蕎麦屋・つだぬまやで一杯

津田沼の蕎麦屋「つだぬまや」で一杯

最初の日本酒「山城屋」(新潟県)120ml@660円
山城屋(新潟県)90ml@490円

或グループのガイド研修で深川を歩いた時、そのグループは前リーダー以来下戸のリーダーが仕切っている関係から打上げはない。一人で津田沼に戻り先般入り損ねた蕎麦屋「つだぬまや」で食事をした。蕎麦屋の酒は旨いというがその店の日本酒も美味しかった。ただ毎月お薦めが変わる。

突出し
突き出し

イサキ刺身@630円
イサキ刺身@630円

墨廼江(宮城県)90ml@450円
墨廼江(宮城県)90ml@450円

三河屋さんのざる豆腐・ごま豆腐@540円
三河屋さんのざる豆腐・ごま豆腐@540円

白えびから揚@780円
白えびから揚@780円

〆・一口そば(もり)@400円
〆・一口そば(もり)@400円

日本酒メニュー
日本酒メニュー

つまみメニュー
つまみメニュー

つだぬまや・店頭(帰り)
帰り・玄関

手土産/だったんそばのくずもち@180円×2
韃靼そばのくず餅@180円

門仲・晩杯屋で立呑み@千円

門前仲町 晩杯屋(ばんぱいや)、千円で立呑み

晩杯屋入口/土・日曜は13時からやっているようだ
晩杯屋・入口

役員会の後、残った三人で新しく出来た立ち飲み屋に立ち入った。向いの「魚三」は既に長い行列ができていたからだ。「晩杯屋 門前仲町店」ついに下町にやってきた!と言われている店だ。角打ちの折原商店でも同じ飲み方をすれば安く上げられるが、あちらではつい高い酒を選んでしまう。

日本酒・一合@250円か
日本酒・@250円か

マグロ刺し@200円+つくね大根@150円
マグロ刺し200円+つくね大根150円

ニューポテトフライ@150円
煮込み@130円

ノンアルコール@不明
ノンアルビール

メニュー
メニュー・飲み物

看板
晩杯屋・看板

津田沼・鳥福で一杯

はじめ西前原の「つだぬまや」という蕎麦屋に行く予定であった。開店時間になっても店は開かない、後で調べると火曜日はランチのみだと。長女の言うミーハーの飲む酒を私は好む。飛露喜や獺祭などその手の酒が多い店だ。天ぷらや豆腐、そばがきをつまみに酒を一杯だけ飲みたかった。

女房のいない二日目の夕食は、鳥福で

鳥福・店頭
前の日の、神月のならびにある鳥福に入る。美味しい焼鳥を夕食とした。
鳥福・店頭

名古屋コーチンの(限定)もつ煮 @550円
名古屋コーチン(限定)もつ煮@550円

もも肉のみそ焼 @650円
もも肉のみそ焼@650円

手羽先の塩胡椒焼 @650円
手羽先の塩胡椒焼@650円

串の種類
串の種類

日本酒一合とお通し
日本酒一合とお通し
日本酒は、静岡県・高嶋酒造の白隠正宗(燗酒)
白隠正宗

ヨーグルト酒(Alc.5%)
ヨーグルト酒

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

写真は無いが、〆の鳥スープ@200円

今まで食べたことのない串があったので、邪道かもしれないが追加注文した。
せぎも @330円
せぎも@330円

えんがわ @280円
えんがわ@280円

cf.津田沼の飲み屋街
津田沼・居酒屋街

cf.つだぬまや
つだぬまや

津田沼居酒屋・神月で、一杯

女房が突然、不良婆になった。女友達だけで麻雀会・昼呑み・夜飲み・大名旅行会を始めた。昨日も東北の星野リゾートホテルへ二泊三日の優雅な旅に出掛けた。私の夕食がない。先立たれたと思って、見知らぬ居酒屋を彷徨うことにした。たまたま電話が掛かってきた長女には事情を告げて。

津田沼居酒屋・神月で、一杯

厨房方面&カウンターのおばんざい
厨房方面&おばんざい

津田沼駅の裏側(JR総武線の南西側)は余り歩かない。『船橋の地名を歩く』船橋地名研究会・滝口昭二編著の「23津田沼駅周辺をあるく」で、「開発凄まじい奏での杜」の中で跨線橋(西踏切跡)に触れたくらいである。ここに評判の店:神月や鳥福がある。夕食場所としてまず神月に立ち寄った。

秋田生酛純米神月 グラス@550円/たまたま店名と同じだが、うちの方が古いと店主云う。
神月グラス@550円

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

おまかせ刺盛@1,000円
おまかせ刺盛@1,000円

めじな白子@450円 /メジナ・千葉木更津産とある。メジナの白子は、今が旬。美味である。
めじな白子@450円

雑魚唐揚@450円
雑魚唐揚@450円

お茶漬け
茶漬け

メニュー
メニュー

飲み物メニュー
飲み物メニュー

釣魚料理・神月(しんげつ)店頭
神月・店頭

広東酒家らくらくで打上げ

広東酒家らくらく江戸川橋店で打上げ (下見&本番)

ガイド役を中心に乾杯
乾杯

早稲田・関口コースを研修した後、恒例により江戸川橋で打ち上げ会を開いた。本番では寒かったからか3班のうち1班以外は参加者が少なかった。女性は家事の準備もあり研修後家に帰る人が多い。打ち上げは即ち反省会。いろいろ感じた点を挙げて爾後のガイド技術向上に役立てている。

広東酒家らくらく
広東酒家らくらく

おつまみ
おつまみ

おつまみ

☆ 江戸川橋あたりは、色々、美味しい店が多いようだ。

船橋バーミアンで打上げ

地元でユーモアスピーチの会を開いているので参加した。当番で誰かがロングスピーチをした後皆で三分間スピーチを行う。お題が出るのだが私はいつも自由題でごまかす。その時に興味があるテーマを拾うのだ。歳を取ったからか私の一分間の話は200字位。つかみ・展開・オチが難しい。

※その後の、バーミアンでの打上げだけ写真をアップする。

バーミアンで
  船橋ユーモアスピーチの会の打上げ

三分間スピーチの後の打上げ/乾杯
乾杯

日本酒の代わりに紹興酒/アルコール度数は日本酒と同じ位なので、一合くらい。
日本酒替りに紹興酒

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

この日のおつまみから
バーミアン・おつまみ

※※今後試してみたいこと/革命的話し方メソッド(野村絵里奈)

本番は浅草「漁灯」で打上げ

本番は、浅草居酒屋「漁灯」で打上げ

漁灯の隣地で出てきた、凌雲閣の土台
凌雲閣の土台が出てきた

浅草~新吉原研修本番の日の打上げは「漁灯」という居酒屋であった。漁灯の小路を挟んだ隣地で凌雲閣の土台が出てきた。も少し早い時間帯だと煉瓦の一つを貰うことが出来たそうだ。がゲットしていたとしても我が家では受け入れられず好事家が出て来るまで畑に積んでおいただろうが。

乾杯の図
乾杯

日本酒一合
日本酒一合

平日限定all 300円のドリンクメニューと、レモンサワー
平日限定ドリンクメニューとレモンサワーか

おつまみ
おつまみ1
おつまみ2

漁灯・店頭 (帰り)
漁灯・店頭

帰り道/六区と浅草寺境内を抜けて、メトロ駅に向かった
帰り道

浅草夢見どりで打上げの下見

浅草~新吉原ガイド研修下見の日の、打上げ会

乾杯
乾杯

浅草から新吉原研修下見の日の打上げは、浅草に戻ってきて「浅草夢見どり」という店で行った。その店は、鷲神社から国際通りを南下し公園六区入口を東に折れ演芸ホールに向かうロックフラワーロード沿いにあった。ビル地下のその店は定食屋のような少し変わった雰囲気の店だった。

ビルの看板
浅草夢見どり

入店
入店

飲み放題メニュー
飲み放題メニュー

日本酒一合とお通し
日本酒一合とお通し

レモンサワー
レモンサワーか

おつまみ
つまみ1
つまみ2

石神井公園駅前花の舞で打上

見残しの会(志木いろは樋・石神井コース)研修終了後  
  石神井公園駅前の花の舞で、打上げ

入店
入店

野火止用水が引又宿から宗岡村へ、サイフォンの原理を利用して、内川(新河岸川)を越えて供給されていたのを確認する等面白い研修をした。又中世近世の関東戦乱の一端を難波田城跡に感じた。名所図会に時々名の出る道興准后の修験道の十玉院がその跡に再建されたのも興味深い。

乾杯の図
乾杯の図

私のルーチン/日本酒一合
日本酒一合

ドリンクメニュー
ドリンクメニュー

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

おつまみから
つまみ1
つまみ2

〆から
〆

渋谷モンスーンバルで打上げ

渋谷川散策の後は、渋谷駅近くのバルで打上げ

リコピン モンスーン バル入店
モンスーンバル入店

渋谷川暗渠の散策で、渋谷駅近くに到着したころには、日は暮れていた。稲荷橋の鎌倉街道を観終って、インド風バルに入る。予約人数より参加者の方が少し多かったこともあり、ぎゅうぎゅう詰めであった。わいわい言っているうちに終了。印度人のたくましさに感心しただけの印象がある。

少し詰め過ぎ
少し詰め過ぎでは

cf.表側も若者が詰め込まれていた/飲み放題が安いからだろうか?
cf.表通り側も若者が詰め込まれてい

乾杯
乾杯

日本酒一合
日本酒一合

バーボンのハイボールか  (ノンアルコールビールの代わり/
     最近女房からサワーなどのアルコール度の低い飲料の許可が出た)
バーボンのハイボールか

つまみ
つまみ
つまみ

G役員会の打上げを北海道で

総会の打上げ練習を兼ねて、後楽園「北海道」で打上げ

一息遅れの乾杯
乾杯

経営が変わったので後楽園界隈の打上げ会場を味菜里からに変えた。研修グループ総会の打上げを歓にしようとしたら既に先約有。そこで多少単価が高くなるが北海道後楽園メトロ・エム店に設定したそうだ。北の味紀行と地酒がウリの「北海道」。その一端はこちら。ルーチンは変わらず。

日本酒一合
日本酒一合

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

つまみから
つまみ1

つまみ2

つまみ3

つまみ4


〆

北海道・店頭
北海道・店頭

高田馬場・土風炉で新年会

高田馬場の土風炉で同窓の新年会

土風炉/この居酒屋のシンボル・イメージ/余談:私は炉の手前より風炉の手前の方が好きだ
土風炉

正月早々土風炉で恒例の同窓会が開かれた。段々人数が増えてくる。歳をとると頻繁に集まりたがるのはどちらでも同じ。時々紹介する同期入社組に至っては、しょっちゅう東京駅で飲み会を開き年一度は旅行に出かける。亡くなる仲間も多い。回数を減らせば長生きして何回も会えるのに。

新年会の図1
新年会1

新年会の図2
新年会2

日本酒/これは2合入り→この後コップに1合分を入れて飲んだ。猪口では管理できない。
日本酒

後は、ノンアルコールビール/この店では、ジョッキで出て来る。
ノンアルコールビール

鍋/その他のつまみは、写真なし
鍋

日暮里・さくら水産で打上げ

日暮里・さくら水産で打上げ

一番乗り班の乾杯練習/寒くなると私と同じ熱燗派が増えてくる
先着G乾杯

江戸名所図会を片手の散策が終り、日暮里駅の居酒屋で打上げが行われた。夕焼け段々の下で谷中ビールを飲んでいた我々のグループが居酒屋にも一番乗り。開店と同時に入店。後発グループも到着し本番開始。隅々まで廻ったが距離は短い。早いグループは二時間半を持て余した。

後発部隊到着で、あちこちで乾杯の図
奥の方でも乾杯

ルーチンの日本酒一合/今年は何とか女房との約束が果たせた
   約束とは、「酒と女は一合(一号)まで」
日本酒一合

後は、ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

つまみ (あまり写真は撮らなかったようだ)
つまみ

開店直前の、さくら水産(予約済みだが)/この時まだ、店の中は点灯されてなかった
開店直前のさくら水産

夕焼段々でビールの飲み比べ

夕焼けだんだんで、谷中ビールの飲み比べ
 /スタンダード:3種類のラガービール  900円
   アウグス谷中ドライ、アウグス谷中ビール、アウグスラガー(写真左から)
ラガービール飲み比べ

江戸名所図会挿絵をツールに日暮里界隈を散策後我々のグループは一番先にゴールの夕焼け段々に到着した。他グループが到着するまでの間、階段下のビール専門店でビールを飲むことにした。痛風の発作が8回以上続いた過去を持つ私はビールが苦手。小さなビールで飲み比べた。

ラガービール3種飲み比べメニュー
アウグス谷中ビールの飲み比べ・メニュー

ビール・メニュー/IPA、ホワイト、ブラックなど
メニュー

乾杯
乾杯

ビールのつまみ
ビールのつまみ

谷中ビール・店頭
谷中ビール店頭

夕焼けだんだん
夕焼け段々

打上げなしで、魚次鮨弁当

打上げなしで、魚次鮨弁当

お買得品・魚次にぎり @1,250円
開封

田端文士村と子規ゆかりの地を巡る研修に参加した日、打上げがなかった。この研修グループは前リーダーも現リーダーも下戸で打上には興味がないようだ。打上げ目当てに参加するシニアも多いのに一向に気にしない。仕方がないので帰路寿司屋が経営するスーパーで寿司弁当を買った。

開封前
お買得品・魚次にぎり@1,250円

※ お買得品とあるが、いつもこの値段である。但し、この寿司屋で買うと中身が下がる。

立川駅前居酒屋で打上げ

酒肴亭玉河(立川駅前)で打上げ

乾杯
乾杯

高幡不動・立川コースの研修が終了し、立川駅に到着した。今回も楽しいコースであった。メンバーは近くに住んでいて土地勘のある人が多かった。先輩が住んでいて名前は知っているが他県在住の私は知らない土地であった。打上げ会を立川駅前の「酒肴亭玉河」という居酒屋で行った。

日本酒・一合
日本酒一合

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

おつまみから
おつまみ1
おつまみ2

入店
酒肴亭玉河・入店

串かつでんがな稲田堤で打上

串かつでんがな 稲田堤店で 打上げ

入店
でんがな・入店

江戸名所図会見残しを行く会(矢野口・菅コース)のガイド研修を終え、京王電鉄相模原線 京王稲田堤駅前の「串かつ でんがな」で打上げがあった。私同様打上げが楽しみで参加する人も多い。特にシニアの男性は。ただ串かつメニューが多いので、中性脂肪値が上昇中の私にどうかな。

乾杯/この日は少し寒かったので、私と同じ日本酒熱燗組がいた
乾杯

私のルーチン/日本酒1合
ルーチンの酒一合

後は、ノンアルコールビール/  最近女房が、「ノンアルコールビールでなくていいのよ、サワーなどあまりアルコールが入っていないから」、と。ノンアルコールビールはうまい。しかし、店によっては結構高い飲み物となる赤羽のセンベロ店もそうだ。いつかそうするかもしれない。

つまみ1
つまみ1

つまみ2
つまみ2

つまみ3
つまみ3

打上無し、角上魚類の握り鮨

公開講座後の打上げ会無し、
   角上魚類のにぎり寿司と栃尾あぶらげで一人打上 @1,400円

角上魚類のにぎり寿司

今回は参加スタッフの数が少なく公開講座後の打上げ会がなかった。女房にその旨メールで伝えると外出予定のため夕食の準備なし、と。仕方なく津田沼モリシアの角上魚類でにぎり寿司を買って帰った。ついでに酒のつまみに私の好きな栃尾あぶらげ。ロースターで炙り酒のつまみに。

角上魚貝・にぎり寿司10貫@1,150円+栃尾あぶらげ@250円
角上魚貝・にぎり寿司10貫@1,150円+栃尾あぶらげ@250円

栃尾あぶらげをロースターで炙って、一杯/
   我が家の晩酌(食中酒)は、夏場の「北秋田」から、冬季の「野可勢」に戻る。
栃尾あぶらげで一杯
★成城石井と眞澄のコラボ「野可勢」はクール便で届く。しかし、我が家の冷蔵庫には常時4合瓶一本しか入れさせてもらえない。地下収納庫の温度は、夏場好ましくないほど上昇するようで、ひね香のようなものを感じる。よって我が家では「野可勢」は冬しか購入しないようになった。


生麦駅前の自由軒で打上げ

生麦駅前の自由軒で打上げ

乾杯の図
乾杯

生麦事件現場散策キリンビール横浜工場見学の後、京急生麦駅前の中華屋において「定番のちょい呑みセット@1,050円」で打上げをした。下見時も本番も同じ店で打ち上げた。なお生麦駅はキリンビール横浜工場の最寄り駅であることから、一番搾りのCMソングがホームで流れる。

ルーチンの日本酒一合
日本酒

「定番のちょい呑みセット」メニュー
定番のちょい呑みセット@1,050円

白鶏の前菜と野菜の酢漬け
白鶏の前菜・野菜の酢漬け

春巻
春巻

エビニラ焼きギョーザ
エビニラ焼きギョーザ

水ギョーザ
水ギョーザ

ノンアルコールビール/流石にキリン工場近くなのか、「零ICHI(ゼロイチ)」
ノンアルコールビール

自由軒
自由軒・店頭

入店の図
入店

居酒屋かもん杉田で打上げ

居酒屋かもん杉田プラムロード店で打上げ

乾杯の図
乾杯

弘明寺・杉田コースのガイド研修が終わり、新杉田駅前の居酒屋で打ち上げた。流石に煎海鼠はメニューになかった。女性を含めて皆さん健脚である。歳を感じ始めたのは私を含めて少数だろう。こんな都心から離れた処でも見るべき神社仏閣があり、江戸近郊の懐の深さに感心する。

私のルーチン/酒と女は一合(一号)までと女房の命令をよく守っている。
酒1合

後は件の如し/ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

但し、ノンアルコールビールは高いので、この日は皆さんに割り勘で迷惑を掛けないように、ホッピーの外を追加注文した。不味い。しかし、我慢だ∵↓
※大特価!!昼呑み(11:30~18:00)生ビール・中ジョッキ250円、ハイボール100円
ホッピー外のみ

この日の、おつまみから/人気メニューのしらすと生海苔のピザも含まれている。
おつまみ1
おつまみ2

入店の図
かもん入店

歓(ファン)後楽園店で打上げ

メトロエム後楽園5階の歓で、打上げ

乾杯 (肖像権問題がうるさくなったので、後ボケの写真を使用)
乾杯

伝通院周辺の散策後、メトロ後楽園駅近くの中華料理店で打上げを行った。『甕入紹興酒の石膏を取り除いて開蓋した直後の上澄み部分は味・香りとも店の自慢である。』以前或研修グループで暑気払いをしたことがあり、投稿済なので略す。少しましな分だけ、チェーン店等より高くつく。

紹興酒の甕の蓋を割るところ
甕の蓋割り

紹興酒(上澄み部分)
紹興酒

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

おつまみから
おつまみから

入店
歓・入店

ジェラテリアViTOでビール

ジェラテリアViTO浅草店でビールやアイスクリーム

ビール(酒飲みはビール、打上げの言い出しっぺは一人ジェラート)
 ※カメラは持ち主に似る。ビールよりもおしゃれな女性の方に、ピントが合う。
ビールで乾杯

ViTOはジェラートをイタリア風の空間で楽しむ店である。両国~隅田川沿いに橋を見学し、また向島を訪ねた後、酒を飲まない・言い出しっぺの男性とお酒の好きな女性達とViTOに入った。その男性が入りたかった店だそうだが、酒飲み女性はビールとピザで凌いだ。少し調子が狂った。

ジェラテリアViTO浅草店・店頭
ViTO店頭

看板
看板

室内(二階)
室内

嶋村で土曜限定幕末会席を

47回目結婚記念として
 老舗割烹嶋村で土曜特別限定幕末会席というのを食べた
                   @3,800円/人(税別)
個室
個室

結婚して47年である。金婚式は、切りの良い2020年と覚えているが、途中の結婚記念日は良く忘れる。忘れたお詫びに、老舗割烹で幕末会席というのを食べることにした。先般ランチを食べた店を紹介したら、妻が乗ってきたのですぐ電話で予約した。なかなか旨いし分量もあった。

魚盡見立評判第初輯/文久元年
  勧進元に、数寄屋町嶋村とあるのは間違いだそうで、檜物町が正しいそうだ。
魚盡見立評判第初輯

ここでも飲み物は、日本酒一合(九代目)
九代目・冷酒

1)胡麻酢和へ
胡麻酢和へ

2)うづら椀
うづら椀

3)鯛刺身
鯛刺身

4)鯛かぶと煮
鯛かぶと煮

 cf.鯛の鯛/船場のこいさんの血をひく女房:こういう遊びは得意だ。私は知らなかった。
鯛の鯛

5)蒸し玉子
蒸し玉子

6)きんぷ〔てんぷら〕
きんぷら〔てんぷら〕

7)お食事 (白飯、香の物、 味噌汁)
お食事(白飯、香物、味噌汁)

8)デザート/ム?幕末にジェラートありか (まあいいか)
デザート

嶋村・店頭
嶋村店頭

赤羽せんべろで 日本酒一合

赤羽せんべろの街で日本酒一合のみ

驚くのは、若い女性も多いこと
赤羽・千ベロの店
おでんで評判の店もある/出汁割を飲んでみたかった
おでんの丸健水産

隅田川の始まり岩淵水門を訪問した帰り、赤羽の千ベロの店を見学がてら巡った。これまで都内で千ベロの店と言えば、立石しか知らなかったが、ネットを見ればあらゆる処にあるようだ。赤羽でも、立飲みいこい本店・丸健水産・喜多屋・桜商店603・まるよしなどと色々あるようだ。

一軒目・鐡一入店
一軒目・鐡一

日本酒一合/これにて本日のアルコール打ち止め
日本酒一合

2杯目・ジンジャーエール
二杯目・ジンジャーエール

おつまみから
一軒目おつまみ

二軒目桜商店
千ベロ・桜商店・店内

3杯目・ウーロン茶
三杯目・ウーロン茶

4杯目・ホッピー外のみ/いよいよ飲むものが無くなり私は退散
四杯目・ホッピー単独

飯田橋・貝殻荘でちょっと一杯

牡蠣ビストロ貝殻荘 飯田橋サクラテラス店でちょっと一杯

4種類の牡蠣づくしコンボ @1,980円(税込2,138円)
  蒸し牡蠣、グラタン、フライ、鉄板焼き

4種類の牡蠣づくしコンボ@1,980円

義母がまだ生きている頃は妻が面倒を見ていたので婿殿済まないねぇと時々小遣いをくれた。女房達者で留守がいいと時々その金をもとに神楽坂を徘徊したものだ。今日の講座「男のロマン・女の不満」のように夫の定年後一番嫌なのは昼や夜のご飯作り。打上げがないので一人で一杯。

メニュー例
メニュー例

お通しとワイン
   日本酒がないのでやむを得ず白ワイン/レゼルヴ・ベルトミュー シャルドネ @750円
お通しとワイン(レゼルヴ・ベルトミュー シャルドネ)@750円

たっぷりシラスとフレッシュトマトのブルスケッタ @580円
たっぷりシラスとフレッシュトマトのブルスケッタ@580円

アルコールフリー ビール @490円
アルコール フリー@490円

室内
室内

厨房を望む
厨房を望む

店頭
貝殻荘・店頭

赤坂見附磯丸水産で打上げ

赤坂見附 磯丸水産で打上げ

入店の図
磯丸水産・入店

下見反省会の写真はピンボケが激しかったので本番打上げの写真をアップしました。磯丸水産はどの店でも同じ雰囲気なので写真は似たようなものです。ところで、年々ガイド当番メンバーの用意する資料は豊富になるようです。ガイドは編集です。取捨しないと時間超過になります。

乾杯の図
乾杯

おつまみ
焼き魚(ししゃもか)
おつまみ&〆
おつまみ&〆

日本橋天狗で打上げ

研修後、日本橋天狗で打上げ

天狗入店
天狗入店

日本橋定番コースを研修した後有志で打上げをした。シニアの入る店は多くはチェーン店。この日はお馴染みの旬鮮酒場天狗日本橋店。ウェブを見るとお通しなし宣言をしたそうだ。客単価2.5~3.0千円程度だが、早い時間帯を埋めるので、あまり嫌われてないように思うがどうか。


日本酒一合/「鍛えれば酒に強くなる」と思う。逆に飲まなくなると急に弱くなった。
日本人の50%が酒豪。5%が下戸。残り45%は強くなれる可能性があるタイプ、と。
そして私のようにアルコール依存症になるのは、最後の(45%の)タイプだそうだ。
日本酒一合

ノンアルコールビール/ノンアルコールビールは最近旨くなったと思う。
ノンアルコールビール

おつまみ/最近あまり真面目に撮っていない。ほんの一部だと思う。
   写真を撮ると、高齢の女の人から「女の子みたい」とからかわれるのが嫌だからだ。
つまみ1

つまみ2

つまみ3

天狗店頭
天狗・店頭

川崎駅前 楓Tokyoで打上げ

川崎駅前 楓Tokyoで打上げ

乾杯
乾杯

長尾・中丸子等を散策して、程々にのどが渇いた。終点の駅前で恒例の打上げを行った。客引きに遠くまで連れまわされて入ったのが、個室居酒屋 楓Tokyo川崎駅前店。20%オフという文句で入ったが、3時間飲み放題付並みの仕上がりとなった。今日も女名幹事不在のためか。

看板
楓Tokyo 看板

入店途上
入店途上

私のルーチン・日本酒一合/アルコールは、これにて打ち止め
 ∵「酒と女は一合(一号)まで」と、女房の指示。掛りつけの医者は、二合までOKと言うが。
  最近街歩き仲間が孤独死したので、死を確認してもらうために女房を大事にするようになった。
  昔アル中の頃(30代後半)は一日一升飲んでいたのに。最近は1合を超えて飲まなくなった。
ルーチンの日本酒一合

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

つまみ
つまみ

赤羽・天狗で打上げ

JR赤羽駅近 テング酒場 赤羽店で打上げ

赤羽テング酒場入店
赤羽・テング酒場

赤羽・川口ガイド研修後 赤羽駅近くのテング酒場で打上げを行った。テング酒場 神楽坂店(軽子坂)では別のNPOで毎月2~3回打上げをしている。メニューはほぼ同じながら幹事が変わるとテーブルの雰囲気は変わる。この会では宴会部長をやらない。女性幹事の雰囲気は違う。

ルーチンの日本酒一合
170705-151日本酒一合

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

室内
室内

おつまみ
おつまみ1
おつまみ2

全国銘酒たる松で、打上げ

全国銘酒 たる松  で、三人打上げ

全国銘酒たる松

或ガイド研修グループでは、前・現のグループリーダーが酒を飲まない人なので、研修後の打上げ会がない。そこで酒好きのベテラン会員が音頭を取って打上げをする。いつもは参加しないが、リーダーから依頼されてこの打上げに加わった。わずか三名。節酒中の私にはつらい店。

最初の一杯/ルーチンの熱燗一本
熱燗1合

石渡美奈(ホッピーミーナ)が社長に就くころ、ずいぶん応援した時期がある。
しかし今は節酒を命じられかつノンアルコールビールがとても美味しくなったので宗旨替えをした。
店にはノンアルコールビールがない。やむを得ずホッピー単独を飲む。店員さんが嫌な顔をした。
ノンアルコール替り・ホッピー

おつまみから
つまみ

店内
店内

江戸名所図会G暑気払い

TCGC江戸名所図グループの暑気払い

乾杯の音頭
乾杯の音頭

セミナー終了後、メトロ・エム後楽園5階にある歓(ファン)という中国料理屋で暑気払いを行った。先だって行われた講習会受講者の流れがある。メインエベントは5年熟成紹興酒の蓋明けである。マレーシアに出張した時は商社の駐在員で通の人が味見をした。今回は店の人が!?

紹興酒の開蓋
紹興酒瓶の蓋明け

上澄みと中汲み
紹興酒・上澄みと中汲み

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

暑気払い光景
暑気払い風景

つまみ
つまみ
つまみ2

歓の店頭
店頭

ユーモアスピーチの会打上げ

船橋ユーモアスピーチの会打上げ
   /於.船橋・バーミアン
バーミアン

NPO法人・シニア大樂では首都圏9ヶ所でユーモアスピーチの会を開催している。私は毎月第2木曜日に開かれる船橋に出かけています。60代の人が多いですが中には80,90代の人もおられます。笑いは健康の元と言います。会の後の打上げ会を毎回楽しみに参加している。

※  交代で講師をし、30分または1時間のロングスピーチ(薀蓄を語る)もある。
※※毎回、3分間スピーチ(テーマ、自由題、失敗談など)をやっている。

紹興酒/日本酒換算1合を目安に
紹興酒

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

つまみから (この頃つまみを撮影するのに飽きたのか、あまり写真がない)
つまみ

神奈川宿散策後横浜で打上げ

神奈川宿散策後、横浜駅前「月あかり」で打上げ

乾杯
乾杯

神奈川宿散策の後、横浜駅に到着した。客引きに連れられて知らない店に入った。20%引きにするよというが、締めてみると何時もの居酒屋に比べると倍位で仕上がった。やはりシニアの財布には、お馴染みのチェーン店の方が優しい。いつもの宴会奉行の女性が不在だとこうなる。

入店
横浜駅前・月あかり

ルーチーンの日本酒一合
日本酒一合

後は最近の習い性でノンアルコールビール/ノンアルコールを旨いと感じるこの頃である。
ノンアルコールビール

※何故か、おつまみの写真がない。

金沢八景駅前 魚民で打上げ

金沢八景駅前 魚民で打上げ

魚民入店
魚民入店

金沢八景等を散策した後、解散駅前で打上げ会に参加した。スマホなので、撮影枚数は3~4枚と少ない。おまけに手振れしているようだ。ま、いいかと投稿する。参加者は常連で固まってきた。今年中くらいには見残し挿絵は全部踏破する予定と、世話人は言っている。寂しい限り。

何処でも、ルーチンの日本酒一合
日本酒

つまみから
つまみから

板橋宿研修後の打上げ

板橋区立文化会館地下1階
  板橋宿の研修後、レストランまきで打上げ

ビールで乾杯(後ボケの写真があったので、使用する)
乾杯(後ボケ写真を利用)

板橋宿の研修後、大山駅近くの板橋区立文化会館地下1階のレストラン「まき」を貸切って打上げ会を行った。ガイド役が板橋の観光センターを拠点とした活動をしているので、こういう利用を思いつかれたのだと思う。大変親切な応対をしてくれた。遠すぎるので再訪は難しいが。

会場入り口
会場入り口

貸切りの表示が
この日は貸切で

準備されていた料理
準備されていた料理

乾杯の後は、ルーチンの日本酒1合
日本酒一合

その後は、ウーロン茶か
後はウーロン茶

何故か討入り飴が、プチ土産に
何故か討入り飴

松戸・磯丸水産打上げ

松戸駅前 磯丸水産で打上げ  

  私のほかに、熱燗で乾杯の人も
乾杯

松戸の里を歩いた日松戸駅前で打上をした。私と同じように日本酒の熱燗で乾杯を始めた人がいる。思えばこの日は春先のまだ寒い日であった。服装や飲んでいるアルコールを見るとよく分かる。シニアの利用する店は居酒屋チェーン店が多い。開店時間と値段が決め手であるから。

入店・磯丸水産
磯丸

毎度同じ、私のルーチーン(日本酒一合)
日本酒一合

後はノンアルコール(だいぶ慣れてきた)
ノンアルコールビール

つまみ
つまみ

つまみ

つまみ

つまみ

鉄鋼ビル地下阿さまで同期会

大手町 鉄鋼ビル地下街 阿さまで同期会

会場の阿さま
阿さま

過日入社同期会が開かれた。新鉄鋼ビル地下レストラン街の蕎麦屋:阿さまで。恒例となった。店主は親父そっくりに成長していた。店は現役時代良くランチに冷やしたぬきを食べに行った懐かしい処なのだ。〆にそれを。天カスをヘルシィなオニオンスライス&おろしに変えてもらって。

鉄鋼ビル地下のレストラン街
鉄鋼ビル地下レストラン街

最初にルーチンの日本酒一合/この時は獺祭の冷か?
ルーチンの酒一合

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

おつまみ
つまみ1

つまみ2

〆の冷したぬき(但し、天かすをオニオンスライスと大根おろしに変えてもらった)
冷したぬき

冷したぬき→天カスをオニオンスライスに

聖蹟桜ヶ丘サイゼリア 打上げ

聖蹟桜ヶ丘駅前 サイゼリアで 打上げ

サイゼリア・店

関戸散策の後、聖蹟桜ヶ丘駅に戻り、駅前のサイゼリアで打ち上げた。ワインを飲みすぎて、電車の中で気分が悪くなり下車した人がいた。高齢化したら、若い頃のようにアルコールの無理強いは止めた方がよい。階段で転んで怪我をしたり、命に影響がある場合があるだろうから。

日本酒がないからビールで我慢
日本酒がないのでビール

ワインをがぶがぶ飲む人がいた
ワイン

つまみ
おつまみ


〆

ご当地酒場八雲町三越前店

ご当地酒場八雲町三越前店

特選魚貝盛り990円/白身魚にはポン酢醤油、その他は昆布しょうゆがお薦めだとか。
特選魚貝盛り990円

私はミーハーな爺である。世界盆栽展鑑賞の後、日本橋まで足を延ばして直近のカンブリア宮殿に出ていたご当地酒場に行った。噴火湾産ホタテ貝は七輪で炙って、じゃがいもはバターで、軟白ネギは天ぷらで食べた。特選魚貝盛りも高くなく美味しい。地元の酒「今宵八雲」で一杯。

今宵八雲 純米吟醸一合1,100円
今宵八雲 純米吟醸一合1,100円

お通しとじゃがバター(390円)
お通しとじゃがバター390円

軟白ネギ天プラ590円/「まっ黒でいんでなイカ」という黒塩がおすすめ
軟白ネギ天プラ590円

帆立貝炙り490円/専用の七輪が目の前に用意される
帆立貝炙り490円

ノンアルコールビール
ノンアルコールビール

松前漬け茶漬け490円
松前漬け茶漬け490円

メニュー(軟白ネギ天プラ)/深海魚ナガツカは大きいので一人では無理と。
メニュー(軟白ネギ天プラ590円)

メニュー(特選魚貝盛り、帆立貝炙り、八雲のじゃがバター)
メニュー(特選魚貝盛り990円、八雲のじゃがバター390円)

〆のメニュー(松前漬け茶漬け)
〆のメニュー(松前漬け茶漬け490円)

カウンター前
カウンター席の前

店頭・一階入り口/三越前とは、ファンファンクション社長の合掌智宏氏は目の付け所がいい。
北海道八雲町

豊後高田どり・酒場・打上げ

京王線中河原駅前
   豊後高田どり入店
豊後高田どり・入店

街歩きの楽しい処、後の打上げにある。人は一人では生きられない。色々な処につながりがあることが大切だ。家族もそうだが、時々口をきいてくれない時がある。それをヘッジするのが外での人との接触である。人間関係はいつも流動的だから、私は沢山のグループに属している。

乾杯
乾杯

日本酒
日本酒1合

サワー
サワー

つまみ
つまみ1

つまみ2

つまみ3

つまみ4

焼鳥を串から外してくれる人/こういう世話好きは、有難いことに何処にでもいる
串から外す親切な人


自由が丘・磯丸水産で打上げ

いいコースであった。祐天寺九品仏などをガイド研修した後、自由が丘の居酒屋で打上げした。一つの班はほぼ全員参加、他の班では飲み会パスの人が続出。主婦はこれから家族のために夕食作りの人がいるのは理解している。しかし、打上げには参加しない人もいる。人様々である。

自由が丘・磯丸水産入店
自由が丘・磯丸水産・入店

あちこちの席で乾杯が始まる
乾杯

ルーチンの日本酒1合
日本酒1合

最近はこの後、疑い深い仲間のためにノンアルコールビールを注文する
ノンアルコールビール

おつまみ
焼き魚

つまみ2

つまみ3


川崎駅前 養老乃瀧で打上げ

JR川崎駅前 養老乃瀧で打上げ

入店
養老乃瀧・入店

羽田空港近くの羽田弁財天社などあまり足を運ばない処の散策も終わり、参加者の有志で、打上げをした。JR川崎駅前の居酒屋・養老乃瀧である。大変懐かしい名前だ。この頃御縁がないが、昔はもう少し立ち寄ったような記憶がある。新しいチェーン店に押されているのだろうか。

ルーチンの日本酒1合
日本酒一合

レモンサワー
レモンサワー

つまみ
つまみ1

つまみ2

つまみ3


〆

ニュー浅草で 打上げ

墨堤周辺のガイド研修が終わって、
   ニュー浅草で 打上げ

入店
ニュー浅草

この日は土曜。浅草は混んでいる。が、何時でも何とか座れる店がある。ニュー浅草。キャパが大きいから。又この日も安く上げてくれる会計がいて、一人2千円也。この頃、日本酒一合・レモンサワー・「この商品はビールではありません」というノンアルコールを飲むことにしている。

ルーチンの日本酒一合/
この頃やっと日本酒一合で止めているんだ、と認知されるようになった
日本酒一合

レモンサワー/
日本酒徳利が上げ底だったり小さいと認められる場合にアルコール補充用
レモンサワー

ノンアルコールビール/ 『この商品はビールではありません』
   最近、他人のことには厳しい人に対処するためにアルコールを含まない飲み物を注文するようになった。
ノンアルコールビール

おつまみ
おつまみ1

おつまみ2

おつまみ3


市川最終下見の反省会

市川国府台 最終(第3回)下見の反省会

店頭にて
店頭

最終下見で里見公園は何とか目をつむっても案内できそうになった。方向音痴の私にとって何度か下見をしないと心配になる。通常この後、独り下見をしているが、今回は省略しても良さそうな気がする。ガイドリーダー等はなかなか面白い資料を探し出してくる。大したものだ。

ルーチンの日本酒一合
日本酒一合

サワー
サワー

隣と乾杯
隣と乾杯

まだ検討中の人有り
検討中

つまみから
つまみ1

つまみ2

つまみ3

つまみ4

市川国府台下見・反省会2

市川国府台の第2回下見・反省会2

入店
はなの舞・入店

2回目の反省会は会場を変えて市川駅前の「はなの舞」である。反省会のテーマは変更ルートの吟味。短縮ルートで本番を行うこととし、最終下見で結論を出すことになった。最終直線部で補足ネタを準備しておくこととした。各自得意分野の水鳥・百景・古写真等を用意するようだ。

相変わらずルーチンの日本酒一合
日本酒一合

サワー
サワー

サラダの小分け
サラダ・小分けシーン

つまみ
つまみ

つまみ2

つまみ3

つまみ4

市川国府台の下見時 反省会1

市川国府台の第1回下見時の反省会

乾杯
乾杯

第一回下見後JR市川駅前で反省会をした。打上げ会の会場として和民を下見した。反省会のテーマの方はもっぱらコースの短縮についてであった。揉めずに国分寺国分尼寺・鏡石をカットし江戸川を遡ることになる。国分寺エリアは魅力的だがコースが長くなり過ぎるためである。

ルーチンの日本酒一合
ルーチンの日本酒1合

つまみ例
つまみ例1

つまみ例2

店頭
反省会会場和民・店頭

茅場町・魚民で打上げ

茅場町・魚民で打上げ

飲み会風景
飲み会風景

茅場町のガイド研修終了後、例により居酒屋で打上げ会があった。私はこのために参加しているところがある。酒量は女房によって「酒と女は一合(一号)まで」と規制されている。が、人と会うのは楽しい。博識な人が多いので、おおいに刺激になるからであろう。シニアの比率も高いが気の若い人が多いのが良い。

乾杯
乾杯

日本酒とお通し
日本酒とお通し

レモンサワー
レモンサワー

おつまみ1
おつまみ1

おつまみ2
おつまみ2

魚民入店
魚民入店

高田馬場で 同窓の新年会

高田馬場・土風炉で 同窓の新年会

乾杯
乾杯

この頃、高田馬場土風炉で開かれる正月の同窓・新年会に参加している。皆それなりに耳が遠くなるなど老いは進んでいる。しかし概ね元気で、よく食いよく飲む。ところで、学生時代お茶研にいた。炉の手前より、風炉の手前の方が好きだった。がその風炉に唐銅製、鉄製、土製、木製等があることは知らなかった。

cf.風炉について
風炉について

cf.三種類の風炉/良さげな風炉と釜
 妻が嫁入りのときに持ってきた釜と風炉は、ある転勤・引っ越しの時に捨てられてしまった。
 爾来風炉でお茶をたてたことはない。
風炉の種類(土製・唐銅製・鉄製)

私のルーチン/今宵も日本酒
日本酒

サワー
サワー

おつまみ
鍋

おつまみ1

おつまみ2

おつまみ3

おつまみ4

おつまみ5
空になって廻って来た皿
空になって廻って来た皿

いつもの部屋/中二階
中二階・指定席

ビルは稲門ビル
稲門ビル

土風炉の店頭
店頭

津田沼月の宴で 孫たちと新年会

なんと、津田沼‘月の宴’で 孫たちと新年会

いくら子供に酒類を頼まないにしても、居酒屋に未成年者を連れて行くのは、私には抵抗がある。
しかし、店には店の、子供用ドリンクメニューがあり、別に断らなかった。私には不可解だ。
月の宴・家族新年会会場

娘たちの家族との新年会は、下の娘の一番下の男の子が、皆と年が離れており、かつ、落ち着きがなく凶暴につき、いつも場所の選定に苦労する。なんと、津田沼の通常居酒屋で受け入れてくれるというので女房達が予約を入れていた。案の定、独りゲームに打ち興じている。いつまともなパーティになることやら。

※ 参加者全員O型というユニークな集団だ。
   好き勝手にオーダーし、それなりにまとまっている不思議な集まりでもある。

勝手に私の飲み物と食べたものを羅列する。/何といつものシニア仲間と飲むのと変わらない。
飲み物
/日本酒
日本酒
/サワー
サワー

おつまみ
つまみ1

つまみ2

つまみ3

つまみ4

つまみ5

つまみ6

つまみ7

つまみ8

つまみ9

つまみ10

つまみ11

お茶漬け
お茶漬け

※ 中華料理店A中華料理屋B中華料理屋C日本料理店など、これまでの店に比べてずいぶん安くついたようだ。お年玉は、妻の母親が死んだこともあり、いつもより過分にふるまっていた。全体のバランスを取るつもりだろうか。

名所図役員会 忘年会と二次会

名所図役員会 忘年会と二次会

シビックセンターの会議室で今年最後のグループ役員会を終え、河岸を変えた。御徒町では、吉池でグループ総会の新年会下見を兼ねて、忘年会を行った。場所柄か吉池は割高な感じがした。ついては二次会をということで、アドリブで御徒町を歩く。上野市場という格安の居酒屋に上がり無事二次会を終了した。

◆ 吉池で忘年会

新年会のリハーサルを兼ねてビールで乾杯
図G忘年会(吉池)乾杯

吉池の料理
吉池・料理1

吉池・料理2

吉池外観
吉池店頭

◆ 上野市場で二次会

サワーで乾杯
上野市場・サワー

つまみから
つまみ1

つまみ2

つまみ3

上野市場・店頭
上野市場・店頭
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満74歳になりました。予定寿命まで後6年です。ただいま粛々と終活中です。お墓の生前申し込みを完了しました。
当面76歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
※2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR