三越本店でルコントのケーキ

三越日本橋本店でA.Lecomte(ルコント)のフルーツケーキを買った

ルコントのフルーツケーキ・カットばら(我が家の試食用) on 総織部皿
ルコルトのフルーツケーキ・カットばらon総織部皿

三越日本橋本店1階で、ラム酒に漬けたドライフルーツを使ったケーキを買った。フルーツケーキ@3,132円(税込)とケークマロン同単価の二本を、かの岡山の女性にお礼として送付(写真はない)。我が家の試食用にカットばらを二枚購入(写真有り)。売り子の女性は上から目線を感じた。

フルーツケーキ・カットばら
フルーツケーキ・カットon総織部皿

三越の包装紙
三越の包装

ソラマチ・船橋屋のくず餅

ソラマチ・船橋屋のくず餅

くず餅 in 上野(あがの)焼 呉器形茶碗写し
くず餅in上野焼 呉器形茶碗写し

東京スカイツリーが終点のガイド研修に参加した。研修ツアー終了後、ソラマチ4階を中心に徘徊した。
少し変わったのか、以前巡回したところに到達しない。スイーツのコーナーで、洋菓子か和菓子か迷った。脂分の少ない和菓子にする。しかし、葛餅かわらび餅かどら焼きか迷った。結局、船橋屋のくず餅にした。

船橋屋の袋
袋

くず餅の風味について
くず餅の風味について

開封
開封

ソラマチ一階
ソラマチ1階

向島カド くるみグラハムパン

向島カド くるみグラハムパン

くるみブルーベリーグラハムパン
くるみグラハムパン(ブルーベリー)

向島でのガイド研修で地元の人が紹介してくれた店。マスターは向島の生き字引らしい。
店内は、『昭和の香り漂う喫茶店』と紹介するブログもある。
紹介者とマスターがすすめるパンは売り切れていたので、ブルーベリーを一個買い、翌朝妻とシェアした。

カウンターに置かれたパン
カウンターのパン

店内(谷中の喫茶店に負けない昭和レトロ)
店内

店頭のパンの説明
パンの説明

カド
カドの店頭

メゾンカイザー 人気パン購入

メゾンカイザー 人気パン購入

メゾンカイザー幕張店でポークプレートを食べた後、女房への土産にと人気パンを買った。評判のパンとは、ハード系のパンだそうだ。『天然酵母とフランスの伝統的な技法で作り上げられたパンは、どれもこれもベルが高くて美味しすぎです!今まで食べた美味しいパン10個をご紹介します。』というブログもある。

そのような評判に従って買ってみた。
◆ クロワッサン、バゲットモンジュ、プレッツェルダマンド

購入パンon絵志野四方皿

個袋
パン個袋

カイザーの袋
袋

他の評判(パン屋マニアが教える!東京都内で本当に美味しいパン屋さん5選…)では、レモンパイだそうだが…。

亀屋泉堂で葛湯 九助を買う

亀戸の定番コースを散策した。亀戸天神・龍眼寺・梅屋敷跡・香取神社・普門院など。何度が投稿したので、その詳細を省く。定番例は、こちら。来年の梅の時期に、香梅園のある小村井香取神社に行ってみたい。江戸時代の梅屋敷の再現を見たい。今回は道中、普門院の附近で、葛湯・九助(葛のくず)を買った。

亀屋泉堂で葛湯 九助を買う

葛湯 in 上野 呉器形茶碗写し
葛湯in上野 呉器形茶碗写し

葛湯 in 鼠志野四方鉢
葛湯in鼠志野四方鉢

葛湯 in 呉器形茶碗写し
葛湯in呉器形茶碗

店頭の葛湯 九助売り棚 @250円/袋 
   (まともなものは、@450円/円位。この九助は、形がほとんど壊れていない)
店頭の葛湯九助売り棚@250円袋

亀屋泉堂・店頭
亀屋泉堂・店頭

北海道物産展の買い物から

北海道物産展の買い物から

北海道物産展での買い物

過日イオン津田沼店で、北海道物産展が開かれていた。
妻がその物産展で、何点かのお菓子や成吉思汗肉を仕入れてきた。

よいとまけ 苫小牧 三星
   ハスカップを使ったスィート
よいとまけ

雪鶴   もりもと
雪鶴

じゃがいもコロコロ 山わさび味   ホリ
じゃがいもコロコロ

安平 成吉思汗 厚切味付ロース ホクレン
   焼いて食べてしまった。食べ残したものは、冷凍庫にある。故に、写真はない。

佃源・田中屋で しらすとあみ

深川から佃島まで、地元の人たちを案内した。
佃島の中では、8人それぞれお気に入りの4つの佃煮屋に入り、佃煮を買った。私は前回、佃信で
私は皆を見届けてから、佃源・田中屋に入って、妻から頼まれたしらすとあみの佃煮を購入した。

佃源・田中屋で しらすとあみ

◆ あみ&しらす佃煮on絵志野四方皿

あみは老人に優しい硬さだが、辛い。しらすは甘くておいしいが、老人には硬いかも。
あみ&しらす佃煮on絵志野四方皿

ビニール袋入り佃煮 各100g   あみ@410円+しらす@670円
しらす・あみon絵志野角皿

佃煮袋・紙包など
佃煮袋・紙包など

田中屋のショーウィンドー
田中屋・ショーウィンドー

田中屋の店頭
田中屋・店頭

船橋で買った豆腐と豆腐菓子

女房が船橋市の中心 本町で、また変なものを買ってきた。
遊び心一杯の豆腐関連の商品だ。
株式会社篠崎屋/三代目茂蔵豆腐という埼玉県の会社が扱っているそうだ。

船橋で買った豆腐と豆腐菓子

豆腐及び豆腐菓子

(1) 豆腐、大豆のおかず系

極上豆腐、TAMAGO枝まめ
豆腐

大豆のから揚げ
大豆のから揚げ

(2) 豆腐菓子系

豆腐チョコ&かぼちゃ豆わさび味
豆腐チョコ&かぼちゃ豆わさび味

とうふ焼きドーナツ
とうふ焼きドーナツ

成城石井で 評判の水餃子購入

クリスマスイブ用に成城石井・新丸ビル店でワインとチーズを買った。今度はチーズの買い増しと、この前買いそびれた水餃子を買ってきてくれと言われ、東京ドームラクーア店に立ち寄った。昼前に買い物し、用事を済ませた夕方に買い置きした商品を引き取りに行った。こうして水餃子も無事持ち帰ることができた。

成城石井で 評判の水餃子購入

茹でた水餃子/鶏塩だし風味スープ(鍋)で食べるとより旨いという情報もある。
水餃子on粉引皿

成城石井・水餃子
成城石井・水餃子

買い置きした水餃子などを引き取りに行った時の店の様子(夕方)/通勤客の多い新丸ビル店と違って、東京ドームラクーア店では、夕方買いに寄っても水餃子が売り切れている曜日は少ないかも知れない。 
夕方の成城石井

※ NET限定の成城石自家製水餃子セットは、内容量が水餃子20個入×4袋と多すぎる。(現在在庫切れだそうだ) 店頭で売っているものは、水餃子12個入/袋なので、各人一袋をほぼ食べてしまう量である。

【参考】 買い増ししたチーズ(フェラリーニ パルミジャーノ レジャーノ24ヶ月熟成)
パルミジャーノ


ポイント消化で ズワイガニを

ポイント消化で ズワイガニを

光フレッツのポイント残高のお知らせが届いた。転居時の契約変更以来ポイントは使ってこなかった。3月31日で失効するポイントのお知らせがあった。失効する分+αをこの際使ってみようということで、4428ポイントを使って、買い物をしてみた。到着物は、予想していたものよりはるかに小振りで正直がっかりした。

冷凍便/イメージ
冷凍便

開封
ズワイガニ到着

到着したズワイガニ/雄が二杯
到着したズワイガニ

茹でたズワイガニ
茹でたズワイガニ

カニ味噌で熱燗
カニ味噌で熱燗

浦和菓匠 花見の、イチゴ大福

過日、浦和を歩いた。出発点は戸田公園駅。終着点は浦和。
終着点の浦和駅で、和菓子屋を見つけ、何人かが店に入った。
私もつられて店に入り、店のお薦め品とおぼしきものを2個買った。

※ 本当の代表品は、白鷺宝(はくろほう)であったようだ。

浦和菓匠 花見の、イチゴ大福

いちご大福・断面 on 絵志野四方皿
いちご大福・断面

菓匠・花見の箱と開封
花見・箱&開封

菓匠花見・箱&袋
花見・箱&袋

浦和菓匠・花見 本店/さいたま市浦和区高砂1-6-10 浦和駅西口前
浦和花見・店頭

都電荒川線で、プチ買い物等した

過日、一日乗車券を買って、三ノ輪橋駅と王子駅間を乗り降りした。
ハピーなことに、途中40両に一両という、ハロウィン電車にも乗ることができた。
帰路には、王子の名物・扇屋の厚焼玉子と梶原名物の都電もなかを買って帰った。

都電荒川線・1日乗車券
1日乗車券

都電荒川線で、プチ買い物等した

(1) ハロウィン電車に乗る

ハロウィン電車内
ハロウィン電車の中
ハロウィン電車・入線&発車
ハロウィン電車・入線&発車
荒川車庫
荒川車庫

(2) 菓匠明美の都電もなか 

都電もなか on グラデーション織部釉皿
都電もなか

都電もなか・包装と断面ほか
都電もなか・包装と断面ほか

都電もなか・菓匠明美   北区堀船3-30-12
都電もなか・菓匠明美

(3) 扇屋の厚焼玉子

扇屋厚焼玉子 on 総織部皿
扇屋玉子焼きon総織部皿

扇屋の玉子焼き @650円
扇屋の玉子焼き

王子・扇屋   北区岸町1-1-7 新扇屋ビル1F
王子・扇屋・厚焼玉子

改装後の伊東屋へ、三文判を買いに

7月2日のカンブリヤ宮殿に、銀座・伊東屋・伊藤明社長が登場した。先月16日にリニューアルオープンしていた。そういえば、私も6月23日に店に立ち寄った時に、雰囲気が変わっていて、一度店頭を素通りしたのを思い出した。店内も、売り場面積が狭くなっていた。下りは階段を歩かされるのは変わっていない。

※創業家5代目社長は、文房具オタクであるだけでなく、面白い人だ。文具は基本アナログである、オリジナル商品の開発はデザインをシンプルに、素材は良いものを、とか。量販ではアマゾンにかなわないことを承知しているようで、過ごせる空間づくりなどのコンセプトがどの程度顧客を引き付けるのか、注目される。

新装なった伊東屋-本館

改装後の(銀座)伊東屋へ、三文判を買いに

あるNPOの理事就任で、役所に届けなければならないとかで、住民票のほか三文判が必要になった。
購入した三文判  @1,000円 (別館 K.Itoya 3F) 
旧館で買った三文判


上野不忍池に、お菓子のアウトレットが

不忍池が散歩の終着点。その近くにお菓子のアウトレット店があると、ある人が連れて行ってくれた。
2010年8月にオープンしたという。大勢の人がその店に入っていく。
消費期限が近いから大幅値下げしているのだろうか。いずれにしろ訳あり品のようだ。

ドンレミーアウトレット   Domremy OUTLET 上野不忍店
          台東区上野2-12-14 ホテル ココ・グラン上野不忍 1F

この日、
◆ 購入したアウトレット菓子

ティラミス・カスタードプリン・焼きモンブランなど/
何故か最近ご機嫌斜め中の女房が要らないというので、隣のマンションに住む長女一家に配達した。
購入したアウトレット菓子

Domremy OUTLET店頭
Domremy OUTLET店頭

老いも若きも、男も女も  次々に入店
老いも若きも、男も女も

沢山のoutlet商品の陳列
沢山のoutlet商品

レジ前の行列
レジ前の行列

柳橋 小松屋の、佃煮

日本橋川・神田川クルージングのときに、柳橋で土産物屋が乗り込んできた。
小唄を一曲歌った後、佃煮などの販売をおこなった。
阪急交通社の場合は、海外(例:台湾)でも国内(例:信州路)の場合もこのようなケースが多い。

柳橋 小松屋、 かきの佃煮と一と口あなご  各@2,000円
 
かき佃煮 on 刷毛目茶碗(市販品)
かき佃煮onf刷毛目茶碗

一と口あなご on 截土容黒曜茶碗写し(自作)
穴子佃煮on截土容黒曜茶碗写し

かき佃煮
かき佃煮

一と口あなご
一と口あなご

柳橋・小松屋の佃煮(牡蠣、穴子) on 絵志野四方皿
柳橋・小松屋の佃煮(牡蠣、穴子)

同上
小松屋の佃煮(牡蠣、穴子)on絵志野四方皿

乗り込んできた柳橋・小松屋
柳橋・小松屋・佃煮

神楽坂の豆腐

神楽坂の研修指導員下見が終わった後、神楽坂在住の男性から旨い豆腐店の話が出た。
神楽坂の料亭に納めている豆腐屋さんらしい。
神楽坂在住の女性に案内して戴いて、その豆腐を買に行った。

◆ ざる豆腐  @300円

布に包んでざるに入れ、さらに器に入って300円。
ざるだけでも百均で買っても108円かかる。
この包装で300円というのは、気の毒な感じがする。

ざる豆腐on総織部皿

ちょうど孫二人が夕食を食べに来たので、女房と四人でシェアした。
そのまま食べても、旨い。日本酒にもよく合う。
この手の豆腐に共通の、大豆本来の味や香りが強い。

買ったのはざる豆腐だけではなく、京とうふ・きぬ@170円も。
『高級大豆の風味と本にがりのまろやかさを生かしました。
こだわり職人 小樋俊哉』、とある。

ざる豆腐@300&京とうふ・きぬ@170

越後屋桜井  文京区水道1-6-3

大日本印刷(印刷博物館)の近くで、水道一丁目児童遊園の隣だ。
越後屋桜井・店頭

油揚げ@80円や、厚揚げ@180円も気になった。
ショーウィンド
ショーウィンド
店頭看板
店頭看板

成城石井で、鹿角らーゆ・ピリ辛を買い増し

鹿角らーゆ ピリ辛 買い増し


先般、成城石井で鹿角らーゆを買った。黒色蓋の辛くないらーゆは、孫たちに大変好評であったが、婿殿たち大人には少し辛さが物足りなかったようだ。取敢えず買い増しに出てくれと女房に要請されて、NPOで東京に出るときに成城石井に立ち寄った。
今回は蓋の黒色の鹿角らーゆのほかに、蓋が赤色のピリ辛の鹿角らーゆが並んでいた。混ぜて買った。

※ “ラー油戦争”勃発!

(「話題の「食べるラー油」を徹底比較:日経ウーマンオンライン【トレンド(ライフ)】」より)

※※ ★鹿角らー油 (ピリ辛)★

(「「鹿角らー油」(ピリ辛)も負けてない!|シンクロリズム/きみであるために」より)


成城石井・ラクーア店
成城石井atラクーア
入り口から見た鹿角らーゆが置かれている辺り
入り口近くの鹿角らーゆ販売かご付近
店の人に許可を得て、販売かごを写させてもらった。
鹿角らーゆ・販売かご
成城石井・ビニール袋
成城石井・ビニール袋
紙袋
成城石井・紙袋
今回買った鹿角らーゆ
赤い蓋のビンが、ピリ辛らーゆ

適度に辛い。これなら大人にも好評だろう。
鹿角らーゆ ピリ辛と甘

成城石井で、買い物を

女房が友達と東京で待ち合わせた時、東京ドームに立ち寄った。
そして、とある店でプチ買い物をしたそうな。
その店は、

スーパーマーケット 成城石井  東京ドームラクーア店  

成城石井は、
創業80余年
スーパーマーケット成城石井は各地に店舗を広げながら、国内外の良質な食材を手頃な価格でご提供することにこだわり続け、皆様にご支持をいただいてまいりました。
1927年、成城石井は文化の薫る街・成城で、果物・缶詰・菓子を扱う食料品店として創業しました。
1976年にスーパーマーケットとして生まれ変わり、お客様からのお声一つひとつ耳を傾けていくうちに、ワインや輸入チーズ、惣菜、グロサリーなど、特徴のある品揃えが充実していったのです。』
(「会社沿革|スーパーマーケット成城石井」より)
 
この日のプチ買い物は、次の3点。
? 鹿角らーゆ
? 味付けうずら玉子
? プレミアムチーズケーキ


成城石井の袋
成城石井・袋
? 鹿角らーゆ

『秋田県産鹿角郡小坂町特産の「菜々の油(なたね油)」、「青森県産にんにく」、「国産生姜」、「国産玉ねぎ」を使用した、原料にこだわった食べるラー油。化学調味料不使用。数量限定入荷!』
(「「鹿角らーゆ」株式会社ベジ&フルあきた-I Didn't Know What Time It Was 時さえ忘れて」より)

製造者:(株)ベジ&フルあきた  秋田県鹿角郡小坂町字上前田4-5

『農村地域の基幹産業である農業と観光を活性化するためには、新たな「地域ブランド商品」をどう作り出していくか、作り出し続けるシステムをどう構築していくかにかかっています。
 食品業界においては、消費者の価格重視から国産ブランド志向への変化と、それに合わせた小売業界の国産ブランド商品の品揃え拡充の動きが明確になっています。』
(「ベジ&フルあきた 会社案内」より)
鹿角らーゆ
『ラー油市場はここ数年で急拡大している。…その火付け役となったのが沖縄発のラー油。島唐辛子を使った「石垣島ラー油」や、久米島の素材を使った「くめじまラー油」など、ここ数年のうちに沖縄系ラー油が人気を博し、インターネット通販でも売り切れが続出している。』
(「話題の「食べるラー油」を徹底比較:日経ウーマンオンライン【トレンド(ライフ)】」より)

※ 我が孫どもの人気となり、たちまち無くなった。但し大人の婿殿たちは余り好まない、と。そこで、今後何かが起こりそうな予感がする。


鹿角らーゆ in 彫三島小鉢
鹿角らーゆ in 彫三島小鉢
? 味付けうずら玉子


『国産うずらの卵を使用し、鰹と黒糖の旨みがきいた醤油ダレでじっくり煮込み味付けしました。』(「Amazon.co.jp:千年屋 国産味付けうずらたまご 22個: 食品&飲料」より)

製造者:(株)千年屋  八王子市宇津木町719-3
味付けうずら玉子
うずら玉子 in 寿字文小鉢
うずら玉子 in 寿字小鉢
? プレミアムチーズケーキ


『濃厚な、、、濃厚すぎるクリームチーズが贅沢で、しかもスライスアーモンドの食感がいい感じでアクセントになってて、美味しいーー!と、興奮し、夫の分を忘れて3/4も1人で食べちゃいました。』
(「成城石井のプレミアムチーズケーキは安くて濃くて美味しっ-ちいつもblog」より)

製造者:(有)成城石井セントラルキッチン 町田市鶴間1801
プレミアムチーズケーキ
プレミアムチーズケーキ on 飴釉皿
プレミアムチーズケーキ on 飴釉皿

東京駅エキュートオープン

ニッポン Re-STANDARD

東京ステーションシティ サウスコート
  ECUTE OPEN


あらためて新しい、を
 日本のイイモノたちから。


伝統の技術が生かされたあの品この品、
暮らしをもっと楽しくする日本生まれのこだわり雑貨、
日本が世界に誇るよりすぐりのスイーツ、
毎日の食卓を彩る日本各地のおいしいものなど。
ニッポンRe-STANDARDをテーマに

いまどきのライフスタイルにマッチする、
改めて新しいと感じられる
そんなアイテムを集めました。
JR東京駅構内1階サウスコート「エキュート」。
知らなかったニッポン、
もっと知りたくなるニッポンと
出会えます。』(ニッポンRe-STANDARD栞より)

☆ 3月29日定期券の解約で東京に出たので、ついでに八重洲ブックセンターに寄り、帰りにテレビ「NHKあさイチ」で出ていたエキナカを見学した。
サウスコートは、昔の東京銘品館の跡にできた。
テレビ放送の影響で、ここは大変混雑していた。

総体的に、そんなにメジャーな店はないような感じがする。少なくとも私が知らないだけかもしれないが…。



エキュートすなわちサウスコートの入り口(南のりかえ口方面)
サウスコートにエキュートオープン

1)本日一番人気のHana Syumpoo
Hana Syumpoo

行列の目的は、「華・半熟かすてら匠」。すでに売り切れ。
しかし室町半熟カステラを求めてさらに行列は続く。
華・半熟かすてら匠

2)奈良 天平庵 桜井市吉備576-1
奈良 天平庵

売り切れの薯蕷饅頭「古(いにしえ)
売り切れの薯蕷饅頭「古」

3)菓匠禄兵衛  滋賀県長浜市木之本町木之本108
菓匠禄兵衛・くう

4)遍amane Kokoro
  ~茶菓工房たろう 金沢市弥生2-9-15
遍amane Kokoro

南北通路側の入り口
南北通路側

◆ 試しに購入したお菓子

エキュートで試し買いしたお菓子

A.天平庵/蘇蘇

『飛鳥時代にシルクロードを渡り、日本へ伝来したといわれる古代のチーズ「蘇」。古来より親しまれてきた乳文化を、現代風にアレンジして華やかに再現させました。最高のチーズを探し求めてシルクロードをさかのぼり、フランス産とデンマーク産のチーズを厳選。ふわりと柔らかな食感は口の中で「ほわほわ」ととろけるほど。ぜひ一度味わってみてください。』
(「蘇蘇|天平庵|洋菓子|商品紹介/購入|天平庵」より)
天平庵の蘇蘇

蘇蘇 on 飴釉皿
蘇蘇

B.菓匠禄兵衛くう
桜あんと黒胡麻

『発売から2週間で1万個の売り上げを達成した菓匠禄兵衛の人気商品です。食べる直前に密封ラッピングされた餡を取り出し、皮で挟んでお召し上がりいただけるので、いつでもサクサクの食感がお楽しみいただけると大好評です。

また、お菓子のカタチから個包装、包装紙まで最先端のデザイン集団・トネリコによるお洒落なデザインで、また専用の桐箱もご用意しておりますので、贈り物にも最適です。』
(「くう-菓匠禄兵衛(かしょうろくべえ)和菓子」より)
菓匠禄兵衛のくう

くう(黒ゴマ) on グラデーション織部釉皿
くう(黒ゴマ)

C.遍amane Kokoro~茶菓工房 たろう/森の香
茶菓工房 たろう/森の香

森の香 on 青白磁皿
森の香

うぶけやの毛抜き

うぶけや 中央区日本橋人形町3-9-2


『創業は江戸時代の天明3年(1783年)で、大阪で開業し、幕末頃現在地の近くに江戸店を開業、明治初年にこの場所に移って現在に至るという。現時点で二百二十年余の店の歴史ということになる。日本橋には同じく老舗刃物店の「木屋」があるが、創業は1792年であるから、「うぶけや」の方が少しだけ歴史が古い。』(「うぶけや」より)

『天明3年(1783年)創業以来各種打刃物の製造販売を専業として深き御愛顧をいただき今日に至りました。屋号のうぶけやとはうぶ毛も剃れる(かみそり・包丁)抜ける(毛抜き)切れる(はさみ)と申す処より名付けたものでございます。』(同上)

○ 絶品の毛抜き

『持ち手の中央部分が非常に厚くしっかりできている。「うぶけや作」とする銘は内側に刻んであるのは控えめでよい。一見ごつい印象があるが、バネは非常に柔らかい。』(同上)

うぶけやの毛抜き

うぶけやの毛抜き

ホワイトデー

バレンタインデイの義理チョコのお返しをした。

○職場のホワイトデイ
キハチの一口焼き菓子、和楽紅屋の紅どら、ウェストのリーフパイ
適当に10年前の定番と、今日的新顔とを混ぜてお返しとした。

男の数は女性の数の2倍なので、自然と2倍返しとなったが、ハプニングで一人重複して買ってきた男性がいて少し上乗せとなったが…。

贈り物の袋
ホワイトデイの贈り物・袋
贈り物
左から、キハチ和楽紅屋ウェスト
ホワイトデイの贈り物
紅どら開封
紅どら
紅どら一個
紅どら一個
キハチの一口焼き菓子・開封
キハチの一口焼き菓子
焼き菓子のひとつ
キハチの焼き菓子の1つ

○我が家のホワイトデイ
女房、二人の娘向け福砂屋のカステラ
福砂屋のカステラ
東京大丸店の本日の混み具合
キハチやオッジなどに、スーツ姿の若者などが列を作っていた。
大丸東京店の混み具合

一幸庵のわらび餅と道明寺

茗荷谷に美味しい和菓子屋がある。
播磨坂・小石川植物園へ行く前に、久し振りに立ち寄ってみた。
時間があれば、2階の作業風景を見学できる。


一幸庵 文京区小石川5-3-15


一幸庵1

一個からでも売ってくれる。
わらび餅と道明寺


◆ わらび餅と道明寺

私はここのわらび餅に興味がある。この家の主人は原料のわらび粉に凝っているからだ。

『一幸庵の「わらび餅」は飛騨高山と九州産本わらび粉から作る丸く包餡した餅に細かい深煎りきな粉をふるった京菓子です。』(「噂のわらび餅と・・」より)

『小さくて高価ですが「お薦め!」です。きな粉の香ばしい香りが漂ってきます。 プルプルでコシのあるわらび餅に、とろけるようでみずみずしいこしあんが包まれています。 食感、味、共に楽しめるお菓子です。 シンプルで地味な色合いのお菓子ですが、強烈な個性を持っています。』(「茗荷谷 一幸庵わらびもち」より)


桜の季節なので、道明寺も求めた。

わらび餅と道明寺2

わらび餅と道明寺2

京都で修業したと記憶している。両者とも抑えた甘さで、好ましい。
プロフィール

yogaz

Author:yogaz
飯山満通信へようこそ!
満73歳になりました。予定寿命まで後7年です。ただいま終活中です。当面75歳までは、ボランティアガイドと生涯学習・介護予防のお手伝いを続けたいと思います。
なお、2006年6月14日から始めた飯山満通信は、2013年12月14日、ブログを引っ越しました。Dtiblogのブログサービスが終了したためです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR