ブーランジェリークーのパン

 家内が、久し振りに市内の美味しいと評判のパン屋さんで、パンを買ってきた。海老とアボカドのサンドイッチ×2、照焼きバーガー×2、コーンとベーコンのピザ、ダークチェリーのタルト、クリームパン×2と賑やかだ。二人でシェアしたが、老夫婦には多すぎる昼食である。長生きをするには食べ過ぎないこと、だが。

ブーランジェリー・クーBoulangerie Queue北習志野のパン
Boulangerie Queueのパン(サンド・バーガー、ピザ・タルト&パン)

※ 今はやりのブーランジェリーとは、パン屋さんのこと。
ただし、『「職人自らが小麦を選び、粉をこねて、焼いたパンをその場で売るお店」であることが条件。
しかも、フランスでは法律でそう定められている、立派な文化のもとに成り立つ称号。』

納豆の ハッピーターン和え

 どこやらのテレビで、ハッピーターンを使ったレシピが大評判になったとかで、我が家の老妻が早速チャレンジした。大変シンプルで手軽なところが女房の好みにあったようだ。食べてみて悪くない。ひきわり納豆が良く合うと思う。なっとうにあまりなじみのない関西圏育ちの私たち夫婦でも続きそうな予感がする。

納豆の ハッピーターン和え

ひきわり納豆のハッピーターン和え
納豆のハッピーターン和え

ハッピーターン on 天目釉皿
ハッピーターン
ハッピーターン・袋入り/亀田製菓
ハッピーターン・袋入り

おかめ納豆/タカノフーズ:茨城県小美玉市野田1542
         旨味 ひきわり
おかめ納豆・ひきわり

Boulangerie Queueの パン

買い置きの食パンが切れたと思っていたら、妻がカルチャーの帰りに地元のパン屋さんを開拓して色々なパンを買ってきた。あなたの住んでいる処は田舎だね、と言われ続けてきて長いが、船橋の田舎にも菓子屋もパン屋も美味しそうな店はたくさんあるのだ、と言い返したい。そのパン屋さんは新興住宅地にある。

Boulangerie Queueの パン
   ブーランジェリー クー   船橋市坪井東2-14-27

調理/蓮根と枝豆のキッシュ、菓子パン/ダークチェリータルト on 絵志野四方皿
菓子パン・ダークチェリータルト、調理・蓮根と枝豆のキッシュ

Queueのパン/菓子パン・クリームパン、サンド・ハムカツサンド、食パン等
Queueのパン(菓子パン・クリームパン、サンド・ハムカツサンド、食パン等)

茅の舎出汁と 平泉ほろほろ漬

みそ汁と香の物に関する写真を未掲載であった。九州と東北の産物である。
ひとつは、コレド室町で知人が買い求めたついでに私も便乗して買い求めた、福岡の出汁。
もう一つは、私の家を訪ねてきて女房と三味線の稽古を一緒にする女性から頂戴した、岩手の漬物。

茅の舎出汁と 平泉ほろほろ漬

久原本家    福岡県粕屋郡久山町大字猪野1442 
  ◆ 茅の舎の出汁/煮干しだし・茅の舎だし・野菜だし

茅の舎・出汁

茅乃舎 日本橋店 (コレド室町3 1F)  /試飲後、商品を手にしてからの長い行列に、一瞬躊躇した。
茅の舎の賑わい

只勝市兵衛本店     岩手県奥州市江刺区愛宕林234-2
  ◆ 弁慶のほろほろ漬

世界遺産・平泉 岩手の漬物
   弁慶のほろほろ漬け/ほろほろとは、勧進帳で義経・弁慶が流した涙のことだそうだ(蛇足・・・)。
只勝・弁慶のほろほろ漬

ほろほろ漬 on 粉引小皿
ほろほろ漬 on 粉引小皿

頂き物 えびす屋わかさぎ空揚

女房の、趣味が同じ友だちから、信州旅行の土産を頂戴した。
確かに、食べ始めると止まりにくいお菓子で、かつ、酒のつまみにも向く。
‘食べログお取り寄せ’でも人気のようだ。

頂き物 えびす屋わかさぎ空揚

◆ わかさぎ空揚 on 粉引皿

わかさぎ空揚 on 粉引皿

中箱
中箱

えびす屋 袋 & 包装
わかさぎ空揚・えびす屋 袋&包装

あさイチ のりクリームパスタ

11月30日のNHKあさイチ解決ゴハン!で、乾物を使ったレシピが紹介された。
12月2日生クリームを買ってきた女房が早速、ランチにそれもどきを作ってくれた。
聞きそびれたパルメザンチーズ(粉)は入ってなかったが、ゆずこしょう風味のパスタは美味しかった。

あさイチ のりクリームソースパスタ ゆずこしょう風味

のりクリームソースパスタゆずこしょう風味

小振りなイカの沖漬け 頂戴す

今回釣り人の先輩からは、カワハギのほかに小振りなイカを頂戴した。沖漬けにしたものだそうだ。
部分入れ歯にしてからは、烏賊が苦手な私だが、この沖漬けは難儀しなかった。程よい食感を残しつつも、噛み切るのに大きな力を要しなかった。

小振りなイカの沖漬け 頂戴す

ケンサキイカの沖漬け on 粉引皿
小振りなイカの沖漬on粉引皿

沖漬 in 朝鮮唐津沓型小鉢
烏賊の沖漬in朝鮮唐津沓型小鉢

久し振りの カワハギ 肝和え

釣り人である先輩から、久し振りに本カワハギを頂戴した。体調を壊されてからも時々好きな釣りを楽しみに、館山に出掛けているそうだ。釣り専用の別荘には真空パックや薫製の機械など色々取り揃えている。今回加工済みで真空パックにしたモノをくれた。というわけで、簡単にカワハギの肝和えがお相伴できた。

久し振りの カワハギ 肝和え

真空パック詰めの、本カワハギの肝と切り身とアラ on 総織部大皿
カワハギ・刺身&肝on総織部大皿

刺身と肝 on 総織部皿
カワハギon総織部小皿

☆ 本カワハギの肝和えは、濃厚で本当に美味しい。
   料理屋まで足を運ばなくても食せるのは有難いことだ。

寳田恵比寿神社の べったら漬

先月、長女からプチ土産を貰ったのを忘れていた。江戸の頃のメインストリート・日本橋本町通りに寳田恵比寿神社があり、そこのべったら市で、べったら漬けが売られていたそうだ。そのべったら漬けのおすそ分けである。京都の漬物(錦・高倉屋)にもべったら漬けがあるが、どうも関東発祥のものらしい。

寳田恵比寿神社の べったら漬 

べったら漬けと、赤カブの甘酢漬け on 飴釉皿
ベッタラ漬けon飴釉皿

べったら市土産(東京新高屋)のおすそ分け
ベッタラ市土産のおすそ分け

※ 東京新高屋のベッタラ漬けは昭和天皇の料理番・宮内庁大膳課主厨長・秋山徳蔵のお墨付きをもらった「宮内庁御用達」の品だそうだ。(「新高屋ものがたり::株式会社東京にいたか屋・・・」より)

【追伸】  寳田恵比寿神社 2015.11.21 べったら市の後
151121宝田恵比寿

夏の名残に、ソーメンチャンプルー

9月以降、晴れても秋晴れとは言わず、冬晴れという人がいるくらい、涼しくなってきた。
こうなるとそーめんを使った料理も、夏の名残という方がふさわしいかもしれない。
取敢えず、野菜など有合せのものを「混ぜこぜにした」炒め物が昼食に出てきた。

夏の名残に、ソーメンチャンプルー

『混ぜる、という意味らしい。そこから、文化や人間が交流することを指す場合もあるが、一般的にはやはりおかずのちゃんぷるーか。要するに野菜炒めなんですけど・・・。』
 (「チャンプルーとは-沖縄大百科 weblio辞書」より)

ソーメン・チャンプルー


荏胡麻の葉を入れた、餃子完成

荏胡麻の葉を入れた、餃子完成

安原ブルーベリー園からもらった荏胡麻の葉、を使った料理は、キムチ巻きかキムチ漬けにとどまっていた。食べ方がわからないからである。そこで餃子の変わり種に使ってみた。生の葉は、紫蘇の葉よりごわゴワ感があるが、火を通すとそれほどではなくなる。健康に良いとなると、それらはまったく気にならない。

素人料理人(主婦)にしては、旨く仕上がったようだ。こういう時、女房の顔は、どや顔に見える。
えごま入り餃子・完成

えごま入り餃子をひとつ取分けた
えごま入り餃子・取分け

切断してみると、見かけは違和感がない。これまでも色々な種を試しているが、悪い部類ではない。
えごま入り餃子・餡

松茸入り、豚すき焼きと吸い物

岡山産マツタケが届いてすぐ、昼食に食べることになった。夫婦共しばらく外で夕食をとる予定が入っており、香りが亡くなっては台無しということでそうなった。昔に比べて鼻が悪くなったのか、松茸の性質が変わったのか、笠裏のひだの部分は香りはあるが、その他の部位は香りがあっても薄く感じた。

松茸入り、豚すき焼きと吸い物

※ いずれにせよ、我が家にとっては、豪勢な昼食となった。
   ここで美味しい牛肉はすぐ身について体重が増える。何故だろう。
   年中ダイエット中の私にとって肉と言えば、魚のほかは豚か鶏が多い。

松茸入り吸い物
松茸入り吸い物

松茸入り豚すき焼き in 金海州浜型碗
松茸入り豚すき

松茸を使った即製昼食
松茸即製昼食

【追伸】  撮影日:2015.10.7

松茸ごはん  

松茸ご飯 in 各務周海・黄瀬戸茶碗写し
松茸ご飯 in 黄瀬戸茶碗

岡山からマッタケ便が届いた

◆ 松茸 on 絵志野四方皿

マッタケon絵志野皿

岡山は国内有数のマッタケ産地であった。私が赴任した20年前頃、松枯病で絶滅が危惧されていた。
今は回復したのであろうか。そんな中、件の人からぶどうに続いて、香りを載せてマッタケ便が届いた。
久し振りの松茸再会である。素朴にうれしい。外食の予定が続くが、どんな形で食せるのか楽しみである。

岡山からマッタケ便が届いた

送られてきたマッタケ

※ ○○さん、いつもお心遣い有難うございます。

新居で、久し振りの むかごご飯

新居で、久し振りの むかごご飯

昆布と一緒に炊いたら、昆布の旨みで美味しかった。お酒を入れ忘れたそうだが。以前の家では、山芋のムカゴが沢山採れた。根を掘り上げないので毎年よく零余子がなったのだ。今度の家は娘が女房のために、今年初めてむかごを植え付けた。まだ収穫量は少ない。塀側は特に土地がまだ肥えてないからか。

◆ むかごご飯  in   朝鮮唐津釉の小鉢 (沓型)

むかごご飯

貧弱な山芋の零余子(むかご)/8月頃
むかご(零余子)

茄子・ピーマンの後ろにある貧弱なむかご収穫用の山芋のつる/むかごを植え付けたらしい(春頃)
山芋のむかご

バターナッツの、炊いたん

酷暑の7,8月は地元歩きを自重していた。以前歩いた処の豊富農協で、梨買いのついでに変わったかぼちゃを買ってきた。少し気になっていた南瓜である。硬さは普通のカボチャと変わらないそうだ。切り口は、普通の南瓜と同じ色をしている。食べると少し繊維が気になる程度で、普通のかぼちゃと変わらなかった。

◆ バターナッツの、炊いたん

バターナッツの炊いたん

バターナッツ・断面
バターナッツ・断面

バターナッツ
バターナッツ

豊富農協から買ってきたバターナッツ/スープや煮物にと書いてある   @200円
豊富農協から買ってきたバターナッツ

カンコで、しゃぶしゃぶ

彼の釣り人からまたカサゴを頂戴した。前回はユメカサゴ(喉黒笠子)、今回はカンコ(ウッカリカサゴ)。
しゃぶしゃぶにすると美味しいと言われたので、鍋を用意した。釣り人の間では、外道に属するらしい。
贅沢にも、カサゴのアラで出汁を取り、小松菜と豆腐を足して、しゃぶしゃぶにした。非常に美味だ。

ウッカリカサゴで、しゃぶしゃぶ   

ポン酢で
しゃぶしゃぶ

ウッカリカサゴのしゃぶしゃぶ
オキカサゴのしゃぶしゃぶ

アラで出汁とり
アラで出汁とり

頂戴したカンコ(ウッカリカサゴ、オキカサゴ)の、身とアラ on 総織部大皿
オキカサゴ

【追伸】  次の日の夕食

かんこ・カマの煮付け

かんこ・カマの煮付け

かんこのアラ出汁で、味噌汁

かんこのアラ出汁で味噌汁

【追伸】  撮影日:2015.10.09

新しく頂戴したカンコを、唐揚げに/ついでに、房総の友だちからもらった獅子唐辛子も
かんこ&獅子唐の唐揚げ

先輩の釣り人から、喉黒カサゴ

先輩の釣り人から、ノドグロカサゴ

件の釣り人から、久し振りに釣果の分け前があった。
愛犬が亡くなってさびしい中、奥さんも体調を崩されて心配していた。
突然電話があり、女房が頂戴に参じた。私にとっては初めて見る魚であった。

◆ ノドグロカサゴの煮付け

ノドグロカサゴの煮付け

あのノドグロ(アカムツ)と同じように、口の中が真っ黒だ。
標準語では、ユメカサゴ(夢笠子)というそうだ。
好きな「市場魚貝類図鑑」によると『近海で鮮度のいいものは高価。煮付けは最上級』と評価されている。

あえて背中側からも一枚撮ってみた。
ノドグロカサゴの煮付け

【参考】  件の釣り人からの釣果の分け前(例)
 ・オニカサゴの刺身とカマの唐揚げ
 ・オニカサゴのしゃぶしゃぶ
 ・アカイサキの湯引き
 ・本カワハギの肝あえ
等々枚挙にいとまがない。
こういう時に、女房を観察すると面白い。魚を食べるのが苦手な妻だが、美味しい魚になると、私と同じように関西で言う猫またぎ(きれいにせせって、骨だけ)になる。

貰ったそば米を、混ぜて炊いた

妻が、カルチャーの仲間から「そば米」というのをもらってきた。
本来はそのまま炊くか、そば雑炊にするかするようだ。
白米と一緒に炊いたものが夕食に出てきた。2割ほど混ぜたようだ。

貰ったそば米を、混ぜて炊いた

※ そば米をそのまま炊いたものやそば雑炊にしなかったので、特段差は感じられなかった。
   普通の雑穀米などと同じである。そば雑炊が食べてみたい。

そば米by民謡・2

貰った「そば米」on絵志野四方皿
そば米

そば米・袋入り
そば米・袋入り

そば米の食べ方
そば米の食べ方

稲庭うどんの、ビシソワーズつけ麺

稲庭うどんの、ビシソワーズつけ麺

稲庭饂飩は、昔秋田に赴任しているときあまり聞かなかったが、東京に帰ってくると銀座などに稲庭うどん専門店などがあって知るようになった。自分で買うことは少ないが、頂戴することは結構少なくない。今回は、女房がつけ汁に、枝豆ビシソワーズを使った。ビシソワーズに出し汁を加えているからだろうか、合う。

稲庭うどんと、つけ汁の枝豆ビシソワーズ
稲庭饂飩のビシソワーズ浸け

七代佐藤養助 稲庭干饂飩
稲庭うどん

枝豆ビシソワーズ作り
枝豆ビソシワーズ作り

土用の丑、鹿児島産鰻のかば焼き

土用の丑(の日)、鹿児島産鰻のかば焼き

2015年の土用の丑の日は、 7月24日と8月5日、と二日あることはよく知られている。
24日に女房が買って(買わされて?)きた。まあこう暑いと、外に食べに行くよりましかもしれない。
『抗生物質、合成抗菌剤を使用せずに育てたうなぎ』というのがウリだそうだ。

※ 昔、掛川駅近くで、二段重を食べたことがある。もう二十年以上前のこと。
それでも、上段を食べ終わって下から又蒲焼が出てきたときは、感動さえ覚えた記憶がよみがえる。
スーパーで買ってきた鹿児島産ウナギのかば焼き(パック)/¥1600円台。これを夫婦で半分こ。
鹿児島県産うなぎ使用・うなぎ蒲

それをご飯にのっけただけの、シンプル鰻丼/老人にはこれで十分なのだ。
鰻丼

朝取り枝豆と、ビシソワーズ

朝取り枝豆と、ビシソワーズ

朝採り枝豆

顔見知りの地元公民館の職員の方から、朝採り枝豆を頂戴した。
バイクで通勤途中に、我が家に立ち寄って配ってくれた。
早速女房に頼み、茹でた枝豆と枝豆を使った冷製スープを作ってもらった。

まずは、◆ 茹でた枝豆

茹でた枝豆

◆ 枝豆のビシソワーズ (冷製スープ)

茹でた枝豆と、牛乳・豆腐を使ったビシソワーズ/栄養価の高い夏向けスープ
高血圧予防、血液サラサラなどの効用が期待される、私向けの料理である。
枝豆ビシソワーズ

友達からもらった、土筆の佃煮

女房の友だちが、土筆を摘んで、佃煮を作ったそうで、そのお相伴にあずかった。
私も、田舎生まれで、幼少期に田舎で育ったので、土筆を摘んだ記憶が濃い。
炙って醤油を付けて食べたものだ。女房の友だちは、それを佃煮にして、くれた。

春を運んできた、
  友達からもらった、土筆の佃煮 on 牛ノ戸焼の皿

※ 土筆の炙って醤油を付けたものも、佃煮も、お酒のつまみに合う。
   つくしの苦みも、小さいころから気にしなかった。
ツクシの佃煮

我が家の‘おにぎらず’

1月28日のアサイチで、奇妙なおにぎりみたいな食べ物が紹介されていた。
その日の我が家のランチは、早速その応用編が食卓に出てきた。
65歳にしては、相変わらずフットワークの良いワイフである。

※ ただし、投稿は遅れた。錦織圭の全豪オープン準々決勝を見ていたからだ。

◆ 我が家の‘おにぎらず’  on グラデーション織部皿

我が家の‘おにぎらず’/
写真向かって左はおかか・梅干し・胡麻入り、右はランチョンミート入り
我が家の‘おにぎらず ’

その内のポークランチョンミート入り おにぎらず
ポークランチョンミート入り
そのポークランチョンミートの缶詰め/SPAM 20%レスソルト   輸入者:伊藤忠商事
SPAM

七草粥

セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草の内、我が家の畑から調達したのは、二種類だけ。それは、スズナ(蕪)とスズシロ(大根)。
後は、買ってきたもの、あるいは代用品で賄った。

今年の七草粥 in 粉引茶碗(火間あり)

七草粥

☆ 一月七日には、講習会の打ち上げをしたので、家で七草粥を食べられなかった。
翌日、地元の街歩きの後、遅ればせながら粥を食べた。
年末年始の祝い酒で弱った胃を休めるためには、いい習慣だと身に染みて思う。

※『七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン』と歌いながら刻むことは知らない。

クリスマスの食卓から

今年も早や、クリスマスとなった。我が家のクリスマスの食卓から。
スモークターキーは買ったものだが、美味しい。老夫婦二人なので、お酒のつまみに少し消費するだけだ。
直接関係はないが、牛蒡スープや麩入りハンバーグはシンプルだけど、手間がかかったものらしい。

クリスマスデーの食事から

クリスマス用
◆ スモークターキーレッグ   @539g
   製造者:松坂ハム(株) 三重県津市あのつ台1-6-5

スモークターキー

スライスしてそのままオードブルとして食べた/スモークターキーを削いだ後
スモークターキー・削る

クリスマスの行事と直接関係ない料理
◆ 牛蒡スープと麩入りハンバーク

牛蒡スープ
  ・ジャガイモ+玉ねぎ+牛蒡&コンソメ
  ・具だけミキサーにかける

麩入りハンバーグ
  ・計画:牛ひき肉9:豚ひき肉1、豚肉は手で刻む→実際は、合挽き肉しか手に入らなかったらしい
  ・車麩をおろし金で粉にし、つなぎに使う

ハンバーグと牛蒡スープ

ハンバーグには、市販のビーフシチュー用デミグラソースが結構合う
デミグラソース替わり

女房の従姉の、手土産

女房の従姉が、大阪からわざわざ義母の見舞いに来てくれた。
多重介護で疲れている処、合間を見てきてくれた。
義母は認知症が進み、すでに相手を認識しているかわからない状態である。

手土産から、
  伍魚福の、いかなごくぎ煮と、こうはらの、黒舞昆

くぎ煮on小皿(安南染付小皿写し
黒舞昆in小振りの蕎麦猪口
小皿と蕎麦猪口に入れた

従姉の小袋入り手土産
Mちゃんの小袋入り手土産

袋から取り出す
伍魚福の釘煮と、こうはらの黒舞昆

くぎ煮と舞昆を小器に
釘煮と舞昆

ポポー到着

文字色文字色NHK「あさイチ」などで、今人気?ナゾの果物“ポポー”として紹介された。
好事家(ものずき)である女房から、注文してと要請があったので、ネットで注文した。
待望のぽぽーが冷蔵便で届いた。

ぽぽー in 総織部大鉢

ぽぽーin総織部大鉢

ぽぽーを食す

『ポポー(ポーポー)の美味しい食べ方
●ポポーは生のままスプーンで
食べ頃に熟したポポーの果肉はとても柔らかくねっとりとしているので、ナイフで切ったものをスプーンで果肉をすくって食べると美味しいです。』
(「ポポーの選び方と保存方法や食べ方:旬の果物百科」より)

※   熟したバナナとパパイヤの間の食感と味がした。
※※ ゴキブリいや柿の種のような大きな種が取れた。畑か鉢で発芽させろと女房の新たな要望。
   育つのに5年も掛かるというのに。私はすでにダウンしているかもしれないが、構わない、と。

ポポーを食す

ポポー 到着

果物の郷 おくむら   沼津市幸町315-1

木になるカスタードクリーム  幻の魅惑の珍菓 ポポー【格外・タネ取】 1kg
価格 1,500円(税込1,620円) [送料込 2,492円]

開封すると不思議な芳香がした。ガソリンのような、アルコールのような。

ポポー到着

ぽぽーを食す Part 2 (9日追熟してみた)    撮影:2014.10.19

『果肉は熟すると橙黄色でクリーム状で軟らかく、甘味強く香りは熱帯 の果実のように強い、収穫してもすぐに食べられず2~3日の追熟が必要である。』
(「株式会社イシドウ ポポーページ」より)

追熟ぽぽー on 唐津黒釉皿
ぽぽー2

ザクロの実と、ざくろソーダ

ご近所からザクロの実を頂戴した。
たいそう大型の実である。
女房は昔ながらの食べ方で、甘ずっばと言いながら、粒を食していた。

ザクロの実

ザクロの実

女房が出かけた後、柘榴の実の処し方をネットで少し調べてみた。
その結果完成した、
  ◆ ざくろソーダ

ザクロの実とザクロソーダ

100%ざくろジュースの作り方は、こちら
まずそのレシピに準じて、100%ざくろジュースを作ってみた。

粒を外して、水洗い
粒を外して、水洗い
すり棒で潰す
すり棒で潰す
すり潰した後
すり潰した後
茶漉しで漉すと、100%ざくろジュースの出来上がり。
甘い。
茶漉しで漉す

次に、炭酸水で割って、ざくろソーダを作った。
旨い。女房に作ってやろう。
炭酸水で割る

☆ 女房に作って飲ませた。
  あの辛口の女房が、100%ざくろジュースを(炭酸で割らずに)そのまま飲んで、素直に美味しいといった。そして、中学の孫娘に飲ませてやると言った。それくらい旨い。

☆ 『女性ホルモンの一つエストロゲンを含むザクロは、ホルモンバランスを整え、生理不順や更年期障害の改善にも役立ちます。』
  (「ストレス解消にもOK!ザクロジュースの意外な健康効果6つ」より)

オニカサゴを頂戴した

釣り人から頂戴したオニカサゴ

件の釣り人の先輩から、久し振りではあるが、釣果の分け前を頂戴した。
今回は、オニカサゴである。
身の方は、真空パックされていた。オニカサゴは棘が鋭いので調理したものを戴くことが多い。

頂戴したオニカサゴのパック入りパーツ on 総織部大皿
オニカサゴon総織部大皿

パーツに分ける

オニカサゴパーツ

◆ 刺身と、カマの唐揚げ on 総織部大皿

釣り人の一押しが、カマの唐揚げ。何もかけずに、サクサクといく。美味である。
刺身は、しっかりと歯ごたえがある。

オニカサゴ・刺身と唐揚げ

◆ アラと皮の、潮汁 in 天目釉鉢

濃厚な出汁が出る。ほとんど味付けなしでも、絶品である。

アラと皮の吸い物

※ 美味しいものを戴くと、本当に幸せである。
  先輩、いつも有難うございます。

詰め合せ 浪花寿司をもらった

かつて、女房が友人に浪花寿司をあげたそうだ。
そうしたら、今度はその人から、同じ浪花寿司が某百貨店で売っていたので、買ってきたと連絡があった。頂戴した。我々関西出身者にはなじみだが、その女(ひと)にとっては珍しいらしい。

古市庵 (こいちあん) 定番商品
  ◆ 詰合せ 浪花寿司

詰め合せ・浪花寿司 開封


器を変えてみた。
  ※ 結論:弁当は、弁当箱にきちんと詰合せた形が美しい。

詰合せ 浪花寿司 on 天目釉皿
on 黒釉皿
詰合せ 浪花寿司 on  粉引皿
on 粉引皿
弁当 (開封前)
弁当の形

ジャガバタを食べた

収穫したてのジャガイモを、長女の一家と山分けした。
粉質の男爵は蒸しいもに、粘質のメークインは煮物に』と、一般的に言われるが、我が家の分け前の一部を蒸してみた。この掘り上げたての芋は、皮が薄いので、皮を剥かずにそのままでも食べられる。メークインは蒸しいもにしても、ねっとりしていて美味しい。
もちろん、バターにつけて食べると、格段に旨い。

ジャガバタ

採りたてのジャガイモを、蒸して食べた。
蒸しジャガ
※ 器は、粉引皿

【追伸】 撮影日:2014.6.25
フライドポテト  

フライドポテト

フランスパン工房へ立ち寄り

安原ブルーベリー園の近くに、小さなパン工房があったので立ち寄ってみた。
フランス人の夫と、日本人の妻の夫婦で営んでいた。
途中から小雨のぱらつき始めたこんな日に、すでにほとんど完売状態であった。
それなのに、我々の後からも三人ほど、パラりぱらりと客が顔を見せていた。

手作り天然酵母 フランスパン工房
   シェ ティエリ Chez Thierry  八千代市吉橋2825−2

   ◆ キッシュロレーヌ  Quiche Lorraine  @450円

キッシュロレーヌon粉引皿
キッシュロレーヌon粉引皿

『16世紀のフランス、アンリ3世の時代に フランス北東部アルザス・ロレーヌ地方のロレーヌで生まれた 伝統的な郷土料理のチーズ入りタルトです。 1904年にフランスの司厨士協会の機関誌に紹介されてフランス全土に広がりました。

ロレーヌ地方では、5月1日の北国の遅い春の訪れを祝う日の食卓に必ず並んで、 家族や、みんなで、楽しく食べていたそうです。

キッシュの語源はドイツ語のクーヘンから来ています。(バウムクーヘンでおなじみの)
ケーキを意味するドイツ語のクーヘン(kuchen)・・・・
それがロレーヌ語のキューシュ(küechen)となり・・・・・
そしてフランス語でキッシュ(quiche)となりました。』
(「キッシュ・ロレーヌ(仏Quiche Lorrine):フレンチとイタリアン」より)

シェ ティエリ
パン屋・シォ ティエリ

『日本で「フランスパン」と言えば、あの細長いパンをイメージする方がほとんどだと思いますが、本場フランスで親しまれているのは、見た目がまるまるっとして大きな固まりのようなboule(ブール)の形なんだそうです。
そして日本で手軽に買えるものと大きく違うのが、パン・オ・ルヴァン(自家製培養酵母で作って天然熟成されたパン)であるということ。』
(「自家製天然酵母のベーカリー『France Pain (フランスパン)』・・・」より)

折角立ち寄ったのにと、奥から売り物でないパンを持ってきて、切り分け、食べるようにと言う。
二日前に焼いた古いものだと表現する。

しかし、
オススメな食べ頃は、1~2日置いてから。ワインは最初酸味が強いですが、熟成するに連れて味わいに深みが出てきますよね。同じように、天然酵母フランスパンも日が経つごとに酸味が抜けていくんですよ。普通のパンは水分が抜けて数日後にナイフを入れることも難しいくらいですが、これは10日経っても多少は固くなるものの弾力が失われません。酵母は息をしている“生もの”なので、プラスチックなどに密封するのはNG!出来れば布巾などに包んで、面倒ならそのまま紙袋などに入れて常温保存してください。』(同上)

売り物でない二日置いたフランスパンなどを切るフランス人の主人
シォ ティエリ の古いパン

買ってきたキッシュを、家で切り分けて、食べた。こちらは暖かいほうが美味しい。
どこかで食べたような、素朴な味がした。
ご主人は、フランスの田舎ウワザンの出身だという。
キッシュ・カット

糠入りホットケーキ

 最近我が家の朝食などには、奈良公園などで見かける 鹿せんべい をヒントに考案したホットケーキが出てくる。ビタミン・ミネラル・植物繊維が豊富をたっぷり使ったこのホットケーキは、とても経済的で、かつ、ヘルシーである。経済的というのは、隣に住む長女一家では玄米から自宅で精米してご飯を炊くが、このとき毎食糠が発生するので、ただで貰ってくるからである。
※ 船橋ユーモアスピーチの会でも、この話は受ける。家が建ったのは、サランラップの2、3度使い、雪からかき氷もどきを作り、この無料糠のホットケーキ、などのお蔭だということにしているからだ。大阪女の始末とケチとの違いをどれだけ理解してくれているかは、分からないが…。

◆ 糠入り ホットケーキ

(1) 薄焼き玉子やレタス・トマトなどをトッピングしたホットケーキ
玉子&野菜トッピング・ホットケーキ
(2) マーガリンと蜂蜜を塗ったホットケーキ
マーガリンと蜂蜜を塗ったホットケーキ

米ぬかの効用はこんなにある
米ぬかに含まれる栄養成分は、体にさまざまな好影響を及ぼします。

米ぬかの成分
フィチン酸
抗がん作用・抗腫瘍作用、尿路結石や腎結石の予防、歯垢形成抑制の効果などがあるとされる。
イノシトール
脂肪肝や高脂血症、セロトニン異常に起因するうつ病、パニック障害、強迫神経症に有効とされる研究結果もある。
フェルラ酸
米糠に特有である。紫外線吸収、酸化防止機能があり、食品や化粧品に用いられる。
γ-オリザノール
米糠に特有である。コレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用があるとして医薬品として用いられる。また、紫外線防止のために化粧品に用いられる。
食物繊維 ビタミンB1,ビタミンB6, ビタミンE , ミネラル,鉄,マグネシウム,マンガン』
(「米ぬかの効用と利用法!食べる米糠健康法・・・」より)

○ 糠入りホットケーキの簡単レシピ

玄米を精米した時に発生した糠を、臭みが出る前に、できるだけ時間を置かずに炒る
糠炒る
ホットケーキ用パウダーと混ぜる(パウダー:炒り糠=2:1位の割合)
パウダー混合
玉子投入
玉子投入
牛乳適量投入
牛乳投入
フライパンで焼く
焼き上がり
焼きあがった糠入りホットケーキ
焼きあがった糠入りホットケーキ
半分にカット
糠入りホットケーキ・カット

イサキの薫製、ぺペロンチーノ

かの先輩からまた、イサキの薫製を頂戴した。
今回は、これを用いて、

◆ イサキ薫製ペペロンチーノ を

イサキの薫製がこれほどペペロンチーノをおいしくするものだとは、思わなかった。女房の新工夫だ。旨い。

イサキのペペロンチーノ on 唐草 スクエアプレート(和光)
いさきのペペロンチーノ
イサキの薫製、アップ
アップ

宇治園の、宇治煎茶

女房が、高校時代の友達からお茶をもらってきた。

心斎橋 宇治園 大阪市中央区心斎橋筋1-4-20

『おいしい緑茶と茶スイーツを楽しめる心斎橋宇治園本店。
京都山城創業明治2年。以来美味しいお茶のお店として皆様にご愛顧いただいております。』(宇治園 店舗情報より)

銘茶詰め合わせ 産地銘柄シリーズ
家傳御銘茶
◆ 宇治煎茶

※ お酒を飲まなくなってからの女房の趣味は、美味しいおを飲むことに変わった。好みは、川根茶であるが、自分だけで楽しんでいるようで、私はめったに飲ませてもらったことはない。我が家ではその茶を「飲むな」という。たまに飲むそのお茶に比べると、今回の茶はそれほど美味しくない。


宇治園・包装
宇治園・包装
宇治園・箱
宇治園・箱
開封・家傳御銘茶
開封・家傳御銘茶

A農園の完熟トマト 2013

になったまま熟したトマト 2013

3月下旬に立ち寄ったA農園
の完熟トマトは、その時まだ実ってなくて、買えなかった。しかし、女房の方は、いつの間にか、そのトマトを買って食べていた。
あまりにもうまそうに食べていたので、問い詰めたら、もう二度目よ、という返事が。ありゃ…。

A農園の完熟トマトは、美味しい。
  今回買ってきたものは、少し小ぶりのように感じるが。


完熟トマト
完熟トマト
完熟トマト・切断
完熟トマト・切断 

今年のトマト

去年、「木になったまま熟したトマト」のA農園に行った。
店は閉まっていたので、畑まで入って、今年の予定など聞いてみた。
「寒いので、作付を遅らせたから、まだ熟したものはない」ということであった。
4月に入ってからの、販売となるようだ。

A農園のトマトハウスの中を、ハウスの隙間から覗く
A農園のトマトハウスの中を覗く

◆ 今年の初トマト @550円/kg

A農園の帰り道にあった、S農園の販売所にトマトは沢山並べられていた。
試しに買ってみた。

※ 味についてのコメントは、女房や娘からは特にない。
A農園の完熟トマトが出てから総括したい。それまで保留。


買ってきたトマト
熟したトマト
S農園の販売所
S農園の販売所
S農園のトマトハウスに入れてもらって、許可を得たうえで、撮影した。
朝獲りした後なので、熟したものはないが、毎朝販売できる体制に入っているとみた。
s農園のハウスの中

黒落花生をもらった

収納しきれなくなった徳利や壺を近所の人に貰ってもらったら、お菓子が返ってきた。関西と関東の慣習・感覚は、全く異なるので戸惑う。
(蛇足であるが、関西では、ものをもらってすぐにお返しするのは、冷たいと感じる。ましてや、今回の場合、我が家の収納がオーバーして、貰っていただいたのだから、素直に、ただ納めておくにとどめて欲しかった。)
その一つは、

千葉県産
◆ 殻つき黒落花生

台湾産で知られる「黒落花生」。本場千葉県産でご用意しました!
薄皮が黒いのが特徴で、香ばしく、アントシアニンが豊富です。
殻をむいたら黒い薄皮ごとそのままお召し上がりください!』
(「千葉県産 殻つき黒落花生|くだもの-G-Callショッピング-」より)

千葉ピーナツ・包装
千葉ピーナツ・包装

袋
黒落花生・殻付き on 粉引皿
黒落花生・殻つき
殻を割ると、真っ黒なピーナツが。
黒落花生・殻割

釣果のおすそ分け、オニカサゴ

先輩で、釣り人のMさんから、今年初めての釣果のおすそ分けを頂戴した。
房総で釣ったものである。今回も、すでに三枚に下ろされていた
棘があるので、素人の女房では危なかろうと、処理していただいたようだ。
アラ
と、真空パックにしたフィレを頂戴した。

a.フィレはしゃぶしゃぶ用に女房が切った。
  しゃぶしゃぶは、あら出汁を使った。
b.薄造りではないが、一部そのまま刺身で食べた。

オニカサゴ

棘に注意して取り扱うこと。
いちばん旨いのは汁気のある料理。刺身などにすると歩留まりが悪いので、もし刺身にしてもアラを生かして潮汁などにする。汁ものでもっとも旨いのは鍋やブイヤベース。非常に濃厚な出汁がとれる。
刺身は透明感のある白身で薄造りにするに限る。また皮が硬いのが難点だが霜皮造りもいける。塩焼き、煮つけも美味。』
(「オニカサゴ 市場魚貝類図鑑」より)

オニカサゴ
釣ったその日に食べずに一日寝かせた方がいいようです。肝、胃袋も食べられます。 アラはいい出汁が出ますから、もし刺身で食べても絶対捨てないように!
刺身(薄造り)、アラ汁、しゃぶしゃぶ、鍋・ブイヤベース、雑炊、ヒレ酒、煮付けなど。』
(「釣った魚の食べ方・料理法・レシピ/釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸」より)

しゃぶしゃぶ用オニカサゴ on 青白磁皿
薄造りでないが、一部そのまま刺身で食べた。
刺身&しゃぶしゃぶ用
あら煮の鍋の中
プリプリの身はせせった後、濾して、しゃぶしゃぶ用の汁に使った。
オニカサゴ・あら出汁
※ その他、カマは、煮つけに。

角上魚類での買い物

角上魚類・津田沼店を見学した折に、少し買い物をしてきた。
この日は、女房が不在の最終日なので、本来外食の予定日である。
そこで外食したつもりで、少し贅沢してみた。

角上魚類買い物

まずは、買ったものを、自分で作った器に盛ってみた。

(1) 握り寿司 on 総織部大皿

握り寿司on総織部大皿

(2) 活かき on 絵志野皿

活かきon絵志野皿

(3) のどくろ on 総織部大皿

のどくろon総織部大皿

女房がいるときは、厨房に立たない。
包丁で、魚を三枚に下ろすのも、女房の仕事である。
しかし、できないわけではなく、しないだけである。
昔岡山に赴任した時、3ケ月遅れで女房が追いかけてきたので、その間は、瀬戸内海の黒メバルや山中のアマゴなどを自分で買ってきて、塩焼きや煮物にした。
実は、「男の自炊入門」とか「漁師のマル秘料理」とかのマンガ本を手本にまねただけの話で、自慢することではない。今回も鱗(ウロコ)をとり、内臓を取り除いたうえで、二枚に下ろし、女房用に刺身にも塩焼きにも煮つけにもできるように、半身を残しておいた。
(翌日、帰ってきて、焼いて食べたが、すこぶるうまそうに食べていた。ただ、値段が高いと、少し不満のようであった。)

そして、お頭付の表側を塩焼きにした。
女房はなぜか不祝儀な盛り付けをする。何度もたしなめたが一向に変えようとしない。そこで、せめて居ないときは、左頭の腹手前という、本来の盛り付けにすべく焼いた。

うろ覚えであるが、塩の振り方、振った後の置き時間などを考慮したうえで、あらかじめ熱しておいたグリルで焼いた。鯛と同様、パサパサにすると台無しになる。応用編の自己流の焼き方は、タジン鍋で蒸し焼きにしたような、あるいは、鯛を湯引きした時のような、肉の仕上がりをイメージして、通常よりも短時間で焼き上げてみた。
旨い。しっとり、なめらかで、本来の魚の焼き味だと思う。
なお、のどくろの方が鯛より脂っこくて旨味が濃い。

のどくろ塩焼き
のどくろ塩焼き

話は後先になるが、買い物の記録を撮っておいた。

角上魚類の袋
買い物袋
開封
開封
バランもどきの仕切りなど、不要なものはない。
握り寿司10貫1000円
握り寿司10貫1000円
対面販売の時に、殻は開けてもらった。
養殖活かき(兵庫産) @100円×2
養殖活かき@100円
金沢や酒田など日本海側に旅行した時は、のどくろの料理を探す。しかし、大概の場合、春・夏に旅行することが多く、のどくろの旬とはズレて、いつも残念な思いをした。都内でも、意外と飲み屋のチェーン店で出会うことがあるが、五島列島のものとかであって、日本海側のものは少ない。

口先から尻尾の先まで、30cmあった。重量は量り損ねた。
のどくろ(新潟産) @1600円/尾
のどくろ@1600円/尾

★ 蛇足

のどくろを塩焼きにして、食べ残した頭と骨から出汁を取った。
この後、濾して、別の鍋に入れておいた。いい出汁がとれたと思ったのに。
メモを残しておかなかったので、捨てられてしまった。
まるで、落語『寄合酒』もどきの話だ。(幸い、ふんどしの洗濯には使われなかったが…。)


あら出汁

人日の節句に、一草(水菜)粥を

人日(じんじつ)節句の朝は、毎年七草粥を食べる。毎年この日は、女房が七草粥もどきを作ってくれる。ところが今年は、早々に母親の面倒を見に大阪に帰っていて、粥は出てこない。そこで、『試してガッテン』で紹介された京都・瓢亭風の美味しいお粥を久し振りに自分で作ってみた。ただし、七草ならぬ一草粥である。ちなみに、菜は、水菜。塩分は、梅干しで。

◆ 瓢亭水菜粥 in 柳原焼三島写茶碗の写し

究極のおかゆ-ためしてガッテン 2011年7月20日

瓢亭風お粥 我が家の翻訳レシピ
  「米一合 水1,000ml
  ・米洗う 水浸     5分
  ・ザルに上げる    10分
  ・鍋で水を1L沸かす  5分
  ・沸騰すると米を入れる(よく、まぜる)
   再沸騰したら中火 (時々まぜる)  計15分
  ・火を止めてふたをする 5分  」

柳原焼三島写茶碗
『筑後・久留米藩のお庭焼であった柳原焼は、中国、朝鮮、国焼の写し物を多くつくったが、茶器が主であった。
陶工には、寅吉、良八などの名工がおり、十代藩主有馬月船候自らも作陶した。製品は全て月船侯の贈答品と常什で、市販されることはなかった。大名的端正、高雅の趣があると評されている。この三島写は、枇杷色の発色が美しく、御本風の赤い斑点が景色を作り、端正ながら、やわらかくあたたかで、茶をうまくのませる佳碗であった。』
(「カラーブックス 413)茶碗のみかたⅡ 保育社P73より、再掲)

※ 旨い。おととしは、この粥を食べすぎて、少し太った。食べすぎに注意である。



一草(水菜)粥 in 柳原焼三島写茶碗の写し
一草粥in柳原焼三島写茶碗の写し

久し振りに、人形町鳥近の玉子焼

明治座の帰りに、人形町で定番のお土産を買ってきた。

人形町 やき鳥 鳥近  中央区日本橋人形町1-18-6

久し振りの、◆ 玉子焼   @800円

『箱根の山より西には行ったことがないぜ!って感じ。すこーし甘すぎるか?とも思うのだが、全体のバランスは悪くない。なによりご馳走感があるのだ。クッキリした甘味と濃い口醤油の香り、この潔い味わいが、現代においても熱い支持を得て、他店との差別化を実現している秘訣だろう。日本酒のアテに最適だ。』
(「Hagenbund~ハーゲンブント~鳥近(玉子焼き/人形町)」より)


鳥近の玉子焼、レジ袋
鳥近の玉子焼、袋
玉子焼 真空バックの袋
包装
鳥近の玉子焼on総織部大皿
鳥近の玉子焼on総織部大皿
玉子焼カットon青白磁皿
玉子焼カットon青白磁皿

木場、まる古志の味噌漬け豆腐

深川から木場、洲崎弁天を巡るツアーが終わって、木場の駅に向かう途中に漬物&豆腐屋さんがあった。知る人ぞ知る名店らしい。ガイドの一人、大ベテランのKさんが、ここの○○はおいしいよ、と声かけがあった。ガイドの人たちが立ち寄って買い始めたので、私も店に入った。以前知人からもらった九州・五木の「山うにと同じもののようだったので、一つ買った。サラリーマン風の男性もチョクちょく買いに来るそうだ。「酒のつまみに、たまらんのです」よ、と。

まる古志

ガイドの度に、江戸時代風の装いをする三木さん。
この日は、「呼出し」の「裁付袴(たっつけばかま)」だそうだ。
『富岡八幡が相撲ゆかりの場所であることと、伊能忠敬の銅像があることから、深川ガイドの折にはこんな格好で案内しております。』ということである。

女将さんと、名物ガイドの三木芳樹さん。
女将と客(Mさん)

『外観は古風で、キレイでとても雰囲気があります。
親子でお店をやっていらっしゃって、
とても気さくな方です☆
お豆腐もお店で作られています。
お漬物も品揃えが豊富で、どれにしようか迷ってしまうくらいです。
先日“ちぃ散歩”にも出られていました★
地井武男さんも絶賛の“まる古志”さん!!』
(「まる古志|地域情報発信WEB 街ピタ」より)

みそ漬け豆腐を取り出す女将
豆腐を取り出す女将
チーズのような濃厚でまろやかな味わい

みそ漬けどうふのポスター
みそ漬けとうふポスター
まる古志店頭
まる古志店頭

◆ みそ漬け豆腐  @500円

『豆腐を水切りした後、布に包んで味噌(またはもろみ味噌)に1週間~半年ほど漬けこんだもので、漬けこむ味噌によって味が変わり、酒やチーズのような風味を持つ。
豆腐百珍
にも「豆酩」の名で紹介された。』
(「豆腐の味噌漬け-Wikipedia」より)

販売荷姿
販売荷姿
袋から取り出し
袋から取り出し
開封
開封
味噌漬け豆腐on青伊羅保釉皿
味噌漬け豆腐on青伊羅保釉皿
『お召し上がり方
※冷凍してからカットすると、きれいにカットできます。』(栞より)

(冷凍室に入れておいた。取り出したら、くしゃくしゃになって凍っていた。女房が後から何かを押し込んだためらしい。クレームをつけたら、「今日は冷凍庫が混んでるのよ、潰されないように注意しなさいよ。」と逆に怒られた。)

冷凍後カット
冷凍後カット

☆ 私は、日本酒の肴に、女房は炊き立ての新米御飯に乗っけて食べた。
  美味しかった。

でか!‘おおまさり’、レトルトゆで落花生

先週末に、地方の落花生好きの友人に送ったもの、もうひとつ。
我が家の分も、買って食べてみた。
茹でると、ここまで膨張するのかと驚くほどの大きさだった。
しかし、茹でて膨張したのではなかった。
なんと新種超大粒落花生を茹でたものであった。
私は、これまで、そんな大粒の落花生を食べた記憶がない。

おおきな莢(さや)で食味がまさります。
ゆで落花生に最適な品種です。
やわらかさが魅力レトルトゆで落花生

大きな落花生  品種:おおまさり』

『レトルトゆで落花生『おおまさり』は、

千葉県が14年がかりで開発した超大粒の新品種です。
いつでも旬の味をご賞味いただけるように掘りたての生を独自の製法でレトルト調理しました。』(袋書き)

販売者:千葉ピーナツ(株)

※ とにかく大きい。「おおまさり」は。


レトルトゆで落花生・袋入り
レトルトゆで落花生・袋入り
ゆで落花生 on 馬の目皿
ゆで落花生 on 馬の目皿
ゆで落花生を、剥いたもの
ゆで落花生を、剥いたもの
おおまさりと、ナカテユタカの比較
☆ 従来の落花生(ナカテユタカ)と比較して、手前「おおまさり」の大きさがはっきり分かる。
おおまさりと、ナカテユタカと比較

新豆・いりざや落花生を、友人に発送した

ご存知のとおり、ここ千葉県は、八街をはじめとして落花生の産地である。
今年も落花生の新豆が出回り始めた。
地方の友人の中で落花生好きの人に、先週末、今年の新豆を発送した。

『(落花生)網目がはっきりと出ているさやを「上(じょう)ざや」といいます。上ざやが全体の80%となった時が収穫適期となります。・・・
収穫時期を判断する目安は、開花期が基準となります。』
(「落花生の収穫と乾燥のポイント/千葉県」より)


いりざや落花生 千葉県産100%

品種名:ナカテユタカ (中手豊)

『現在、日本では十数品種が栽培されていますが、ナカテユタカ千葉半立(はんだち)と並んで高級品種として不動の地位を確立しています。

ナカテユタカは早生種といって、5月末から6月の初めが種蒔きの時期になります。適した環境で栽培されたナカテユタカは甘さに富み、品質のよい落花生になります。
日本ではピーナツバターやナッツ菓子などで親しまれている落花生ですが、現状は消費量の大半が輸入に頼っています。国内産の落花生は8割が千葉県で栽培されている落花生で占めており、その中でも主として消費されているのが千葉半立とナカテユタカです。
いずれも千葉県を代表するコクと風味が最高のブランド品で、特にあっさりした甘味が特長なのがナカテユタカです。輸入品が増加傾向にある今日において、味と品質の良さは多くの人消費者から評価を得ています。』
(「ピーナツ、落花生、ピーナッツなら【千葉ピーナツ四街道】へ」より)

新豆 本場八街産
   ◆ ぴーなっつ畑

製造者:千葉ピーナツ(株)千葉市稲毛区山王町159


いりざや 袋入り
いりざや 袋入り
いりざや on 粉引皿
いりざや on 粉引皿
いりざや 剥き身
いりざや 剥き身


むかご御飯を炊いた

今年収穫したむかごで、唐揚げなどをしたほか、
今年もむかご御飯を炊いた。

むかご御飯

※ つい、梅と松、扇面の物相(もっそう)で、おにぎりを作って、志野四方皿に盛ってみたり、伊羅保茶碗に入れて食べた。それほど楽しい御飯だ。
やはり、昆布と、日本酒・塩を入れて、きちんと炊いたむかご御飯は、格別に旨い。



梅と松の、物相型で作ってみた、おにぎり。むかごご飯 on 志野四方皿
※ 一部、生のヤマイモの葉を巻いて、おにぎりを食べてみたが、面白い食感と味であった。これも、ありだ。
 
むかごご飯on絵志野皿・梅松物相型
むかごご飯 in 伊羅保茶碗
むかごご飯in伊羅保茶碗・上
横から
むかごご飯in伊羅保茶碗
※ つい、むかごを多く入れすぎて、炊いてしまった。


炊き立てのむかご御飯 in 炊飯器
むかごご飯in炊飯器

むかごの唐揚げと、ヤマイモの葉の天ぷら

庭から第1回目の収穫をしたむかごを、毎年恒例の唐揚げにした。
定番のむかごの唐揚げは、もちろん美味であった。
酒のつまみに、よく合う。

◆ むかご 唐揚げ


「ヤマイモの葉の料理」を調べてみた。レシピがない。
レシピはないが、毒があるという記述もない。
何でも食べることが出来る、天ぷらにしてみた。

◆ ヤマイモ
天ぷら

※ 我が家の庭のキャラボクの木陰で蔓延っているヤマイモの葉は、通常栽培している畑で見るヤマイモの葉と違い、とても青々として、美味しそうである。
実際天ぷらにしてみると、ほどほどの歯ごたえと、少しぬめりが感じられるようで、とても美味しかった。来年から、我が家の定番メニューとなりそうだ。
ただし、私は幾つかの生活習慣病があるため、油を使った料理そのものが出てくる回数も、一度の量も少ないが。

むかごの唐揚げと、ヤマイモの葉の天ぷら
むかごの唐揚げとヤマイモの葉の天ぷら

江戸みやげ屋の、深川めし

深川江戸資料館近くの、名物土産屋で買い物をした。

江戸みやげ屋 たかはし

炊き込みご飯の素

   深川めし

『農林水産省郷土料理100選のひとつ、「深川めし」は、ざっくりと切った葱と生のあさりを味噌で煮込んで熱いご飯にぶっかけた、漁師の知恵の一品。・・
「深川めし」には、もう一つ、あさりの炊き込みご飯もありますが、それは大工などの職人さんが弁当に持っていけるものをという事で、生まれたと言われています。』(「深川めしとは【深川宿】深川めし・・」より)

※ 江戸みやげ屋たかはしで買った、深川めし(炊き込みご飯の素)を使って、炊き込みご飯を作った。


炊き込みご飯・深川めし in 絵唐津鶴丸文茶碗写し
深川めしin絵唐津鶴丸文茶碗
深川めし、上から
深川めし、上から
炊き込みご飯の素 「深川めし」 on 江戸みやげ屋袋
深川めしon江戸みやげ屋袋
江戸みやげ屋・袋
江戸土産屋・袋
江戸みやげ屋店頭の、深川めし陳列
深川めし陳列

プチ土産、白石温麺

次女のプチ土産の、二つ目

白石温麺(うーめん)

『今から400年ほどの昔、当地白石城下鈴木味右ェ門という人がおりました。
味右ェ門の父は胃を病んで床に伏し何日も絶食しなければなりませんでした。味右ェ門は大変心配し、何か良い食餌療法はないかと八方手を尽くしていたところ、旅の僧から油を一切使わない麺の製法を教わりました。
さっそく、それを造り温めて父にすすめたところ、父は快方に向かい、やがて全快したということです。小麦粉を塩水でこねて造るため、舌ざわりがよく消化もよく胃にやさしいため回復を早めたのでしょう。
この親孝行の話が時の殿様に伝わり献上したところ、みちのくの人の温かい思いやりを賞で「温麺」と名付けられました。その後、近隣からも所望され製造販売するようになりました。
俳人芭蕉が奥の細道をたどった元禄年間の物語です。』
(「白石温麺組合白石温麺の歴史より)

はたけなか製麺(株) 宮城県白石市大手町4-11


次女のプチ土産/白石温麺
プチ土産白石温麺
白石温麺(袋入り) on 青織部皿
白石温麺袋入りon青織部皿
白石温麺 on 青織部皿
白石温麺on青織部皿
夏は冷たくして、・・・


白石温麺 in 呉須山水茶碗 写し
白石温麺in呉須山水茶碗

8月第二週の、山田農場の野菜

この頃毎週楽しみにしていることがある。それは有機栽培で育てられた新鮮な野菜が届けられることである。今週末も届いたので、また写真を撮ってみた。

8月第二週山田農場野菜

『チンゲンサイ、茄子、オクラ、つるむらさき、トマト、ゴーヤ、ピーマン、にんにく

トマト
が相変わらず豊作なので多めに入っております。味も乗ってきて非常においしいです。余りにおいしいので私は仕事中に毎日大小二十個くらいを食べてしまいます。
ゴーヤが入ります。グリーンカーテンなどで自分のうちでゴーヤが取れるという方は他のものと取り替えますので申し付け下さい。』
という、メッセージとともに、届けられた。

※ ところで、私がつるむらさきを初めて食べたのは、先斗町で刺身のつまとして使われていたが、この頃では、中華料理を初めいろいろな所で見かける。栽培が普及したからか。
来年の我が家のグリーンカーテン用の候補にも、のぼっている。



今週の山田農場の有機栽培野菜
山田農場の野菜

オクラは、食べ頃より少し大きくなったようだ。茹でてから小口切りにし、ポンズ醤油で食べた。
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR