粕取焼酎飛良泉誕生

創業500年の秋田の名酒蔵/飛良泉で粕取焼酎誕生。3月から売出した。

粕取焼酎は、清酒粕中に含まれるアルコールを蒸留してつくる』
                           (Dr.けんじの粕取焼酎概論より)
  
山廃純米粕取焼酎 を秋田出身で陶芸教室の仲間から頂戴した。

粕取焼酎は、粕から取るところから、そんな高級な焼酎であるとの記憶も認識もなかった。
この粕取焼酎は、キャッチフレーズのとおり『重厚な風味と山廃の粕ならではの深く豊かな香りがする逸品』であり、高級焼酎である。
アルコール度数42度。ロックがうまい。ストレートでも飲んでみた。私は普段あまり蒸留酒を飲まない。しかし、これはいけそうである。

◆ ちなみに、粕取焼酎はエコ・リサイクル

 先のDr.けんじによると、
『焼酎業者は「廃棄物」の酒粕を「処理」しアルコール分(粕取焼酎)を抜き取った「下粕」を取るのが目的で、処理した過程で出て来た焼酎は「副産物」に過ぎなかった。
アルコール分のない「下粕」は肥料にする。下粕で育った稲は収量が多くて質も素晴らしい。(その収穫した米をまた酒蔵に供給し、酒がとれ酒粕が発生する。)
つまり、稲作と酒づくりと焼酎づくりが、素晴らしいサイクルで共存していた、と。』

       


ブログランキング

平安東福寺とは

鉢がうるさければ、木が死んでしまう

◆ 盆栽鉢の天才がいたことを知った。

たぶん、NHK教育テレビ『美の壷(再)』で放映していたようだ。ようだというのは、このところ睡眠不足気味で、晩酌の後、うつらウツラしながら見たという意味である。

その人の名は、平安東福寺   本名 水野喜三郎

貧乏で自分の窯が持てず、借り窯をして廻ったと。

そういえば、陶芸家で最初の文化勲章受章者の板谷波山も、死んでからは一個いくらと高額な値が付くものの、生前は窯にくべる薪も不足し奥さんが金の工面に奔走した、と。
きょうびの陶芸家の中には、ベンツを乗り回して優雅な生活をしている人が少なくない。陶芸家の処遇には隔世の感がある。

『平安東福寺盆栽鉢・白釉手びねり楕円鉢』など、確かに名品だ。
使い込むほど味が出そうだ。

それに引き換え、私のミニ鉢は、すべて草木を殺してしまう可能性が強いと、ハタと気づいた。
見るだけにしておこうか…。迷いが生じている。


◆ 私のミニ 釉薬鉢

酸化焼成/青磁釉織部釉黄瀬戸釉ルリ釉うす青釉。素地はすべて半磁器土。


還元焼成/紅志野釉。素地は半磁器土。



ブログランキング

有楽町の開発状況Part2

過日の昼休み、東京交通会館3Fの木のテラス・石のテラスへ写真を撮りに行った。(カメラ付携帯)
東京都心の再開発を 間近に、遠くに観察するために。


(仮称)読売銀座2丁目ビル三菱地所
           交通会館3F 石のテラスから東側を見る(高速道路越に)
           向かって右側がプランタン銀座


『◆銀座ルール
《銀座ルール》銀座地区の景観を守るため、1998年に制定されたビルの
    建替えルール 
    都市計画法に基づく条例などで、道路幅などに応じて高さを
    13~56メートル、容積率を最大1100%までに制限
《例外》 都市計画法の特定街区などに指定されると例外的に高層ビル
が認められる
    昨年秋、銀座8丁目に高さ約120メートルの銀座三井ビルディングが
    開業
《松坂屋の高層計画》  66~190メートルの高層ビルへの建替え計画は
     暗礁に 』
                          (2006年4月19日 読売新聞より)



有楽町駅前再開発三井不動産       
                  南町奉行所跡
             交通会館3F 木のテラスから南側を見る
             マリオンと左手前・交通会館の間/丸井

              有楽町駅から観る/丸井



(仮称)東京駅八重洲開発計画
三井不動産他(但し、北棟?期)
             鹿島八重洲開発他(但し、南棟)
             交通会館3F 木のテラスから北側を望む
             (写真中央、新幹線の先に望める)

写真左下・足元の、JR有楽町駅と交通会館の間の現道路も、駅前広場として様変わりするでしょう。


ブログランキング

パワーヨガ体験

ミ~ン・み~んに、カナ・かな、ジィー・じぃーが混じって、姦しく暑苦しい。

● 通っているアリーナのカリキュラムが4月から大幅に変わったのを機に4、5月と無料体験した
パワーヨガ  を、6月から当分の間と思い、続けている。

 このアリーナのパワーヨガは、『保科直美のパワーヨガ』 
            (NHK出版・生活実用シリーズ)と同一の系統のようだ。


◆ シーケンス  (ポーズの組み合せの一連の流れ)は、

? ライト
マウンテン→ウタナサナ→ハイプッシュアップ→チャトランガ→アップドッグ→ウォーリア?→ウォーリア?→サイドアングルなど

? レギュラー
マウンテン→ウタナサナ→フラットバック→ハイプッシュ→チャトランガ→アップドッグ→ダウンドッグ→ウカサタナ→ウタナサナ→ハイプッシュアップ→チャトランガ→アップドッグ→ダウンドッグ→クレセントランジ→サイドアングル→サイドブランク→・・・→ウカサタナ→パリブリッタウカタサナ→マウンテン→イーグル→・・・→サバサナなど

分りますか?カタカナばかりで私にはよく分らない。ひたすらインストラクターの動きを追いかけるのみ。

もっとも、‘太陽礼拝’は許せるが、‘太陽でお尻を洗うように・・・’とか、‘死体のポーズ’とか・・・‘ガス抜きのポーズ’とか、ヨガのボーズに時々注釈が入るが興ざめである。
それは、欧米人のワインの香りや味の表現が我々日本人にはデリカシィを感じられないのと同じように。

ところで、
   ・『あるある大辞典パワーヨガでやせる
          /2つのポーズでやせられる?
   ・『火の呼吸で人生が変わる
          /ヨーガの原理、細胞呼吸法
   ・『ヨガの完全ガイド
          /ヨーガの基礎知識
など色々紐解いてみると、パワーヨガのエキスは結局次のとおりか。

パワーヨガの特徴
   女房が20年ほど前に研修した伝統的なハタヨガと違い、
   よく知られているとおり、

 a.鼻呼吸

 b.一連の動き(シーケンス)            にあるとみた。

表面的効果としては、赤い筋肉(姿勢安定筋)の持続運動で脂肪を燃焼させるため、ダイエット効果が、エアロビクスより大きいとされる。

◆私の体験効果
体重が中心値で1Kg減。BMIが22.5となった。(標準体重の域での変化に過ぎないが・・・)
ちなみに、直近の定期健診の結果、体脂肪率は15%。これ以上、下げたくない。
なお、日本人男性の理想は、BMI=24。すなわち、小太りなのだ。

エアロビクスを始めてから22年。今では体重の変動幅は、プラスマイナス 500g程度。あまりリバウンドしない体質となったので、短期間での中心値の1kg変化は有意差。
数値上の変化は少ないが、ほほの肉が落ち、ズボンに両手の平が入る。(あるある大辞典的変化はある) 上司や近所の長老から痩せたネと言われた。いや、癌じゃないのと女房から脅される。

パワーヨガの体験は、ダイエット効果あり、としておこう。

●ところで、私はパワーヨガにダイエット効果を求めたわけではない。
ただ新しいものをやってみたかっただけ・・・。好奇心が満たされればよいのだ。
なお、高血圧症・高脂血症・高尿酸血症・肥満の生活習慣病は食事・運動・薬事療法で5年ほど前に画期的に改善されており、今も維持されているはず・・・

この上パワーヨガは、私に何をもたらすのだろうか?いつまで続けようか?

ブログランキング

開発地の草木

セイヨウヤマゴボウへクソカズラ

他に、アカメガシワヌルデなどが生えているところは、新しく切り開かれた地。
(確か10年程前に、岡山県中西部の町の「野鳥の会」が主催する、観樹会で学んだと記憶している)
ここ飯山満の高速鉄道の沿線も30年ほど前に切り開かれた地である。

セイヨウヤマゴボウ
  ・中国からの帰化植物で、根に毒性がある
  ・今受難の時。手折って持ち帰り後、2~3日してその辺りは鎌で刈り取られていた
  ・草木染め

へクソカズラ
  ・茎や葉をもんで嗅いでみると悪臭があるので屁糞蔓
  ・可憐な花の姿から早乙女蔓の別名/このギャップは大きすぎる
  ・ひびやあかぎれの薬

  なお、へクソかずらは、万葉集に詠まれていると、
  『皀莢(そうきょう)に延(は)ひおほとれる屎葛(くそかずら)  絶ゆることなく宮仕へせむ』
            高宮王  (花図鑑のぼろぼろブログ!より)
  つまり、へクソカズラは1000年前から、‘クソカズラ’なのだ。
 

写真はセイヨウヤマゴボウとへクソカズラ。

★ 花器は、もの原から発掘された絵唐津の徳利の写真を見、触発されて再現したもの。

先般のアツシさんのご指導に従い写してみた。撮影は昼間、カーテンを開け閉めして光の加減を調整してみたもの。幾分雰囲気が変わったでしょうか? (あまり代わり映えしませんか。何が足りないのでしょうか。またトライしてみます) なお、根締めがすっきりしない。


ところで、女房が長唄の演奏会でもらってきた洋花の中から一番地味なものを引っこ抜いて‘競演'を試みた。撮影は夜。以前と同じ蛍光灯の下で。


貴方はむかごが好きですか

貴方はむかご が好きですか?

少し食べてみると、中はまだ緑が濃く、もう一つ美味しくありませんでした。
秋になると、芋の部分と同じようにホクホクとなり美味となります。

岡山県中西部の町に赴任した頃、秋になると女房は車に脚立を乗せて、どこかの山に入り、むかごを採取してきました。

主に油でから揚げし、ビールのつまみとしました。あつあつ、ホクホクは大変イケルのです。

◆ 3年ほど前、どこかでむかごを採取してきて、蒔いてくれと言いました。超狭小住宅の泥鰌の寝床のような狭い庭のどこに蒔けばいいのでしょう。ある樹の根元に蒔き、育ててみると、今年は写真のように美味しそうなむかごが付いてきました。秋には大きくなり美味しくなるでしょう。

今年はから揚げだけでなく、むかごご飯などにも挑戦してみようと話しています。

少し気になるのは、むかごに根っこのような突起が多いことです。梅雨が長かったせいでしょうか?



こむら返し予防法

貴方はこむら返しの経験がありますか。(なお、私はずっとコブラ返しと言っていました・・・)

冷房を掛けながら寝ると、朝起きたてに右足のふくらはぎが痙攣した。連日4回も起きた。
少年の頃、川で水遊びをしていたとき起こったあの痛さだ。

ネットで調べると、
   ・肝臓・腎臓の機能障害
   ・下肢静脈瘤・・・     等々恐ろしいことばかり出てくる。しかし、
   ・筋肉内の酸素とグリコーゲンの枯渇  などが穏当だと思っている。
要するに、冷房で血流が悪くなったのと、筋肉が疲れているのだろう。
そこで、
   
◆私の予防法/私は冷房と通勤・運動による筋肉疲れを想定して、

1)下肢を冷房で冷やしすぎないこと
   綿のソックスの先を鋏で切り、レッグウォーマーとして寝るとき着用
2)筋肉や内臓のほぐし 
  ?ふくらはぎのストレッチ/片足づつふくらはぎに体重を掛ける
  ?毛管運動/寝転んで両足を上げてぶるぶる振るわせる
  ?足首の前後運動/ワンレッグリフトの姿勢で腿を引き寄せた上で、足首を伸ばしたり曲げたりする
  ついでに、背伸びと金魚運動をして内蔵をほぐしてから寝ることにした。

これを2~3週間ほど続けているが、こむら返しは、再発していない。
ひょっとして、効いたかな。  

◆専門的な予防法は、病院で聞いてください。
貴方のこむら返しは、ひょっとしたら、怖~い 内臓の悲鳴かもしれないから・・・。


【補足】 これはあくまでも私が考案し、試してみた素人の予防法です。
 <メリット>
   1) お金が掛からないこと
   2) 副作用がないこと

プライスコレクションを見ましたか

梅雨が明けると同時に、ミ~ン・ミ~ンと蝉時雨。日本の夏が一気にやってきた。ところで、

プライスコレクションをあなたはもう見ましたか。

私は東京国立博物館で開催されている

若冲と江戸絵画展を見てきました。



以下、「音声ガイド」、「カタログ」から引用しながら紹介し、簡単に感想を添えます。

◆プライス氏のエピソード
 大学卒業記念に買おうとしたスポーツカー代で、「景和」と署名された若冲の小品『葡萄図』を買ったのがコレクションの始めであった、と。

◆プライス氏の特徴
  ・自然の構造の的確さをチェックする<エンジニアの眼>
  ・生物・非生物あるいは画面の中に、生命を感知する<アニミストの眼>
これがNHKの番組で「私のように若冲を理解するものは他にいない」と言わしめた、氏独特の芸術観の原点のようだ。

◆私の感想
 『紫陽花双鶏図』『鷲図』などの傑作は勿論素晴らしいが、一番関心を持ったのは

花鳥人物図屏風』である。

ユーモラスな略筆でありながら、自然の「構造」がきちんと捉えられているとプライス氏はいう。
私も、これだけの絵が、器に描けたらどんなに素晴らしいかと思う。

●推奨の展示室
 若冲中心の第3章「エキセントリック」は秀逸である。是非ご覧になられることをお奨めする。

●その他、注目すべき点は2点。
  1) 作品に当たる光が鑑賞にどれほど影響するかを証明した展示
  2) ガラスケースを取り外し、手に取れるほどの距離の展示
江戸時代の人が見たような見方を試みた空間が一部設けられている。


昼食は、上野公園バンブーガーデン2F‘板前ご飯 音音’で奥久慈卵を使った大山地鶏の親子丼を食べた。人形町・玉秀、新橋・末げん、神楽坂・鳥茶屋本店の親子丼級の味との出会いであった。



ブログランキング

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR