日本橋・墨之栄でランチ

日本橋・コレド室町1 墨之江でランチ

土日祝日ランチ
  限定・原始焼刺身御膳 @1,480円
限定・原始焼刺身御膳@1,480円

過日、日本橋の定番コースをガイド研修した。その前に集合場所近くで腹ごしらえした。その時はコレド室町1の二階にある墨之栄でランチ。金沢の「天狗舞」とのコラボなので夕方日本酒を飲みながらの方があってる店舗でもある。強火の遠火で焼くのを「原始焼き」と呼んでいる。

鮭ハラス原始焼き
鮭ハラス原始焼き

+お造り三点
お造り三点

メニュー
メニュー

店内
店内

店頭
墨之栄・店頭

コレド室町1 菜なでランチ

コレド室町1「菜な」で、キンキの煮付け御膳 @1,480円

キンキの煮付け御膳@1,480円

三越日本橋本店のガイド研修が終わると、ちょうどお昼となった。研修メンバーと重文指定の特別食堂へ行ってみたが、料理の値段が高くてやめた。重文の箇所だけは遠くから拝見させてもらった。メンバーそれぞれ分かれて買い物やランチに向かった。私はコレド室町1でランチ。

※ KITTE5階の菜なは、以前同窓会をしたことがある。
※※三越日本橋本店・特別食堂
   『フランスの室内装飾家ルネ・プルーによるアールデコで飾られる。
    緑色大理石の丸柱や柱頭部の持送り、壁面のグリルなど当時の潮流を示している。』

メニュー
メニュー

菜な・店頭
菜な・店頭

cf.三越・特別食堂ショーウィンドー
特別食堂・ショーウィンドー

日本橋紅葉川 辛味おろしそば

日本橋紅葉川 辛味おろしそば

 日本橋文化財巡りのガイド研修本番当日は、早めに日本橋に出てしっかり昼食を摂った。と言っても、最近は麺類が多い。この日は集合場所に近い蕎麦屋。蕎麦と言っても、ひと頃の鴨南蛮シリーズに飽きたので、最近はもっぱら辛味大根おろしのシリーズで通している。辛味は店によって大きな違いがあるようだ。

辛味おろしそば
辛味おろしそば

辛味おろし蕎麦・内訳 @920円
辛味おろしそば・内訳

メニュー
メニュー

紅葉川 中央区日本橋室町1-2-4 三越SDビル 1F
紅葉川・店頭

コレド室町 墨之栄で、ランチを

三越本店屋上の蘭万園前で、東洋蘭・古典植物植替え実演を見学した日、コレド室町でランチした。
時々一人で一杯やる、コレド室町1の二階にある店だ。車多酒造の天狗舞とコラボしているらしい。
サバ味噌煮御膳を注文したらその日は無い、と。銀鱈を頼んだら、西京焼きはなく、幽庵焼きだ、と。

日本橋 墨之栄   中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町2F

※ 夕方にお酒を一杯飲もうと思うと、予約なしでは一時間待ちをさせられた経験がある。
   この日のランチは、すぐに席に案内され、待ち時間はなかった。
   それにつけても、銀鱈は高くなったものだ。

◆ 銀鱈幽庵焼き   @1,380円

銀鱈幽庵焼き@1,380円

銀鱈幽庵焼き・内訳
銀鱈幽庵焼き・内訳

メニュー
メニュー

墨之栄・店頭
墨之栄・店頭

コレド室町2で、ランチを

女房とその友達三人と一緒に、日本橋・室町でランチした。
コレド室町2の二階にある、メキシカンのレストランである。
女房の友達の一人が、メキシコに赴任したことがあるから、入ってみた。

エルボラーチョ 日本橋

◆ メキシカンチキンランチ  @1,000円

チキンランチ
メキシカンチキンランチ

スープとサラダ
サラダ、スープ

メニューとメキシコのグラス
メニューとメキシコのグラス

【参考】 女房の食べたタコスランチ
タコスランチ

エルボラーチョ日本橋・店頭
エルボラーチョ日本橋

たいめいけん らーめんコーナーで、ランチを

日本橋から人形町のガイド研修があった。
ここは定番に近いコースで、これで何度か目である。
例によって、散策前に腹ごしらえをした。

たいめいけん らーめんコーナー   中央区日本橋1-12-10

◆ ラーメンとボルシチ

過日食べた、たいめいけんのハヤシライスは、昔懐かしい独特の味がした。
たいめいけん らーめんコーナーの塩ラーメンも、どこか懐かしい味である。
いわゆる老舗支那そば屋の支那そばのようなところがある。

ラーメン  @ 750円
ラーメン@750

ラーメン つゆと麺
ラーメン(汁&麺)

ボルシチ  @ 50円
ボルシチ@50

たいめいけん らーめんコーナー
たいめいけん・麺コーナー

たいめいけん/1階の行列はいつもくらい。
          一階の行列がこれくらいの時は、二階はそれほど待たずに席に着ける。
たいめいけん

コレド室町 中國名菜 孫で、ランチを

名残りの桜を見た後、日本橋へ出て、三人でランチした。

中國名菜 孫

『中国史上最年少(25歳)で中国料理の最高位・特級厨師を与えられた、テレビでもおなじみの孫成順のお店。宮廷料理の流れを汲む、北京を中心とした郷土の料理をベースに、伝統の中国料理を引き継ぎつつ、旬の素材を活かした繊細かつ大胆な味が日本橋で楽しめます。』
(「コレド室町のショップ&レストラン|MIMO(ミモ)|三井不動産」より)


「中國名菜 孫」の店頭
店頭
室内a
室内a
室内b
室内b

限定サービスランチ

◆ 麻婆豆腐(孫さんの麻婆大辛豆腐)
                                  @1,250円

  小魚の辛味山椒風味
  春キャベツと春雨のサラダ
  蟹肉入りコーンスープ


大変辛い。しかし、山椒の効いたこの辛味は癖になりそうな辛味だ。
美味しい。

サービスランチ 麻婆豆腐(孫さんの麻婆大辛豆腐)
サービスランチ 麻婆豆腐
麻婆豆腐・アップ
麻婆豆腐・アップ
スープ・サラダ・小魚
スープ・サラダ・小魚
デザート(ココナッツのババロア)
デザート(ココナッツのババロア)

ちなみに、女房達は、それぞれ
  ・蘭花蝦仁(芝えびとブロッコリーの薄塩炒め)
蘭花蝦仁
  ・鮮貝茄子(ホタテと茄子の甘辛ソース)
鮮貝茄子

中央通のコレド室町側は今建設ラッシュ
コレド室町の隣のビルも建設中であった。
建設中の隣のビル



たいめいけんで、ハヤシライスを

入社同期の45周年記念に、東北支援の旅行を企画するように要請があり、幹事の一人に選ばれたので、今回は、東京駅のびゅうへ調査に行った。
調査後、前回は神楽坂で和食を食べたが、今度は洋食を食べたいという相方の要望があったので、日本橋方面へ足を伸ばした。
1階は既に行列が。2階は少し空いていたので並ぶことにした。

たいめいけん  中央区日本橋1-12−10

『日本橋たいめいけんは昭和6年創業の洋食屋です。
老若男女を問わず誰でも大好きなカレーやオムライスをはじめ、
2Fレストランでは、お客様の「少しずつ沢山の料理を楽しみたい」との一言で実現した洋風小皿料理が大人気です。』
(「創業昭和6年 日本橋たいめいけん」より)


御料理メニュー(2F)


『2階は本格的な洋食レストランとして、手間を惜しまないたいめいけん自慢の御料理の品々をご提供しております。2階の御料理は、デミグラスソースひとつとりましても特別に作り上げておりますので、きっと皆様にご満足頂けるものと存じます。また、いろいろなお料理を少しずつ沢山召し上がって頂ける名物小皿料理も取り揃えてございますので、どうぞごゆっくりお楽しみ下さいませ。』
(「たいめいけん」より)

◆ ハヤシライス @2,400円

茂出木雅章さんのカラメルソースが隠し味というハヤシライスのレシピ

※ いわゆる老舗洋食屋さんの料理は良く分からないところがある。素朴なようで複雑な味だ。銀座 煉瓦亭のハヤシライスとも違う。思うに、デミグラスソースなどが多分に日本的であり、各店の独創だからであろうか。
いっそ超日本的な、神楽坂の京都ぎをん 久露葉亭の神楽はやしの方が、分かりやすいかもしれない。


ハヤシライス
ハヤシライス
ハヤシライスソース?(ハヤシライスからライスを除いたソース部分)
デミグラソース
ランチメニュー
ランチメニュー
テーブルの上と、らっきょう・福神漬
テーブルとテーブル上
2階入り口前、列は短い。
そして、入り口を入った処、テーブル
2階/入り口の前と中&テーブル
たいめいけんビル
一階の客が、行列を作っていた。
さもあらん、ハヤシライスも1階は、@1,880円。
席料の違いか、それともデミグラスソースの違いか?
たいめいけんビル

ニホンバシイチノイチノイチで、銀だらの西京味噌焼き膳を

お江戸日本橋の袂で、ランチした。
番地をそのまま店の名前にした店だ。

ニホンバシイチノイチノイチ

『五街道の起点。江戸の中心として栄えた日本橋。
日本橋一丁目一番一号・・・ 所在番地をそのまま店名にした「ニホンバシ イチノイチノイチ」。
親しみやすく、様々なシーンに利用できる和食レストラン&バー
伝統と文化が息づくこの場所で、食を通しながら日本のならではの魅力をお届します。』
(「ニホンバシ イチノイチノイチ」より)


◆ 銀だら西京味噌焼

※ 銀座同様、日本橋には銀だらの西京焼が似合うかもしれない。

銀だらの西京味噌焼き膳 @1,000円
銀だら、ご飯、サラダ、惣菜、漬物、味噌汁
銀だらの西京味噌焼き膳
銀だら・西京味噌焼き アップ
銀だら・西京味噌焼き アップ
銀だらを割ったところ
銀だらを割ったところ
品書き/お昼の御膳
メニュー
室内とベランダ
室内とベランダ
厨房や入り口との出入り口
厨房や入り口との出入り口
入り口付近
入り口付近
店頭
店頭
看板メニュー
看板メニュー
日本橋からの眺め
日本橋からの眺め

日本橋とよだの月替り御膳

日本橋 割烹 とよだ  中央区日本橋室町1-12-3

『「とよだ」がお江戸日本橋に店を構えたのが幕末文久の頃。
以来今日まで幾多のお客様に育まれてまいりました。
受け継がれてきた技とおもてなしの心に新たな工夫を加え、厳選した旬の味でお迎えしております。』
(「日本橋とよだ 文久3年からうけつがれてきたおもてなしの心」より)

○ 月替り御膳
/今回は皐月御膳
・初がつお
・米茄子味噌焼
・豆御飯
 小鉢付
月のおすすめ、皐月御膳

初がつお

※ 今年もかつおが不漁とか聞く。さすがに老舗では、こういう時でも美味しいかつおを確保している。
初かつお

米茄子味噌焼
米茄子の味噌

ランチメニュー
でも、とても高い。

※ しかし、カウンター席では、リーズナブルなおすすめメニューがある。店頭で確認を。
お勧めメニュー

暖簾をくぐると、江戸情緒が、
若旦那は、無外流居合道の達人?とか。

※ 「剣客商売」の秋山小兵衛・大治郎親子も無外流の達人でしたよね。
江戸趣味

内部の入り口
内部の入り口

店頭
建物

★ 三越日本橋本店を出て中央通りを渡り、鰹節専門店の大和屋のところを入るとそこは室町小路と呼ばれる。この通りや按針通りならびにそれらと交差する路地には昔(25年ほど前)サラリーマンが行列を作ったチャンポンなどの食べ物屋が多かった。しかし、この日は平日の昼食時というのにそのような店はなかった。雨だからか。やはり景気が悪いのか。それとも時代が変わったのか。


むろまち小路
むろまち小路

※ 取材は、5月11日。

平田牧場・日本橋店で、三元豚ヒレかつ膳を

日本橋界隈で昼食をとろうと、あちこち歩いてみた。
八重洲仲通を中心に、昔昼ごはんを食べたあたりは様変わりをしていた。星重など老舗は光が失せて見え、蓬莱という行きつけの中華料理店は別の店に変わっていたのかかつての場所に見当たらなかった。

そこで、COREDO日本橋4階にある、

とんかつと豚肉料理 平田牧場  へ引き返した。

・平田牧場は、その拠点が酒田にある。
そのことは、舞娘茶屋 雛蔵書廊 相馬樓で知った。酒田経済界をひきいる新田嘉一会頭は、平田牧場の経営者であり、「舞娘さん制度」を作り舞娘茶屋を存続させた功労者である。少し懐かしさを感じる。

・そして日頃余り食べないとんかつを食べようと思ったのは、先般食べた‘まい泉'のとんかつと比較するためでもあった。
・また、ヒレかつを注文したのは、かつて御徒町の老舗で絶品のヒレかつを食べた記憶があるから、それと比較したかったから。(蓬莱屋であったろうか?)


三元豚
ヒレかつ膳
三元豚ヒレかつ膳

ヒレかつ・アップ
アップ

胡麻
胡麻

甘辛ソース2種と藻塩
ソースと藻塩

平田牧場のコラーゲン
コラーゲン

ランチメニュー
ランチメニュー

COREDO日本橋4階 店頭
COREDO日本橋4階 店頭

※ まい泉のとんかつと違って、本来的な、オーソドックスなとんかつである。かつ牧場で美味しい豚肉そのもののを生産している強みがある。

榮太樓總本鋪でランチを

過日、榮太樓總本鋪に上生菓子を買いに行ったついでに、ランチタイムとなったので昼食をとった。

榮太樓總本鋪 日本橋本店喫茶室 雪月花

○ 二重御膳
ランチ

アップ
アップ

メニュー
メニュー

☆ なかなかの混み具合であった。OLだけでなく、粋な江戸っ子風の老紳士ないしは老夫婦も多かった。
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR