浅草・おいもやさん興伸、スイーツポテトと大学芋

女房と東京の花見に行った日、帰りに浅草仲見世で、プチ買い物をした。
この買い物は、以前は浅草伝法院通り店でした。

おいもやさん興伸

◆ スィートポテト大学芋・カモテ


※ 興伸のカモテは、インドネシア産のさつま芋であると、店の人は言っていたが、フィリピンでも、さつま芋のことをカモテと呼ぶそうだ。
さらに、カモテ(CAMOTE)とはスペイン語でサツマイモの意味だそうだ。


おいもやさん興伸の袋
おいもやさん興伸の袋
大学芋・カモテ&スィートポテト on 興伸の袋
カモテ&ポテトon興伸の袋
大学芋・カモテ on 志野皿
大学芋・カモテ
スィートポテト on 飴釉皿
スィートポテト
スィートポテト・断面
スィートポテト・断面
興伸 店頭
興伸 店頭
大学芋の特徴

  小町:ほくほく甘い 400g 1,000円
  カモテ:しっとり   400g   756円

興伸・陳列棚
興伸・陳列棚

舟和の あんこ玉と、すあま

かっぱ橋道具まつりを見に行った日の、土産探しは、どたばた続き。
浅草合羽橋道具街界隈でのお土産買いは、ふたつ(炙り芋、かっぱステーキ)とも不発。
仕方がなく、浅草雷門近くの舟和で土産を買うことになった。

浅草プチ土産

舟和の袋
舟和袋

◆ あんこ玉

あんこ玉
・包装 &箱 &開封
あんこ玉・包装&箱&開封
あんこ玉 on 飴釉皿
あんこ玉on飴釉皿
ついでに、味見のつもりで一個だけ。
◆ すあま

すあま
on 舟和の袋
すあまon袋
すあま in 織部かにの絵平茶碗
すあまin織部かにの絵平茶碗
舟和 雷門店
 店頭
舟和店頭
この日の、雷門前
中国人観光客の姿は目立たないが、通常日より多い人出。
やはり、近くで開催されたかっぱ橋道具まつりの影響もあるのか。
雷門前

合羽橋道具街界隈で土産を買えなかった例ふたつ。

14:30には品切れのため、すでに閉店していた梅源
女房から、あぶり芋を買ってきて、と言われていた。
アド街ック天国
で放映されたためか?
品切れ閉店の梅源14:30

14:00時点で、長い行列のさがみ
かっぱステーキ」、これもアド街ック天国で放映されてしまったために普段よりさらに混んだのか?
長行列の肉さがみ14:00

【蛇足】
肉のさがみが、不発となったので、その近くのある寺に入った。

かっぱ寺

巨獄山曹源寺(通称、かっぱ寺
かっぱ寺
「かっぱ寺」の伝承

合羽橋もこの伝承に由来するらしい。
「かっぱ寺」の伝承

浅草梅園の、あわぜんざいと黄な粉みつ豆

過日我がブログの特派員である女房が浅草公会堂に出かけるというので、待ち合わせ場所になっている梅園で土産を買ってきてもらうことにした。

浅草下町の
 梅園

梅園店頭
梅園店頭
梅園の袋
袋
袋の中
あわぜんざいの箱と、黄な粉みつまめの入った小袋
袋の中

◆ あわぜんざい

『梅園のあわぜんざいの餅は、あわではなく餅きびを使います。
餅きびを半搗きし煉りあげ、蒸した餅と、じっくり炊いたこしあんを
椀で合わせただけの『贅沢』な菓子です。
この一膳が梅園の歴史そのものです。』
(「浅草下町の梅園:あわぜんざい」より)

あわぜんざい・箱
あわぜんざい・箱
あわぜんざい箱・開封
あわぜんざい箱・開封
あわぜんざいinそなえつけ容器
あわぜんざいin容器
あわぜんざいを縦に半分に切り、断面の様子が分かるように横にして、安南焼き写しの鉢に移したもの
あわぜんざいin安南風鉢

◆ 黄な粉みつまめ

黄な粉みつまめ on小袋
黄な粉みつまめ on小袋
黄な粉みつまめ解体
黄な粉みつまめ解体
黄な粉みつまめin三島平茶碗
黄な粉みつまめin三島平茶碗

浅草土産C 亀十のどら焼きときんつば

浅草土産シリーズ C

亀十 台東区雷門2-18-11

・「和風総本家~もらって嬉しい東京手土産BEST20~19位 2011.6.16

亀十
亀十
ちなみに、店頭にある
「週刊文春」どら焼きベスト10順位はこんな具合。
1位 うさぎや(台東区上野)
2位 草月(黒松)(北区東十条)
3位 うさぎや(中央区日本橋)
4位 亀十(台東区淺草)

5位 すずめや(豊島区池袋)
6位 森幸四郎(千代田区)
7位 うさぎや(杉並区阿佐谷)
8位 塩野(港区赤坂)
9位 清寿軒(中央区日本橋小舟町)
10位笹屋伊織(京都市下京区)』
(「どらやきベストテン!うさぎや、亀十、清寿軒…」より)

※ 私の好みは、日本橋・うさぎや。

亀十・店頭


◆ 亀十どら焼ききんつば


亀十・袋
亀十・袋
亀十・中の包装
左どらやき、右きんつば
亀十・中の包装
亀十のどら焼き

黒あん3ヶ、白あん2ヶ
亀十・どら焼き
どら焼き on 粉引皿

こげ臭いほどの焼き色の皮
※ AGEが多そう?

亀十どら焼きon粉引皿
どら焼き・断面
どら焼き・断面
亀十のきんつば
・包装
きんつば・包装
きんつば・パック開封
きんつば・パック開封
きんつば on 総織部小皿
きんつばon総織部小皿
きんつば・断面
きんつば・断面

浅草土産B おいもやさん興伸の大学芋とスイートポテト

浅草土産シリーズ B

おいもやさん 興伸

          浅草伝法院通り店  台東区浅草1-39-9

『本当に美味しい大学芋を食べたことがありますか? 創業130余年の老舗芋問屋『川小商店』が開いた芋菓子専門店『浅草 おいもやさん興伸』がお贈りする下町浅草の味の大学芋。その味わいはテレビ・ラジオ・雑誌等を通じ日本中に広まっています。香ばしく揚がったその時季のサツマイモに、たっぷりと家伝の蜜をかけてお召し上がりください。』
(「大学芋・スイートポテトなど芋菓子の専門店『浅草おいもやさん興伸』~浅草のお土産に大学芋・スイートポテト好評です!」より)

おいもやさん興伸 浅草伝法院通り店
おいもやさん興伸
興伸店頭
興伸店頭

・「和風総本家~もらって嬉しい東京手土産BEST20~14位 2011.6.16

◆ 大学芋スィートポテト

おいもやさん・興伸・袋
おいもやさん・興伸・袋
興伸・大学芋&スィートポテト箱
興伸・大学芋&スィートポテト箱
大学芋・箱
大学芋・箱
大学芋
・開封
大学芋・開封
大学芋 on 独楽文皿
大学芋on独楽文皿
スイートポテト
・パック開封
スイートポテト・パック開封
スィートポテト on 馬の目皿
スィートポテトon馬の目皿
スィートポテト断面
スィートポテト断面


 

浅草土産A 日乃出煎餅の天日干特上手焼

過日、浅草を逍遥した際、お土産屋を訪ね歩いた。

浅草土産シリーズ A

日乃出煎餅 台東区浅草1-26-4

日乃出せんべい
日之出せんべい
日乃出せんべい・店頭
日之出せんべい・店頭

◆ 天日干特上 手焼

・「和風総本家~もらって嬉しい東京手土産BEST20~7位 2011.6.16
・「はなまる おめざ「天日干特上手焼」」2010.5.12

『素朴な昔ながらの煎餅を三代目と四代目が守っているという。今なお天日干しにこだわった煎餅はふっくら感と甘みを引き出し最後は生醤油で仕上げるとのこと。昭和時代に一世風靡したお笑い芸人の息子は「父はよくこの煎餅を食べてましたね。やっぱり江戸っ子だったんじゃないですかね」と話していた。』
(「価格.com-「天日干特上手焼」に関する情報|テレビ紹介情報」より)

日乃出せんべい・包装
日之出せんべい・袋
天日干特上手焼・袋入り
日乃出煎餅・袋入り
煎餅 on 束熨斗文皿
煎餅on束熨斗文皿

  

新春浅草歌舞伎と浅草土産

女房が友達を誘って、浅草に若手の歌舞伎を見に行った。

1) 新春浅草歌舞伎 

浅草公会堂  

第2部 演目は、
   お年玉〈年始ご挨拶〉
   1.壷坂霊験記
   2.黒手組助六

『今回も市川亀治郎、片岡愛之助、中村七之助、中村亀鶴という顔ぶれで新春にふさわしい、心浮き立つ演目を上演いたします。』
(リーフレットより) 

※ 『亀治郎、水入りに声援しきり』
(「【観賞眼】浅草公会堂「新春歌舞伎」亀治郎、水入りに声援しきり+・・・」より)


新春浅草歌舞伎のリーフレットと観覧券
新春浅草歌舞伎のリーフレット

2) 買い物浅草土産

? 三味線の練習撥
女房は、2010年に10年続けた長唄を中断して、再び三味線を習いだした。
※ 名取になると、年間600万円ほどの出費が伴う。長唄に伴うお付き合いも大変だ。そろそろ年貢の納め時だと、客観的に思う。


瓢多ん屋  台東区浅草1丁目31−1
包装紙
瓢多ん屋・包装紙
三味線の練習撥
三味線の練習撥
? 地下足袋
女房はまた、太鼓や笛などお囃子の会に入り、そちらも習い始めた。
市内の色々な催しに出没しているようだが、着物より法被に鉢巻・地下足袋のほうが似合うお婆さんかもしれない。

お祭り馬鹿のご用達店
浅草中屋  台東区浅草1-31-1仲見世通り中央

浅草中屋の袋
浅草中屋の包装と地下足袋
浅草中屋の包装と地下足袋
? 元祖ジャンボめろんぱん

花月堂  台東区浅草2-2-10

花月堂の袋
花月堂のめろんぱんとアップルパイ
花月堂のメロンパン
? 人形焼
浅草の人形焼の既報は、こちら

元祖木村家人形焼本舗  台東区浅草2-3-1

元祖木村家人形焼本舗の袋
人形焼 on 飴釉皿
人形焼 on 飴釉皿

雷門 三定の‘花あげまんじゅう’

雷門の右手に老舗の天ぷら屋がある。
店先で揚げ饅頭を揚げていたので、プチ土産に買い求めた。

雷門 三定 (さんさだ)

『天保八年、三河の国の定吉が江戸へ出て
自宅前で 小魚を揚げてから百六十年、
伝統の味を今に守りつつ
活気のある雷門前に門をかまえる天ぷら屋です。』
(「雷門 三定【店舗案内】」より)

花あげまんじゅう

『和菓子好きにとって、老舗が軒を連ねる浅草ははずせないスポット。
今回は、浅草に行くと必ず食べてしまう「花あげまんじゅう」をご紹介します。』
(「浅草の“あつあま"和スイーツ-レタスクラブネット編集部スタッフブログ」より)


三定 店頭
三定 店頭
揚げ饅頭を揚げているところ
揚げ饅頭 揚げているところ
揚げたての揚げ饅頭/母娘が店内で食べるところを撮らせてもらった。

あつあま"は、やはり揚げ立てを食べるのが基本。
揚げたての揚げ饅頭 
雷門三定の揚げ饅頭・包装
雷門三定の揚げ饅頭・包装
開封
揚げ饅頭 四個
揚げ饅頭 on 鉄絵皿
揚げ饅頭 on 鉄絵皿
揚げ饅頭 断面
揚げ饅頭 断面
★ 縦型オーブントースターで、五分ほど焼き上げると多少カリッとした食感が戻る。しかし、揚げ立てには敵わないだろうなあ。あの母娘同様、店先で一個食べればよかった。

紀文堂總本店の うずらかすてーら

浅草土産?

浅草名物紀文せんべいうずらかすてーら

浅草雷門(株)紀文堂總本店
台東区浅草1-2-2

『紀文堂は雷門の横並びの通りにある、人形焼のお店。人形焼はどら焼きの皮のような生地の中に餡が入った饅頭のようなもの。その皮だけを焼いたのがここのうづら。うづらの名の通り、うづら卵の形をしている。
見た目は縁日で売っているベビーカステラにうりふたつ。だけどこれは油っこくなくて蜜のような甘い香りがし、しっとりもっちりしている。』
(「BLACK WATCH:foods浅草編」より)


紀文堂總本店のあんなし かすてーら・紙袋
紀文堂總本店の卵かすてら・紙袋
ビニール袋
ビニール袋
うずらかすてーら on 鉄絵皿
卵かすてら on 鉄絵皿
断面
あんなし かすてーらは、文字どおり人形焼の皮のみ
卵かすてら・断面




浅草梅林堂の名代人形焼

7月15日に女房たち長唄の会の連中が、浅草公会堂で、市川亀治郎×三響会特別公演~伝統芸能の今~を観賞してきたそうな。
それで、浅草土産に幾つかのお菓子が集まった。

※ ところで、市川亀治郎は立ち役だけでなく女形もこなすそうだが、今回の歌舞伎舞踊を代表する『藤娘』もものの見事に踊ったそうで、坂東玉三郎に次ぐ踊り手であるとの女房の評である。私などは彼の顔から想像もできないことであるが。


? 浅草名代人形焼

東京浅草梅林堂仲見世通り
(有)十和田  台東区浅草1-18-1


梅林堂人形焼・紙袋
梅林堂人形焼・紙袋
開封
開封
人形焼 on 粉引皿

雷門の提灯・鳩・五重塔などの形があります。』
(「焼きたての人形焼・浅草梅林堂-ブチャ子のまんぷくぽんぽ&楽しいお買物」より)
人形焼 on 粉引皿
人形焼・断面
人形焼・断面
★ 浅草梅林堂には、本家と豆舗があるようだ。
  本家はこちら、豆舗はこちら

★ 浅草人形焼は何店舗あるのか?仲見世通りには4店舗あるようだ。
 ・木村屋人形焼本舗
 ・木村屋本店
 ・人形焼亀屋
 ・浅草梅林堂本家
 どこが元祖? どこが一番美味しいのでしょうか?


プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR