかつお丼


?am/pm
am/pm

コンビニ弁当/デミオムライス
ゴージャスなデミオムライス  製造者:トオカツフーズ(株)尻手工場
以前、日本橋の老舗洋食屋「たいめいけん」とのコラボ商品「“とろとろ玉子のふんわり”ビーフデミオムライス」というのも食べた。
デミオムライス


?神田白十字
神田白十字

無理むりテイクアウト/ミックスサンドイッチ
店の中に入ったら煙草臭いので、すぐ逃げ出したくなったが、無理むりテイクアウトを頼んでみた。『箱もないよ。銀紙に包んだだけで良い?主人がこの前亡くなったから、もう店を畳もうと思ってるの。この店は昭和22年に主人と一緒に作ったの。当時は砂糖がなくてサッカリンを使ったのよ・・・』
懐かしい家庭の味のサンドイッチだ。
サンドイッチ

?ちりビーンズ
学生やOLに人気の弁当やさんが、小栗坂の下に三軒並んでいる。
そのうちこの店の特徴は、注文を受けてから容器に盛るので、ご飯もホカほか、メインのおかずも揚げたてで、温かい。安くて美味しい。
ちりビーンズ

弁当屋の弁当/おろしとんかつ弁当
とんかつ弁当

弁当屋の弁当2/生姜焼き弁当
生姜焼き弁当

弁当屋の弁当3/カレーライス
OLにファンが多いというカレーライス。@370円なり。美味しい。
カレーライス

■ 結局は、ネパール・インドダイニングバーのテイクアウトが一番のおすすめということになる。そして捨てがたいのは、シンプルだが品揃えがほどほどあり美味しくて安い、ちりビーンズのお弁当。後はお好みでどうぞ。

赤霧島限定販売

女房が、大分前(4月初旬)、あるところで赤霧島を入手してきてくれた。

◆ 幻の焼酎 赤霧島


霧島酒造 宮崎県都城市下川東4-28-1


・幻の紫芋
「山川紫」から数々の新品種が開発されました。その中で最も醸造特性が高かった芋が、「赤霧島」の原料ムラサキマサリ(紫優)なのです。

・唯一無二の味酒(うまさけ)
黄金千貫を原料に一定した高い品質の焼酎造りを行っています。・・・理想への飽くなき挑戦が、平成14年に品種登録されたムラサキマサリの登場で、ついに報いられる時がきました。その味わいは、風雅な甘みと、気高い香りを持ち唯一無二の味酒でした。

・自然が育む天然色素
麹が造るクエン酸とムラサキマサリの出会いが作るもろみの赤。それこそ「赤霧島」のシンボルの赤なのです。』  (「霧島酒造HP」より)

『2007年3月の赤霧島の限定発売は、3月22日より順次出荷を開始いたします。』(「同上」より)


◆ 酒は、本格芋焼酎 赤霧島
  器は、沖縄壷屋焼緑釉嘉瓶 (ゆしびん)写、ミニチュア。

赤霧島

30年ほど前、焼酎を好む客の接待が多かった。四谷の焼酎専門の高級な店に飲みに行ったりした。麦焼酎 二階堂 吉四六(きっちょむ)壷入りなどが幻の焼酎といわれていた。壷が貧弱となり字が格調を失っていくとともにまずく感じていった記憶がある。
近年も焼酎ブームで黄金千貫の種芋まで使ってしまうほどの勢い。丸の内の新しいビルなどで焼酎の品揃えを競いだしてから久しい。
 
長女宅に来客があったとき、一部飲んでもらうことにした。名前はよく知られているようで、客人も娘婿殿も美味しいと飲んだそうだ。若者はよく知っている、幻ものを。喜んでくれて何よりだ。

残ったものを返してもらい。夫婦でボチボチ飲んだ。女房も美味しいと言う。確かに洗練されている。私は冷蔵庫で冷やしておいて、ストレートで飲むと旨いと思う。しかし、何故か30年ほど前の幻度(高級感)も強烈な感激もない。

鼠志野亀甲文四方鉢

アフターファイブに茗荷谷に和菓子を買いに寄った。

一幸庵 文京区小石川5-3-15


ここは一個から買える。我が家は女房と二人。今日も生菓子を二つ買った。

きんとん・七夕も美味しいが、葛焼は『めちゃ美味しいじゃん』と、女房珍しく絶賛。ここは葛の原料から懲り方が半端ではないのだ。久し振りの抹茶が美味しかった。

『プルプルの葛焼です。 吉野葛に漉餡を溶かし、練り、蒸し上げ六方を銅板でやいた御菓子です。 小豆の味を、じっかりと感じられます。 』(「この一品!茗荷谷一幸庵 文月の御菓子」より)

手土産

菓子二つ/鼠志野鉢
菓子二つ

菓子二つ/唐津皿
菓子二つ2

きんとん・七夕/総織部・銘々皿
七夕1

切断面
七夕・切断面

葛焼/布目・銘々皿
葛・・

切断面
切断面・葛焼


■ 新規作成・菓子器/鼠志野亀甲文四方鉢

「ビジュアル版お茶人の友6 茶席の菓子」P64 鼠志野亀甲文平鉢写
鼠志野鉢









ブログランキング

シロガネーゼの紅茶?

長唄のお友達からまたまたプチプレゼントとか。
シロガネーゼの紅茶?

マリナ・ド・ブルボン
MARINA DE BOURBON


白金台店
パリの美意識とアイデアに満ちたティーブティック&ティーサロン
一歩足を踏み入れるとそこは・・・
選び抜いた紅茶の洗練された香り
趣味のよい贅沢な雰囲気
あなただけの素敵な時間が生まれる
』(「MARINA DE BOURBON」HPより)


『パリ・クールセル通り マリナ・ド・ブルボン
1985年パリ、エトワール広場に隣接したクールセル通りに一軒のブティックがオープンしました。その広いウィンドーはいつも新鮮なアイデアと美意識に満ちており、それでいてその落ち着いた佇まいは、他のブティックとは一線を隠した店として、開店以来訪れる人々から熱い視線と注目を浴び続けてきました。その店の名は、“マリナ・ド・ブルボン"。そして主人の名は、フランスの貴族の末裔、プリンセス・マリナ・ド・ブルボン-パルメ。ブルボン家は、ヨーロッパ最大の王家の一つとして、ルイ王朝から続くフランスの豊熟の文化を守っています。“マリナ・ド・ブルボン"は、新しいスタイルのブティックで、世界各国から厳選して集めた、100種類を超える茶葉を取り扱っております。…』(栞より)


『お茶のおはなし 
収穫時期(クオリティーシーズン) 茶葉は農作物のためクオリティーシーズン(品質の高い茶葉を収穫出来る時期)があります。』(同上)  久し振りにそのことを思い出した


■ 涼風茶アイスティー用ティーバッグ
   シェルダジュール Ciel d’Azur

紙袋のデザイン
紙袋

茶筒
茶筒

ティーバッグ
ティーバッグ

室温で2時間ほどゆっくり抽出し、冷蔵庫で7~8時間冷たくして飲む。
つまり、水出し紅茶で、これからの季節のものとしていける。
(器は、青白磁釉の皿)

菓子器の習作

梅花亭/神楽坂

梅花亭

手土産/麩饅頭
麩饅頭1


■ 菓子皿合わせ


『茶の湯の菓子には主菓子と干菓子があります。主菓子には蓋の付いた縁高(ふちだか)や食籠(じきろう)あるいは鉢などが用いられ、干菓子には主に盆類が使われています。』(「茶道具の鑑賞と基礎知識」茶道資料館編、淡交社より)

『今日、広間の茶会などでよく使われているものに陶磁器の菓子鉢がある。本来陶磁器の鉢は料理の器として使われていたもので、菓子の器として用いられるようになるのは江戸中期頃からのことであろう。近衛予楽院の行状を記した「槐記(かいき)」(「茶道古典全集」所載)に陶磁器の鉢が菓子の器として用いられた様子がみられる。』(同上)


○ 菓子器の習作
「ビジュアル版|お茶人の友6 茶席の菓子」小林公成 世界文化社
記載の菓子器の習作を始めた。土や釉薬、窯の種類等による制約が多いのでイメージの習作に終わる場合が多いが・・ボツボツ作ってみることとする。

習作した菓子器等新作(以下○印のもの)の菓子皿を中心に、入手したお菓子との映りを比較してみることとする。

器:粉引皿(旧作)
麩饅頭2

器:○天目釉皿
麩饅頭3

器:○青白磁釉皿
麩饅頭4

器:○布目銘々皿
麩饅頭5

器:○総織部銘々皿
麩饅頭6

普段使っている飯茶碗を抹茶茶碗として使ってみた。茶碗は、彫三島。
麩饅頭7

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR