CAFEdeCRIEでサンド

CAFEdeCRIEで トーストサンド

サーモンのクリーミーレモンソース・トーストサンド
サーモンのクリーミーレモンソース・トーストサンド

東京シティガイドクラブの総会があるので墨田区役所のビルへ出かけた。正午開始なので11時台には到着した。小腹がすいていたので近くで軽食をとることにした。コンビニの近くにカフェがあったので入った。注文してから食べ物が出てきたのは20分後であった。ハラハラである。

飲み物をもらってから20分待ち
飲み物をもらってから20分待ち

看板のメニュー/これなら早かろうと思ったのが間違い。
看板のメニュー

店頭
店頭

押上ホワイトロータス パスタ

ワインカフェ ホワイトロータス(押上)で パスタを食べた

鶏肉と玉ネギ・春キャベツのスパゲティー
鶏肉と玉ネギ・春キャベツのスパゲティー

墨堤を散策する前に、蔵前や浅草の手前の押上駅で降りた。ホワイトロータスというイタ飯屋さんである。この日はたまたま仕入れが遅れたとかで、定時の11時半になっても扉は開いていなかった。スカイツリーまで戻っても時間的に同じだろうと待った。開店と同時にパスタを注文。

パスタ内訳/サラダ・ゴマロールパン・紅茶付き @950円(税込)
スパゲッティ内訳

ランチメニュー(看板)
ランチメニュー(看板)

室内
室内

室内・入口方面
室内・入口方面

店頭(開店準備中)
開店準備中

店頭(開店前)
開店前

両国江戸蕎麦ほそ川で 蕎麦

両国 「江戸蕎麦 ほそ川」で せいろ

せ い ろ   @1,080円/枚
せいろ

北斎美術館見学など、両国ガイド研修に参加した日、腹ごしらえに評判のそば屋に行ってみた。開店時間前というのに、既に私の前に10人ほどの客がいた。終わって店の外を見ると、さらに行列は伸びていた。追加注文すると時間がかかるということなので、最初からせいろ二枚を注文した。素朴な蕎麦であった。

せいろ二枚目
せいろ二枚目

蕎麦湯
蕎麦湯

メニュー
メニュー

ほそ川店頭
ほそ川店頭

行列
行列

※ 『蕎麦は産地の違う2種類を打っており、おかわり蕎麦をご注文の方には産地の違うそばをお出しするようにしております。※お出しできない場合もありますので予めご了承ください。』とあるが、出せない場合にあたったようだ。
※※ また、私が良く比較する 「辛味大根おろしそば」 は、この日のメニューから消えていた

吾妻橋藪蕎麦・おろしそば

吾妻橋藪蕎麦・おろしそば   @1,100円

おろしそば

浅草など下町をガイド研修のエリアとするグループがある。グループ総会が、過日浅草文化観光センター会議室で行われた。その日は駒形橋の東詰にある吾妻橋藪蕎麦で腹ごしらえした。団子坂の植木屋・三輪伝次郎が始めた藪蕎麦御三家は行ったが、聞いたことのない吾妻橋藪蕎麦に興味が引かれたのだ。

タレは直接掛け
タレは直接掛け

おしな書き
おしな書き

蕎麦湯
蕎麦湯

若い人も多い。地元の人も多いようで、昼からそばをあてに酒を飲む人が多く、列の長さでは入店までの時間が予測できないという難点がある。この日は日差しの強い日で、外で立っているのはきつかった。昼酒は、神田藪蕎麦の方がキャパが大きく待っている人の負担は少ない。また酒を飲むのは神田に限る

吾妻橋やぶそば 墨田区吾妻橋1-11-2
吾妻橋藪蕎麦・店頭

モンブラン吾妻橋店で ランチ

鉄板焼きハンバーグの美味しい店で、牡蠣料理を注文した。客は皆ハンバーグを注文している。ハンバーグは、オランダ風・ロシア風・フランス風など6種類のソースから選べる。私は後ろ髪をひかれながらも、カキフライランチを食べた。7個のフライが入っていたので別に不満ではないが。少し融通が利かないか?

ハンバーグの店
  モンブラン吾妻橋店で ランチ   墨田区 吾妻橋 2-2-5-1F

◆ カキフライランチ

カキフライランチ
カキフライランチ内訳/ @1,050円 カキフライ・ご飯・みそ汁・香の物
カキフライランチ・内訳

ランチメニュー
メニュー

店内
店内

ショーウィンドー
ショーウィンドー

モンブラン吾妻橋店 
モンブラン吾妻橋店・店頭

うどん本陣山田家 ざるぶっかけ

「鬼平犯科帳の舞台を歩く」ツアーで、押上から錦糸町まで歩いた。
まずは押上駅近くで、腹ごしらえをした。
久し振りのソラマチを歩き、6階のうどん屋に入った。

店頭・行列

うどん本陣山田家 ざるぶっかけ   東京ソラマチ店

◆ ざるぶっかけ   @860円

ざるぶっかけ

内訳/うどん、濃い目のつゆ、天かす、薬味(この日は、すだち・生姜・葱・大根おろし)
ざるぶっかけ内訳

メニュー
メニュー

室内
室内

曳舟 山小屋で、カレーうどんを

曳舟 山小屋で、カレーうどんを

あるガイド研修グループの下見キックオフで、京成曳舟駅に降りた。
通りに出ると、カレー専門店があったので入る。
珍しいことに、そこには、蕎麦屋やうどん屋のメニューで見る「カレーうどん」という名の饂飩があった。

山小屋   墨田区東向島2-31-10

◆ カレー屋の、カレーうどん

カレー屋の、カレーうどん

※ やはり蕎麦屋やうどん屋のカレーうどんとは違う。
   カレー(ライス)屋のカレーうどんだ。
   それはカレーうどんを食べ終わり、残ったスープにご飯を入れて食べたときに強く感じた。

カレーうどんを、食べる/まずはカレーうどんとして、次にカレーライスとして
カレーうどん、食べる

メニュー
メニュー

室内(カウンター)
室内(カウンター)

山小屋・店頭
山小屋・店頭

東向島 トムトムで、ランチを

過日、木母寺界隈をガイド研修した。
研修に先立って、スタート地点の東向島駅界隈で、腹ごしらえをした。
この界隈は、永井荷風が、墨東奇譚に記した私娼街・玉の井のあった場所である。

バール・トラットリア Tomtom
  トムトム  東向島店 墨田区東向島5-3-7 イルヒューメグランデ2F 

◆ Aランチ     @950円
   牛すじ肉ごぼう・キャベツトマトソース スパゲティ


サラダ
サラダ
スープ
スープ
スパゲティ
スパゲティ

麺
ハーブティー
ハーブティー

水
メニュー
メニュー
店内・カウンターから
店内
一階入り口の看板
看板
トムトム・一階入口/トムトムは、パン屋の二階にある
トムトム・一階入口

両国 楽蜀坊で、ランチを

過日、両国から森下まで、ガイド研修で歩いた。
いつものように、その前に両国で腹ごしらえをした。
両国と言えば、ちゃんこということになるが、この日は中華。

四川料理
楽蜀坊   墨田区両国2丁目16−5

◆ 豚角煮土鍋かけご飯   @880円

豚角煮土鍋かけご飯

メニュー
メニュー

店内
店内

楽蜀坊・店頭
両国・楽蜀坊・店頭



両国 はせ川で、ランチ

ある研修グループの下見会で、両国・本所を歩く。
集合の時間までに、横綱横丁で腹ごしらえをした。
若い相撲取りの姿が街のあちこちで見られた。この日は、琴欧洲の斬髪式の日らしい。

とんかつ はせ川 横綱横丁本店   墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル 103

◆ ひれかつ定食  @1,000円

ひれかつ定食

極上ロースかつ @2,800円也は、魅力的だが、今回はパス。
なぜならば、歳。脂身は旨いが、コレストロールが気になる。
そして、年金生活5年目になり、だんだん生活がつつましくなってきたからでもある。

しかし、合席はつらい。
前の席で、背広姿の中年男性が美味しそうに超厚手のロースかつを食べていた。
まずは、ワサビと塩・・・。あっそー。こっちは、甘口・辛口ソースと醤油で食べた。

ひれかつ アップ
ひれかつ
店内
店内
店先のメニュー
店先のメニュー
店頭
はせ川店頭
相撲取りが闊歩する横綱横丁
横綱横丁

両国 桜茶寮で、ランチ

江戸東京博物館で、ランチした。
特別展『花開く江戸の園芸』を鑑賞する前に、腹ごしらえをした。
江戸東京博物館のレストランを覗いてみた。

桜茶寮  墨田区横網1-4-1 東京都江戸東京博物館7F

お弁当 大江戸

お弁当・大江戸
お弁当・大江戸
お弁当内訳
弁当・内訳
弁当・メニュー
弁当・メニュー
カウンター席&窓からの景色
左に両国国技館、右(赤いレンガ色のビル)が旧蔵前国技館跡
カウンター席&窓からの景色
桜茶寮入り口
桜茶寮入り口
江戸東京博物館内の、レストランなど案内板
江戸東京博物館内の、レストランなど案内板

両国・蕎肆 穂乃香で、ランチ

両国(相撲・北斎)散歩の折の腹ごしらえは、

両国・ 蕎肆(きょうし) 穂乃香(ほのか)で、
                  墨田区緑1-25-7

『隅田川、相撲の両国に石臼挽き手打ちそば鴨料理、旬の食材の料理を楽しめる空間を作りました。』
(「穂乃香」より)

◆ 鴨南蛮

鴨南蛮
鴨南蛮
アップ
アップ

鴨南蛮の鴨は、『蔵王竹水鴨使用』とか。

ここで蔵王深山竹炭水鴨とは、こちら
引用すると、『蔵王鴨は飼料には発酵菌をくわえたものを与え、水はミネラル豊富な竹炭水を使用しています。時間をかけて育てた鴨は肉質が柔らかく臭みもありません。
新そばのこの時期 鴨汁せいろ、鴨南蛮もおすすめです。』

アップ/上から
鴨肉・つくねと、南蛮(葱)。
アップ上から
麺を掘りあげてみた
麺を掘り上げた
メニュー
メニュー
カウンターと石臼挽き機
この日の蕎麦は、北海道摩周産「キタワセ
カウンターとそば挽き機
竹林をイメージした室内
室内
店頭
店頭

リバーピア吾妻橋・HARMONICで、ランチを

東京スカイツリーに登る日、近くを散策する前に、吾妻橋近くでランチした。
結果的には、も昼も、アサヒビールの系列で食事することになった。

アサヒビールアネックスビル3F
    HARMONIC 墨田区吾妻橋1-23-36

『ビールを中心とした飲み物と、それに合わせた相性豊かな料理達!!
そんな個性豊かなメニュー達が合わさると一つのお客様にしかない“ハーモニー”が生まれるはず!!
是非とも当店でお客様ならではの“ハーモニー”を味わっていただければと思います♪』
(「レストラン ハーモニック」より)

◆ ハーモニックランチ @1,280円

ハーモニックランチ・前菜
ハーモニックランチ・前菜
パン
パン
本日の肉料理/ポークロースト
本日の肉料理
デザート
デザート
紅茶
紅茶
店内
ビールプラントの炉
のようなものがある。ここでも作っているのだろうか。
HARMONIC店内
店頭メニュー
店頭メニュー
リバーピア吾妻橋・店舗案内板
3Fが、ハーモニック
リバーピア吾妻橋・店舗案内板
リバーピア吾妻橋
リバーピア吾妻橋

ソラマチ タベテラスで、讃岐うどんを

東京スカイツリーから向島方面へ散歩に出かけた日、ソラマチで軽く腹ごしらえした。

ウェストヤード3F ソラマチ タベテラス

本場香川 宮武讃岐うどん

値段も手頃ですぐに食べられる「宮武讃岐うどん」をいただくことにしました。・・・
香川県の宮武讃岐製麺所から直送される“うどん生地”は、のどごしが良くコシがあり、毎日食べても飽きがこないこだわりの逸品!』
(「東京スカイツリー「ソラマチタベテラス」で本場香川の讃岐うどんを!:つれづれ道草日記」より)

◆ とろろ うどん  @470円


宮武讃岐うどん・店頭
注文所
とろろ うどん
とろろうどん
上から
上から
麺を掘り出してみた
これが、宮武讃岐製麺所から直送される“うどん生地”から、できた麺か
麺を掘り出すと
ソラマチ タベテラス/各店舗共通の座席
例えば、本八幡のニッケコルトンプラザなどと同じような雰囲気のスペースである。
食する空間・ソラマチタベテラス

両国・巴潟で、ランチにちゃんこを

ちゃんこ鍋の ちゃんこ 巴潟  両国店 墨田区両国2-17-6

ちゃんことは、
鍋物が力士の日常の食事になったのは明治の末、十九代横綱常陸山の功績によるところが大きい。経済的で大人数でも大丈夫、そのうえ調理も片付けも簡単。常陸山が率いる出羽海部屋が最初に日常の食事とし、それから各部屋の食事にちゃんこ鍋が普及した。

土俵にしみた汗と涙が、旨さの決め手。 ちゃんこ鍋は、同じ釜の飯を共にする連帯感を育み、また栄養のバランスのとれた理想の食事といわれており、相撲文化が生み出した食の知恵です。』
(「巴潟のちゃんこ鍋|ちゃんこ鍋の「ちゃんこ巴潟」両国店」より)

『ちゃんこの語源 其の壱
中国語からきてるといわれる、長崎方言で言う支那鍋。チャンは支那、鍋は中国語でコの音がある。』(同上)


◆ 日替わりちゃんこ

※ ちゃんこは、暑い夏でもあっさりと食べられる。
多少睡眠不足で不調気味であったが、美味しくいただけた。
夜のちゃんこは、出汁が本格的にとってあり、比較にならないくらい美味しいと、帰り際に1階受付の女性が言っていた。機会があれば食べてみたい。


日替わりちゃんこ/本日は、鳥つみれちゃんこ
日替わりちゃんこ
ちゃんこ鍋
ちゃんこ
鶏の、つみれとかしわ
つみれとかしわ
その他のおかず
添え
デザート
デザート
メニュー
メニュー
四大ちゃんこ
の説明
四大ちゃんこの説明
室内
室内
室内
室内
巴潟・店頭
巴潟
【参考】ちゃんこ霧島
cf.霧島

サイゴンマジェスティクのランチセット

錦糸町に所用で出かけた折り、昼食をとった。

本場ベトナム料理店
サイゴンマジェスティク
 Restaurant Saigon Majestic  墨田区錦糸3-3-9イースト錦糸町ビル4F

Dランチセット

フォー、チャーハン、生春巻き、デザート
Dランチセット

フォー
フォー

チャーハン、生春巻き
バッチャン
などのベトナム陶器を輸入して使っているそうだ。
バッチャン焼き
は、かつて安南焼きと呼ばれ、日本の茶人に愛されたのは良く知られていることである。
チャーハン、生春巻き

ランチ・メニュー
ランチ・メニュー

室内の刺繍画
ベトナム中部・フエあたりの景色と店の人が言う。
また、ホイアン湾は、沈没船から大量の安南焼が引き揚げられている。
室内の刺繍画

4F入口
4F入口

道路向かいから見たビル
焼肉・三千里と日高屋の間のビル
道路向かいから見たビル

☆ この店の中は、きれいだ。若い女性客が8割。
フォーは、透き通ってとてもきれいな太麺であった。
また小柄だが、きれいで親切なベトナムの女性がいた。

まこと寿司のカキフライ

錦糸町に一日仕事の所用で出かけた折、応援に駆けつけた上司から昼食をご馳走になった。

まこと寿司 錦糸町店

『江戸前にこだわった粋な店。1階は、18名座れる
まこと寿司自慢のひの木カウンターとテーブル席。』(「ぐるなび-まこと寿司 錦糸町店」より)


寿司屋のカキフライ定食
カキフライ定食

まこと寿司
まこと寿司

☆ とんかつ屋のカキフライでなく、天ぷら屋のカキフライ?の感じ。
噛むとしゃきっと音のするやつ。寿司屋でカキフライを食べたのは初めてである。旨い。さすが寿司屋、ネタがいいのか。気位の高い銀座の天麩羅屋より腕も良さそうだ。

太陽のトマト麺

所用で錦糸町に一日出かけた。
昼休みに昼食をとりに外出した。


太陽のトマト麺 錦糸町本店 墨田区江東橋1-11-8

ここで、完熟有機トマト ‘太陽のラーメン’と‘らあリゾ’を食べた。ロハスな取り組みをしているそうな。 

『イタリア産完熟有機トマトを3個も使って作ったスープにはリコピンがたっぷり含まれています。美容や健康が気になる方におすすめです』(「おしながき-太陽の恵み味 太陽のトマト麺」より)

リコピンは、抗酸化作用があると最近注目されている。

らあリゾとは、
『太陽系ラーメンを食べ終わった方。専用のスペシャルな「ごはん」のことです。残ったスープをお茶漬けのように“ごはん”の上にたっぷり掛けて薬味を入れてお召し上がり下さい。まるでリゾット風?』(同上)
へたなリゾットよりおいしかった。

ラーメン
太陽のトマト麺 錦糸町本店
錦糸町のラーメン屋

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR