ゴーヤ栽培最終段階~株切り、ゴーヤ水採取、飲用&化粧水&風呂用

ゴーヤの栽培が最終段階に

・ゴーヤの葉が枯れ始めた。
・ゴーヤの実の回収は、累計 50個 (実が熟して破裂5個、外数)
   用途:ゴーヤジュース、ゴーヤチャンプル、天ぷら
・ゴーヤ水採取:3L以上/日・3株
   用途:飲用、化粧水用、風呂用


1)株切り 2011.10.09

枯れ始めた葉
枯れ始めた葉
幹の径/3株の内、一番太いもの。
幹の径

2)ゴーヤ水の採取開始 2011.10.09~

ゴーヤ水採取開始
ゴーヤ水採取開始
痰一斗 糸瓜の水も 間にあはず』 正岡子規
痰を切るのにへちまの水が効くものと、子規は信じていたのだろう。

ちなみに、ゴーヤ水は糖尿病に効くという説があるそうだ。

ん?高血圧にも良い?
『カリウムやカロテン、ビタミンCが豊富な為、血圧の安定、高血圧の予防し、血液をさらさらにする効果もあります。』
(「ゴーヤが糖尿病に効くよ!とお客様が教えてくさいました。本当にそうだと思います。|Dr.Kのブログ」より)

ゴーヤ水:飲用 2011.10.10
※ 少しゴーヤ臭いが、冷やすと美味しく飲める。
  女房や娘は、ただの水だと言い張るが…

ゴーヤ水・飲用
※ 風呂に臍くらいまでお湯を入れ、2Lばかりのゴーヤ水を足して入った。
飲んでよいものなら、皮膚から吸収させてもいいはずだと。
そして、風呂上りにさらに原液のゴーヤ水を化粧水として顔につけた。翌朝心なしか肌がすべすべした感じがした。

ゴーヤ水:化粧水用&風呂用 2011.10.11
ゴーヤ水・化粧水&風呂用

3)枯れた蔓の整理 2011.10.13

蔓枯れ/株切り後、3日間で乾燥され、ボリュームが圧縮された。
(NHK趣味の園芸・野菜の時間の応用)
蔓枯れ
棚の整理/枯れた蔓・ネット・竿の整理

本年作業はこれにて終了


枯れた蔓の整理

ゴーヤの天ぷらとお浸し

実の収穫は終わったので、収穫した実の他、葉や新芽を料理して食べた。
ゴーヤチャンプルやゴーヤジュースは少し飽きていたので目先を変えて。

◆ ゴーヤ天ぷら、

  新芽お浸し


葉っぱや新芽は、にがうりを栽培している人だけに与えられた特権です。実の収穫が終わった後でも楽しめるさわやかな苦み! ぜひ試してください。 茎は固いのであまりお勧めできません。』
(「にがうり倶楽部 にがうり(ゴーヤ)を食べよう」より)


昨日最終的に収穫した実のリングと、この日の夕方、料理の直前に摘んだ小葉と新芽(一部)
実のリング・葉・新芽
葉とリングの天ぷら(一部)
天つゆと塩
葉とリングの天ぷら
新芽のお浸し

天つゆと醤油(結構苦味が残っているので、醤油味のほうがベターか)
なお、新芽もかき揚げにした方が苦味がより緩和されるかも。
新芽のお浸し

ゴーヤ 今年最後の収穫?

実が小さくても、急に黄色に色づくものが増えた。

ゴーヤ 今年最後の収穫? 2011.8.27

人によるとこういう現象が起きると、そのゴーヤの株の収穫は終了だ、と。
そこで、大きい実も小さい実も、一斉に収穫した。
3株で、累計26個のゴーヤが収穫できたことになる。
グリーンカーテンしか念頭になかったので、当初予想しなかった数である。
そして、結構大きい実も収穫できたので正直驚いている。
プランターで植えてあるのと比較すると、地植えはさすがに栽培成績が良い。
先達さん
、有難うございました。

※ ゴーヤジュースは、もう十分だ。


小さいのに黄色く熟した実が混じってきた。ゴーヤ今年最後の収穫?
ゴーヤ最後の収穫?

黄色く熟したゴーヤのジュース

黄色く熟したゴーヤをミキサーに掛けると、黄色いジュースが出来た。

黄色いゴーヤ・ジュース


黄色く熟したゴーヤの、ジュース。甘いが少し物足りない。
黄色く熟したゴーヤの、ジュース

『種まきから約2ヶ月で収穫できるようになります。ゴーヤーの表面のイボイボがふくらんできたら適齢期です。欲張ってがまんしていると・・・黄色くなって、終いには破裂してしまいますのでご注意を。ちなみに破裂すると、種の周りが赤くなっていますが、これはこれで食べられます。甘い味がします。
黄色くなったゴーヤーは、きれいですが青い時と比べて栄養価が半減します
ので緑の(白ゴーヤは白い)うちに収穫しましょう』
(「にがうり倶楽部 ゴーヤーを育ててみよう」より)

【参 考】

緑のゴーヤ・ジュース
 8.1付 既報

こちらの方が苦味・酸味が適度で、私達夫婦は好きだ。
熟したよりも青いうちの方が栄養価も高いそうだ。
青切りシークワーサー
同様、沖縄の野菜や果実は熟す前の方が栄養価が高いのだろうか?

青い実のゴーヤのジュース
【前日のゴーヤの収穫】

このところ急に実が大きくなってきた。この日は4つ、これまでの収穫の合計は、16個。(3株で)
ゴーヤ収穫
黄色味を帯び始めていたゴーヤは、翌朝には全面黄色く熟していた。
熟したゴーヤ
黄色く熟したゴーヤを半割にしたところ
種は真っ赤に熟していた。
もう少しで破裂していたことであろう。
熟したゴー・半割
赤い種を取り出すと、白い綿の部分は消滅している。
熟したゴーヤの半割と種

ゴーヤのグリーンカーテン なう

8/21頃から約一週間は、涼しい夏になるとか。
(関東甲信地方/平年からの偏差:-1.5℃以上-0.4℃以下 38%)

『原則として毎週火曜日と金曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日平均気温が「かなり高い」または「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。』
(「気象庁|異常天候早期警戒情報」より)

こんな時なので、盛夏のゴーヤの状況を記録しておく。

ゴーヤグリーン・カーテン
 8月17日午後2時

ゴーヤのグリーンカーテンは確かに出来た。
しかし、これによって部屋の温度が下がったかどうかは、定かでない。
ただ、おまけとしてゴーヤの実が次々と収穫される。この日で既に9個目。
ひとりで、ゴーヤジュースにして飲んだ。うんまい。


障子に映るゴーヤの葉影 8/17 14:00
障子に映る影
部屋の内側から見たゴーヤ
内側から見たゴーヤ
家の外から見たゴーヤ
(写真に映っているゴーヤの実は、まだ収穫予定の半分くらいの大きさ。)
外から見たゴーヤ

ゴーヤの実を収穫し、ゴーヤジュースを作る

ゴーヤの実がなった。
第1果は、欲しいというので対面のお宅の奥さんに差し上げた(7/24)。
7/30、第2果を収穫し、ジュースにして女房とシェアした。

ゴーヤジュース

種と綿を取り除いた後、林檎ジュースを少し加えて、ジューサーに掛けた。
バナナ・牛乳・ハチミツ・黒砂糖や氷
も入れず、繊維を漉しもせず、塩もみや加熱もせず、いたってシンプルなジュースである。
粒々のもの(繊維など)は気にせずに分けないで食べる。泡は沢山出る。
草物独特の香りはするが、味は苦くなく美味しく戴けた。実の大きさが、25cm程度になったらすぐ収穫するから苦味が少ないのか。
それにしても、ナスとは対照的に無駄花が多い。雄花と雌花の比率が悪いのか、毎日無駄な雄花が沢山散る。
まあ、所期の目的は実ではなく、葉(エコカーテン)にあるからいいか。


ゴーヤジュース 7/30
ゴーヤジュース
収穫したゴーヤの第2果
収穫したゴーヤの第2果
ゴーヤの第2果(収穫直前)  7/30
ゴーヤの第2果採取
雌花はやはり咲いていた。
7/31夕方、雄花が散った後調べてみると、雌花が見つかった。
実がなるということは、当然雌花が存在していたのだ。
雌花発見

ゴーヤカーテン具合  7/30

ゴーヤのカーテン
ゴーヤの影 7/22   (7/15は、こちら
さらに、葉の影は密度を増してきたようだ。
ゴーヤの影

ゴーヤの影が、少しずつ

ゴーヤの影

ゴーヤを5月18日に地植えしてから、2ヶ月弱。
親ヅルの摘心、脇芽の整理、脇芽の摘心などを行ってきた。
ゴーヤの影が少し得られるようになったが、まだエコ・カーテンには程遠い。


ゴーヤの葉影が、少しずつ広がってくる。 7/15
ゴーヤの影
          ↑
ゴーヤの現状 7/15
背丈は2mを超えたが、葉の密度は低い。
脇芽の頂芽を高枝切りで摘心した。孫の脇芽(孫ヅル)が広がるのを期待して。
ゴーヤ110715
          ↑
雄花
が2輪、初めて咲いた。 7/13
花2輪咲く
          ↑
摘心後、脇芽(子ヅル)が2~3の方向に伸びてきた 7/13
4つ目以降の脇芽は掻き落とした。
ゴーヤ株の成長
          ↑
1mほどに伸びた頃、親ヅルを摘心。 6/22
ゴーヤ摘心後

ゴーヤの蔓が、ネットを掴んだ

ゴーヤの蔓が、ネットを掴んだ

5月19日に定植したゴーヤのその後~

ゴーヤの3枚目の本葉の脇から蔓が延びてネットの右(緑)を掴んだ。
次に4枚目の本葉の脇から出た蔓が精一杯手を伸ばして左のネット(白)を掴んだ。余りにもまっすぐに。これはポリエチレンの糸を滑り落ちるかもしれない姿勢だ。
この様子は、まるでテナガザルのようだ。
誘引しないのに、自らのこの行為。眼でもついているかのようだ。ただただ感心するばかり。

ゴーヤの蔓が、ネットに届いた
ゴーヤの蔓が、ネットに

今年の夏は、ゴーヤのエコカーテン?

ゴーヤの苗を4株もらった。
今年の夏は、ゴーヤでエコカーテンでも作るかな?
初めての経験
なので、多少不安がある。
写真で観る
ように、あんなに日影を作れるほど茂るのだろうか?

ゴーヤの栽培法は、こちらに準ずる。

    地植えで育てることにした。


A.準 備

    ・苦土石灰を撒き、耕す
    ・堆肥を混ぜ、耕す
    ・穴掘り (穴の深さは、30cm)
    ・畝は高く盛り上げ
    ・支柱建て
    ・きゅうりネット張り
 
中和したり、堆肥を入れたり、耕したり、畝を高くしたり、支柱を立てたり、きゅうりネットを張ったりと、準備している間に、苗は本葉が4枚になった。すっかり、移植に適した状態になったようだ。


頂戴した苗の1株
ゴーヤ苗

B.定 植

さあ、定植しよう。広さからいって、3株が限度か。
畝に改めて20cmの深さの穴を掘り、下に堆肥と骨粉入り発酵固形油粕を蒔いて土をかぶせた。そして穴に水を注いだ後、苗をすえて土を掛けた。
(このあたりは、NHK趣味の園芸・野菜の時間の応用。)
なお、雨の跳ね返り防止のため、中粒の軽石でマルチングした。
(このあたりは、コオズやウチョウラン鉢植えの応用。)

定植後、上から
ゴーヤ定植・上から
株間は、80cm以上としよう。
ゴーヤ定植・斜め上から
50cmの高さになったら誘引すべく、きゅうりのネットを張っておいた。
どうなることやら…
ゴーヤ定植・ネット
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR