稲毛、とり鉄で一杯

今月初、JR稲毛駅前の焼き鳥屋で、一杯。
これで稲毛駅近の飲み屋さんの主だった所(チェーン店が多い)は回ったようだ。次回からまた駅裏の忠助などに戻ろうか?

とり鉄 稲毛店
           千葉市稲毛区小仲台2-5-3稲栄ビル B1F

『このお店をオススメする、3つのポイント
   ・串焼き半額!  (11/23~12/8までの限定企画)
   ・仕切られた個室空間
   ・焼酎・日本酒取り揃え!』
(「とり鉄 稲毛店/クーポンのホットペッパー」より)

私の考えるこの店の特徴は、比内鶏と会津地鶏と烏骨鶏を食べ比べることができることである。但し烏骨鶏は、つくねに混ぜられたものか卵しかないが。


日本酒(高砂、阿櫻)
・高砂
   富士高砂酒造 静岡県富士宮市宝町9-25
・阿櫻
   阿桜酒造    秋田県横手市大沢字西野67-2
日本酒(高砂、阿櫻)
日本酒メニュー
日本酒メニュー
お通し
お通し
鶏そぼろ味噌きゅうり
鶏そぼろ味噌きゅうり
すぐ出ます・メニュー
すぐ出ます・メニュー

地鶏セット

比内地鶏炙りたたき 岩塩盛り
『比内地鶏の炙りを岩塩にこすって食す逸品。程よい塩加減でさっぱり絶品です!!』(Hotpepperより)
比内地鶏の炙りたたき 岩塩盛り
会津地鶏鉄板焼き ねり七味添え
『旨味とコクが凝縮された「希少種」会津地鶏。「食べる生七味」をお好みで』(Hotpepperより)
会津地鶏の鉄板焼き ねり七味添え
メニュー・地鶏セット
メニュー・地鶏セット
炙りたたきと鉄板焼きの個別メニュー
メニュー合作
烏骨鶏
たまごかけご飯・アップ
烏骨鶏たまごかけご飯・アップ
たまごかけご飯セットとメニュー
たまごかけご飯
カウンターから見た厨房
厨房
地下への階段
階段
入り口のメニュー
入り口のメニュー
とり鉄一階入り口の外観
とり鉄1F入り口
【参考】

隣の焼き鳥屋
の入り口とメニュー
競争会社の入り口とメニュー

稲毛、魚鮮水産さかなや道場で一杯

今回も、JR稲毛駅前で一杯のシリーズ。

魚鮮水産さかなや道場
            千葉市稲毛区小仲台2-4-11 川島東ビル2F

『このお店をオススメする、3つのポイント
   ・個室&BOX席掘り炬燵
   ・生簀からぷりっぷり鮮魚!
   ・漁港から直送!』
(「さかなや道場 稲毛駅前店/クーポンのホットペッパー」より)

そのほかに、この店の特徴の一つは、お一人様からの鍋に力を入れていること、か。


日本酒は、
日本刀(かたな) 純米吟醸
   花の舞酒造 静岡県浜松市浜北区宮口632
雪の松島 超辛口 本醸造
   大和蔵(たいわくら)酒造  宮城県黒川郡大和町松坂平8-1 

お通しと酒
お通しと酒
日本酒メニュー
日本酒メニュー
はたはたしょっつる鍋
はたはたしょっつる鍋
しょっつる鍋
しょっつる鍋
東北鍋メニュー
東北鍋
朝獲れ五種
・ワカシ、汐子、サワラ、花鯛、スルメイカ
※ここで、ワカシはブリの子。
 汐子は、カンパチの子。
朝獲れ五種
刺身メニュー
刺身メニュー
生簀
生簀
生簀から
水槽から
しじみ汁
しじみ汁
内装等
看板類
魚鮮水産さかな道場・外観
魚鮮水産さかな道場・外観

稲毛・鮮炉端酒房 うんめいや

過日、またJR稲毛駅前を逍遥した。

鮮炉端酒房 うんめいや
                千葉市稲毛区小仲台2-6-2 ダイショクビル2F

『こだわり挙げたらキリがない!! 『百聞は一食に…』一度、食べてってよ!!
うんめえ」言わせちゃいますから♪』
(「うんめいや/クーポンのホットペッパー」より)

千葉の3大漁港「館山船形漁港」直送 ∴ 新鮮がうり。
そして炭火焼ということで、焼きに自信がある、ようだ。



山田錦 純米酒・五凛
車多酒造
:石川県白山市坊丸町60番地1
日本酒・五凛
つき出し?
サラダ?
地魚の刺し盛
地魚の刺し盛
なす揚げ
なす揚げ
口万(ろまん)
花泉酒造
:福島県南会津郡南会津町界字中田440-4
日本酒・口万
地金目鯛の浜焼き
地金目鯛の浜焼き
日本酒メニュー
日本酒メニュー
刺身&逸品・メニュー
刺身ほか・メニュー
焼き・メニュー
焼き・メニュー
カウンター越しの厨房
カウンター越しの厨房
階段を登る
階段を登る
うんめいや・外観
うんめいや・外観

私の隠れ家

今日は職免の日(強制的に休暇をとらされる日。セカンドライフのこの職場は一年240日勤務、それを超える就業はダメ。勿論残業もしてはならない。)。そして今日は女房がいない日

陶芸仲間、今はキャンピングカーで気まぐれな旅をしている、同じ年の悠々自適のSさんを呼び出して、都心から程遠い某所で飲んだ。
本当にリーズナブルで美味しい店はほとんどの人に紹介していない。ごく少数の人にその都度声を掛けている。ここ40年来つきあってきたそういう店は多くはないが、それらの店は例外なく景気の動向に係らず流行っているのが共通項だ。
少し早く到着したので亭主の話をしばらく聞いていたが、会社関係の飲み会は激減しているそうだ。決して景気はよくない、つまり会社がいかに儲かろうと社員への還元は少ないと。個人客は逆に多く予約で満杯状態だった。後から来る予約無の来客は次々と断られていた。予感がしたので予約したが、正解だった。

あまり信じてくれないから説明したくないが、あえて紹介すると、
今日食べたものは、
・刺身  カワハギ、関サバ、シマアジ
・焼き  柳蒸しカレイ、ハマグリ
・酢の物 白子ポン酢
・酒   ひれ酒他
・飯   バッテラ寿司(大阪流バッテラと山陰風サバ寿司の中間) 
値段はすこぶるリーズナブル
京料理は当然のこと、庄内でもこれだけの店は無い。ここは私の隠れ家。

◆ 写真は、柳蒸しカレイの焼きもの
私がこの店に通う最大の点は、小魚の焼きにある。
15分から20分掛かるが、遠火の強火で本当にうまい焼き魚が出来るのだ。
まず都心ではない。
料理の一部

プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR